某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

戦い済んで日が暮れて
「政権交代」選挙と位置づけた今回の衆院議員選挙は、すでにご存知の通り民主党単独で309議席を獲得し、民主党が政権与党となりました。

自民党にとっては予想外の大敗、などとみる向きもありますが、個人的にはこんなもんだろうな、と。

今回の歴史的大敗の背景には色んな要素があると思いますが、要するに自公連立体制の10年間、政権与党と官僚組織が行ってきたありとあらゆるデタラメが、小泉という楔がなくなった途端、一気に表面化したのが度重なる首相の交代劇であり、トドメをさしたのがリーマンショックと呼ばれる世界的な景気悪化だったのではないでしょうか。

ま、実際はそんなに複雑なものじゃなくって、「本当にこのまま自民党に任しておくとマズいんじゃね?」という大きな流れというものがあって、自民にNOを突きつける為には選択肢として民主を選ぶしかなかったというところなんじゃないでしょうか。

以前も書きましたけど、民主党は、二大政党の中から選択されて与党になったワケでは決してなく、アンチ自民としての選択肢が他になかったからという棚ボタ的勝利ということですね。
ぶっちゃけ、選挙区によっては私でも公認候補なら当選したんじゃなかろうか、っていうぐらい、小泉チルドレンも真っ青な無名で実績も何もない一年生議員が大量に国会に送られるということになりました。

保守系のマスコミからは「どうせ次の選挙までマトモに政権を維持できるはずがない」的な精一杯の負け惜しみコメントがありましたが、私もそう思います。

上記の小沢か鳩山かは知らないですけど、ナントカチルドレンの有象無象も次の選挙で恐らく一掃されると思いますね。そう考えるとはっきり金のムダとしか思えないんですが、どこの政党でも構わないんで衆参共に議員の定数を半分くらいにしてもらえませんかね?

何がムダって役立たずのボンクラ国会議員ほどムダな存在はないと思うのですがどうでしょうか?


それにしても小選挙区における自民党の惨敗ぶりは、面白かったですね。

私はあの比例重複のシステムがどうしても理解できなくて、武部勤とか小池百合子とか野田聖子とか中川秀直とかの連中が消えるってんで大喜びしていたところが、TVを見ていると野田聖子のあまりにも空気を読めていないヒマワリをまとったグロテスクな姿が突然画面に現れてぶっ倒れそうになったんですけど、結局比例で復活とかもうワケがわからない。

それでも山拓とか泥酔のほうの中川とか佐藤ゆかりらほとんどの小泉チルドレンが軒並み退場となっただけでも善しとするしかないですね。


あとケッサクだったのは公明党の低迷。

あの政党は政策だの実績だの関係なく、某宗教団体関係の人間しか投票しないので、全体の投票率が低ければ低いほど議席を維持しやすいんですけど、今回のように投票率が上がればその効果はてきめんに現れますよね。

「自民党とは連立しても距離を置くべきだった」などと総括されている幹部の方もいらっしゃったみたいですけど、いや、それ絶対に違うからw

距離的には民主党の方が近いような気がするのですけど、支持母体が徹底的な敵対関係にあるのでさすがにすり寄るワケにもいかないでしょうし、存在感は一気に薄くなるでしょうね。


今回の選挙の結果が、民主党にとってというよりも、今後の日本にとって大きな転換期になるであろうことは想像に難くありません。何より、7割の有権者が投票を行えば、はっきり国の仕組みそのものを変え得る力を発揮するということが分かっただけでも、まだこの国がどうしようもないところまで来ているワケではないということが言えると思います。

いずれにしましても、政権与党となった民主党には速やかに公約を実行に移すべく努力してもらいたいですし、我々有権者は、マトモな日本人の誰も得をしないような外国人参政権なぞに現をぬかさないよう、しっかり監視していく必要があるということですね。


スポンサーサイト

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

| モロモロ雑記 | 17:41 | トラックバック:0 | コメント:0
今週のお買いもの
私事ですが、8月は決算期でありまして、微妙に、というかかなり忙しくて、ブログの更新もままならない状態であります。

…と、軽く言い訳から入りつつ、忙しい時期というのは畢竟趣味に費やす時間も減るわけで、更新できないのは実は単にネタがなかったという別の事情もあるのですがそれはいいとして。

昨日のことなんですけど、毎年恒例の職場の決起集会、みたいなイベントがありましてですね、珍しく夕方の5時から飲みだして午前0時まで7時間ほぼ飲みっぱなしでありました。

元々お酒は自主的に飲むことはほとんどなくて、飲まなけりゃ飲まないで何カ月も過ごせるのですけど、飲む時はとことん飲むというのが悪い癖。それが原因で失敗したことも多々ありました。

最近は女の子が居る店で飲む機会もなく、経済的な理由もあるのですが、それ以前にそういうスタイルの店が楽しいと思えなくなったのが足が遠のいた要因何ですが、それも一定水準以上の高い店へ行けば解決することなんですかね?まぁどうでもいいですが。


キャバクラへ行くこともままならない私が今週購入したのがこちら、

DREAM C CLUB(ドリームクラブ) 特典 限定コスチュームDLCカード付きDREAM C CLUB(ドリームクラブ) 特典 限定コスチュームDLCカード付き
(2009/08/27)
Xbox 360

商品詳細を見る

であります。

バンナムの『アイドルマスター』の層を狙った作りであることは明白なのですが、ティザー期から発売日まで、かなり長期間に亘って店頭の広告展開を行っており、パクリ企画の割には社運も賭けようかという勢いで力が入っていますね。
キャバクラのシチュエーションをゲーム化するってありがちのようで実は家庭用機においてはそんなにたくさんないような気がします。キャバクラに夢を持てるほどピュアなハートを持ち合わせていないこんな私でも入店の資格はあるのでしょうか?w


グランド・セフト・オートIV Xbox 360 プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】グランド・セフト・オートIV Xbox 360 プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】
(2009/08/27)
Xbox 360

商品詳細を見る

実は購入したのはプラコレ版じゃなくて、フルプライス版の中古品。前作は旧箱版でプレイしたんですけど、途中で放置。その他シリーズカウントされていない派生作品も持っているには持っているんですが、全然プレイしていません(汗)ギミックは面白いんですけどね…。


テーマ:ドリームクラブ - ジャンル:ゲーム

| お買いもの | 18:56 | トラックバック:2 | コメント:2
【XBOX】『HALO』
『ドラゴンクエストⅨ』の合間にプレイしていた旧XBOXの『HALO(ヘイロー)』をクリアしました。

…と言っても難易度ビギナーなんですが(汗)

旧箱のキラータイトルとしての期待を背負い、満を持して国内発売された本作ですが、全世界で600万本を売った実績にもかかわらず、日本ではコアなファン以外にまでは浸透しなかったようであります。

本作が国内市場から敬遠された理由は、FPS(ファースト・パーソン・シューティング)というジャンル特性そのものが第一の要因に上げられます。

このFPSというジャンルの作品を一度でも経験された方は身に覚えがあると思いますが、余程三半規管が強い方を除いて、初めてプレイすると大抵”3D酔い”といわれる症状に見舞われるんですね。

正確な根拠は知りませんが、特に日本人は欧米人に比べてその傾向が強いらしく、ゲームとして楽しめるようになる以前にプレイができなくなるケースが多々あったようです。

また、ガチSF系の世界観は総じて忌避される向きが多いというのも無関係ではないと思います。

それはともかく、曲がりなりにもハードを代表する作品ということで、本作の完成度は非常に高いです。また、FPSの入門ソフトとしての位置づけもあって、難易度もほどほどに抑えられているように思います。


”コヴナント”と呼ばれる異星種族と長らく交戦状態にあった人類は、対コヴナント機甲部隊「SPARTAN-Ⅱ」を編成し、試験的に実戦に投入したところ、予想以上の戦果を上げることに成功する。

しかし、数に優るコヴナントの波状攻撃を受け、「SPARTAN-Ⅱ」は壊滅状態となってしまう。

実戦データを基に強化・改良を行う為、「SPARTAN-Ⅱ」の撤収を決定するが、脱出に成功したのは戦艦”オータム”による一体のみであった…。


プレイヤーは「SPARTAN-Ⅱ」唯一の生存者”マスターチーフ”となり、異星人を蹴散らしつつ母星への帰還を目指すというのがメインプロット。

タイトルにもある「HALO」とは、コヴナントとは別の知的生命体に寄生する種族、フラッドを殲滅するため、フォアランナーと呼ばれる謎の種族が、自分達以外の宇宙に存在する知的生命体すべてを滅ぼすというトンデモ超兵器の名称。

マスターチーフを保存し、帰還途中であったオータムがコヴナントの襲撃に遭い、艦長はオータムごとコヴナントをまったく違う星系へと誘導するという判断を下す。

オータムのAIであるコルタナのチップを引き継ぎ、謎の環状惑星に不時着したところからゲームが始まります。

ステージは全部で10あって、艦内あり、屋外あり、施設内ありとバラエティに富んでいて飽きさせません。いずれのステージも基本は一本道なのですが、ステージによってはまったく変わり映えしないところを延々と進まなければならないところもあって、少々ダレてしまう部分もあり。

ステージによっては矢印によるナビと距離が表示されたりするのですが、経路ではなく方向しか分からないのでかえって混乱することも。ステージにある乗り物を使わなければいけないところとか、基本的にはコルタナがヒントをくれるのですが、テキストは表示されないので聞き逃すと立ち往生することも。

難易度も4段階から選択でき、ビギナーなら文字通り初心者でも中盤までは楽勝で行けると思います。

シナリオ的にはガチのミリタリーハードSFとして特に目新しいアイデアはなく、舞台となる環状惑星はラリィ・ニーブンの「リングワールド」のイメージそのまんまだし、謎の超兵器も既存作品のオマージュの要素をたぶんに含んでいます。

ただ、CGによるビジュアルの存在感は圧倒的で、一世代前のハードによる7年も前のものとは思えないぐらいクオリティは高いです。

これがAmazonのマーケットプレースなら送料込みでも600円しないというのが信じられない。
箱○でもプレイは可能なんで、過去の私同様、FPSは酔うから苦手という諸兄にこそ是非チャレンジしていただきたいです。最初は確かにキツいですが、レベル3を越す頃には多分苦にならなくなっているはずw

難点という程でもないですが、ステージの全体マップがないというのはちょっと辛いところもあるかな?
上にも書きましたけど、基本一本道なんで迷うことはないのですけど、敵に追われたりしてパニックになってしまうと現在位置を見失ったりすることがあるので注意が必要です。

一度クリアすれば任意のステージから始めることが可能だし、都度難易度の選択もできるので安心です。

シナリオの2人同時プレイや、対戦専用のモードもあるのですが、残念ながらオンラインには対応しておらず、私は未経験。箱○で発売されたシリーズの続編『~3』ではそのあたりも充実しているので、それまでのシナリオにこだわらない方はそっちから入っても楽しいかも知れませんね。


とにかく、やらず嫌いは絶対にもったいないと断言できる名作です。いつになるか分かりませんが、続編をプレイするのも楽しみです。


HALOHALO
(2002/04/25)
Xbox

商品詳細を見る


最新作はコチラ↓私は予約済みですw
Halo 3(ヘイロー3): ODST(通常版) 特典 ジョンソン上級曹長のアンロックコード付きHalo 3(ヘイロー3): ODST(通常版) 特典 ジョンソン上級曹長のアンロックコード付き
(2009/09/24)
Xbox 360

商品詳細を見る



テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| XBOX | 17:55 | トラックバック:0 | コメント:0
【NDS】『ドラゴンクエストⅨ』をプレイしています(その9)
現在チマチマとクエストをこなしつつ、転職に向けキャラを鍛え直している最中です。

目標としては、特技スキルをコンプしてからメイン武器スキルを30まで上げて、エルシオン学院の武器関連クエストをクリアした後…と考えているのですが、レベル30後半からレベルアップでもらえるスキルポイントが徐々に目減りしているのな。

またぞろまじゅうの洞窟ではぐれメタル狩りに勤しまないと(汗)
それとも一旦最後までクリアしてしまおうか…。でもそうすると多分再開しそうにないしなぁw

実はこれまでのところ、そんなに時間もかかっていないのですね。ちなみに現在レベルは44で、総プレイ時間は47時間といったところです。

今まで一度もタッチペンを使って操作していないのですが、この間”せんれき”画面を開いた時にサンディから「たまにはタッチペンを使え」的なニュアンスのコメントを頂きました。


余計なお世話だ


…というところで前回の続きから。


ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る



>>続きを読む

テーマ:ドラゴンクエストIX - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 13:39 | トラックバック:1 | コメント:2
【MD】『ぺぺんがPengo』
最近Wiiのバーチャルコンソール(以下VC)に元気がない。

毎月末には公式サイトにて次月のラインナップが公表されるのだが、総タイトル数が激減しているうえに、ハードによっては半年近く配信されていないものもある始末。

権利関係とか、過去に発売された作品のすべてが配信可能になるとは思っていませんけど、明らかに出し惜しみしていると思われるものもあって、今後もあまり期待できないっていうのが現状なんですよね。

そんな中、PSアーカイブズにてPCエンジンの作品が配信開始されたのですが、今のところVCで配信されているタイトルばかりでしかも価格も同じとくれば、メリットはまったくないといってもいいですね。

PSPにて携帯できるというのが唯一差別化されているといえばいえますが、PSP持ってない私的には関係ありませんw

VCAもバンダイ・ナムコ以外は低調で期待はずれ。懐古趣味のロートルユーザーがどの程度いるのかは分かりませんが、VCにはまだまだ掘り下げる余地があると思うのですがどうでしょうか。

現在市場で流通している中古品なんて、いくら高値で取引されていようとメーカーにはビタ一還元されることはないんですから、出し惜しみする意味が分からないんですよね…。

ま、Wiiに関していえば、VCやパッケージタイトルよりも、Wiiウェアのタイトルが非常に充実してきて楽しみなんですよね。それにしても『FF4~』の売り方は詐欺とまではいわないですけど、はっきりボッタクリです。それともキャラクター毎に選択できるのは特定のキャラクターのファンへ配慮した結果なんでしょうか?私はやらないんでどうでもいいのですが。


さて、今回ご紹介するのは今月初めにVCで配信が開始された久々のMDタイトル『ぺぺんがPengo』であります。

本作はMD最晩年に発売された作品でありまして、同じ時期に発売された他の作品同様、出荷数が極端に少なく、現在でも異様なプレミア価格で取引されている一品であります。

ゲーム自体はセガ製の古の名作アーケードゲーム『ペンゴ』の正統なリメイク作品でありまして、オリジナルモードに対戦モード、そしてオリジナルの『ペンゴ』が収録されている、至極真っ当な内容であります。

私はMD版は持っておらず、今回初めてプレイしたのですが、見た目は可愛いし内容もよりアクションパズルの要素が強くなって普通に楽しめる佳作だと思います。ただ、改めてアホみたいな市場価格(一万円前後?)を出すほどの価値があるかといえば、明確にノーと言えますね。私ならそんなお金があったら迷わずPSP本体を買います。

それはともかく、パッケージに拘らないのなら600円はお買い得。オリジナル未経験の方も気軽に楽しんでいただけますのでおススメです。


ぺぺんがPENGO  MD 【メガドライブ】ぺぺんがPENGO MD 【メガドライブ】
(1995/12/22)
Sega Megadrive

商品詳細を見る



テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

| MD | 16:34 | トラックバック:0 | コメント:0
【NDS】『ドラゴンクエストⅨ』をプレイしています(その8)
のんびり進めていたつもりが、実はもう終盤に差し掛かっているみたいです。

ネット上で散見した意見によれば、「クリアしてからが本番」とおっしゃっている方が多いですね。
確かにやり込める要素がてんこ盛りで、100時間程度では到底遊び尽くせない程のボリュームもあるようですが、個人的にはあまり興味がなかったりします。

Wi-Fi通信プレイには対応できませんでしたが、ワイヤレス通信プレイでシリーズ初の複数同時プレイを可能にし、すれ違い通信機能等、推定350万本普及しているビッグタイトルならではの、コミュニケーションツールとしての活用がメインと考えれば、本編の内容が薄くても、本作のスタイルの方があるいは正しいのかも知れません。

ただ、プレイヤー自身が楽しみ方を見つけてやり込んでいくような自由さはなく、”やらされている”感がどうしても否めないのですね。そのこと自体を否定する気はないのですが、4ケタ単位の積みゲーを抱えてる身とすれば、ひとつの作品に膨大な時間を費やす程の価値があるかといえば、私的にはちょっと微妙なんですよね。

まぁその後の事はひとまずクリアしてから考えたいと思います。

では前回の続きから。


ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る



>>続きを読む

テーマ:ドラゴンクエストIX - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 18:44 | トラックバック:0 | コメント:0
天下分け目の衆院選挙
先日、ようやっと30日の衆院議員選挙の公示が行われましたね。

まぁどう転んでも「自民大敗・民主圧勝」の流れは変えられないと思うのですが、先日の党首討論のニュース映像をチラ見していた際、連立を目論んでいる社民党と国民新党の話を聞いていると、改めて来る民主党政権の危うさを感じずにはいられません。

民主党は仕方がないとしても、社民党ごとき泡沫政党が連立で与党に組み入れられるっていうのがどうしても納得がいかないというか何というかw
社民党の福島瑞穂が調子に乗って、「非核三原則の法制化を」などとやり出した時は、相変わらず自分たちの主義主張に固執して、時事に適った物事の”優先順位”というものをまるで理解していない人たちなんだということが確認できました。…っつーか、オマエらは誰にも選ばれたワケじゃないからなw、そこだけは勘違いするなよと言いたいです。身の程をわきまえろと。

国民新党は党首以下、ビジュアル面で損をしているような気がするのは私だけでしょうか?あの悪相で「郵政民営化見直し」などとぶたれても、オマエらの利権に供しないからだけでしょ?・・・という風にしか見られないように思います。それ以前に前回の衆院選の遺恨をいまだに引きずってお題目に掲げているというのが、人間の執念というか業というか、現在の優先順位が見えていない点は社民党とどっつこっつなんですが、外国人参政権には断固反対の立場を表明してくれたのがせめてもの救いかな?この点だけは全力で応援したいですね。そういう意味では社民党より遥かに存在意義があると思います。


今年に入ってからずっと「政権交代」のお題目を唱え続けてきた民主党の作戦は、前回の衆院選挙であった「郵政民営化選挙」の構図と何ら変わらないですよね。そこは前回の大敗を受けて小泉劇場の姑息な部分だけを上手くパクったという感じです。

小沢前代表や鳩山代表の偽装献金・故人献金問題は、本来であればそれ一発で少なくとも党要職ぐらいは吹っ飛ばせるぐらいのパワーがあったはずなんですけど、それすらウヤムヤにできるほど今の民主党に勢いがあるということなんでしょうか。

もうシャブピーの逃走経路なんてどうでもいいから民主党党首のカネにまつわるアレコレをきちんと追跡しろよ、マジで。


このまま推移すれば、順当に新政権誕生の運びとなるでしょうが、今の民主党が長期政権を維持するなんてあり得ないので、何とか当選を果たした自民党議員は厳粛に結果を受け止め、来る民主党政権崩壊の折にはスムーズに移行できるよう力を蓄えておいていただきたいものです。

今回の衆院選で期待できるのは、自民にはびこるゴミみたいな議員の一掃ですかね。特に小泉チルドレンあたりはどうせ棚ボタで議員になれたクチなんですから、全員退場で誰も困らないと思います。

ついでに麻生以上に発言ブレまくりでアホ丸出しの武○とか、変態エロ拓とか、酩酊野郎とかの魑魅魍魎共もまとめて消えてくれれば言うことないんですがw


テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

| モロモロ雑記 | 18:16 | トラックバック:0 | コメント:0
【Wii】『フェリオス』(VC)
『MH3』のプレイにあたって、どうにもならないWiiの無線接続状況を改善するために、LANコネクタのUSBアダプターと、15mのLANケーブルを購入しました。

やはり有線での接続は安定していますよね。今までが何だったのか、というぐらいに快適でありました。

それはいいんですけど所詮は自室から15mのLANケーブルを引いて無理矢理接続している状態に過ぎず、使わない間はもちろん片付けないといけないし、接続するのも尋常じゃないぐらい面倒であります。

根本的な問題の解決にはもっと強力なルーターを導入する必要があるんですけど、実際やってみないことにはどの程度改善されるのか読めないんですよね…。

そこまで確実性が保証されないものに対して投資するには少々値が張るものですし、不便ながら有線の方が確実は確実なので、当面様子を見ようかと思っています。


…それ以前に『MH3』開封すらしていないんですが(汗)


というワケで、接続テストも兼ねて余っていたWiiポイントを使用し、先月末に配信開始されたバーチャルコンソールアーケード(以下VCA)の『フェリオス』をDLしました。

本作は1988年に発売された縦スクロールシューティングのアーケードゲームで、家庭用機ではメガドライブにのみ移植されています。ちなみに、このMD版もVCで既に配信されております。

プレイヤーが操る勇者アポロンは、天かけるペガサスを駆り、デュポンに捕らわれたアルテミスを助け出すというのが大筋なんですが、キャラクターの名前を見てわかる通り、ギリシャ神話がそのモチーフになっています。

メインショットに溜め撃ち、パワーアップアイテムにオプションと、極めてオーソドックスなスタイルでありまして、ステージ構成やイメージは、同社の『ドラゴンスピリット』が近いように思います。

スタート時、難易度をEASYかHARDかを選ぶことができるのですが、EASYだと全ステージプレイすることができず、前半4面で終了しますので注意が必要です。

私はMD版しかプレイしたことがなかったのですけど、今回初めてオリジナルをプレイしてみて、正直かなり難易度が高いように思います。基本的にコンティニューはフリーなんですけど、その場復活ではありませんし、それなりに修練を積まないと先には進めません。

いわゆる「覚えゲー」でありまして、特に終盤は覚えていないとどうしようもないのですが、逆に言えば、覚えてしまえばある程度までは何とかなるんですね。今現在そこまで血道をあげられるかとなると微妙なんですが(汗)

正直シューティングゲームとしては普通のデキというか、まぁ可もなく不可もなくって感じなんですけど、本作の最大の特徴はさらわれたアルテミスのビジュアルであります。

一言で言うと、「元祖萌えシューティング」w

アルテミスを石に変えたメデューサが一面目のボス。クリアすると、メデューサの呪いが解け、両手首を鎖に繋がれて涙ぐむアルテミスが!…しかも「早く助けに来て!」の音声が挿入されてテンション上がりまくりw

捕らわれの真性M女アルテミスは、ドSのデュポンにあんなことやこんなことをされ、苦悶の表情のはずが、悦んでいるようにしか見えないという不思議。普通にゲームをしようと、ステージ間のデモシーンを飛ばそうとすると、「私のこと見たくないの?」とやや露出狂の気も発しますし、ゲームオーバーになってコイン投入しないと「嫌いよ」と非難したり、中々に扱いが厄介な女性でありますw


しかも件のギリシャ神話では、アポロンとアルテミスって兄妹でありまして、妹属性に近親相姦のフラグも立つとあっては、もはや萌えというよりエロゲーと言ったほうが違和感がないような気がします。

妄想を逞しくさせる恣意的なビジュアルですが、さすがにモロ見えというか、直截的なエロ描写はありませんのでご安心をw

VCでMD版と比較しても面白いかも知れませんね。私はやりませんが。





フェリオス  MD 【メガドライブ】フェリオス MD 【メガドライブ】
(1990/07/20)
Sega Megadrive

商品詳細を見る
→MD版は音声はガラガラでヘボいんですけど、ゲーム自体の難易度はそこそこで、アルテミス嬢は面が進むと段々薄着になっていくという「脱衣シューティング」となっています。お好みでどうぞw



テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

| Wii・Wii U | 15:17 | トラックバック:0 | コメント:0
【NDS】『ドラゴンクエストⅨ』をプレイしています(その7)
最近暑くてPCの前に座るのも億劫なのと、間隔が開き過ぎて面倒になってきたのとの相乗効果でプレイ日記どころか更新も滞っている状態であります。

いや、遊んでいるのは結構ちょこちょこ遊んでいるのですがね。ただ初期の頃に比べるとプレイがぞんざいになってきたというか、クエストなんかは適当に飛ばしてしまって半ばワケがわからなくなってきています(汗)…っていうかいい加減”きよめの水”が手に入ってもよさそうなもんですがどうでしょうか。No.6がいつまでも残っていて非常に気になるのですが。

では以下前回の続きから、


ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る



>>続きを読む

テーマ:ドラゴンクエストIX - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 01:42 | トラックバック:0 | コメント:4
今週のお買いもの
世間的にはお盆休みの真っ只中のことで、ゲーム業界もDL配信を除いて新作の発売はありません。

昨日、仕事もヒマで早々に帰路についたのですが、真っ直ぐ帰るのもアレなんで、久々に大阪は日本橋に立ち寄ってきました。

基本的に小売店にはお盆休みなんてないのですけど、新作が供給されないこの時期は畢竟客足も鈍く、お盆セールなどと銘打っていても、概ね売場は閑散とした状況でありました。

目ぼしいモノも少なかったのですが、このまま手ぶらで帰るのもなんだったので、複数店舗をじっくりと物色。ポツポツと買っていると結構な量になっているという不思議(汗)

変に時間があるとロクなことにならないですね。今は反省しています。では以下ご報告を。


バイオニック コマンドーバイオニック コマンドー
(2009/06/25)
Xbox 360

商品詳細を見る

→相当売れていないというのは風の噂で聞いていたので、多分短期間でこのぐらいの値段になるんじゃないかなーと思っていたらあっさり的中。動画を見た限りでは面白そうなんですけどね。発売時期がマズかったのと、国内市場向けでないってところがネガティブに作用したんじゃないでしょうか。

テイルズ オブ ヴェスペリアテイルズ オブ ヴェスペリア
(2008/08/07)
Xbox 360

商品詳細を見る

→発売から丁度一年が経過し、PS3への移植も決定しているのですが、何故か中古相場は高値安定しています。スクエニ系の同ジャンルである『インフィニット・アンディスカバリー』や『スターオーシャン4』あたりが早々に値崩れしている中、ずっと購入時期を見計らっていたのですが、普段あまり行かない店で相場より安く、しかもお盆限定の割引が適用されていたので思わず購入してしまいました。

デウスエクス:インビジブルウォー【CEROレーティング「Z」】デウスエクス:インビジブルウォー【CEROレーティング「Z」】
(2004/06/17)
Xbox

商品詳細を見る

→これも随分前から買おうと思っていてそのまま忘れていたものでありまして、上記と同じ店で同じく割引を適用して購入。画面はFPSそのものですが、アドベンチャー要素の方が強いんでしょうかね?パッケージを見る限り、Z指定に該当する部分は見当たらないのですが、実際はどんなもんでしょうか。いつかプレイして確認しますよ、えぇ。


本当はWiiの有線接続のアダプタを買おうと思っていたのですが、店頭で見つからず断念。…というより本気で探していなかったなんですがw

そっちの方はAmazonで手に入れるとして、先に長めのLANケーブルを調達しておかないと(汗)


テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| お買いもの | 10:39 | トラックバック:1 | コメント:0
残暑お見舞い申し上げます
少し早いですが、残暑お見舞い申し上げます。

お盆になりましたね。

今週からお休みを取られるところも多いかと思いますが、私の場合、例年この時期に上司が休みを取りますので、大体仕事をしております。

…と言っても、取引先様もお休みを取られているところも多くてヒマなんですけどねw

上司もいないし、精神的にも非常にゆとりがありますので、一年を通して最も平和な期間かも知れません。電車も空いていて気持ちいいです。

世間的には芸能人の薬物事件だの、水害や地震だのと結構騒がしいようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年は天気が不安定で、中々思うように予定が立てられないケースもあったかと思います。

いわゆる”夏バテ”という身体の症状に見舞われた経験がないので、そちらの方はよく分からないのですが、ゲーム関連は買いもの以外、何となく停滞しています。

現在プレイしているのは相変わらずDSの『ドラクエⅨ』。わき道にハマってしまって中々本編が進みません。現在レベルは37で、プレイ時間も37時間前後。取り合えず竜の門へ通じる光の道を開通させました。詳細は後日プレイ日記で。

それとは別に据え置き機でドラクエの合間にでもプレイしようと思っていた作品が中々決められず、結局以前放置した旧XBOXのFPS『HALO』のプレイを開始しました。

FPSに対する適応力が格段に向上しているのが実感できます。
以前プレイして放置したのは恐らく4~5年前だったと記憶していますが、1時間余りのプレイであっさり詰まっていた場所をクリア。

難易度ビギナーでプレイしているので全然大したことはないですが、現在レベル5「コントロールセンター」をプレイ中。全体でいうと半分弱ってところでしょうかね。

旧XBOXの作品ではありますが、CGのクオリティは非常に高く、動きも滑らかでストレスを感じません。発売当時はただ”3D酔いで気持ち悪い”ぐらいにしか思わなかったのですが、耐性が付いてみると本当によくできたFPSであることが分かりました。

メインシナリオの展開自体はハードSFとして珍しくもないですが、美麗なCGによる圧倒的な説得力と存在感はまさに圧巻。難点といえばステージマップが存在しないということぐらいですかね…。それでも極端に広い場所はないので、迷いながらでも何度かウロウロしていたら何となく進むと思いますw

例によって続編も積んでいるのですが、プレイするのが楽しみです。

プレイ日記を書けるような内容ではありませんので、クリア後にレビューでまとめたいと思っています。

今回はこんなところで。


HALOHALO
(2002/04/25)
Xbox

商品詳細を見る



テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| モロモロ雑記 | 13:26 | トラックバック:0 | コメント:2
【PCE】『鏡の国のレジェンド』
世にゲームのジャンルは多々あれど、意外に本数が少ないのが「アイドルゲーム」。

しかしながら、既存のジャンル作品に対してキャラクターとしての「アイドル」に置き換わっているだけのものがほとんどでありまして、実際はジャンルというよりサブカテゴリと言った方が適切かも知れませんね。

単なるプロモーション映像を収録しただけとか、そういうものを省くと、古くはファミコンの時代から現在に至るまで、上記「アイドルゲーム」にカテゴライズされる作品が非常に少ないというのは、結局のところゲームという媒体のマーチャンダイジングが進化した結果だと思うのですね。

要するに、そのアイドルの名前のついたものなら何でも買っちゃうようなファン層と、ゲーム機を所有している層がリンクしない、あるいは商売として成り立つほど両者がクロスしないというのが実際のところなんでしょう。

今回ご紹介するのは、今まさに世間を騒がせているのりピーこと酒井法子をメインキャラクターに据え、1989年にPCエンジンCD-ROMROMで発売された『鏡の国のレジェンド』であります。

20年前、黎明期であったCD-ROMという媒体の持つ様々な可能性を模索していた時期でありまして、色んなメーカーから多様な実験作が発売されていた時期でもありました。

取り分け、現役アイドルを起用するというコンセプトに相性がよいという理由から、本作の酒井法子に小川範子(これもノリコだw)、西村知美、井上麻美と、一番最後は知名度という点で著しく劣りますが、PCエンジンは数々のアイドルゲームが発売される土壌となったのであります。

どの作品についても言えるのは、ゲームとしての作りが非常に甘く、露骨に適当に作ったものばかりであったということでありまして、アイドルのファンならともかく、一般のゲームファンからは大抵総スカンをくらってワゴン行き…というのが大体の末路でありました。


本作の中身についてもさして特筆すべき部分はないのですけど、現在の大騒動の暗喩としてみると、中々に味わい深い内容になっています。


夫の逮捕後、子供を置き去りにして都内から忽然と消えた酒井法子容疑者 何者かによってさらわれたのりピーを探すという単純極まりないシナリオでありまして、所々シャブピーのりピーが音声でヒントを教えてくれたりとか、ミニゲームをクリアするとか、まぁ大体そんな感じです。

他のアイドルゲーム同様、アイドル自身が名前を呼んでくれる機能が搭載されているのですが、現在のように技術も進歩しておらず、アイドル本人が某読みで読んだ五十音を一語づつ切り張りして再生するだけのシロモノなんですけど、本作を買った人間(私を含む)ほぼ全員が、現役アイドルに”卑猥な言葉”を喋らせて楽しむツールとして活用していたことは想像に難くありません。

…というか、むしろそうさせる為だけに搭載していたといえなくもないです。


1989年といえば、トップアイドルの地位を占めていた時代。本作に係わった本人含む関係者全員が、まさか20年後の今、こんなことになってしまうとは夢にも思わなかったことでしょう。

そのご本人は6日間の逃走の甲斐あって何となく起訴は免れるような雰囲気ですが、起訴されようがされまいがどのみち以前のイメージ通りに復活するのは不可能であり、そういう意味では芸能人としては完全終了といってもよく、個人的にもまぁはっきりどうでもいい存在なので別段気にもしておりません。

これが元からヤリそうなイメージの方なら意外と復帰は早いかもしれませんが、内容が内容だけに地上波での復帰はムリっぽいですよね。…とか言いながら数年後にはVシネあたりでヤクザの姐さん役をやっていそうですがw

一連の騒動で、「鏡の国」ならぬ「麻薬の国のレジェンド」となってしまった酒井法子容疑者の今後は厳しいでしょうが、はっきり自業自得なんで猛省して二度と娑婆に姿を現すことなくひっそりと生きていって欲しいもんです。…今10歳という息子も、多分これから10年前後に同じ罪で捕まるに500マンモス。


鏡の国のレジェンド 【PCエンジン】鏡の国のレジェンド 【PCエンジン】
(1989/10/27)
不明

商品詳細を見る



テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

| PCE | 14:32 | トラックバック:0 | コメント:0
山ごもりから帰ってきました
8月5~6日の一泊二日で、京都にある某禅寺にて修行をして参りましたw

現在得意先関連会社が主宰するの企業の合同セミナーに参加しておりまして、今回の合宿研修もその一環であります。

出発前日の4日は深夜0時まで飲んでおりまして、この一事だけでもやる気の多寡が知れようというものですが、たった二日間とはいえ、大して変わりばえのしない繰り返しの日常の中に突如立ち現れた非日常的な生活は「人生観が変わる」…とまでは申しませんけど、違った視点やものの考え方を再考させる、得難い経験をさせていただいたと感謝しております。

何せ短期間のことでありますので、座禅や写経といった一般的なプログラムに加え、研修の課題もこなすといったスケジュールで中々にハードでありました。

それはいいとしても、難儀であったのは尋常でないヤブ蚊の多さ。
外に出た途端目に見えて一瞬で群がってくる様は恐怖の一言。私の実家もいまだに下水がなくて浄化槽なものですから、そこから年中蚊が発生してくるのですけど、もう圧倒的に数が違います。

ある程度事前に話を聞いていたので虫除けは準備していたのですが、汗で流れてしまった上にやってくるというか、座禅中に顔の近辺を周回飛行された日にゃ本気で焦りましたよw

食事も、精進料理というほどでないけど極めて質素。しかも食事中は会話はおろか一切の物音を立ててはいけないという決まりがあって、全然食べた気がしませんでした。初日の17時に夕食を頂いてから翌朝8時まで、この間も結構ハードなカリキュラムだったのですが、意外と持つもんですね。一週間ぐらいここで生活すると、劇的に体重が減りそうです。

禅寺ではないですけど、お寺の研修というのは過去新入社員時代に経験がありまして、そっちの方が内容的にはハードだったんですけど、昔のことなんで半分以上忘れてしまっていたり。

ま、何でも勉強と思えばってことで。


…この間、お友達登録させていただいているある方のページが見られなくなっていてちょっと心配しております。何か事情があってのこととは思いますが、どうされているのでしょうか…。


テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| モロモロ雑記 | 18:01 | トラックバック:0 | コメント:1
【NDS】『ドラゴンクエストⅨ』をプレイしています(その6)
関西地区もようやく梅雨明けの模様で、いきなり暑さ全開になっています。

体質的に、いわゆる”夏バテ”なるものは経験したことがないのですが、基本的に暑いのは苦手でありまして、寝るとき以外自宅にいる時はほぼエアコンをつけているので、今月の光熱費の請求に戦々恐々としている私です。

深夜までエアコン全開でゲームに勤しんでいると嫁の機嫌が相当に悪くなる為、エアコンを切った熱帯夜の中で汗ばみながらするのは実は相当ストレスが溜まりますので、現在据え置き機の作品は一本も腰を据えてプレイしておりません。

その代わり、というワケでもないのですけど重宝するのが携帯機であるニンテンドーDS。しかもこの夏最大の話題作であるドラクエとくれば、まさに現在のマストアイテムと言っても過言ではありませんw

では前回の続きから。


ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る



>>続きを読む

テーマ:ドラゴンクエストIX - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 17:47 | トラックバック:0 | コメント:6
今週のお買いもの
今週のと言って、実は先週なんですが(汗)

例年8月は閑散期にあたりまして、総数もさることながら目玉と呼べるような作品もあまり発売されないのが通例でありますが、先日発売されたDSの『ドラクエⅨ』に次ぐこの夏の話題作といえばこちら、

モンスターハンター3(トライ) クラシックコントローラPRO【シロ】パック 特典 モンスターヘッドフィギュア付きモンスターハンター3(トライ) クラシックコントローラPRO【シロ】パック 特典 モンスターヘッドフィギュア付き
(2009/08/01)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

→本作の体験版を同梱して先行発売された『~G』の移植版は、Amazonではほとんど捨て値といっていいような金額になっていて少なからずヘコんだものですが、本作はどうでしょうか。
現在ドラクエに専念していて…専念していなくても、なんですがリアルタイムでプレイする可能性は限りなく低いです。クラコンPROの使い心地は試してみたいのですけどねw

ギアーズ オブ ウォー 2 リミテッド エディション(初回限定版:「アートブック」&「ボーナスディスク」&「ダウンロードコード:金色のランサー アサルトライフル」他、同梱)【CEROレーティング「Z」】ギアーズ オブ ウォー 2 リミテッド エディション(初回限定版:「アートブック」&「ボーナスディスク」&「ダウンロードコード:金色のランサー アサルトライフル」他、同梱)【CEROレーティング「Z」】
(2009/07/30)
Xbox 360

商品詳細を見る

→発売時期は前後しましたけど、こちらも話題作。…とはいえ、前作も積んだままなんですよね…。
一時期国内の販売も危ぶまれた過激な映像表現がウリの本作ですが、規制に値するような残虐性かと言われるとちょっと違う感じがします。

GLORY DAYS 遊撃のHEROGLORY DAYS 遊撃のHERO
(2008/11/06)
Nintendo DS

商品詳細を見る

→上2本は既に予約済みで、以前購入予定のところでも書いたものですが、こちらは完璧な衝動買い。パッケージ裏の画面写真が小さすぎてゲームのイメージが全然できないんですが、こういうチマチマしたゲームは結構好きなので割りと早期にプレイするかも。いずれにしてもドラクエ後なんですが。

装星機ガジェットロボ装星機ガジェットロボ
(2008/12/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

→内容以前にパッケージで確実に損をしている一品。ジャリ漫ライクなキャラクターデザインは人を選びそうです。
一見『カスタムロボ』系のアクションシューティングっぽいですが、実はRPG。音楽に渡辺宙明、主題歌水木一郎と、ムダに豪華なのも特長です。


来月に入るとまたぞろ話題作が登場しますから、今月は控えめになりそうです…って控えめにしないと本当にもたない(汗)


テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| お買いもの | 11:27 | トラックバック:0 | コメント:3
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード