某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

PSNネオジオステーション
今更の話題で恐縮なんですが、昨年末よりPS3およびPSPにて「ネオジオステーション」という企画が展開されています。

ネオジオ発売20周年にちなんだもので、起ち上がりこそ10タイトルが一気に配信されてインパクトがあったのですが、約2カ月が経過した現在、追加タイトルの情報がないということは当初目論んでいたよりも反応が鈍かったということなんでしょうかね?

ちなみに配信済みのタイトルは、


『餓狼伝説-宿命の闘い-』
『メタルスラッグ』
『THE KING OF FIGHTERS’94』
『サムライスピリッツ』
『得点王』
『龍虎の拳』
『ASOⅡ-ラストガーディアン-』
『リーグボウリング』
『ベースボールスターズ プロフェッショナル』
『マジシャンロード』


…なんか微妙


初期作品中心のラインナップから推測するに、版権で問題のありそうなモノ(『8マン』とか『みなさんのおかげさまです!~』とか)以外は今後時間をかけて網羅していこうという意気込みを感じます。

それはいいんですけどこのラインナップを見る限り「誰得?」って感じなんですよねぇ…。

っつーかゲームとして古臭いのは実際古い作品だから仕方がないとしても、当時もこれらのタイトルがそれほど支持されていたってワケでもないのが致命的。

私見ですけどこの中で水準以上なタイトルって『メタルスラッグ』『KOF’94』『サムライスピリッツ』ぐらいだと思うのですね。

本プロジェクトのウリとして、WiiのVCと違いオンラインでの対戦が可能になったってのがあるのですが、その恩恵に浴しているのは残念ながらPS3のみ。
その分PSPは200円安くなってるのですけど、既発売の『SNKアーケードクラシックスVol.1』が16タイトル収録されていて実売価格が1000円台という状況を鑑みればコストパフォーマンスも決して良いとはいえないですよね。
(ちなみに上記3タイトルについてはすべて収録されています)

オンライン対戦にしてもこの中で需要のありそうなものは『KOF’94』と『サムライスピリッツ』ぐらい?
またタイトルは少ないながらもXBLAでは標準で実装しているし価格的にも安いとくればウリっていうほどメリットにはならないと思うのですがどうでしょうか。


今後の展開次第だとは思うのですが現状で問題点は大きく2つ。1つ目は何といっても


価格が高い

PS3で1タイトル900円、PSPで700円というのはVCとの絡みもあるのでしょうが割高と言わざるを得ませんね。そしてもうひとつ、


タイトルセレクトがセンスなさすぎ

時系列にこだわる気持ちもわからないではないですけど、せっかく大々的に立ち上げて注目度も高い最初のラインナップがこれじゃさすがに厳しいと思いますね。
メーカー縛りがあるのかどうか分からないですけどせめて半分はVC未配信のタイトルを並べて欲しかったところ。私が選ぶとしたらこんな感じ。


『メタルスラッグ』
→これは定番ですので外せませんね。以降のシリーズ作品は微妙なものもありますが、旧来の方法論で作られたいわゆる”ゲームらしいゲーム”の極北として歴史に残る一本だと思います。

『餓狼伝説SPECIAL』
→”オンライン対戦”をウリにするなら本作を外しちゃダメでしょ。XBLAでも配信されていてそちらの方が値段も安いのですが、シリーズで選ぶなら本作以外考えられません。

『サムライスピリッツ』
→本作も格ゲーとしてはクセが強いのですが以降のシリーズ作品よりはこれの方が無難な気がします。当然表現の規制はナシの方向で。

『THE KING OF FIGHTERS’95』
→『~’98』とどちらにしようか迷ったのですがシリーズ作品の第一弾として選ぶならコレかなぁ。新味はないですけどね。

『フライングパワーディスク』
→VCでも配信されていますが、本作は対戦あってこそのゲーム性だと思うので。

『ザ・スーパースパイ』
→当時としては珍しい一人称視点のアクションシューティング。FPSがある程度市民権を得た今こそ再評価されてもいいと思います。

『ビューポイント』
→クォータービューならではのギミックが楽しい初期の名作。『ザクソン』のパクリと言ってしまえばそれまでなんですが(汗)

『ロボアーミー』
→『ファイナルファイト』系ベルトスクロール格闘アクションからはこちら。半分以上意外性狙いですけど、ネオジオの同ジャンルの中ではそこそこ完成度が高いと思うのですがどうでしょうか。

『スラッシュラリー』
→ネオジオでは数少ないレースゲーム。クォータービューが『ビューポイント』と被るのですが、擬似3Dタイプだと『ライディングヒーロー』みたいな変なのしかないからなぁw

『ティンクルスタースプライツ』
→極めてオリジナリティの高いゲーム性を有する作品。複数の機種に移植されていますがオリジナルということでプレミア感もあっていいかも。


野球・サッカーのスポーツ系は現時点での需要が見えないのでカット。格ゲーは『龍虎』を外すなら『ワールドヒーローズ』あたりを入れておくべきなんでしょうけどぶっちゃけ10本のうち4本は要らないかなと。
一応ジャンルのバランスも考えたつもりなんですが『ビューポイント』と『スラッシュラリー』あたりは再考の余地がありそうです。

ま、個人的な趣味の域を出ていないので何の裏づけもないですけど、それでも今のラインナップに比べれば随分マシではないかと自画自賛。
旧ネオジオユーザーとして企画そのものについては期待してますんで今後も注意してみておきたいと思います。


SNK BEST COLLECTION SNK アーケードクラシックス Vol.1SNK BEST COLLECTION SNK アーケードクラシックス Vol.1
(2010/06/24)
Sony PSP

商品詳細を見る

→PSPユーザーなら迷わずこちら

SNKベストコレクション メタルスラッグ コンプリートSNKベストコレクション メタルスラッグ コンプリート
(2009/06/18)
PlayStation2

商品詳細を見る

→普通にお得です

NEOGEOオンラインコレクション THE BEST 餓狼伝説バトルアーカイブズ1NEOGEOオンラインコレクション THE BEST 餓狼伝説バトルアーカイブズ1
(2008/05/29)
SNKプレイモア

商品詳細を見る


ネオジオ オンライン コレクション ザ ベスト ザ・キング・オブ・ファイターズ -オロチ編-ネオジオ オンライン コレクション ザ ベスト ザ・キング・オブ・ファイターズ -オロチ編-
(2007/06/21)
PlayStation2

商品詳細を見る


NEOGEOオンラインコレクション THE BEST サムライスピリッツ六番勝負NEOGEOオンラインコレクション THE BEST サムライスピリッツ六番勝負
(2009/06/18)
PlayStation2

商品詳細を見る

→一応オンライン対戦もできます…多分ほとんどいないでしょうけど

ADK魂ADK魂
(2008/12/18)
PlayStation2

商品詳細を見る

→そういやコレの廉価版って出てないな


スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

| ゲーム徒然 | 02:14 | トラックバック:0 | コメント:4
【XBOX360】『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』
箱○版『CHAOS;HEAD らぶchu☆chu!』の全実績を解除しました。

前作をプレイしたのが昨年のこと。
最近CSのキッズステーションでアニメ版を全話観賞しまして、思いつきでプレイしたものであります。
そういえば最近PSP版も発売されましたね。

アニメ版は表現がややソフトになっているのと細かい部分の違いはあれ、原作をほぼ忠実に再現しており違和感はまったくなかったです。作画のクオリティにややバラつきが見られるものの、まぁ許容範囲内。止め画中心の原作より表現力は上だと思いますね。


本作のストーリーは前作の真エンディングから一週間後。
…なのだが季節はいきなり夏になっており、渋谷の街もサードメルト以前のまま。
西條拓巳は何故か脱オタしてリア充を目指していることになっている。

混乱する拓巳の前に咲畑梨深が現れ「ここは拓巳の心象世界で、現実の世界での拓巳は一週間も眠り続けており、抜け出す為には拓巳の心の”枷”となっている星来オルジェルを殺す必要がある…」という衝撃の事実を聞かされる。
梨深を始めとしたギガロマニアックス6人娘はそれぞれ拓巳の身を案じ、”妄想シンクロ”によってこの世界に存在するという。
そして何故か揃いも揃って拓巳にゾッコンというハーレム状態。果たして拓巳は目覚めることができるのか、それとも自ら作り出した世界に取り込まれてしまうのか…。

…と前作を知らないと何を言っているかさっぱり分からないと思いますが、そのへんは前作をプレイされるかwikiでも参照してもらうとして話を先に進めたいと思います。
例によってネタバレには一応配慮するつもりですけど保証は致しかねますので未プレイの方は以下自己責任でよろしくお願いします。





セカイ系ラノベテイスト満載であった前作の正統な続編である本作ですが、タイトルを見て容易に想像できるように一般の(一般の定義がイマイチ分かっていないのだが)ギャルゲーに近い構成になっています。
具体的には前作にあったグロ描写が影を潜めた代わりに微エロ描写はやや多目。個人的には画よりも声の演技の方に萌えたのは内緒ですw

前作同様ギガロマニアックス6人娘毎にエンディングは分岐するのですが、星来エンディングを除き基本的なオチはすべて同じ。
このあたりをどう評価するかがキモになってくると思います。個人的には問題ないと思いますが、若干ネタバレ覚悟で言いますと優愛≒美愛は正直キツかったw 演者さんは大変だったと思いますがね。


ADVとは言っても前作同様プレイヤーが介入できる部分は極めて少なく、フルボイスではないものの音声付きの膨大なテキストはまともに読んでいると結構な時間がかかります。
そのストレスを解消すべくこちらも前回同様既読のテキストをスキップすることが可能になっていて、前作よりも大幅にスピードアップしているのはポイントが高いです。
更にテキストの自動送り機能も追加されていて、最低限のボタン操作すら省略できるという親切なんだか最早ゲームとしての態を成してないとか良く分からないですけど、ユーザーの望んでいる形を適切にフィードバックしている点については評価してもいいと思いますね。

最初から最後までスキップすれば正味15分程度で終了しますので、実績解除だけが目的ならあっという間にクリアできます。まぁそのことにどんな意味があるかは分かりませんけど。
テキスト中心に読ませるADVというのは最近の流れなんでしょうけどやや物足りなくも感じたり。一枚画ならもう少しCGの数が多くてもいいような気もしますね。

公式にはファンディスクという位置づけですし、前作をプレイせずに楽しめるかというと疑問に思うところもありですべての人におススメはできませんし、いずれにしても人を選ぶ作品だと思います。


CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!(通常版)CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!(通常版)
(2010/03/25)
Xbox 360

商品詳細を見る


ファントムブレイカー(初回限定版:「サウンドトラックCDと描き下ろし着せ替えジャケット」同梱)ファントムブレイカー(初回限定版:「サウンドトラックCDと描き下ろし着せ替えジャケット」同梱)
(2011/04/28)
Xbox 360

商品詳細を見る

→本作のヒロインことビシィさんも出演する格ゲー。予約済みです。


テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 02:10 | トラックバック:0 | コメント:0
今週のお買いもの
今朝(11日)起きて外の景色を見れば一面の雪景色でありました。

一年を通してこのような状態になるのは数えるほどしかない地域に住む者にとってはまったくの異世界というか、ようやく真冬を実感できたといったところです。そりゃ寒いはずだわ。

2月はどの業界も概ね閑散期であるはずなのですが、今年に限っていえば結構食指を動かされるタイトルが揃っていて財布の中身もいつになく閑散としていますw

…というわけで今週のお買いものの報告を。


戦国無双3 Z(通常版)戦国無双3 Z(通常版)
(2011/02/10)
PlayStation 3

商品詳細を見る

→Wii版は華麗にスルーしていたのですが結果として正しい選択でしたw『戦国無双』シリーズはPS2版以来で、無双系にしても『北斗無双』以来ですので近い内にプレイします。…あぁまた『Mr.インクレディブル』のプレイが滞るなこりゃ(汗)


レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア【CEROレーティング「Z」】レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア【CEROレーティング「Z」】
(2011/02/10)
PlayStation 3

商品詳細を見る

→先に発売されていた無印は持ってないんですけどアペンド版ってことはないですよね?定価も安いしちょっと気になるところです。


タツノコVS.カプコン アルティメット オールスターズ(特典無し)タツノコVS.カプコン アルティメット オールスターズ(特典無し)
(2010/01/28)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

→新品で安かったのでつい(汗)前作も持っているのですけどWi-Fi対戦機能の追加は魅力的です。どれだけ人口がいるかは微妙なのですが


ラジアントヒストリア(特典なし)ラジアントヒストリア(特典なし)
(2010/11/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る

→こちらも新品で安かったので。発売後そんなに経ってないし評判も悪くなかったはずなんですけどなんでこんなに安くなってるんだろ?


H.A.W.X.2H.A.W.X.2
(2010/10/07)
Xbox 360

商品詳細を見る

→同上。ちなみに前作も持ってますけど例によって未開封。このジャンルは好きな方なんですけど中々プレイする機会に恵まれません。だったら買うなよというのは言わない約束です。


最近寝落ちすることが多くて嫁の怒りをかうことが多いんですよね…。起きてたら起きてたで文句言われるし、心安らかにゲームに勤しめる時間が足りなくて厳しいです(汗)


テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| お買いもの | 02:31 | トラックバック:0 | コメント:0
【XBOX】『Mr.インクレディブル』をプレイしています(その4)
旧XBOX版『Mr.インクレディブル』のプレイ日記第4回目

大分間隔が開いてしまいました(汗)
この間何をしていたのかというと、箱○のADVをプレイしていたり『二ノ国』をプレイしていたりとほぼ完全放置状態でありまして、新抽選システムの第一弾タイトルに早くも暗雲がたれこめた感じであったのですが、気力で復帰しましたw
いや、ゲーム自体は(意外にも)良く出来ている方だと思うのですよ。
ステージによってボリュームが全然違うのもメリハリがあると言えば言えるし、特に最近ヌルいゲームしかやってないので手強い場面は完全に私の腕の問題だと思うのですね。

ま、並行して別の作品をプレイすることは全然OKのマイルールなんで、極端な話1年かけてクリアしたって構わないワケだ。ただプレイ日記は思い切り滞っちゃいますけどね。

難しいといってどうしようもないくらい理不尽というワケでもないので、気力さえ失わなければ何とかなるような気がします。
変に時間を意識しないように適当に頑張りますよ、ええ。

では以下本文です。



立体迷路然とした前ステージに続き、舞台はノマニザン島です。
開始早々次から次へと吐き出されるでかいボール状の敵の波状攻撃をかいくぐると浮島がある湖に出ます。
離れた場所にある砲台からの攻撃と空からの攻撃をかわしつつ手近にあるオブジェクトを拾ってまずは遠方の砲台を破壊。

そこから別の島に渡り、上に登っていくとタワーからの攻撃にさらされます。
ここもオブジェクトを投げつけることでしかダメージを与えることができないのですが、空中からのコンビネーション攻撃がいやらしい。
隙をついてタワーを沈黙させると何処からともなく巨大なアンテナが現れて先に進めるようになります。

前のステージにもあったクレーンの位置を調整し、更に先へ進むと固定式の銃座があります。
ここから3Dのシューティングに切り替わり、ヘリを撃ち落として先に進めばステージ終了です。


次のステージは火山の火口付近にてオムニドロイド08とのボス戦。
最初の攻撃パターンは、

①長い足から岩石を投げつける
②ボールに変形して体当たり
③ビーム攻撃(熱線にもダメージ判定アリ)

対してダメージを与えるには転がっている岩を頭頂部に投げつけるか、足に直接攻撃を当てるかの二択。
①の攻撃は落下点を予測して避ける ②は引きつけて直前でかわす ③はジャンプかしゃがみ

慣れればほとんどの攻撃は避けることが可能ですが、合間に攻撃もしないと埒があかないのでタイミングが結構シビア。

ある程度ダメージを与えると溶岩地帯を超えて遠方から岩石を投げつける攻撃をしてくるので、こちらは岩を避けつつ隙を見つけて逆に投げ返します。
敵のダメージゲージがなくなった!…と思いきや再びこちらにやってきます。

基本的な攻撃パターンは同じなのですが、手数が増えるのと新たにバルカンショット攻撃が加わります。

3回目は回転攻撃が加わり、受けるダメージも若干増えたような気がします。

とにかくこちらから攻撃できる機会が少なく、下手をすれば延々敵の攻撃をかわすだけとなりますので長期戦は必至。
地面に転がっている岩石が敵の攻撃で破壊された時、まれに体力回復アイテムが出てきますので補給のタイミングにも気を配る必要がありますね。

小一時間くらいかかってようやくオムニドロイド08を倒し、次のステージというところで次回に続きます。



Mr.インクレディブルMr.インクレディブル
(2004/12/02)
Xbox

商品詳細を見る


テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2011年のプレイ日記 | 01:07 | トラックバック:0 | コメント:0
大相撲春場所の中止
大相撲春場所の中止が正式に決定しましたね。

一連の不祥事に引き続き今度は”八百長”問題を受けてということらしいですが、以前にも書いたような気もしますけどそもそも”八百長”など存在しないっていう前提がおかしくないですか?
”八百長”という言葉の語源が大相撲にあるように、太古の昔から”八百長”に関する疑惑(というのもおかしい気もしますが)は常に燻っていて、元力士による告発とかかなり具体的な内容にまで踏み込んだものもあったと思うのですけど、協会の回答は常に「あり得ない」の一点張り。
今回明白な証拠が衆目に晒されてしまい、窮地に陥っているというのがここまでの流れです。

そもそも一対一の競技において勝敗に利害が関係する以上、まったくない状態の方が逆に不自然だと思いますね。
プロレスに関しては漸く世間の見方も変ってきてエンタテインメントとしてある程度理解されてきたように思いますが、大相撲に極めて近いスタンスの一部格闘技、マッチメイクそのものがインチキっぽいという某兄弟の競技なんかもいずれはこの件について清算する必要があると思うのですがそれはまた別の話。

過去似たような問題が発生した際、正面から向き合おうとせず何となくお茶を濁して誤魔化し続けてきたツケが一連の不祥事の延長という大逆境に一気に回ってきたってところですかね。
どのような決着をつけるにしろ、近い将来公益法人の看板を外すことは免れないと思います。自業自得と言ってしまえばそれまでですけど、現役力士含む現在の協会関係者にのみ責任をおっ被せるのはフェアじゃないと思いますね。これまで何度となく回避してきた問題の総括をOB含めたすべての関係者において行うぐらいの気概で臨まないと難しいと思います。

それでもあえて断言しますけど、どのような手段をもってしても”八百長”の根絶は不可能だと思います。それは双方の金銭の授受によって成り立つような単純な話だけではなく、興行の根幹を成すシステムそのもののに由来する所以であり、それを否定してしまうと運営自体に支障をきたしてしまうということは関係者ならずとも容易に想像がつくのではないでしょうか。

横綱クラスはともかく、平幕や十両を行き来しているような力士にとって番付を左右する星勘定は最も重要な関心事であり、同部屋の力士を除くほぼ全員が相互扶助の関係にあるといって過言ではありません。
極めて特殊で閉鎖的な社会においてそれが何を意味するか、共存共栄を旨とする日本人的な発想でもって考えればいわゆる”八百長”的な調整というのは自然に納得できるような気がするのですがどうでしょうか。

それ故今回の”本場所の中止”という対応が存外に厳しいように感じるのは私だけでしょうか?私的には先の野球賭博の一件の方がずっと悪質のように思うのですけど、今回の措置に対する世間的な反応は一様に「当然だ」と報道されていることにすごく違和感を感じるんですよね。
ワイドショーのインタビューか何かで一般人が「裏切られた」みたいな回答をしている映像も不自然だし、今朝のめざましTVにおいてわざわざ「魁皇」関にコメントさせているあたりも底意地の悪い当てこすりのように思えて仕方がないんですよね…。

「徹底的に膿を出す」としながらも対象者への処分については歯切れの悪い放駒理事長の弁もむべなるかな。証拠の出た者のみをスケープゴートにしたところで今の世論では納得しないだろうし、本気でやろうとすれば現役力士の大部分に現協会の理事親方衆も同様の処分を下さなければ著しくバランスを欠くことになりますよね。
仮に以上のことを断行したら、冗談抜きで別の要因で本場所なんて開催できなくなってしまいますよ、マジで。

落としどころとしては先行して”本場所の中止”という最も厳しい罰を受けていることを前面に押し出し、今回明白な証拠が挙がっている者に対して除名等の重い処分を行う一方、裏で過去含むその他に累が及ばぬよう工作を行い処分対象者には十分な手当てを与えて不満を出さないようにすると。
そこまでやっても公益法人として存続することは難しいでしょうね。

ま、”八百長”云々については相撲協会が株式会社化すれば何処からも文句を言われる筋合いはなくなってしまいますよね。

ここまで読んで頂いた方はお気づきかと思うのですが、個人的には”八百長”の存在については”必要悪”という立場です。
勿論金銭のやり取りによるものは容認できませんし、大っぴらにあることを前提にする必要もないと思いますが、当事者間の暗黙の了解によるものまで規制をかけるのはおよそ現実的ではないように思うのですね。
仮に”八百長”根絶が実現したとしたら怪我人が激増して取組がスッカスカになるほか、目に見えない部分で色んな軋轢が生じる可能性が高いような気がしないでもないです。

極端な話、現状でも”八百長”が発動する取組はある程度限られていると思うのですね。
例えば初日なんかはほとんどないだろうし、逆に千秋楽だとあちこちで散見できるとかね。

ひとつだけ言えるのは歴史に残る名勝負に数えられる取組に”八百長”なんかが介在する余地なんてまったくないということ(某兄弟横綱の優勝決定戦のような例外はあり)。ただしその名勝負に値するような取組が極端に減っているということがすなわち大相撲低迷の原因のひとつであると言えると思うのですがどうでしょうか。


テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

| モロモロ雑記 | 01:29 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード