某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【XBOX360】『コール オブ デューティ 2』


新年あけましておめでとうございます!

仕事環境が激変してはや半年足らず。昨年は個人的に波乱の一年だったのですが皆様はいかがでしたでしょうか?
いい加減歳をとると何事につけても大きな変化というものは多大なストレスになったりするもので、私も10~11月中旬頃は実際毎日死にそうな顔で仕事をしていたのではないかと思います。最近では(大方慣れてきたということもありますが)まぁ何とか快方に向かいつつあり、少しずつでもゲームに割ける時間も捻出できたりしてそれなりに楽しくやっておりますw

…というワケで、昨年末はドラクエ三昧で据え置き機の作品には中々手が出せなかったのですが、ひと段落ついて途中で止まっていた『コール オブ デューティ2』のプレイを再開し、難易度イージーではありますが一応キャンペーンモードを終了しましたので感想をものしたいと思います

本作は箱○でも割と初期である2006年に発売されました。もう10年以上も前の作品なんですね…同時期にPS2でも発売されていますが本作とは別物らしいので、家庭用機では本作が唯一の作品ということになります。箱○初期の作品では一部を除いて再販の機会に恵まれず、プレミアとまでいかなくても中古でも割と高値を維持しているものがあって本作もそのひとつに数えられます。私もパッケージ版は未所有ですが、何かの折で安くなっていた時についでにDLしたんですよねw 同3はパッケージ版を所有していて未プレイ、同4は発売日買いしてほぼリアルタイムでプレイ済み。ちなみに同シリーズの初体験が4でありました

私が最初に体験したFPS作品は多分『メダル オブ オナー ~史上最大の作戦~』であったと記憶します。MOHでは冒頭のノルマンディー上陸作戦以外は最前線というより単独で特殊任務にあたるような体裁でリアルな戦場を感じられるシーンは少なかったように思います。本作ではキャンペーンの進行によりソビエト、イギリス、アメリカと立場は変わりますが、いずれも最前線に投入された一兵士という身分に変わりはありません。何より戦友と共に戦場を駆け抜ける感がリアルに表現されています…と言って勿論私自身にそんな経験はありませんからあくまで雰囲気の話なんですが。銃撃や爆撃の音が飛び交う中、時折聞こえる味方の声がいいんですよね。グレネードが飛んできたら警告してくれるし、武器を交換する必要がある時も教えてくれたりします

最新のハードによる同ジャンルの作品と比較したらやはりグラフィック的には物足りないと感じるのでしょうけど、自分がプレイする分にはそんな細かいところにまで目がいかないというか、久々のFPSということもあって慣れるまでは3D酔いに耐えつつのプレイでしたのでそんな余裕もなく普通に楽しむことができました

難易度イージーでしたので、少々無茶な突撃をかけてもターミネーターばりのタフさで敵兵を蹴散らすことができたのですが、割と頻繁に飛んでくるグレネードには要注意で、気づかずに吹っ飛ばされてやられることがしばしば。あと弾数を気にせずぶっ放せる機銃を調子に乗って撃ちまくっていると、死角から狙い撃ちされたり背後から撃たれたりしてやられることもありましたね

ステージにはそれぞれミッションがあって、建物を制圧したりする必要があるのですが、必ずしも一定の順番通りに行う必要はないのですね。フィールドはそれなりに広いところもあれば狭いところもあり、一見自由度は高そうに見えますが実は割と不自由というか、通れるところは意外と少なかったりするのである程度パターン化されていますので、初見でクリアできずとも何度か挑戦すれば突破できないということはないです

が、それはあくまで難易度イージーの時の話。箱○初期の作品にありがちなのですが本作の実績項目は13と少な目で、イージーで解除できるのはそのうちたった2つだけなんですよね。あとはすべて最高難易度である”ベテラン”でクリアする必要があります。難易度イージーでも一度通しでクリアしておけばステージ選択が可能になるのですが、それぞれのステージクリアが実績解除の要件となるので結局最初からプレイし直す必要があります。イージーでクリアした後”ベテラン”で最初からやり直したのですが、イージーの時のタフネスさは何処へやら、一発でもくらうと即瀕死状態になる(それが当たり前なのだが)為に中々思うように進めません。結局最初のステージもクリアできずに諦めてしまいました(汗)

雪景色での市街戦や砂漠での戦車線、森林や田園と、戦場となる場所は多彩で飽きません。ただ、ノルマンディー上陸作戦の件はボートでゲロを吐くやつや頭を撃ち抜かれて死ぬ描写が上述した『MOH~史上最大の作戦~』のそれと既視感を覚えるぐらいソックリなんですよねw ついでに言うとMOHでの描写も映画「プライベートライアン」の1シーンに酷似しているので、同作品が及ぼした影響力のすごさを改めて認識しました

題材もさることながらゲームのジャンルとしても人を選ぶFPSですが、私も食わず嫌いから克服した経緯があるのであまねく男子には是非プレイしてみて欲しいですね


 

スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 04:04 | トラックバック:0 | コメント:0
【XBOX360】『MAFIAⅡ』


箱〇版『MAFIAⅡ』を難易度ノーマルでクリアしました。収集系の実績や特定アクションの累積実績等意識せずに解除したもの以外は基本無視しています

本作は『グランド・セフト・オート』(以下GTA)シリーズのヒット以降、ハードの表現能力の向上と共に様々なフォロワーが登場した同ジャンルに属しますが、本家GTAシリーズと比較するとシナリオ寄りというか、体裁はオープンワールドなんですけど意外と自由度は低いです。その割には舞台となる架空の街エンパイア・ベイの作り込みは半端ではなく、約70年前のアメリカの街並みが圧倒的な説得力を生み出していますね

本編は常に主人公であるヴィト・スカレッタの視点で進行していきます。幼い頃、家族と共にアメリカに移民してきたが、アメリカンドリームとは程遠く苦しい生活が続く。港で働く父の稼ぎは少なく、その少ない稼ぎも父親の酒代にほとんど消えていき、泥酔した挙句借金だけを残して父親は死んでしまいます。

当然のようにやさぐれ、悪友のジョーと共にケチな犯罪行為を繰り返し、遂には当局に捕まってしまいます。刑務所行きの代わりに軍務に就くことを余儀なくされたヴィトは、故郷であるシチリア島に上陸するハスキー作戦に現地通訳も兼ねて参加。反ファシストの現地マフィアの支援を受けて作戦は成功。負傷はしたが、勲章を得て一時帰国の運びとなり、港に迎えに来ていた悪友のジョーと数年ぶりに再会する。

ジョーはヴィトに「軍に戻らなくてもよいように取り計らう」代わりに、自分の仕事を手伝って欲しいと持ちかける。彼の帰りを待ちわびていた年老いた母と姉はジョーとの付き合いに良い顔はしなかったが、ひょんなことから父親の残した借金がまだ返済されておらず、姉が脅されていることを知り、一も二もなくジョーの誘いに乗ることを決意する…


ストーリーの導入部分はこんな感じ。私もそんなにマフィアものの映像作品を観たわけではないけど、多分その手のジャンルではベタな生い立ちにベタな展開だと思いますw

転機が訪れるのは、政府から支給されるガソリン券を強奪して換金する仕事を請け負ったところが、当局へのタレコミのせいで逮捕され、懲役10年の刑を言い渡されて刑務所に服役することになってしまってから。刑務所で出会ったレオという実力者に気に入られて刑期も短縮してもらうが、塀の外に出てみれば年老いた母親は失意のうちに亡くなっており、姉も結婚して別の人生を歩んでいる。結果、服役中も何かにつけてヴィトを気にかけてくれたジョーを頼り、ますます裏の仕事にのめり込んでいく

主人公のヴィトは元々根っからの犯罪者気質ってのもあるけど、家族思いである反面、感情的になって暴力に走り、他人を殺すことに何の躊躇もないのはいかにゲームの中の仕様とはいえ、合わない人には合わないだろうと思われる

服役後、いくつかの仕事をこなして理想の生活を手に入れたヴィトであったが、対立するアイルランド系の犯罪集団に狙われ、せっかく手に入れた自宅を燃やされてしまう。辛くも難を逃れて着の身着のままジョーに助けを求めるヴィト。きっちり落とし前をつけたものの、またも無一文に逆戻りしてしまったヴィトはますます危険な仕事に手を出すようになる

まぁはっきり自業自得なんだけどちょっと可哀そうではあるよねw それにしても全財産をタンス預金で保険も入ってないというのは不用心というよりリスクヘッジがなってないんじゃないかなぁ?おかげでジョーの趣味の悪いシャツを着る羽目になって不機嫌なヴィトはちょっと可愛いです。

このゲーム、全15章からなるんですけど、各章の初めは大体ベッドで寝ていて、誰かが訪ねてきたり電話で起こされて呼び出されるってパターンから始まるのですが、そこから指定場所への移動とか、全部端折ることなく実際に行かなければなりません。服を着替えて外に出て、ガレージから車を出して運転する。普通の生活(彼の場合は全然普通じゃないけど)なら当たり前のこれらの行動はゲームとしては時に冗長に感じてしまう部分ではあるが、本作ではリアルに作り込まれた町並みのおかげであんまり苦にならないんですよね。むしろそれが自然、みたいな?

まぁ車はタイムズのカーシェアより気軽にそこいらに路駐してる車を盗むことができるし、悪事が見つかって警察に追いかけられたとしても安月給じゃ割に合わないと思っているのかそんなに執拗に追ってこないw 強盗してるのに服を着替えたら指名手配が解除されるのはチョロ過ぎるw どんだけ仕事の手を抜いてるんだって話ですよ。でもある一定のレベルを超えると街中で一般人が廻りに多数居ようが平気で銃をぶっ放してくるので油断はできないんですけどね

NPC同士が勝手に交通事故を起こして口論していたり、NPCの車に追突したら怒って出てきたり、キャラクターのパターンは少ない(特に子供があまりいない)ものの、生活感は出ています。実際、訪れることができる施設というのはイベントに関わるものを除けば、飲食店とガソリンスタンドと服屋とガンショップと車の修理工場ぐらい。それも進行上立ち寄る必要ってほとんどないんですよね。服もバリエーションは少ないし銃弾も戦闘中に拾えるので店で補充する必要もない。飲食で体力が回復したりするのですがわざわざ使わなければならない場面は少なかったような?拠点となるヴィトの住まいはシナリオに準じており、カスタマイズの要素はありません

やり込み要素として屋内のプレイボーイピンナップ回収と屋外の指名手配書の回収がありますが、攻略サイト等を活用して最初から狙っていかないと1回のプレイですべて回収するのは難しいと思います。プレイボーイのピンナップは実際の金髪プレイメイトのヌード写真が使われていますが、Z指定でも肝心な部分にはモザイクならぬ黒塗りで豪快に修正済みですのであまり有難みはありません

そこそこイケメンなのに真っ当に働けない難儀な性格で、周囲に巻き込まれた挙句に貧乏くじばかり引いている感のある主人公のヴィト。続編にも登場するらしいのですが、あのモヤモヤする終わり方からどういう状況になったのか興味はありますが連続でプレイするのはちょっとしんどいので暫くインターバルを置きたいと思います。終盤の戦闘は中々ハードでしたが、私的には丁度良い難易度とボリュームでありました。現在DLコンテンツが停止している為、どっちにしても全実績解除は不可能なのでやり残し実績を回収せずに一旦プレイを終了したいと思います。いいゲームでした


 

→続編も箱一版で購入済みです

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 11:11 | トラックバック:0 | コメント:0
【XBOX360】『DISORDER6』


箱〇版『DISORDER6』のトゥルーエンドをクリアしました。その他の実績についても全解除したので本作については完全終了ということでいい思います。何か久しぶりにゲームをクリアしたって感じです。

本作は2011年に発売された『DUNAMIS15』の続編…というか関連作品らしいですが、私は未プレイです。一応持ってるんですけどね(汗) まぁ色んなネットの情報を紐解いてもシナリオで相互を補完しているワケではないっぽいんで単独でプレイしても問題はないと思います。

いわゆる複数の結末が用意されているノベル系ADVで、ジャンル的にはサイコ・サスペンスというのが一番近いかな?
主人公は記憶喪失の少年、ジョーと手錠で繋がれた謎の少女、シーナ。目が覚めたら2人は手錠で繋がれていて傍らには女性の刺殺死体。ワケが分からない状況からとにかく脱出を試みて…というのが導入部分。シナリオは記憶喪失のジョー少年の視点で進んでいくのですが、何せ記憶喪失という設定上、序盤で開示される情報は極めて限定的。手錠で繋がれた少女、シーナは解離性人格障害(多重人格)を患っており、入れ代わり立ち代わり現れるそれらの別人格に時に翻弄され、時に危機的な状況を打破していく。その過程で信頼できる仲間と出会い、物語の真相に近づいていくという流れ。

シナリオの感想は追記に譲るけど、個人的に記憶喪失というご都合主義の塊みたいな設定が苦手なんですよね。プレイヤー自身も何も分からない状態からスタートするわけだから感情移入しやすいかというとそうじゃない。その他の登場人物との会話で断片的に情報が与えられても知らない分からないばかりでイライラするんですよね。序盤の展開は警察や謎の暗殺者から逃げ回ることになるのですが、演出がショボくてどの場面も変わり映えがなく、ダラダラと無駄に長いので本来緊迫する場面が退屈極まりないというのが一番の難点ですね。事実この序盤から中盤にかけて何度も寝落ちしてしまい、中々話が進展しなくて辛かったです。

基本?人格のシーナも、持ってる情報量はジョー君と似たり寄ったりで同じような会話の繰り返し→突然頭痛がして何か思い出しそう→やっぱり思い出せない、という演出がとにかく多すぎる。過去の会話の回想も1回ぐらいならいいけど何度も同じ場面が出てくるとうんざりします。

途中で出てくる選択肢は少な目で、ひとつの選択でバッドエンドへ一直線のものもあれば交代人格毎のエンディングもあるのですが、基本的には一本道の展開でアクロバティックな仕掛けは存在しません。最初のプレイではトゥルーエンドにたどり着くことはできず、その他のエンディングも見ようとすると最低3周する必要があるのですが、スキップ機能が標準実装されているので問題なし。周回プレイを進めて行くと追跡者であるコバヤカワ・ダテ視点の補足が挿入され、主人公たちが知らないところで何が起こっていたのかを垣間見ることができます。こういう演出はいいですね。ただトゥルーエンディングを迎えても主人公のジョー君は自身の記憶をすべて回復することはないので若干消化不良とはなるのですが(汗)

それでは以下追記にてネタバレ含む感想をものしたいと思います



>>続きを読む

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
【XBOX360】『アサシンクリード』


箱○版『アサシンクリード』をクリアしました。

実績の解除率は70%そこそこなんだけど、広大なマップからちまちま旗集めするのは攻略サイト等を参照してポイントが分かっていても正直面倒くさいというか、作業感が半端ないのでもういいかなと考えています…というか通しのプレイでしか解除できない実績を落した時点でフル解除は諦めちゃったんですけどね(汗)

本作は箱〇の本体買ってからほどなくして購入した記憶があるんだけど、もう10年近く前の作品なんですよね…。そんな長期間寝かしておく方がどうなんだって話はまぁその通りなんで反論のしようもないですね、ははは。でも2016年の現在プレイしてもまったく古さを感じさせないというか、単純に私の方が停滞しているだけかもしれませんけど普通に楽しめましたですよ、はい。

現時点ではいわゆる現行機(XBOX One)もPS4も持ってないんで実際に比較したら全然違う感想になるかもしれませんけどね。


『アサシンクリード』シリーズはナンバリングタイトルからスピンオフまで、現行機でも継続して展開している人気シリーズで、現行機と携帯機以外は大体所有していますけどプレイするのは当然初めてです(汗)

タイトルそのままの「アサシン」とは11世紀頃イスラム教シーア派から分派した暗殺組織または暗殺者を指します。同じモチーフのゲームには昔PCやPCEで展開された『エグザイル』シリーズがありますね。

イスラム教といえば先日バングラディシュで起こった「イスラム国」によるレストラン襲撃事件は、被害者の中に邦人が多くおられたこともあって連日報道もされておりました。ぶっちゃけ日本国内におけるイスラム教のイメージって「イスラム国」にほぼ直結しているとまでは言わないけど、何となくよく分からないけど怖いという程度の認識しかないんじゃないですかね。

たかがゲームとはいえ史実をベースにイスラム教のアサシンがキリスト教であるところの十字軍やそれに与する者を文字通り片っ端から暗殺していくという内容は中々ハードなものがありますね。それも日本人的にはあまりピンとこないというのが正直なところなんですけど。

その辺りへの配慮なのか、本作を起ち上げると「本作は様々人種の宗教が異なるチームで制作されました」的な文章が表示されるのはかつてMDで『アドバンスド大戦略』のオープニングで「この悲劇が二度と繰り返されないことを願って」といういかにもなメッセージ同様、あんまり説得力がないような気もしますけど、特に両宗教に携わる方から抗議の声が上がったという話も聞かないし、ゲームはゲームとして割り切って楽しめばいいと思います。


2012年。 平凡なバーテンダーだった青年、デズモンド・マイルズは謎の研究施設・アブスターゴ社に拉致された。 研究員であるヴィディックとルーシーからの説明もままならぬまま、遺伝子を解析して祖先の記憶を記憶を吸い出すマシン「アニムス」にセットされた彼は自身のある遠い先祖の行動を追体験する事となる。
1191年、十字軍とイスラム勢力は、聖地エルサレムを巡って熾烈な争いを繰り広げていた。そのため聖地には混乱が起き、市民の間に恐怖と不安が広まった。アサシン教団は主たる教義となっている「平和と自由」をもたらすため両軍幹部の暗殺を決行。教団の凄腕アサシンであるアルタイルが刺客として送り出される。彼は任務を着実に遂行する中で、次第に標的に共通するある秘密を知っていく事となる。

<Wikipediaより引用>

プレイヤーが主に操作するのは現代の主人公であるデズモンド・マイルズのご先祖様であるマスター・アサシンのアルタイル。コンピューターで再現された12世紀の街を追体験するという設定は面白いね。所々にブロックノイズが発生したりとか、アクセス権限のないエリアには侵入できないとか、ゲーム的お約束を設定上で自然にクリアしているのは秀逸です。体力ゲージも厳密には体力ではなく、ご先祖とのシンクロ率としているのも面白い。ダメージを受け過ぎたりするとどんどんシンクロ率が下がって強制的にリンクを切断されるというのもしっくりきます。

ゲームの進行はアサシン教団の長であるアル・ムアリムの命令に従い、9人の標的を順番に仕留めていくことで進みます。標的にトドメを刺した際にその標的の独白を聞くにつれ、9人の標的が実は裏で繋がっており、それを操る黒幕の正体が明らかになるという展開なんですが、実際のプレイはかなり作業色が強いですw

街に入ったらまずはアサシン教団の支部を探して標的に関する情報を仕入れ、取りあえず高い場所を探して地図を把握し、街に点在する情報を盗聴、あるいは尋問、あるいは重要な書類を掏り取ることで手に入れる。必要な情報が集まったら再びアサシン教団の支部に報告して暗殺許可を得、目的を果たしたら次のエリアに進むといった感じです。

この流れは全編通じてほとんど同じなので、いわゆる謎解き的な要素はありません。それぞれの目標は高い場所から”鷹の目”を使って俯瞰することでマップ上に更新されていくので次に何をしていいのか分からないということはなく、広大なマップを自由に探索できるけどシナリオ上の自由度は皆無です。このあたりは探索系が好みの方にとっては微妙な点かも知れませんね。

本作の醍醐味はやはりリアルに再現された12世紀の中東の街並みですね。建物の中にはあまり入れませんけど、掴めるところがある建物なら大概よじ登れるし、屋根の上をジャンプで駆け抜けることも可能。往来には人が溢れ、時にミッションの邪魔になることも。鬱陶しいのは何故かアルタイルの姿を見ると執拗に絡んでくる物乞いのババァ。最初は憐みを乞う泣き言から始まり、しまいにキレて「こちとら貧しいんだ。カネ寄越しな!」と口汚く罵ってくるのがムカつきます。テメェ、〇ジキの癖に随分と生意気な口きくじゃねぇか。さては朝〇人か?口だけならまだしも、アルタイルの前に立ち塞がり、進路の妨害をしてきますので緊急時に邪魔なことこの上ない。状況にもよりますが、コジ〇が近寄ってきたら胸倉掴んで投げ飛ばすと寄ってこなくなります。ただし注目を浴びるので隠密行動中は注意が必要です。同様に鬱陶しいのが上半身裸で徘徊するキ〇ガイ。こいつもアルタイルの姿を見つけると奇声を発しながら突き飛ばしてくるので、ある意味コ〇キよりたちが悪いです。対処法としてはスプリントでショルダータックルをかますか、狭いところならババァ同様胸倉掴んで投げ飛ばすか、面倒ならグーパンで一発かましてやれば逃げ出しますwただし余計な注目を浴びてしまうリスクは避けられませんので状況に応じて対処する必要があります。

我らがアルタイル師範はフリークライミングの名手で、少々高いところから落ちても大丈夫ですが、どうやら極端な水嫌いらしく、噴水のプールに落ちても即死となってしまうのが玉に瑕。終盤、港町で船から船へと移動するステージでは何度も溺れ死にましたw

街の番兵等とはなるべく騒ぎを起こさないようにする必要があるのですが、街中では至る所で兵士が一般市民に対して危害を加えている場面に遭遇します。もちろん無視しても構わないんだけど、市民を助けると見張りを突破する為の隠れ蓑になってくれたり、兵士と戦闘になった時に加勢してくれたりしますので、積極的に助けましょう。戦闘が終わっても死体はしばらく路上に放置されて警戒度が大幅に上がるので、その場所で隠密行動をとらなければならない場合は一旦その場を離れてリセットする必要があります。

標的に対して後ろから気付かれないよう忍び寄ってこっそり暗殺…とは中々いきません(汗)大抵衆人環視の中実行にうつしますのでほぼ大騒ぎになりますwひとしきり標的の独白を聞いた後、暗殺の印として鳥の羽を標的の傷口にこすり付けて血で染める儀式を行えば目的の達成です。美しく仕留めるのに拘る必要はまったくありません。

指示された標的をすべて倒すといよいよ黒幕との戦いとなり、無事倒せばエンディング…なんですが、ちょっとモヤモヤするような終わり方なんですよね。ラスボスを倒し、アニムスから出ると現代も何だか不穏な空気になっている。アニムスと同調することで現実でも”鷹の目”の能力を開眼したデズモンド・マイルズが、無機質な研究室中に描かれた謎のメッセージを見つけるとスタッフロールが流れて終了。

結局秘宝は見つかったのか、マイルズは研究所を脱出することができたのか―は一切分からないので何だか消化不良な感じ。そのあたりの謎は続編で回収しているらしいです。

オンライン要素はほとんどないので、いわゆるオープンワールド系の作品とはちょっと違う。シリーズ第一作ということもあるのでしょうが、何となく実験的な作品のような気もします。

実績解除の要件である旗集めやテンプル騎士団の暗殺等、自力で達成しようとすると相当時間がかかりそうですが、攻略サイト等で位置が分かっていても面倒くさいので本作のプレイはこれにて終了したいと思います。


 

→単品でも安いんであまりお得感はないけど、一気にプレイするならこっちかな?



テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 07:07 | トラックバック:0 | コメント:0
【XBOX360】『シュタインズ・ゲート 線形拘束のフェノグラム』


世間的には続編(?)の『シュタインズ・ゲート ゼロ』が絶賛発売中なワケですが、ん?…何かこの件は前作である『~比翼恋理のだーりん』をプレイしていた時と全く同じような(汗)

まぁ周回遅れでプレイするのは私的に平常運転なんで別にいいんですけど、今回本作をプレイしたのは昨年BSで再放送されたアニメ版の視聴がきっかけなんですよね。

CSも契約してはや4年目になるのですが、今までアニメ版を視聴する機会がなくて今回の再放送を毎週ほぼリアルタイムで観ていたんですよね。そうこうしている内にCSのテレ朝チャンネルでも再放送が開始されて、そちらは週2本づつの放映だったので程なくBSを追い越して一足先に全話観終わったところへ「第23話」の改変ですよ。いやぁ驚きましたよね。内容を詳らかにするのはここでは避けますけど、要するに12月に発売された新作へと繋がるエンディングということでタイミング的にもばっちり。こういう試みって過去にもあったのかな?いずれにしても新作の話題作りとしてはこれ以上ない手法だったと思います。

さてさて、本作について何ですけど、コンセプト的には前作とほぼ同じです。これまで主人公である”岡部倫太郎”の視点のみで語られていた物語が、別の登場人物の視点による10のエピソードがオムニバス形式で収録されています。個々のエピソードの感想については例によって<続き>にものしますので、ネタバレを回避されたい方はご注意を…

>>続きを読む

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード