某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【GBA】『上海アドバンス』


スマホ、タブレット機向けに無料でダウンロードできるアプリケーションの普及で、お金を払ってゲームを買うという当たり前の行為が当たり前でなくなってきている昨今。
その煽りを最も受けているのがいわゆる定番とされているジャンルであるような気がします

今回ご紹介する「上海」も長らく定番タイトルとして様々なハードに移植されてきました。
元はPC用のソフトとして80年代後半に発売され、以後PCEをはじめPS2の頃までの携帯機含むほとんどのハードで発売されています。

今更説明する必要もないかもしれませんが基本的なルールは、


最初は、季節牌4枚(春、夏、秋、冬)、花牌4枚(梅、蘭、菊、竹)を含む合計144枚の麻雀牌が積み上げられた状態が表示される。
その牌の山の中から、同じ牌を2枚選ぶと、その牌を取り除くことができる(季節牌と花牌は、季節牌同士、花牌同士であれば良い)。ただし、左右両方に隣接する牌がある場合や、上に牌が乗っている場合はその牌を選ぶことはできない。
144枚全てを取り除くことができればゲームクリア、牌が残っているにも関わらず、取り除くことのできる牌がなくなったらゲームオーバーとなる。

Wikiより引用

最初期のPC用ソフトは私の使用していた機種で発売されなかったこともあり、一番最初にプレイしたのは確かアーケード版であったような気がします。
アーケードゲームらしく初期配置の難易度の高さもさることながら時間制限が非常にシビアな設定となっており、手詰まりにならずとも1コインで1面クリアするのは結構難儀でありました。

その後PCEのロムロム版『上海Ⅱ』をスタンダードとしてSFC版やMD版も何となく購入し、初代GB版は外出時の暇つぶし用に長らく愛用しておりました。
PS・SSの頃までは半分惰性で購入していましたが、まともにプレイした記憶はないですね。

GBA版はその名も『上海アドバンス』という何のヒネリもないタイトルが示す通り、実にオーソドックスな内容となっています。
メインモードは「クラシック上海」でシルクロードをイメージした全20ステージをひたすらクリアしていくモード。デフォルトで時間制限はありますが、一手戻しやヒントは無制限っぽいです。
GBAということでビジュアル面はGB版に比べて格段に進歩していますが、重なった複数の牌が一部判別し辛かったりするのはハードの制約上仕方のない部分ではありますね。

その他通信ケーブルを使用した対戦モードもありますけど私はプレイしてません。一応難易度イージーで「クラシック上海」全ステージはクリアしてエンディングは確認しました。
まぁ良くも悪くも普通の「上海」なんで、ゲーム内容について特段述べることもないのですが、ユーザビリティが低いのは少し気になります。

通常ならクリアしたステージは遡って選択できたりするのですが、本作はクリアしてないステージからしか始めることができません。一周してエンディングを見た場合、最初のステージから再開して以下同じとなっています。
まぁ百歩譲ってその仕様は我慢するとしても、一度モードを選択するとキャンセルしてメニューに戻れないのは不便すぎる。あと私のが壊れているのか分かりませんけど、タイムアタックモードがプレイできないんですよね。説明書がないんでやり方が書いてあるのかもしれませんがね

元々携帯機と相性の良いゲーム性で、ロード時間を伴わない手軽さは後発の作品にはない良さではあるのですがまぁそれだけ。それなりに遊べることは間違いないですけど、無料アプリで代替できないこともないですw

スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| GB | 19:19 | トラックバック:0 | コメント:0
【DC】『メモリーズオフ セカンド』


ドリームキャスト版『メモリーズオフ セカンド』の全シナリオをクリアしました
同シリーズは1作目と3作目をいずれもDC版でプレイ済みなんですけど、一番最初に何故か3作目をプレイしてしまったんですよね。このシリーズは時系列を一にしていて共通の登場人物も多い為、なるだけ順番にプレイした方がより世界観に浸れると思います。

今回の主人公、伊波健は浜咲学園に通う高校3年生。前作は澄空学園が舞台でしたが主人公は同学年という設定になっていて、更に前作のメインヒロイン今坂唯笑エンディング後の時間軸となっていますね。
勿論主人公同士に面識はないのですが、共通の友人として稲穂信君が本作にも登場します。ただし、前作の信君は主人公と同じ澄空学園に通う同級生でしたが、本作では高校を中退してフリーター生活を送っています。家庭の事情で一人暮らしの主人公と同じアパート―朝凪荘の住人という設定ですね。勿論主人公の友人という設定なんですけど、イナケン君が朝凪荘に越してくるまでは当然面識もありませんでしたので、親友というよりはお節介な隣人という位置づけの方が近いような気がします。為に同い年にも関わらず自立している信君に対して憧憬のようなものを抱いているイナケン君は何となく言葉づかいも目上の者に対するそれで一歩引いている感じ。信君はそこまで意識してはいないようですが持ち前の集り体質と図々しい性格は前作より次作に近い感じにパワーアップしていますね。

イナケン君と本作のメインヒロインである白河ほたるは同じ浜咲学園の同級生で、既に付き合って半年ぐらい経過した状態から物語は始まります。
この手の作品って大体複数居るヒロインの誰とくっつくのかという展開が普通ですよね。本作も基本は同じなんですけど最大のポイントは、メインヒロイン以外のルートにおいては必ず”メインヒロインとの別れ”を経なければならないという点にあります。

この仕様がプレイを継続するにあたって地味に堪えるのですね。まぁどのヒロイン推しかでも変わるんでしょうけど、どのルートであってもほたるのイナケン君に対する一途な気持ちというのは変わらず、どんな形であれ何の落ち度もない彼女を傷つけなければシナリオ的に前に進まないというのが何ともね。
また彼女の設定と言うのが遍く2次元を愛する妄想男子のノーマルな嗜好を凝縮して固めたような感じで、毎度毎度罪悪感を覚えることは必至です

対するイナケン君は前作のようなトラウマを抱えてはおらず、次作のような真性のクズでもないという割とフラットな設定。シナリオは夏休みに入った8月からスタートするのですが、それまで打ち込んでいた部活動(サッカー部)の集大成である大きな大会の予選で敗退し、やや燃え尽き症候群のような状態になっているというのがちょっとした伏線なんですが、シナリオを見る限りそこまで部活に入れ込んでいたようにも思えないのですがね

それはさておき、安定の超絶イケメン設定に加えスポーツ経験もそれなりということで万年帰宅部のボンクラ高校生であった私的には更に共感し難い感じ。しかも部活動に打ち込んでいた姿を見て好きになったほたるの方からイナケン君にアプローチしたというところまでが前提となっています。こんな女の子が私含むプレイヤーに好意を寄せてくれることなんて現実では有り得ないどころかそんな女の子はこの世に存在すらしてないと思うけど、ゲームの世界では問題ありませんw

個々のヒロイン別感想については追記に譲るとして、本作全体を貫くテーマは上述したように”別れ”次作の優柔不断で不誠実極まりない主人公とは対照的に、メインヒロイン以外に気持ちが傾いていることを自覚してからのイナケン君の行動はほたる側からしたらたまったもんじゃないけど、男目線で見ると本人なりにどちらにも誠実に向き合おうとする姿勢に好感が持てますね。
前半部分はヒロイン全員の顔見せパート兼分岐ポイントとなっており、例によって日常の冗長なやり取りが続くのですが、以後の個別ルートによってはちょっとした伏線が仕込んであったり、前作にまつわるエピソードとリンクする部分があったりしますのでシリーズならではの楽しみはありますね。ルートを確定する為に複数のフラグを立てる必要は無さげなので、効率よくプレイすればそんなに時間はかからないと思います。

例によって私は初回プレイは感性の赴くまま。2周目以降はその他のルートを攻略する為に最も効率の良い選択を攻略サイトで確認しながらプレイしました。

では以下続きより各ヒロイン別感想に続きます


>>続きを読む

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| DC | 12:12 | トラックバック:0 | コメント:0
【3DS】『斉木楠雄のΨ難 史上Ψ大のΨ難!?』


BSアニマックスで昨年から今年にかけて放映されたアニメ版の視聴をきっかけにハマってしまい、勢いこんなキャラゲーにまで手を出してしまいましたw

原作は少年ジャンプに連載中。コミックスは現在21巻まで刊行していますね。

主人公は超能力者の高校2年生。周囲には超能力をひた隠し(…の割に多用してるがw)ながら、目立たず平穏な生活を送りたいという願いとは裏腹に、何故かトラブルに巻き込まれて…というのが基本パターン。いわゆる日常系のスラップスティックコメディです。本作の特徴として、主人公自身が狂言回しの役割を担っていることと、主人公が他のキャラクターと会話をしている描写がないことが上げられます。あとメタフィクション的なネタが多いことかなぁ

誰にも構って欲しくないのにまとわりついてくる”普通じゃない”登場人物たちの本音に心の中で突っ込みつつ、結局は超能力を使って関わってしまう展開が面白いんですけど、何より主人公含め主要なキャラクターたちに本質的にイヤな奴がいないのが魅力的なんですよね。そりゃ人間ですから、皆の注目を常に集める完璧美少女だって腹の中は利己的で他人を見下したりしてるんですけど、同時に弱い部分も曝け出してしまっているワケで、主人公はそんな内面のすべてを理解しつつ段々と周りに感情移入していくのが分かるんですね。他人を避けているんだけど決して人間そのものに嫌悪を抱いているワケじゃない。そのあたりのバランスがすごくいい作品だと思います

本作の発売は昨年の11月なんですけど、当然その時は完全スルー。アニメ版の放映を観るようになって存在に気付いたのが昨年の暮れぐらいだったと記憶します。実はアニメ版には原作にない、本作の発売時期に合わせたステマっぽいエピソードがあるんですが、もちろんそれが購入のきっかけではありませんw

実を言うと、ゲーム自体あまりデキは良くないです。まぁバンナム安定のキャラゲーらしいデキ、といえば大体分かって頂けるのではないでしょうか。そもそも原作ファン以外は興味を持つこともないだろうし、ファンなら許せるレベル?フルボイスじゃないけどキャストはアニメ版準拠ですし、ややデフォルメされたキャラクターも原作・アニメのイメージを大きく損なうものではありません。

体裁は3Dのアクションアドベンチャー。全部で30のミッションのうち25までクリアすればエンディングです。残りはオマケミッションといったところですが、最後に並行世界の自分自身と対決する以外はその他のミッションと大差はないです。

探し物、誰かに見つからないよう逃げ切る等のミッションをこなす為に、サイコキネシス、テレパシー、千里眼、透視、透明化等原作お馴染みの超能力を駆使して情報を集めたり、斉木楠雄の兄、空助が仕掛けた障害を排除したりする必要があります。このミッションは原作をモチーフにしたものからゲームオリジナルのものまで色々ありますが、基本やることは同じです。クリア後も隠しアイテムの捜索とか、一応やり込み要素らしきものもありますが、タイアップ特典等でしか手に入らないものもあるのでプレイだけではコンプできないっぽいですね。まぁゲーム化にあたって基本的なシステムは特に違和感はないです。

マズいのは操作性。キャラクターの移動はアナログ操作で、メッセージ送りや超能力の発動はボタンを使用するのに加え、テレパシーや透視はタッチペンを使用するのですね。時間制限がある場合もあるので、本体を両手で持ちつつ右手にタッチペンを待機させておかないといけないのが結構面倒くさいのと、視点の変更にLRボタンを使用するのが煩雑なんですわ。視点変更は重要な操作で、障害があった場合、相手の攻撃を避けながら超能力を発動するのに必須の操作なんですね。転回のスピードが遅いのでイライラする場面が多々あったのと、透明化(Bボタン押しっぱなし)とダッシュ(Bボタン2度押し後押しっぱなし)の初期設定には大いに疑問が残ります。

ある程度メーカーの技術力を要しますけど、それならタッチペンで移動もさせるぐらいの方が良かったんじゃないですかね?

あとミッションによってすごく時間がかかるものと一瞬で終わるものとの差が激しかったりとか。ミッション途中でのセーブはできないのでアイテムも回収してクリア直前に捕まってゲームオーバーになったりすると結構つらいものがあります。特に中盤のダンジョン攻略はキツかったなぁ…

まぁでも全体の難易度は大したことないと思います。仕様を理解すれば多分誰でもクリアできるでしょう。

数多のキャラゲーの例に漏れず原作ファン以外にはおススメし難い作品ですが、ファンならまぁ買ってもいいかな?アニメ版には出てこない相卜命も登場しますしねw

アニメも続編が決定し、今秋には実写映画の公開も控えていてまだまだ盛り上がりそうな「斉木楠雄のΨ難」は、我が家では二人の子供もハマっており、親子で楽しんでいますw




→原作コミックス以外にこんなんまで買ってしまいました(汗) お気に入りの一曲は「ジャッジメント・ナイツ・オブ・サンダー」ですw

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| 3DS | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
【PSP】『空の軌跡 the3rd』


今年に入ってから満を持してプレイを開始した『空の軌跡the3rd』をようやくクリアしました。延べのプレイ時間は60時間弱で、前作とほぼ同じくらいのボリュームです。

前作と前々作がエステルとヨシュアを中心にした大きなひとつのストーリーであったのに対し、今作では主人公を前作の追加キャラである星杯騎士団所属のケビン・グラハムへと変更。前作では多く語られなかったケビンにまつわる伏線を回収するという格好になっています。更にケビンの幼馴染で同じく星杯騎士団所属のリース・アルジェントが新キャラとして登場する他は、前作前々作のキャラクターが総出演し、今まで名前しか出てこなかったキャラクターも次のシリーズ作品への布石として登場する等、シリーズの繋ぎ的な役割の作品であるといえますね

物語は前作の事件から半年後。新たな任務に就いていたケビン君が「浮遊都市」のサルベージ作業で見つかった古代アーティファクトを手にしたことから始まります。突如「影の国」と呼ばれる異世界へと召喚されたケビン君とリース嬢は、元の世界に帰るために探索を開始する。その過程で次々と召喚されるかつて馴染みのあるキャラクター達。まるでケビン達を試すような仕掛けが施された「影の国」とは一体何なのか?果たして無事に脱出することができるのか…?

本作はほとんど「影の国」内で完結し、前作前々作で舞台となった場所がほぼ同じ形で再現されているので、ゲーム的な新味はあまりないです。それぞれ独立した世界である七つの「星霜」をひたすら進み、キャラクターを強化していく。「星霜」には招かれたキャラクターたちの記憶の断片である「月」「星」「太陽」の扉が設置され、前作であった事件の後、またはそれ以前の記憶を再現し、それぞれのキャラクターを更に深く掘り下げる効果を発揮しています。

それ自体はいいのですが、全体のシナリオといっても要はケビン君の過去に集約されており、物語的な展開は前作と比べると非常に薄いです。各星霜に仕掛けられたミッションの内容は極めてゲーム的。それが何者かの意思による人工の試練だから当然といえば当然なんですが、明けても暮れても探索と戦闘の繰り返しで話は終盤にならないと一向に進まないのが少々つらかった。

各エリア攻略も中ボスはともかくラストを飾るボスはどれも強く、初見で勝てたら超ラッキー。節目節目でラスボスの壁にぶち当たり、その都度停滞していたのがここまで時間がかかった原因でもあります

本文でも書きましたけどレベルを上げてのゴリ押しがきかない代わり、レベル調整は容易なので特定のキャラが足を引っ張ってという場面はあまりないですが、武器はしっかり強化しないとロクにダメージも与えられないんだよなぁ。RPGの戦闘というより理詰めのパズルといった方が近いかもしれません。お金を手に入れる手段が限られていて、装備の下取り率も低い為に全員の装備をフルに整えているとすぐに枯渇してしまいます。セピスを換金するとか救済手段がないではないけど、セピスはセピスでクオーツやスロットを強化する為に必要だしで終始お金のやり繰りに苦労した印象が(汗)

各キャラクターのエピソードやミニシナリオは前作や前々作をプレイしていればそれなりに興味深く見ることができるんですけど、如何せんそれぞれのエピソードはぶつ切り状態で一貫性はないので、ゲームとしてはどうしても散漫な印象になってしまいますね。

勿論作品としてトータルの水準は決して低くはないのですが、前作前々作と比べてしまうといまひとつのめり込めなかったというのが正直なところです。割り切ってオールスターキャストによるお祭りゲームとして楽しむのが正しいあり方なんでしょう。これ単独でもプレイは可能ですが、多分ワケが分からないと思います。

2周目要素もありますがもうお腹いっぱいですw これにて本作のプレイは終了したいと思います


 

今からプレイするならVita版がいいと思います

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PSP | 22:22 | トラックバック:0 | コメント:0
【FC】『ドクターマリオ』


昨年に発売されて話題となった「ニンテンドークラシックミニ」は予想に反して品薄状態のまま早々に生産中止が発表され、amazonでは結局ボッタクリ価格のまま正常に戻ることはありませんでした。

この生産中止の決定が「ニンテンドースイッチ」の製造ライン確保に因るものなのか、はたまた高度な経営判断に因るものなのかは判断できませんけど、単純にニーズがあるのにそれに応えないというのはモノ売りの姿勢としてどうかと思います


今回ご紹介するのは「ニンテンドークラシックミニ」にもバンドルされている『ドクターマリオ』
最近まとまった時間をゲームに充てられない個人的な事情もあって、スキマ時間にプレイするには最適な”落ちものパズル”系の作品をプレイする機会が多いのですね。中でも本作は『テトリス』以来最もプレイした亜流作品でありまして、私のみならず私の実家の母親から私の子供まで親子三世代に亘ってハマった稀有な作品なんですわ

私自身もレベル24を普通にクリアできるぐらいやり込んだものですけど、何もない状態から徐々に逼塞していく『テトリス』と違い、耐えていけば確実に収束していくのが同じ”落ちものパスル”系譜でありながらまったく異なるゲーム性を生み出している理由。色違いのバイキンを同じ色の薬で消していくという説明しなくても理解できる単純明快なルールもいい。

難易度もスピードもプレイヤーの任意で設定できるので初心者にも敷居は低く、対戦プレイではそのままハンデもつけられる。まさに任天堂の真骨頂ともいうべきプレイアビリティの高さは、単なる亜流に留まらない完成度を誇っているといえます。

昨今この手のジャンル作品は無料のスマホアプリが溢れていて単独のパッケージ作品としては中々成立しなくなってきましたよね。殊更最新の技術でリメイクする必要はないんですけど、旧作でもちょっと思い出した時に軽くプレイできる環境だけは継続して欲しいと思うのですね。懐古趣味ではなく電源点けたらすぐプレイできる手軽さって逆に今ないじゃないですか。携帯ゲーム機ですら起動してプレイできるようになるまで結構な時間がかかったりするのが当たり前みたいになってますけど単純に遊ぶだけなら昔の仕様の方が絶対いいと思うんですよね

だからという訳ではないですけど、齢80になんなんとする老人から小学生の子供も楽しめる作品というのは時代を超えて実は結構すごいことなんじゃないかと思ったり。これからも面白いゲームはいくらでも出てくるだろうけど、ここまで幅広い世代が同時に楽しめる作品というのは中々出てこないんじゃないかなぁ。可能性があるとすればやっぱり任天堂しかないんだろうけど、市場を創造し、業界全体をリードしていたファミコン時代に実現できていたことが果たして今の状況で再現できるかどうかは大いに疑問であったりします

まぁ難しく考えずにできる手段でプレイするのが正しいあり方だと思います


  

実機で持っているのはこんなところです

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

| FC | 18:18 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード