某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

今週のお買い物
主に仕事関係なんですが、忙しさがピークに達しています。

あと2週間は似たような状態が続くことが予想されます。身体を壊すほどではないですけど精神的にちょっとキツいですね。もうしばらく我慢すれば夏休みをいただけそうですので、何とか踏ん張りますよ、ええ。

今月末にきて新作関連が集中しました。消化がままならないのは相変わらずなんですが、一応僅かでも進捗はしています。そういえばもう少しで今年も半分が過ぎようとしていますね。恒例のベストゲーム選抜なんですが、振り返ってみてもあまりやってないような気がします。

では久々のお買い物報告です。


モンスターハンター フロンティア オンライン ビギナーズパッケージ(オンライン専用)モンスターハンター フロンティア オンライン ビギナーズパッケージ(オンライン専用)
(2010/06/24)
Xbox 360

商品詳細を見る

→Wiiの『~G』『~3』にPSPの『~2G』と購入して、やっぱり苦手という結論は変わらないのですが結局買っちゃいました。丁度ゴールドメンバーシップが切れていたのでそれにゲームがオマケで付いていると思えば別段損したようにも思えませんので別にいいのですがwフレンド登録されている方も結構やられていると思いますので一応はプレイしますよ、ええ。


初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- でっかいお買い得版(特典:ねんどろいどぷち「初音ミク -Project DIVA-」特典Ver 復刻版同梱)初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- でっかいお買い得版(特典:ねんどろいどぷち「初音ミク -Project DIVA-」特典Ver 復刻版同梱)
(2010/06/24)
Sony PSP

商品詳細を見る

→音ゲーは苦手なんですけど話題作の廉価版なんでつい。冷静に考えたら特典なんて別に要らなかったな(汗)こちらも一応はプレイします。


ラブプラス+ラブプラス+
(2010/06/24)
Nintendo DS

商品詳細を見る

→こちらも話題作。前作は買い時を逃してそのままになっていたのですが、これは好き嫌いは別にしてもゲーマーを自称するならやっておくべき作品。まだ序盤ですがドハマリしそうな予感(汗)


新作以外にもちょこちょこ購入はしているのですが面倒なので割愛。あっさり目の作品を集中してクリアしてすっきりしたいと思いつつ、3月からやってる『維新の嵐~』がまだ終わらないというもどかしさ(汗)もうあとほんの少しなんですけどね。


スポンサーサイト

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| お買いもの | 02:45 | トラックバック:0 | コメント:0
【PS】『維新の嵐 幕末志士伝』をプレイしています(その13)
PS版『維新の嵐 幕末志士伝』のプレイ日記第13回目。

今回は慶応元年(1865年)の上半期(1~6月)まで。


1月2日

山口で事件勃発。潜伏中なので致し方ないが、大坂から出られないのでヒマです。常駐している要人も少ないし、やることがないので適塾で学問修業に勤しみます。

2月1日

長州に身を寄せる中岡慎太郎より手紙。長州では再び勤王派が藩政を握り、佐幕派の大粛清が行われたとのこと。浮き沈みが激しいなぁ。

2月4日

福井で事件勃発。

3月

ようやく西郷隆盛から薩摩へと招待される。やっと退屈な大坂から出られる。
薩摩に到着し、早速小松帯刀を訪ねて旧交を温める。そこで龍馬はカンパニーの構想を語り、薩摩に出資してくれるよう依頼する。小松帯刀もそれに関心を示す。
しばらくは薩摩藩にて要人と知己を得る活動を行う。

3月21日

大久保利通が西郷邸に来訪。幕府がいよいよ長州攻めを具体的に検討しだしたとのこと。

4月1日

西郷、長州との関係を修復すべく、龍馬に長州の説得を依頼。

4月3日

西郷の依頼を受け、長州に赴く前に長崎にて「亀山社中」を設立。陸奥宗光、高松太郎、新宮馬之助、千屋寅之助、近藤長次郎が集結する。

4月14日

更に長岡謙吉も加わる。取りあえず小松帯刀の到着を長崎で待つことに。

5月10日

ようやく小松帯刀が長崎に到着。交易に使用する帆船の購入を小松に依頼し、龍馬は長州へ向かうことに。その時小松帯刀から熊本の横井小楠を訪ねるよう勧められる。
そんな龍馬の元へ、土佐の乙女姉さんから手紙が届く。そこには土佐勤王党の全滅と岡田以蔵の死、武市半平太が切腹させられたという衝撃の内容が…。

長崎を出る龍馬とほぼ入れ違いに池内蔵太が仲間に加わる。

5月12日

熊本の横井邸を訪ねる。横井小楠に薩長同盟の構想について語り、賛同される。薩摩にはあくまで利をもって説けとのアドバイスを受ける。

5月27日

長州入り。中岡慎太郎と土方久元の出迎えを受ける。龍馬の来訪の目的を察知した中岡は、西郷を連れてくるべく薩摩に向かい、土方は大宰府に逃れている三条実美に仲介してもらうことを提案。逆戻りになるが一旦大宰府に向かいます。

5月30日

太宰府入り。三条実美と会談、親書を得る。ようやく長州の説得の為、桂小五郎を訪ねるところで次回に続きます。


KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝
(2000/07/06)
PlayStation

商品詳細を見る



テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| 2010年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
【PS】『維新の嵐 幕末志士伝』をプレイしています(その12)
PS版『維新の嵐 幕末志士伝』のプレイ日記第12回目。

今回は元治元年(1864年)の下半期(7~12月)まで。

前回から少し間隔が開いてしまいました。何かここ3カ月ばかりずっと本作をプレイしているような気が…(汗)


7月11日

真木和泉が海軍操練所に来訪。天皇に上奏する為、京都で事を構えるので協力してほしいとの申し出であったがこれを断る。

7月19日

京都で大事件が勃発。嫌な予感がする。
同日、勝海舟が来訪。勝の師である佐久間象山が攘夷派に斬られたとのこと。

8月6日

平井加帆来訪。先の京都での大事件「禁門の変」について報告。

8月10日

またもや勝海舟が来訪。京都の西郷隆盛に会って長州征伐をやめるよう説得して欲しいと依頼。

8月14日

山口で事件勃発。

勝の依頼を受け、京都薩摩藩邸に赴き西郷隆盛を説得。先の「禁門の変」は一部の家老と久光公が強行したらしい。

10月

中岡慎太郎が来訪。幕府が本格的に長州の征伐に乗り出すも、龍馬との約束通り西郷隆盛の尽力によってこれを回避したとのこと。しかし長州では佐幕派が実権を握り、高杉晋作の奇兵隊も解散の憂き目にあい、桂小五郎は京都で行方不明になったという。

10月21日

山口で事件勃発。

11月15日

勝海舟が来訪。海軍操練所の閉鎖が決まったという。先の「禁門の変」に海軍操練所を脱走した土佐藩士が居たことが発覚した為であるという。勝自身も海軍奉行の職を解かれ、江戸で蟄居を命じられたとのことで、海軍操練所の浪士共々薩摩を頼るよう指示。西郷隆盛に話をつけるべく再び危険な町京都へ。

京都の薩摩藩邸にて、龍馬ら海軍操練所の浪士を受け入れることを承諾。しばらくの間身を隠す為、大坂にある薩摩藩邸へと向かう。

12月15日

遂に海軍操練所が閉鎖に。これより第六章「薩長同盟」へ。
大坂の町で大久保一翁に会い、新たに海軍奉行となった小栗忠信がフランスから兵器を買い集め、徳川家による独裁を目論んでいるとの話を聞く。

12月25日

西郷隆盛より小松帯刀を紹介され、意気投合する。


ひょんなことから薩摩に急接近することとなった龍馬。いよいよクライマックスに差し掛かりつつあります。以下次回に続きます。


KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝
(2000/07/06)
PlayStation

商品詳細を見る



テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| 2010年のプレイ日記 | 01:25 | トラックバック:0 | コメント:0
【SFC】『はじまりの森』
ニンテンドーパワー(以下NP)というサービスは、あらゆる点で中途半端なサービスであったのだろうと今更思う。

かくいう私もNPが現役の時分には『マリオのスーパーピクロス』にハマっていて、定期的に配信される追加問題を何度か購入したことがあります。

オールドゲーマーにはファミコンのディスクライターと言った方が通りがいいかも知れませんね。
あれは任天堂と契約した小売店内にしか設置されておらず、私の住んでいるような田舎ではそこにたどり着くまでが結構難儀であったりしたのですが、そもそも私は当時ファミコンを持ってなかったから、実は原体験はまったくありませんがまぁイメージでw

ディスクライターと違って全国のコンビニでいつでも何処でも書き換えが可能という点でははるかに便利になったような気がしますが、正直結構待たされるんですよね…。しかもレジに申請すると露骨にメンドクセって対応をされるので行き着けのコンビニでは利用しづらかったりしました。何だ、ディスクライターと同じじゃん。

コンビニ店員の対応はまぁ仕方がないとしても、当時はPS・SSの次世代機の全盛期。細々とソフトはリリースされていたとはいえ、既に旧世代のSFCの作品。書き換えに必要なカセットの定価が4千円弱、書き換えに必要な手数料も当時の中古価格と比較して決して安いとは言えなかったしと、当らなかったのはむしろ必然といえるのですが厄介なのはNPオリジナルの作品でありまして、その内のいくつかはパッケージソフトとして再販されたりしたのですが、そのまま埋もれてしまった作品もあります。


今回ご紹介する『はじまりの森』もそのひとつ。
実は発売当時から気にはなってはいたのですが、専用カセットの容量をほぼ食い尽くすボリュームと、書き換えの手数料と合算すると新作より高くなってしまい、書き換えの敷居の高さと相まって結局プレイできなかったんですよね。

それがWiiのVCで配信されてネット環境があれば手自宅に居ながらにして手軽にDLできるとは、いい時代になったもんです。

一律800円という価格が高いか安いかは個人の感覚に因るところが大きいので何とも言えませんが、市場価値から考えれば価値はあると思うのですがどうでしょうか。

…と言いつつWii購入時にまとめてDLしてそのまま放置していたのですがね(汗)

この度何の気まぐれかちょこっとプレイしてハマってしまい、そのままクリアしてしまいました。


内容はオーソドックスなコマンド選択式ADV。
主人公は夏休みを利用してひとりで田舎の祖父の元を訪れた少年。「小紫」という不思議な少女との出会いから、森に住むというあやかしという存在を知り、やがて人間によって破壊された森を救うというストーリー。

ジブリテイスト満載なある意味カントリージュブナイル物の王道中の王道といった感じですが、ゲーム的にはこの手のジャンルの代表格ともいえる初代PSの『ぼくのなつやすみ』シリーズ発売前ということで草分け的な存在であったのかも知れません。

ポリゴンでは表現しきれないドット画ならではの”暖かみ”や、幻想的な効果音。旧世代であるSFCの作品でありながら、本作が示した方向性は後の作品にも少なからず影響を与えたことが想像できます。

選択できるコマンドを必要最低限にすることによってフラグ立てのストレスを極力排除しているし、イベントの合間に挿入されるミニゲームは難しすぎず簡単すぎず、適度なバランス感覚でもってアクセントとしての機能を果たしています。

総プレイ時間は10時間足らずといったところ。全7章の構成ですが、最後以外はすんなり進めると思います。

極力ネタバレを回避して書きますが、最後の章の追いかけっことアクション面はいい加減にやっていると思わぬ箇所で詰まってしまうかも知れません。が、そこまでシビアな内容ではないので何回か繰り返せば何とかなるレベルだと思います。


個人的な感覚では800円分の値打ちは充分過ぎるほどあると断言できますね。当時から評価が高かったものですが、上記の理由でプレイできずに10年以上経過してしまったので感慨深いものがありますね。誰にでもおススメできる良作だと思います。いいゲームでした。


photo_35.gif


テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

| SFC | 18:50 | トラックバック:0 | コメント:2
ちょい近況報告
今週から俄かに忙しくなってブログの更新もゲームのプレイもままならない私です。

一泊二日の研修旅行は夜のスケジュールではっちゃけたりと、年甲斐もなく大人の修学旅行気分でそれなりに楽しんできたのですが、そのツケは週の後半一気に押し寄せてきました(汗)

具体的には2年ぶりに中途採用を行うことになって、折からの就職難でウチみたいなマイナーな会社の求人でもすさまじい勢いで応募が殺到し、担当責任者としては有り難い話なんですけど基本身一つで対応できるキャパシティには自ずから限界がありまして、一応余程トンチンカンなエントリー以外はもれなく面接するというささやかなポリシーも今回ばかりは実施が難しそうな塩梅。

面接に来られる方もそれなりの覚悟と緊張感をもって臨まれると思うのですが、こちらも同じかそれ以上の気概でもって対峙しますので、一日にそう何人も面接するってワケにはいかないんですよね。

加えて今月は某機関からの審査を受け入れたりとか、ちょっと大きな認可申請を行ったりとか割とハードなイベントが目白押しで、少なくとも来月半ばまでは精神的にリラックスできそうにもないです。


…というワケで今年も早や半分に到達する時期が近付いてきましたけど、当面不定期での活動になりそうです。

実際ゲームをプレイする時間も格段に減っていて、ストレス解消としては酒を飲むか買いものぐらいで、ますます積みゲーが増えそうな予感。夏休みあたりになったらちょっとはゆっくりできるかなぁ…。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

| モロモロ雑記 | 02:23 | トラックバック:0 | コメント:0
今日から研修です
明日(正確には今日)から一泊二日の研修旅行で京都に行ってきます。

研修って言っても半分ぐらいは遊びなんで、特に緊張感も何もないのですけど久々に気の置けない仲間と楽しんできますよ、ええ。

ぶっちゃけ本来の仕事もクソ忙しくて丸二日職場を離れるのは帰ってからのことを考えると気が滅入りますが、気にしないw

たまには息抜きも必要ですよ、ねぇ?


テーマ:日記 - ジャンル:日記

| モロモロ雑記 | 01:41 | トラックバック:0 | コメント:0
【PS】『維新の嵐 幕末志士伝』をプレイしています(その11)
PS版『維新の嵐 幕末志士伝』のプレイ日記第11回目。

今回は元治元年(1864年)の上半期(1~6月)まで。


1月

新年早々土佐の土方久元が海軍操練所に来訪。土佐よりすべての藩士に帰藩命令が出たとのこと。のこのこ戻ったらどんな目に会うか分からないとして土方は長州に身を寄せると言って去って行った。

3月14日

海軍操練所で使用する軍艦を調達する為、勝海舟と共に江戸へ。取りあえず千葉道場に挨拶に行くと、丁度土佐の客が来ているという。不審に思いつつも会うと、相手は北添佑磨と名乗り、新撰組に怯える志士たちを蝦夷地に移住させる構想を語った。
そうこうしているうちに勝が迎えに来て大久保一翁の元へと赴く。大久保を説得し、幕府の軍艦一隻を借り受ける話を承知させる。大久保は徳川が朝廷に政権を返上するという持論を語り、龍馬は大いに感銘を受ける。話のついでに先に北添佑磨から聞かされた浪士志士を蝦夷地に移住させる構想を大久保に語る。龍馬はさらに浪士たちを日本を狙うロシアに対する兵力とすればよいと付け加え、大久保に一考を促したのであった。

その晩。まんじりともせず千葉道場の一室で物思いに耽っていた龍馬の元に、佐那嬢が訪ねてきた。直ぐに江戸を去る龍馬に着物を縫って持ってきてくれたのだが、意を決して佐那嬢は龍馬に自分の思いを伝え、龍馬もそれに応えた。かくして龍馬は佐那嬢と婚約を果たし、父の千葉定吉、兄の重太郎からも祝福されることになります。やったねw

5月1日

佐那を伴って再び神戸の海軍操練所で修業の日々。勝海舟から今度は長崎に行くので同行してほしいと依頼される。勝の話では、連合国が下関を攻撃し、長州を滅ぼす計画を立てていることに対し、幕府の連中は煩い長州を片付けてくれれば幸いと補給まで申し出ているという事実に憤る。また勝は日本が諸外国と対等の立場を確立した後に、これから向かう長崎をその貿易の基地とする構想を語る。今回の出張ではその視察も兼ねているという。

5月10日

勝の用事が済むまで長崎を散策する龍馬。小曾根屋という商人と出会い、商売について学ぶ。勝からまだしばらくかかりそうなので、熊本に寄るよう指示。横井小楠に会いに行けとのこと。長崎には余り人もいなくて退屈していたので早速熊本へ。

5月12日

熊本に着いた龍馬は横井の居を訪ね、珍しい客の来訪に大そう喜んだ横井から、幕府ではなく日本の国として諸外国と対等に渡り合い、真の開国を目指すという自身の考えを聞き、これからの日本の進むべき道を確信する。

6月5日

長崎滞在を終え、船で神戸に帰る。

6月9日

京都で大事件勃発。

6月10日

安岡金馬が海軍操練所に来訪。望月亀弥太や北添佑磨らが新撰組によって池田屋で惨殺されたとの話を聞く。


無益な血が流れ続けることに激しい怒りと焦りを感じる龍馬はいてもたってもおられず京都へ向かう。僅か2か月の間に更に危険な町となってしまった京都。直ぐにまた大事件が勃発するのだが続きは次回に。


KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝
(2000/07/06)
PlayStation

商品詳細を見る

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| 2010年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
【PS】『維新の嵐 幕末志士伝』をプレイしています(その10)
PS版『維新の嵐 幕末志士伝』のプレイ日記第10回目。

今回は文久3年(1863年)の下半期(7~12月)まで。

7月

海軍操練所が出来るまでは特にこれといった目的もないので、京都に滞在しつつ御所の公家衆をヒマにまかせて説得。ほとんど「尊王開国」思想に染め上げることに成功しました。

8月1日

鹿児島で事件勃発。龍馬の元に土佐の土方久元が来訪し、桂小五郎からの手紙を受け取る。そこには連合国と戦い、惨敗した複雑な胸の内が赤裸々に綴られていました。更に中岡慎太郎が来訪し、平井収二郎が独断で朝廷に接触した咎で投獄されたという話を聞く。平井収二郎は切腹を命じられたとのこと。理不尽な旧友の死に深い憤りと自身の無力さを痛感する龍馬。収二郎の妹である加帆を慰めるものの、空しさが募る。

8月17日

大和で事件勃発。

8月18日

京都で大事件勃発。

8月20日

失意の平井加帆が来訪。薩摩の裏切りによって朝敵に仕立て上げられた長州勢は京都から追われ、攘夷派の公家衆も都落ちし、長州の庇護を求めることとなったという話を聞く。攘夷派の三条家に奉公していた加帆は土佐に帰るつもりだと言うが、龍馬はこれに反対。今土佐に戻っても形見の狭い思いをするだけだと諭し、加帆は三条家に従って長州へと赴くことに。

8月26日

池内蔵太が来訪。長州を中心とした攘夷派の弾圧は各地におよび、吉村寅太郎らの天誅組が大和で壊滅したという話を聞く。

9月1日

神戸に海軍操練所がようやく完成。攘夷派の浪士として追われる身であった望月亀弥太を仲間に。これより京都に散っている攘夷派の浪士を探し出し、仲間に加えることとなる。

9月6日

河原町で甥の高松太郎を発見。

10月2日

中京で新宮馬之助を発見。

11月2日

二条城付近で新撰組に追われていた千屋寅之助を発見。

11月15日

陸奥宗光が海軍操練所に来訪。仲間になる。

12月1日

海軍操練所にて修業に励む龍馬の元に中岡慎太郎が来訪。遂に武市半平太も投獄されてしまったとのこと。中岡は龍馬にも土佐に戻って武市を救う計画に参加するよう呼び掛けるが、今はその時ではないとして断る。中岡は長州の力を借りると言い残して去って行った。


長州の没落と共に攘夷の勢いは急速に衰えつつあります。表向き尊王攘夷の立場をとっていた土佐の山内容堂は遂にその本性を現し、土佐藩で力を握っていた武市以下勤王党の弾圧を開始。情と時勢の狭間で苦悩する。

…というところで次回に続きます。


KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝
(2000/07/06)
PlayStation

商品詳細を見る



テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| 2010年のプレイ日記 | 00:31 | トラックバック:0 | コメント:0
今週のお買いもの(番外編)
ここしばらく行きつけの小売店の在庫整理のペースが凄まじく、ちょっと前まではFC、SFCが中心であったものが先日覘いてみると初代PSまで拡大していました。

任天堂・ソニー系ハード以外は取扱いすらしていないのがアレなのですが、比較的狭い店舗なんで仕方がないですね。

その狭い店舗の床に衣料用収納ケースがデーンと置かれ、2段重ねで積まれているものですから、中身をしっかり確認するにはウンコ座りよろしく他の客の進路を思い切り邪魔しなければならないのですが、いい歳をしていてもその辺の恥も外聞もないですから、比較的他の客が少なかったことを幸いじっくり物色いたしました。ちなみに価格帯は20~100円ですw

で、購入したのは以下10本。本当はもっと漁りたかったのですけどそれ以上持てなくて泣く泣くチョイスしました。


ヴァンピール 吸血鬼伝説ヴァンピール 吸血鬼伝説
(1999/03/04)
PlayStation

商品詳細を見る


快刀乱麻 雅快刀乱麻 雅
(1999/01/21)
PlayStation

商品詳細を見る


SonataSonata
(1999/03/04)
PlayStation

商品詳細を見る


アドヴァンスト ヴァリアブル・ジオアドヴァンスト ヴァリアブル・ジオ
(1996/04/19)
PlayStation

商品詳細を見る


ドラゴンナイト4ドラゴンナイト4
(1997/02/07)
PlayStation

商品詳細を見る


BATTLE FORMATIONBATTLE FORMATION
(1997/11/13)
PlayStation

商品詳細を見る


KONOHANAKONOHANA
(2001/04/26)
PlayStation

商品詳細を見る


あやかし忍伝くの一番あやかし忍伝くの一番
(1997/09/25)
PlayStation

商品詳細を見る


ふしぎ刑事(デカ)ふしぎ刑事(デカ)
(2000/10/26)
PlayStation

商品詳細を見る


童夢の野望2童夢の野望2
(1998/11/19)
PlayStation

商品詳細を見る



いやぁ久しぶりにボリュームのある買いものをしたなぁ。合計いくらだったのかはあえて言いませんけど、千円札一枚でお釣りが出るくらいでしたw

こういうのがあるから中古ゲーム漁りは止められない。そして積みゲーは倍速で増えていくのであった…。


テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| お買いもの | 13:17 | トラックバック:0 | コメント:0
鳩山首相辞任表明
今朝家を出る前に観ていたニュースでは続投を匂わせていたのが一転、親分ともども辞任と相成ったワケですが、問題の本質は民主党という政党が政権与党であるという一点のみでありまして、この後誰が後釜に座ろうが根本的には何も解決しないと思います。

辞任発表後の株価のように低迷を続ける支持率もいくらかは回復すると思いますけど、次の参議院選挙の惨敗は免れないと予想します。小沢・鳩山の辞任はある意味選挙対策の切り札みたいなもので、このタイミングで伝家の宝刀を抜いたということは今以上の効果は得られないと判断したということでしょうね。


以前からこの政権は「政局しか見ていない」もっと言えば「選挙で勝つこと以外に関心がない」という態度があまりにも露骨で、それは次の参議院選挙で擁立したいわゆるタレント議員なんかの顔ぶれを見ていても容易に察することができますが、もうひとつこの政権が画期的だったのは、今までは何となくベールに包まれていた「利権をタテに脅しをかける」という政治構造をもう気持ちいいぐらいあからさまにやっちゃったこと。

長崎県知事選挙における石井選対委員長の「予算を干し上げる」発言なんかはその最も顕著な例といえますし、鳩山政権で唯一評価されている”事業仕分け”なる茶番にしたって仕分けの対象に上げられた団体にしても、何で宝くじや競輪は対象になって全日遊連(パチンコ)はならないの?…とかね。分かりやすいでしょw

この手の政治家ってこれまで政権与党がやってきたことが羨ましくて羨ましくて自分が権力を握った途端にもう抑制がきかなくなったんでしょうね。或いはこういえばどんな相手でも自分に平伏するだろうとか信じていたんでしょうか?

先の石井というジジィは前麻生内閣時代に首相に対し、国会で”漢字テスト”を吹っかけたトンデモ議員で、その時から何て品性下劣な人間だろうと思っていたのですが、サディスティックな性格といい典型的な独裁者の腰巾着で、一番権力を持たせちゃいけないタイプの人間ですよね。民主党に所属する議員の全員が全員こんなのだとまでは言いませんけど、本質的にはあまり変わらないような気がします。


党是がこんなだから閣僚以外のヒラ議員にしても、良きにつけ悪きにつけどいつもこいつも本っ当に仕事をしていた印象が薄いですよね。北海道日教組から選挙資金を援助してもらっていたヤツとか、資格もないのに衆議院内委員会で演じた壮絶な自爆テロリストとか、ネタ的には人材が豊富なのですがw

あと社民党の福島瑞穂って担当大臣として何かやったの?大体「~子供を産まない楽しさ」なんて本を書いてる人が少子化対策の担当って何かの悪い冗談としか思えないんですがw


政権発足から8か月。むしろこの政権がもたらした本当の害悪は一向に話題になることがないのが空恐ろしいのですが、表紙が誰に代わろうがこのペースで衆議院を任期満了まで与党を続けさせたらどうなることか…。


だからさ、野党の皆さんは野合でも何でもいいから不信任案じゃなく全会一致で衆議院解散を訴えて下さいよ、マジで。内閣支持率と政党支持率が同じぐらいかどうかは分からないですけど、組織票を除いて今民主党に投票するような方は少ないと信じたいです。

次期首相は大方の予想では管直人が有力らしいですが、参院選の責任は(まだ負けると決まったワケではないが多分w)前任者に丸投げってことでしょうね。

この人も穴だらけだから突けばいくらでも綻びが出てくるでしょうし、同じようなサイクルで首相が辞任、何てことになると今回はダメでもさすがに解散総選挙しかなくなるだろうってことに期待しているんですが果たしてどうなるでしょうか。


テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

| モロモロ雑記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
【PS】『維新の嵐 幕末志士伝』をプレイしています(その9)
PS版『維新の嵐 幕末志士伝』のプレイ日記第9回目。

今回は文久3年(1863年)の上半期(1~6月)まで。

段々現在放映中の「龍馬伝」の頃に近づきつつあります。
微妙に…というかドラマの展開とはかなり違っているんですけど主だったエピソード以外で他の人物との関わりは実際のところどうなんでしょうかね?

ドラマでは福山のド大根に対し、大森南朋の武市半平太が上手過ぎてますますギャップがw
でもまぁ福山も頑張ってるとは思います。ワンパターンですけど。


勝海舟の門人となって一気に展望が開けた観の坂本龍馬。勝の右腕として精力的に活動します。

ヒマな時期に遊説活動に勤しんでいたおかげで知名度は既に6000近く。国内見識も200でMAXまで伸び、その他のパラメータもMAXまで成長したものがチラホラと。

主だった要人も大体説得し尽くした観があるのですが、こちらは解決手段「穏健」の情報がないことでまだまだ時流は程遠い感じです。


1月22日

千葉道場に再び勝海舟が来訪。幕府の黒船に乗せてやるとのことで、佐那嬢、重太郎も誘いますが諸般の事情でダメとのこと。多分同行者にしている沢村惣之丞と岡本健三郎が原因。同行者って時折飯が食いたいとか言うばかりで何の役にも立っていないような気がするのですが(汗)

取りあえず黒船に乗って大坂へ。その後は徒歩で京都へと向かい、京都にある土佐藩邸へ。勝の口利きで山内容堂から脱藩の罪は許してもらえたのですけど、代わりに藩邸で7日間の謹慎を命じられます。ここから第五章「海軍学校」となります。

1月29日

ようやく謹慎が解けて居心地の悪い藩邸から外へ出ると、岡田以蔵が待ち構えています。以蔵は丹虎という料亭で武市半平太の命を受けて龍馬を呼び出す使いでありました。丹虎で武市半平太の話を聞くのですが、互いの方向性の違いは如何ともし難く、結局物別れとなってしまいます。丹虎から外に出るとまたもや以蔵の姿が。武市半平太の命令で勝海舟を斬るつもりであることを察した龍馬は、自分の頼みを断れない以蔵の性格を利用し、何と以蔵に勝の護衛を依頼するという奇策に出ます。その後勝と再会した龍馬は、しばらく京都見物でもするよう言われます。っていうかほとんど行ってるんですけど(汗)

その足で三条家に奉公している平井加帆を訪ねた龍馬は、加帆から清水にある明保野亭という料亭に誘われます。しばらく語り合ってイイ雰囲気になったところで遂に加帆とやっちゃいますw

2月22日

京都で事件勃発。

2月24日

勝海舟から神戸に海軍学校を作る話を聞かされます。龍馬を塾頭に任命し、開校資金として5000両を福井の松平春嶽から無心するという難題を押し付けられます。まずは三岡八郎を訪ねよとのこと。

3月

福井の三岡邸へ。三岡の元に来ていた熊本藩の横井小楠と共に松平春嶽を説得しに行きます。事前に勝から投資の利を説くようアドバイスされていましたが、ここでは普通に説得してOK。三岡、横井の援護も必要なくあっさりと5000両をゲットし、早速京都に居る勝の元へと報告に帰ります。

3月10日

勝に首尾を報告した後、地区を出ると突然ムービー画面に。何事かと思っていると、それは楢崎龍との運命的な出会いのシーンでありました。加帆も佐那嬢もムービーどころか声も入ってないのにお龍は別格扱い。さすがに本妻は違いますなぁw後にお龍とは寺田屋で再会します。

4月20日

京都で事件勃発。

5月25日

山口で事件勃発。


攘夷決行を律儀に守った長州勢が異国の船に対して無謀な戦いを仕掛けたりと、ますます物騒な状態に…。
次回は文久3年の下半期に続きます。


KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝
(2000/07/06)
PlayStation

商品詳細を見る



テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| 2010年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:2 | コメント:0
【NG】『フライングパワーディスク』
現在絶賛CM展開中の『スーパーマリオギャラクシー2』が先日発売されましたが、それなりに売れているのでしょうかね?

目ぼしい作品は取りあえずやるやらないに関わらず何でも買っちゃうバカな私ですけど、何ていうか昨年の『NEWスーパーマリオ~』に比べると反応が鈍くて結局購入を見送ってしまいました。

おそらく本作も定番化は必至で、中古新品とも大幅な値崩れは考えにくく、あとで後悔するという可能性は低いと予想されますけどそれでも買う気がしなかったのはなぜか。

個人的には「前作を持ってない」というのが最大の要因なんですけどねw
発売前からTVCM等で散々露出されていても、全然やってみたいという気持ちにならなかったというか、こんなこと言うとミもフタもないのは承知で言いますけど、ぶっちゃけ『スーパーマリオ64』と本質的には何にも変わってないですよね(汗)

ゲームってソフト単品の値段だけで時間換算すれば割とコストパフォーマンスに優れた娯楽だと思うのですけど、家のTVを占領してがっつり長時間プレイに勤しむ図っていうのが本作に関しては全然想像できないんですよね。

あたかも嵐のメンバーによるTVCMのような、生活観のカケラもない楽屋のようなシチュエーションからは自分が実際にプレイしているイメージがわかないというか何と言うか。そうそう、小学校ぐらいの子供が友達同士で楽しく遊んでいる感じが全然しないよね。

そういえば『斬撃のレギンレイヴ』以来Wiiのゲームってプレイしてないや。

新作Wii専用ソフト同様に元気がないVCのラインナップですが、ここ最近まったくリリースされないPCE、MDを尻目にNEO-GEO関係が意外と元気なんですよね。

今年の3月から毎月複数タイトルが発売され、今月の予定に上がっているのが今回ご紹介する『フライングパワーディスク』です。


内容についてはまぁほとんどタイトル通りなんですけど、ルール的にはエアホッケーが一番近いかな?

もっといえばTVゲーム黎明期にあったアタリの『ポン』が正統なルーツなのかも知れません。
ビーチバレー風のコートにおいてプレイヤーはそれぞれ左右に分かれ、フリスビーを投げ合うという架空の競技なのですが、その単純なゲーム性を構築するすべての要素がとにかくいい。

デキのいいスポーツゲーム、とりわけ対人戦が熱いゲームというのは触った時の感覚が違うよね。

本作はまさにそれ。静止した画面写真じゃ分からない。実際に動かしてみてピタっとハマるというか、そういう感覚に出会える作品って本当に少ないんですよ。


私は本作をCD-ROM版で所有。このハードのローディングの遅さというものは当時を知る人にとっては言わずもがなですが、本作はそのシンプルな内容が幸いしほとんどストレスを感じることはありません。

事実、満を持して発売されたはずの対戦格闘ゲームの数々は、どれもロードがクソ遅くて対人戦では妙に間延びしてしまって使い物にならなかったし、一人で遊べる作品というのも極端に少なかったから当時としても稼働率の低いハードであったワケですが、私の周りで本作が流行っている間はこればっかりやっていた記憶があります。

単純故にプレイ感覚の隅々まで熟知している者同士の対戦となると読み合いも熱いのですが、偶然性は低い為プレイヤー同士に実力差が在り過ぎると勝負にならなかったりだとか、対CPUでプレイしてもあまり面白くないとかそれなりに難点もありますが、何と言っても本作は当時他の一切のハードに移植されてないというのもポイントが高かったですね。


それが今月VCで復活するという話なんで、未経験の方は是非!…とおススメしたいトコロなんですけど上述したように対CPU戦となると単純すぎて過ぐ飽きてしまうので、ここは自宅で対戦できる環境にある方にのみ強烈におススメしておきます。

ついでに同じデコの『ファイターズヒストリー ダイナマイト』で溝口を使用して相手をシバキ倒すのもいいですねw


割とメーカーが偏っているのが気になるところなんですが、最近元気のないVCなので少しでも盛り上がれるタイトルが配信されたら嬉しいです。


フライング パワー ディスク NG 【NEOGEO】フライング パワー ディスク NG 【NEOGEO】
(1994/04/08)
No Operating System

商品詳細を見る



フライング パワー ディスク NCD 【NEOGEO】フライング パワー ディスク NCD 【NEOGEO】
(1995/01/20)
Neo-Geo CD

商品詳細を見る

→私が所有しているのはコチラ。



ファイターズヒストリー ダイナマイトNG 【NEOGEO】ファイターズヒストリー ダイナマイトNG 【NEOGEO】
(1994/04/28)
Array

商品詳細を見る

→著作権侵害でカプが裁判を起こしたといういわく付きの作品…のネオジオ版。当時このレベルで訴えていたら家庭用機含めほとんどの類似作品がアウトだったと思う。


テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

| NG | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード