某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【3DS】『ロストヒーローズ』をプレイしています(その2)
ロストヒーローズロストヒーローズ
(2012/09/06)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


3DS版『ロストヒーローズ』プレイ日記の第2回目。超スローペースで進行中。

最近のゲームって割とチュートリアルが親切なんで、改めて取説を見る機会も少ないんですけど、本作にはマニュアルらしいものは同梱されておらず、最低限の操作説明が書かれたペラが一枚のみ。省エネの為オンラインだかソフトに内蔵だかしています云々と書かれてましたけど、普通に「コスト削減の為」って書きゃいいのにと思ったり思わなかったり。

何で冒頭こんな話をしたかと言いますと、前回のMAP終盤まで所謂必殺技にあたる「スキル」の存在にまったく気付かないままプレイしていたんですね。ボス戦とか異常に苦しいんで何かヒントでもと取説を紐解こうと思ったら取説自体が無かったと、そういうオチであります。


プレイのモチベーションが上らないのは単純にプレイの時間が少ないばかりが理由ではなく、この手の作品にしてはキツめの戦闘バランスにキャラクターの成長が遅いという点があります。

上画面は3D視に設定しているのですが、プレイする際主に見ているのはオートマッピングによる下画面。
割と頻繁に上下視線を移すので、その度焦点が合わなくてムダに疲れるというのも理由のひとつ。いっそ上画面も2D表示にしてしまおうかとも考えているのですが、本来の設定を優先したいという思いもあって現在決めかねています。単純にプレイに支障が出るくらいなら迷う必要もないんですけどね。

では例によって本題は続きから


>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2012年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:1 | コメント:0
【3DS】『ロストヒーローズ』をプレイしています(その1)
ロストヒーローズロストヒーローズ
(2012/09/06)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


本年中に完結できる目途もないまま、久々にプレイ日記に挑戦です。

本作は1992年にSFCで発売された『ヒーロー戦記 プロジェクトオリンポス』1999年に初代PSで発売された『スーパーヒーロー作戦』の正統な系譜に連なります。「ガンダム」「ウルトラマン」「仮面ライダー」各シリーズのキャラクターが一堂に会したオーソドックスなコマンド選択式RPGですね。

各シリーズの設定を適当に端折ったごった煮的世界観は混沌としていてシナリオの構成力もイマイチというのが旧作の傾向にあるのですが果たして本作はどうでしょうか…

最近の作品でもありますし、内容的にネタバレは避けられませんので以下本文は追記にて。



>>続きを読む

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2012年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:2
【SS】『シャイニング・ザ・ホーリィアーク』をプレイしています(その4)
シャイニングザホーリィアークシャイニングザホーリィアーク
(1996/12/20)
SEGA SATURN

商品詳細を見る


SSの『シャイニング・ザ・ホーリィアーク』のプレイ日記第4回目。
前回の更新から約2ヵ月のブランクとなってしまいました(大汗)

プレイ日記が一向に進まないのはプレイ自体が一向に進んでいないからという至極単純な理由なんですが、それ以前にゲームそのものがここしばらくの間ほとんど手を付けられていないんですよね…。

一応メモってるとはいえさすがにこれだけブランクがあるとこれまでのプレイの記憶も断片化してくるしやるのも億劫になってきますので、連休を機に少しでも前に進めたらと思います。

さて、いい加減月並みな言い訳はこの辺にしておいて、手元のメモとあやふやな記憶をフル動員して書いてみたいと思います。


アボリジンの森~アボリジンの館


エンリッチの地下迷宮奥で遭遇したスケルトンのヒントとサバト賢者の導きに従い、協力者だというガルムに会うべくアボリジンの森に向かったアーサー一行。

地下迷宮でそれなりにレベルアップしたハズなのだが、新しい場所には更に強い敵が徘徊していて実質強化になってないのが辛いところ。複雑怪奇な地形で探索のポイントも多いしムダに広い。何度か城下町と往復してようやく噂のアボリジンの館に到着。

ま、当然っちゃ当然なんですけど館の内部も輻輳したダンジョン構造。何度かレベルアップしていても敵は相変わらず手強いし、地道に体力の限り探索のエリアを拡大しつつ先へ進みます。

館の内部にはいくつか扉があって、鍵のかかっているものはカギを探さなければいけないとして、ノブが壊れていて開かないものもチラホラ。現状で行けるところはすべて行き尽しても進展がない。

途方に暮れつつ何か見落としたものはないかと彷徨っているうちに、偶然ノブの壊れた扉に体当たりして通れるようになりました…マジかよ…。

先へ進むとデザイア村でであった傭兵、竜戦士のバッソが倒れているのを発見する。話を聞いてみると、デザイアで足止めをくっている時、アーサーら一行が居なくなったのを知って他に脱出経路を探していたところ、アボリジンの森の墓地にあった石棺の隠し通路からここまで来たとのこと。ところが途中、恐ろしい目の怪物に遭遇し、為す術もなく気を失ってしまったという。

すっかりビビってしまったバッソはアーサーに同行したいと申し出、これを了承します。パーティーメンバーが4人となり、戦いが一気に楽になりました。

傭兵のバッソはレベルこそ低いものの、アーサーをも凌ぐ攻撃力が持ち味。反面、呪文系が一切使えない体力バカでありますw


ここでようやく地下迷宮のスケルトンから得たヒント「洋館の隠し通路は家具のスイッチで開く」の場所に到達。指示通り家具を動かすと、隠し通路が出現し、”古びたカギ”を入手しました。これでようやく鍵のかかった扉を通れるようになります。

聖堂のような広い部屋で”聖水の小瓶”を入手。先のヒントに従い、ポルターガイストの部屋で”聖水の小瓶”を使って”むずかしい本”を入手。更に図書室で一箇所だけ欠けていた本棚に”むずかしい本”を戻すと”大時計のネジ”を入手。

大時計の部屋でネジを使うと何やら動き出し、時計が3時を指してボス「時を刻む戦士」との戦闘へ。ギリギリの勝負でしたが何とかこれに勝利し、奥にあったレバーを引くとまたもや何かが動く音が。

ただ新しい通路が開けた様子はないので、バッソが通ってきたという森の奥の通路に向かうことにしました。


アボリジンの森の北の奥の奥。目指す石棺を発見し、先へ進むと館の更に奥の部屋へと続いていました。

最奥部でボス「バンパイヤ」との戦闘。これに勝利すると稲光と共に目指す人物「ガルム」の登場と相成りました。

ガルムの話を要約すると、ガルム自身リリクスと同じくヒュードルの一員であること。サバト賢者が千年王国の伝説とそれにまつわる謎を解く為に自分を目覚めさせたこと。リリクスとは利害が一致しておらず、サバト賢者に協力を約束したこと。

エンリッチ王とフォルテにかけられた魔法を解くには南のほこらにある御剣が必要であり、同じく千年王国再建を阻止する為には南・西・東と古代人のほこらに納められた3つの神器が必要とのこと。

それぞれのほこらの封印を解くには南→西→東の順番で回らねばならず、手に入れた神器がその鍵となるらしい。

さしあたって南のほこらで必要な”引力の石”をアーサーに託し「天地が逆になる時、お前たちを守ってくれる」というヒントを残してガルムは姿を消してしまいます。


自分を恐れさせた怪物の正体がヒュードルのガルムであったことに納得し、同時に自分の未熟さを痛感したバッソは更なる修行の為アーサー達と別れます。

戦力ダウンは痛いけど先へ進むしか道はありません。南のほこらを目指し、その前に立ちはだかる山脈の洞窟へ向かうところで次回に続きます。



テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| 2012年のプレイ日記 | 11:16 | トラックバック:0 | コメント:0
【SS】『シャイニング・ザ・ホーリィアーク』をプレイしています(その3)
シャイニングザホーリィアークシャイニングザホーリィアーク
(1996/12/20)
SEGA SATURN

商品詳細を見る


SS『シャイニング・ザ・ホーリィアーク』プレイ日記の第3回目。

■エンリッチ城下町~エンリッチ地下迷宮

承前

迷いの森から森の洞窟を抜け、ようやくエンリッチ城下町にたどり着いたアーサー一行。
城下町らしく石造りの街並みは回廊のようになっていて最初の印象より広くない感じです。
ともあれ、森の洞窟で体力がボロボロになっているので情報収集は後回しにして取りあえず宿探し。看板娘が居るパブ兼宿屋を発見すると泥のように眠ってしまいました。

朝、本格的に街の探索に出発しようとした矢先、水色の髪で赤い服を着た謎の人物にいきなり襲われます。謎の人物は一言も発せずその場から忽然と姿を消してしまいました。なんかすべてにおいて説明不足というか、最初にいきなり何も情報がない状態で見せておいて後から補足していくってスタイルみたいですね。

まずは装備を整えるべく店探し。武器・防具・道具が同じ場所で買えるのは便利でいいですね。下取りも自動でやってくれるのはいいのですけど一回一回選択肢を確認してくるのはちょっと面倒。操作性もワンテンポ遅れるというか、重たい感じなんで慣れないと何度もやり直す羽目になります。

2つのダンジョンを抜けて資金も十分にあるかと思いきや全員の武器と一部の防具を揃えた時点で資金が尽きてしまいました(汗)う~ん…若干不安は残るけど戻って資金稼ぎするのも面倒なんでこのまま先に進むことにします。


城下町で収集した情報の要約

・賢者サバトは魔女リリクスとの魔法合戦に敗れて遠ざけられた
・魔女リリクスは薄気味悪い
・魔女リリクスにはエリーゼという孫娘がいる
・郊外にある館のカギは誰にも開けられない
・南の洞窟は途中に岩戸があって先に進めない

また、エンリッチ城ができる前からこの地に住んでいるという先住民たちが住む「語り部の館」の長の話

「エンリッチは闇の歴史ある土地。今千年王国が活動を開始した」
「圧政者ヒュードルが現れる以前、イノベーターという為政者のもと優れた文明が存在していた」
「王国の終わりは空より地上に舞い降りた。ヒュードルはその身体を棺に横たえて来るべき王国の復興の時を待つという」

語り部の長の話は本作のバックボーン的な位置づけなんでしょうか?いずれにしても飛ばし気味の情報で具体性がないので取りあえず無視してもよさそうですね。


一通り情報を集めたところでいよいよエンリッチ城へ報告に向かいます。表面的には異常はありませんが何となく重苦しい雰囲気。納戸みたいな小部屋で不遇をかこっているサバト賢者とご対面…ですが嫁共々愚痴っぽいことを聞かされただけで大した情報はありませんでした。

ローディ討伐の報告ということなんですけど中央の玉座に王様が鎮座して、その両脇に魔女リリクスとフォルテが控えています。ローディ討伐の真偽について魔女リリクスに厳しい追及を受け、返答に窮するアーサー…って元々喋んないんだったw

王様とフォルテに取憑いている魔物の正体は明らかになったけど、一心同体となっている今の状態で引き離すことは不可能。最後はありがちな落とし穴にはまってしまい、地下牢行きとなってしまいました。


地下牢で思案しているところに現れたのはハーフリングの男ことドイル。先ほどの魔女リリクスとのやり取りも聞いていたドイルは情けないとアーサーを詰りながらも脱走の道筋を教えてくれました。

地下道を進み、ドイルに教えてもらった水晶のカギを使って更に行くと、城内で会ったサバト賢者の姿が。

「まさかこのまま王に会いに行くとは」

と賢者にあるまじきうっかりぶりは一旦置いといて、魔女リリクスに対抗するにはアボリジンの館の主人であるガルムの協力が不可欠ということらしい。しかしガルムは当事者ではなく、我々は協力を求める弱い立場であると。
ガルムの最初の試練としてエンリッチの地下迷宮のどこかにあるカギを手に入れなければならないという。

2層構造の入り組んだ迷路は襲い掛かる敵の強さも相まって中々手強いです。
何度かサバト賢者のところを往復し、ヤギ・ヘビ・ワシの紋章を手に入れ迷路をくまなく探索すると、最奥部に人骨らしき骨の山があった。調べてみるとホネはスケルトンとなり、すわボス戦かと思いきや

「洋館の隠し通路は家具のスイッチで開き、見えぬ霊の猛威は清き水で鎮める。それが納めるべき書を見つける手段」
「時を刻まぬ針がティータイムを告げるとき、戦いを挑む灰色の騎士をかしずかせれば死者の寝床から覇者の扉は開かれん」

と割と具体的なアドバイスを残して元のホネの山に戻ってしまいました。
その奥にある”金のカギ”を手に入れてサバト賢者のところに報告。

「エンリッチの南側へ行ったならローディの故郷の村に寄ってみるといい。きっといい話が聞けるはず」

…と知ってるんなら教えてくれてもよさそうなものだが(汗)


厳しいダンジョンでレベルも大分上がり、城下町で再度装備を整えたところで次回に続きます。



テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| 2012年のプレイ日記 | 20:15 | トラックバック:0 | コメント:0
【SS】『シャイニング・ザ・ホーリィアーク』をプレイしています(その2)
シャイニングザホーリィアークシャイニングザホーリィアーク
(1996/12/20)
SEGA SATURN

商品詳細を見る


SS『シャイニング・ザ・ホーリィアーク』のプレイ日記の2回目。

■迷いの森~森の洞窟

承前

深夜、約束どおり訪ねてきたハーフリングの男はデザイア村の南にある”迷いの森”を抜ければエンリッチへ行くことができるって話なんですけど何か怪しい感じ。その思いはメロディも同様だったとみえ「こんな話を信じるの?」と確認を求められるも、結局先へ進まなければならないことに変わりはないワケで、怪しいと思いつつも男の提案に乗ることにします。

ところがハーフリングの男は湖の畔の墓場で落ち合おうとか何とか言ってさっさと消えてしまいます。おいおい湖の墓場って村で噂の亡霊が出るっていうヤツじゃないの?そんなところを待ち合わせの場所に指定している時点で怪しさ100倍なんですけど(汗)

迷いの森はもうそのまんま複雑な地形で、出てくる敵も鉱山のそれより明らかにパワーアップしている感じです。デザイア村で装備は一通り強化しましたけど同じくらい敵も強くなっているからあんまり意味がないような気がします。

湖の畔に村の教会で子供が探していたと思しき子犬を発見したのでついでに回収しておきます。

ようやく迷いの森の果てにたどり着いた一行は、墓を守るモンスターと戦う羽目になります。どうやらコイツが亡霊の正体らしい。何とかモンスターを退けたところへ例のハーフリングの男が現れます。
男はドイルと名のり、ローディをお頭と呼びます。どうやら旧知のようですが肝心のローディは記憶がアレなので要領を得ませんが、ドイルは取りあえずローディがアーサーと同行することで当面危険はないと判断し、石棺から森の洞窟へと姿を消します。


一旦デザイア村に戻って回復を行い、改めて森の洞窟へ向かいます。

洞窟の敵は迷いの森より更に強化された感じ。ダンジョンの仕掛けや低いところを潜っていく箇所など見せ方も工夫があって面白いです。2層構造で結構なボリュームをようやっと越えてエンリッチ城下町に到達したところで次回に続きます。


テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| 2012年のプレイ日記 | 19:18 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード