某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

ニンテンドースイッチ発売


もう先週の話で今更なんですが、任天堂の新ハード「ニンテンドースイッチ」が発売されましたね。

週末に地元のGEOを覗いた時は本体は売り切れ、ソフトも『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』も売り切れでした。

ローンチにソフトの頭数を揃える戦略は任天堂のお家芸ですが、今回はやや少な目。サードパーティのローンチタイトルは他機種で発売済みのタイトルが中心で新味はありませんでした。

それにしてもファミコン時代から単独で存続している数少ない老舗メーカーであるはずのコナミのやる気のなさはどうしたもんだろうか。新作といってはウイイレかパワプロ、または旧ハドソンの看板タイトルの焼き直しだけではあまりにも寂し過ぎる…って実際やる気もないんだろうけどね。今回のボンバーマンだって付き合いで嫌々出してる感が半端ないもんな。もういっそのこと版権ごとゲーム事業を売りとばして撤退すればいいのに。

それはともかく、公式の発表から程なくして発売された新ハードですが、世間的に盛り上がっているのかいないのかイマイチよく分かりません。個人的にはハード発売後一年間縛りのマイルールに則り、当面購入の予定はありませんがよく考えたらWii Uを買ったのは去年の話だからね。まぁ私の動機も初代Wiiが壊れかけていて完全互換だから購入したわけで、積極的にWii U専用ソフトをプレイしたいからってワケじゃなかったからなぁ…っていうか最初から晩年までソフトが全然発売されないっていう印象しかないよね。スイッチの今後のラインナップをみてもサードパーティには期待できそうもないし、Wii Uの二の轍を踏む未来しか見えないというのが正直なところです。

「ニンテンドースイッチ」最大のウリはやはり携帯機としても使えるという点なんだろうけど、据え置き機としての位置づけと3DSとの棲み分けがどうなるのかが今の情報からはまったく不透明。携帯機としては少なくともPSVitaを超えなければ後発の意味はないだろうし、仮にそちらに寄せたところで据え置き機として箱1やPS4の性能を超えられるとは思えない。要するに軸足が定まっていないような気がするんだよね。何もかも中途半端。何ができないってことはないんだろうけど、コレでしかできない”何か”が見当たらない。じゃあそれぞれの特性に特化していて目ぼしいものはマルチで展開しているPSVitaとPS4でいいんじゃねぇの?ってことになる。

そうなると「ゼルダ」や「マリオ」といった任天堂の看板タイトルが遊べるという一点にしか優位性がない=Wii Uと同じという理屈になるよね。結局のところサードパーティをないがしろにして見放された「ニンテンドー64」以来の歴代ハードからまったく学んでいないとしか思えないんだよなぁ…

コントローラーのガジェットは面白いと思うけどインターフェースとして優れているとは思えないし、かつての「Wiiリモコン」のようなインターフェースからゲームを変えるようなマインドもパワーも感じられないとくれば、このハードの存在意義って一体何なの?って話。

いきなりネガティブな予想も何なんですけど最新のゲーム事情にまったく付いていけてない周回遅れのジジィゲーマーの戯言として軽く聞き流していただければ幸いです。



→こっちを購入予定です。いつになるかは分かりませんが

スポンサーサイト

テーマ:Nintendo Switch - ジャンル:ゲーム

| ゲーム徒然 | 17:54 | トラックバック:0 | コメント:0
レトロフリーク一周年


究極のレトロゲーム互換機「レトロフリーク」が発売されて1周年となりました。

発表当初2015年の春発売予定であったものが延びに延び、しまいに本当に発売されるのだろうかという危惧を抱いて半年、ようやく手に入れたそれは私にとっても夢のゲーム機でありました。

基本OSも何度かのバージョンアップを経て現在はセガのマスターシステムやゲームギアにも対応するようになり、約9000本のゲームがこれ1台で遊べます。

まさにこれの為に買い漁っていたといっても過言ではないレトロゲームのコレクションを抜き差しすること約2000回。インストールしたゲームは1900本に達しようとしています。キリのいいところで2000本はクリアしたいと思っています(←馬鹿)

チート機能の実装や接続の手軽さから、この1年間旧作の掘り起しにも随分と活用させて頂いたんですけど、幸い巷で噂されていたような本体の不具合等にも遭遇することなく、内容についてはほぼほぼ満足しています。

後から追加された旧セガハードについては個人的にはあまり恩恵がないというか、今から買い集めるのは結構ハードルが高いかも。『北斗の拳』とか『エンデューロレーサー』とか他機種では遊べないオンリーワンの作品もあるんですけど、値段もさることながらそれなりの品ぞろえをしている店がほとんどないんですよね…

まぁリアルタイムでの思い入れはないし、あとはPCE・MDのCD-ROM作品に対応してくれたら目標もすんなり達成できるんだけどなぁ…

ぶっちゃけCD-ROM対応については実際のところかなり厳しいだろうとは思ってるんですけど、期待するぐらいはいいよねw


巷間に溢れるその他のパチモン機と比べるとちょいと値は張りますけど、リアルタイム世代のゲームファンなら持っていても絶対損はしないと思います。近日発売される本家任天堂のミニファミコンが盛り上がっていますけど、結局予約できなかったなぁ…限定販売ではないみたいだから後で買ってもいいんだけどね。これが当たれば第2弾はSFCがくるのでしょうか?初代GBを縮小して実際にプレイできるようにすればすごいオシャレですよねw

というワケで本家も巻き込んでレトロゲームブームはまだまだ続くような予感がします




→11月1日現在、テンバイヤーによるボッタクリ価格でしか予約できないので要注意。10日以降なら沈静化している…かな?


テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

| ゲーム徒然 | 12:00 | トラックバック:0 | コメント:0
Hi☆sCoool ! セハガール(第2話)
先週からCSのアニマックスで始まった「Hi☆sCoool ! セハガール」第2話の感想です。

ドリームキャスト、セガサターン、メガドライブの3人が通う「セハガガ学園」卒業に向け、毎回課題をクリアするという構成になっています。初回はキャラとコンセプトの紹介的な内容だったので、実質の第一回目という感じです。

今回のお題は『バーチャファイター』百人組手。ゲームの世界に入った3人は協力して課題のクリアを目指します。

最初はデフォルトのバーチャキャラのみであったのが、『ファイターズメガミックス』も真っ青のセガキャラオンパレード!地味に当時の”バーチャの達人”プレイヤーの通り名をフィーチャーしていたのが何ともw

『ダイナマイト刑事』のブルーノ・デリンジャーからアレックスキッドにフリッキー、『獣王記』のクマw そしてまたもやゴールデンアックスネタを重ねてきたあたりで完全にやられました。

トドメはまさかの『サクラ大戦』から真宮寺さくらが登場!横山智佐まで引っ張り出してくるとはさすがです。

実際のゲーム画面にキャラクターを登場させるってアニメ作品にはありそうであんまりないよね。っていうかこれマジでゲーム化して欲しいなぁ…元ネタがゲームだから当たり前といえば当たり前だけど、ゲームのアニメ化?って思うくらい違和感がまったくない。自社版権のみで映像化できてるんだから、少なくともゲーム化にあたっての障害はないハズ。PS3かVitaで出してくれるなら発売日買いしますんで是非検討をお願いします。


バーチャファイターバーチャファイター
(1994/11/22)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

→間もなく20周年を迎えるSS版。ハードの発売日にこれと純正のバーチャスティックが売り切れていたのも今ではいい思い出です

サクラ大戦サクラ大戦
(1996/09/27)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

→当時は作品全体に漂うハドソンっぽさに違和感を覚えていました。今見てもセガっぽくないと思うのは私だけでしょうか?

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

| ゲーム徒然 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
Hi☆sCoool ! セハガール
<<公式サイト>>

今週からCSのアニマックスで放映開始となった「Hi☆sCoool ! セハガール」の第1話を観賞しました。

無機物を擬人化する手法は昔からあったけど、『艦隊これくしょん』のブームからこのかた、一種のムーブメントになっている観がありますね。

ゲームハードを擬人化した作品といえば過去に「PSすりーさん」というマンガがありましたけど、「Hi☆sCoool ! セハガール」に関しては本家本元のセガが自社の歴代ハードを擬人化した映像作品。キャラクターデザインを「初音ミク」のKEI氏が担当し、シナリオには自身もセガびいきで知られるゲームセンターCXの構成作家、岐部昌幸氏も参加。内輪ネタと自虐ネタを満載してダークサイドに向いたのがDCの『セガガガ』ならば、本作はフォースに祝福されたライトサイドに位置するといったところでしょうか。

ゲームという訴求対象が限定される媒体ならまだしも、CSやネット配信とはいえこんなニッチなネタが果たして今の若い世代に受け入れられるのか、なんていうのは杞憂なんでしょうね。「ゲームセンターCX」がリアルタイム世代でなくとも共感を得ているように、エンタテインメントとしての基本的な部分をすっ飛ばしても、制作側が作りたいものを作りたいように作っている、まさにセガのセガ信者によるセガのためのコンテンテンツ。

オールドゲーマーは選民意識むき出しで、自分たちしか理解できない(であろう)ネタの数々にニヤニヤしていればいいし、ネタの意味が分からない人は単純にキャラ萌えで楽しんだっていい。でもまぁ本作のネタを理解できる世代の人間がこの作品を観ているという時点で相当なアレかなっていうね。ええ、私のことなんですが(汗

すでに自社他社問わず様々なコンテンツとのコラボレーション展開を打ち出していて、セガらしからぬ商業的なあざとさは若干鼻につくところではありますが、細かいところは気にしない。本作をベースにしたゲームがもし発売されたら、恐らく買ってしまいそうな私。プラットフォームがPS4やWiiU(あえて箱一は外していますw)専用ならハードごと買ってしまいそうですw

アニメといってもビジュアルはゲームの(ムービーでない)CGに極めて近く、一回の尺も10分そこそこで手軽に視聴できるのはいいですね。

これからどんなネタが繰り出されるのか、毎週の楽しみが増えましたw


ドリコレ セガガガドリコレ セガガガ
(2003/03/20)
Dreamcast

商品詳細を見る

→当時、こういう気が狂ってるとしか思えないセンスの作品を臆面もなくリリースできるセガってすげー!って思ってましたw

ゴールデンアックス  MD 【メガドライブ】ゴールデンアックス MD 【メガドライブ】
(1989/12/23)
Sega Megadrive

商品詳細を見る

→第一話に登場したネタ元。MD初期の作品ですが移植度は極めて高いんでおススメ。

SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.5 ゴールデンアックスSEGA AGES 2500 シリーズ Vol.5 ゴールデンアックス
(2003/09/25)
PlayStation2

商品詳細を見る

→コイツは似て非なるモノ、つまりニセモノだ!気を付けろ!

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

| ゲーム徒然 | 10:10 | トラックバック:0 | コメント:0
在庫の値段を調べてみた(その1)
駿河屋さんのHPに記載されている買取リストを基に、現在私が所有するゲーム在庫がどれぐらいの資産となるのか検証する企画の第1弾。今回はFC(裸/箱説あり)・SFC・MD・PCE編です。

以下の駄文を読んでいただくにあたり、注意点をいくつか書置きます。


①金額は上記リンクに記載されているものに対し、私が所有しているものを合算して算出しています(リンク先に記載されていないものは当然ながら反映しておりません)

②私の所有ソフトの状態はまちまちであり、場合によっては減額の対象となり得るものもありますが、すべて満額で計算しています

③リストの照合は私の日々衰えつつある記憶によるものであり、錯誤および計算間違いの可能性は大いにあります


…などと尤もらしいことを書いてますけど、ようはいい大人の自慢(恥さらし)話なんで、軽~く読み飛ばしてもらうことを推奨いたします。


◆FC(裸)合計金額:¥11,180

→買い集め出した時期も比較的最近でその多くは二束三文で叩き売られているものが中心なんでまぁこんなもんかな?
そこそこの値段がついていたのはバカゲーとして有名な『暴れん坊天狗』『重力装甲メタルストーム』ぐらい。


◆FC(箱説付き)合計金額:¥54,400

→突出したものは少なくて、中堅どころの数を積み上げた結果ってな感じ。カートリッジ版『悪魔城ドラキュラ』あたりは予想通りだったんですけど、意外なところではコナミ製オリジナルSTG『クライシスフォース』の¥4000。ちなみに最高値は『バトルトード』の¥6500。この作品の高騰は「ゲームセンターCX」で有野課長が絶賛していた影響もあるかもしれませんね。


◆SFC合計金額:¥102,380

→持ってる数の割には高値の作品が少なく、思ったより合計が伸びませんでした。高いものでもせいぜい¥3000台で、特筆すべきタイトルもなし。SFCに対する思い入れがそのまま数字に表れた感じです。


◆PCE(CD含む)合計金額:¥197,760

→復刻版とかやたら細かく設定してあるので記憶にある限りそれに準じています。最高値は予想通り『マジカルチェイス』。公式に発売されたもので最後のPCEソフト『デッド・オブ・ザ・ブレイン1&2』はちょっと予想より安かったかな?あとハドソンのキャラバンSTG最終作『ソルジャーブレイド』が結構な値段になっていました。PCEは長らくメインハードとして稼働してましたので、リアルタイムでそれなりのものは押さえている格好です。


◆MD(CD・32X含む)合計金額:¥293,370

→MDでは何と言っても『フォアマンフォーリアル』の¥40,000が圧倒的な存在感を示しています。その他同じアクレイム製『ジャスティスリーグ』とか、旧テンゲンの『スラップファイトMD』等、5ケタ超えのタイトルが複数あり、総数は少ないながらも堂々の第1弾首位を獲得しました。


今回細々と個々のタイトルの値段を調べていくにあたって、当時からなるべくしてなったプレミアタイトルを除き、当時さほどでもなかったものがそこそこいい値段になっているというのはどういう経緯によるものか、もっとちゃんと突っ込んで調べたら興味深い結果が導き出せるかもしれません。


以前ダブったゲームを日本橋の某レゲー専門店に持って行った際、そこの査定の杜撰さというかいい加減さに辟易したことがありました。まぁ実際大したモノはなかったんですけど、FCの裸もSFCの箱説付も一律10円ってあんまりじゃね?後に当該品の売値を確認したら単価は低いとはいえ倍以上の開きがあったんでね。クソもミソも一緒かよっていう。

今から何十年先にはどうなっているか分からないですけど、3世代以上前の作品で現在巷でゴミのような値段しかついていないモノは当面価値が上がることはないように思います。

現状店の売値が安定しないものは再評価によるものもあるでしょうが、単純に市場在庫の回転が目減りしていった結果だと思うのですね。それこそどこかの倉庫に眠っていたものが大量に発掘された、みたいなことがない限り基本市場在庫が増えることはないですから、私のように収集が目的で買いたい人が買っていき、その時点で流通が止まってしまうというところではないでしょうか。


20年余りの収集歴において、Bのつく高級車ぐらいなら余裕で買えるぐらいのお金は確実に使ってますけど、購入時の金額を上回っているものはほんの一部でありまして、ほとんどはお金をドブに捨てるが如く価値が下がっているものがほとんど。バクチ脳よろしく僅かなレアものの存在に溜飲を下げている場合じゃねぇよって話です。

実はこんなことをやり出したのは、すぐにプレイできる環境にないものをまとめて処分しようかどうか割と真面目に検討してるんですね。理由は本当にもうシャレにならないくらい生活空間を圧迫していて物理的にどうしようもないレベルに達してしまっていることと、これ以上続けていっても行き着く先が見えないということ。

いずれにしてもそう遠くない時期に結論を出すことになりそうです。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

| ゲーム徒然 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:2
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード