某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【BD】「総天然色 ウルトラQ」
昭和40年代半ばの生まれである私は「ウルトラQ」という作品をリアルタイムで観ていたワケではありません。

最古の記憶にある「ウルトラ」シリーズは第5作目である「ウルトラマンT(タロウ)」であり、それ以前に放映されていたものは当時夕方頃執拗に再放送されていたものがその源泉となっています。

はっきり意識して観賞したのって中学生頃深夜に再放送されていたものが最初だったと思います。
家にはビデオデッキすらなかったので、気に入ったエピソードはカセットテープで音だけ録音していましたw

当時の私はオタク第2世代のコンテンツにどっぷりハマり、少ない情報しか流通していない状況で、僅かな小遣いをやり繰りして高額な専門誌である「宇宙船」やムック本を買い漁ってはリアルタイムの放映に全神経を集中し、脳内再生を繰り返すという極めて不健全な思春期を過ごしていました。

現在の便利な時代から比べるととんでもなく不自由なのは言うまでもないんですけど、情報を得ようとすればそれなりに創意工夫が必要というか同好の士とのコミュニケーションは必須で、今よりもずっと行動的まつ社交的だったように記憶しますw

再放送を観賞していた中学生時はそうでもなかったですけど、それこそリアルタイムで観ていた頃というのは「ウルトラQ」に対して”ウルトラマンが出てこない””白黒”等あまり興味がなかったというのが正直なところ。
「ウルトラQ」に登場した怪獣の存在はガキ本の定番である「ウルトラ怪獣大百科」みたいな資料で認知はしていたんですけどね。

ま、ゴメスの着ぐるみが「ゴジラ」の流用だとか、バルタン星人の原型がセミ人間とケムール人だとかの基本情報は再放送を観賞していた頃にはすべて頭に入っていましたがw


そんな私のオタク遍歴についてなどはどうでもいいとして、本作の”総天然色化”プロジェクトはかなり早い段階で立ち上がっていたそうです。昨今のCG加工技術向上によりようやく完成にこぎつけたとか。

まだ第一話を観ただけなんですけど確かに印象はがらっと変わりますね。
おそらく意図したものだと思うのですが、色褪せているような感じというか元が古い映像なんで当然と言えば当然なんですけどノスタルジックな雰囲気で現在のHD映像のような容赦のないどぎつさ、みたいなものはまったくなくて何となくほっとできるような感じなんですよね。

まぁ私の拙い筆力では的確に伝えることは難しいので、デモ映像か何かで確認してもらうのが一目瞭然で一番手っ取り早いと思いますw

[広告] VPS



以前発売されたDVDも全巻持ってるし、モノがモノだけに価格設定も若干高めなのでちょっと購入を躊躇ったのですけど、特に思い入れの強い作品でもありますし実際の映像を観た後では買ってよかったと素直に思います。


『総天然色ウルトラQ』Blu-ray BOX ?『総天然色ウルトラQ』Blu-ray BOX ?
(2011/08/26)
佐原健二、西條康彦 他

商品詳細を見る


『総天然色ウルトラQ』 Blu-ray BOX II<最終巻>『総天然色ウルトラQ』 Blu-ray BOX II<最終巻>
(2012/01/27)
佐原健二、西條康彦 他

商品詳細を見る

→メジャーどころが登場するのはこちら


スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:テレビ・ラジオ

| DVDレビュゥ | 18:14 | トラックバック:0 | コメント:0
【NDS】『オール仮面ライダー ライダージェネレーション』
昨年末からプレイしていた『二ノ国』の本編をクリアしてから追加ダンジョンをちまちま遊んでいたのですが丁度半分ぐらいまで到達したところで飽きて放置…以来久々にDSのゲームをプレイしましたw

お買いもの報告でファーストインプレッションはちょこっと書きましたけど、一応メインのストーリーモードを全ミッションクリアしてエンディング画面は見たのでレビューしたいと思います。

昭和から平成に至る全作品を網羅したゲームってことで一部のファンには発売前から話題になっていた本作。ゲームの基本的なコンセプトはPS2→Wiiでシリーズ化されている『~クライマックスヒーローズ』がそのルーツであります。
「仮面ライダー」に始まり近作では「スーパー戦隊」シリーズまで過去作品をフィーチャーするのはマーケティング的にもアリアリということで、ヘボい企画書に書いてありそうな親子のコミュニケーションツールとしても機能する、みたいな感じ?
簡単に乗っちゃってる私が言うのも何なのですが、単純に遠い昔の記憶に刷り込まれているキャラクターが活躍するってだけでワクワクするよね。不惑の年齢を超してワクワクもないとは思いつつ、まぁそんな感じのノリの作品です。

全5ワールドはそれぞれ複数のステージで構成され、各ステージをクリアすることによって先へ進むルートが追加されていきます。
各ステージは雑魚戦を中心とした”ベルトスクロールアクション”に、強制スクロールによる”ジャンプアクション”、各ワールド最後のステージのボス戦の3種類。比率は圧倒的に前者が多いのですが一応メリハリをつけています。

ベルトスクロールアクション面は敵を倒して得られるポイントと引き換えられるパワーアップアイテムとキャラクター自身にも成長要素があって、純然たるアクションゲームというよりはアクションRPGとした方がしっくりするような気がします。
ファミコンの『ダウンタウン熱血物語』とか『マイティファイナルファイト』あたりのプレイ感が非常に近いですね。

難易度はデフォルトで「やさしい」「ふつう」「むずかしい」の3段階に、各ステージに設定されているミッションをすべてクリアしてエンディングに到達すると追加される「きけん」「クライマックス」の計5段階。
「やさしい」ならキャラクターを大して強化してなくても楽勝でクリアできますが、「ふつう」レベルでもある程度強化していないと瞬殺されることもままあったりと、難易度のバランスについてはイマイチ良くないですが、言い換えればキャラクターさえしっかり鍛えていればゴリ押しでも何とかなる難易度ということでもあります。

操作は基本攻撃(強・弱)にジャンプ、必殺技がそれぞれボタンに対応。方向キーとボタンの組み合わせによる技の変化、Lボタンで防御、Rボタンで特殊操作、ライフゲージ下のライダーゲージ満タン時にLボタン押し必殺技ボタンで各キャラクター特有の超必殺技が繰り出せます。

基本操作はどのキャラクターでも同じなので特に難しいということはないのですが、操作性が悪いんですよね。
仕様上、敵キャラクターが一箇所に集まってダンゴ状態になると敵の攻撃モーションが判別できなくて気付いたら前後挟まれてボコられて死亡、何てことが先のステージや「きけん」「クライマックス」難易度でプレイしていると多発するんですね。

ダッシュ移動はあるんですけど通常の移動速度が遅く、方向転換が漏れなく遅いので乱戦になるとあらぬ方向を向いてしまうなんてことがしばしば。必殺技も変な硬直時間やあからさまな隙があって、キャラクターごとの適切な”間”を把握しないと返り討ちをくらってあっという間に瀕死の状態になりかねません。

万能ではないですがジャンプ中必殺技ボタンによるキック攻撃を前後両サイドで繰り返すのが最もダメージを受ける確率が低いと思います。…時間はかかるけどね。

全25+αの仮面ライダーはライダーマンとバースを除きメインの仮面ライダーのみ登場。どのライダーもそれなりに細かく特徴的な動きをするので違和感を感じることはありません。ボイスも収録されていますがオリジナルキャストによるものはほぼ『~クライマックスヒーローズ』準拠でディケイド以降に限定されています。他はどなたが演じられているのか存じませんが、一応それっぽくやられていますね。


ゲーム自体は総じて旧態依然とした昔懐かしい仕様で、ジジィ世代にもとっつきやすくはなっています。まぁ新味はまったくないですけどねw

ライダー好きの子供およびその親世代に限定したファンアイテムと割り切れば充分楽しめる内容なのではないでしょうか。先日本作のTVCMでもちらっと出てましたけど、あるパスワードを入力することによって次回作である「仮面ライダーフォーゼ」が登場します。ゲーム中でそのパスワードを入手できないってのはアレなんですが、ネットの世界をひもとけば容易に調べられるので問題なし。こういう仕掛けは楽しいですよね。

現在全難易度で全ステージをクリアすべく『~オーズ』のレベルアップを進行中…。「クライマックス」では序盤でもちょっと気を抜いたら速攻でゲームオーバーになってしまうので、元々単調な内容だけにやりきる前に飽きてしまいそうな気がします(汗)


オール仮面ライダー ライダージェネレーション 初回封入特典 「オリジナルシャッフルヒーローズカード」(同梱)オール仮面ライダー ライダージェネレーション 初回封入特典 「オリジナルシャッフルヒーローズカード」(同梱)
()
Nintendo DS

商品詳細を見る



テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| NDS | 14:31 | トラックバック:0 | コメント:0
【PS2】『サカつくEU』をプレイしています(その8)
2013-2014

8年目。

前シーズンいきなり勝ち星を7も増やして一気にAクラス入りしたSVハンブルグ。
スタメンのほとんどがフリー移籍の固有コメント持ち選手なのはいいんですけど、ドイツのチームなのにスタメンにドイツ人がほとんどいないという多国籍軍状態になってしまいましたw

欧州のサッカー事情どころか国内の事情もよく分からないのでアレなんですけど、普通に考えてこんなチーム人気出るワケないよねw それでもホームで試合したら雨でも降らない限り余裕で5万オーバーの集客ができるってスゴイです。

さて、我がチーム喫緊の課題であった監督は一応世界トップクラスの実力を持つカーグンデの起用で取りあえずクリアできました(…といいつつ水面下では新たな監督候補を調査継続していたのですがw)。

もうひとつの補強ポイントがこれまでおざなりにしてきたGKであります。
今季のフリー移籍でアンジェロ・ペルッツイという固有コメント持ちの若いGKを獲得。ポリシーが現行とかけ離れているのが少々気になりますが背に腹はかえられません。あとユース出身で成長コメが良かったエルンストを控えGKとして昇格。この時点でメインGKのジェフリー・ブラマーを切る気満々なワケですが、コメントは「世界レベル~」で一番いいんですよね。ま、どっちにしてもGK3人居ても仕方がないので若いエルンストには指定レンタル移籍で武者修行をしてもらうことにしました。

フリー移籍でもう一人獲得したのがセルヒオ・ラモスというDF。20代半ばの若さでありながら「成長は落ちてきた~」コメント。超早熟だったのね…ちょっとショック。それでもラブリッチからスタメンを奪うぐらいのパフォーマンスは備えています。

開幕ほどなくして移籍リストに掲載していたDFのドルンが売れ、これで遂に初期メンバーが一人も居なくなりました。スキルも持っておらず、能力爆発がなければここまで残ることは恐らく難しかったのではないかと。コメントも長らく「一般的~」であったのがいつの間にか「世界で通用~」にまではレベルアップしたのでまぁ良しとしましょう。元々初期メンの最年少だったんですよね。どうでもいいですけど。


開幕後も相変わらず可もなく不可もない成績であったところ、一年以上かけて漸くスカウトが理想的な監督のリストアップに成功!
その名はロバソン。全体の4分の3を占める広いポリシーを持ち、世界トップクラスで連携上手、得意システム4-4-2と永久監督に指名してもいいぐらいチームにフィットした人物が登場したこの上はカーグンデごときに用はない。
直ちに交代を行いシステムも4-4-2に戻すと、心なしか選手たちも生き生きとプレイしているように見えるから不思議だw

初挑戦であったヨーロピアンクラブカップは予選リーグを突破したものの、決勝トーナメントではあえなく2回戦敗退。ドイツプライムカップは過去最高の準決勝でベスト4。リーグ戦では順位をひとつ上げて3位までいきました。

悪くはないんですけどどれも”あと一歩”なんですよね…。

特にトップリーグではずっと優勝を続けているバイエルンと僅差でそれを追うハンブルグ(デフォルトのチームね)の2強が圧倒的で3位といってもはっきり差があります。今シーズンフル稼働したフォルセルが15点を上げて得点王に輝いたのはいい材料ですが、まだまだ全体的なレベルアップが必要なようです。

ただ来シーズンは最初からロバソン体制で臨めるし、今のところマイナスの要件はないのでそろそろ期待してもいいのかなぁ?


プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシッププロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップ
(2006/03/29)
PlayStation2

商品詳細を見る



テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2011年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:1
【PS2】『サカつくEU』をプレイしています(その7)
2012-2013

7年目。

何とか浮上のきっかけを掴むべく前シーズンで大量に選手が抜けたのを幸い、フリー移籍で大型補強を実施します。

今季から加入したのは、

・スティーブン・ウォーノック(DF)
・ハーグリーブス(MF)
・フォルセル(FW)

の3名。

ウォーノックは力不足の観が否めない初期メンのドルンに代えて左サイドバックとして起用。
ハーグリーブスは同一リーグのブレーメンから引き抜き。中盤なら何でもこなせるユーティリティプレイヤーなので使いどころは多そうです。
フォルセルはプレシーズンでいきなり全治3カ月の怪我をしてしまい、唯一出遅れてしまいました。

今シーズンの開幕までに悲願のメガスタジアムも完成し、資金的にはぐっと余裕も出てきた感じ。
但しスタジアムの最終形態には200億超えの資金が必要になるので、1部で優勝するまでに建て替えは厳しいかも知れません。

プレシーズンで初挑戦のアメリカクラブカップを優勝で飾り幸先の良いスタート。
それでも年内は引き分けの連発で中々勝てず前シーズンの悪夢を蘇らせましたが、新加入選手の活躍もあって年明けから憑き物が落ちたように連勝を重ね、ライバルクラブのデブがわざわざイヤミを言いにきましたw
順位もぐんぐん上り、終わってみれば17勝で4位に食い込み、来期のヨーロピアンクラブカップの出場権をギリギリで獲得できました。

1部昇格時にチームを支えた両FW、ジャーンズとディアは今シーズンほとんど出番もないままチームを去ることに。
人身売買も積極的に行い、資金集めを行います。…でも選手の人件費は青天井だし、少なくとも毎年カップ戦に出場してホームでの試合数を増やさないと中々目標の金額まで到達しそうにないのが難しいところです。


プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシッププロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップ
(2006/03/29)
PlayStation2

商品詳細を見る



テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2011年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
【PS2】『サカつくEU』をプレイしています(その6)
2011-2012

6年目。1部に昇格して3年目のシーズン。

2部では3年目に優勝を決めることができましたが、1部に昇格してからここまで2年連続10位で勝ち星もほとんど増えず、力の差というか壁の高さを思い知らされています。
課題は諸々あるのでしょうが、ここまであまり積極的に動いていなかったスタッフ部門の強化を図ることに決定。監督のリストアップを得意とするスカウトと契約し、ようやく出てきた世界トップクラスの監督、カーグンデの獲得に成功しました。
…けどポリシーラインがやや狭く、得意なシステムもチームがこれまで採用していた4-4-2ではなく5-3-2。更にはこれまで連携強化を得手とする監督ばかりであったのが体調管理と大きく方針転換することに。

基本的にカネは出すが現場にクチを出さない非ナベツネ主義を旨としていますので方針転換はいいんですけど、カーグンデ監督の起用は明らかに妥協の産物でありますので、あまりムチャクチャにされても…という一抹の不安があったり。

フリー移籍での獲得はこれまで層の薄かったサイドを得意とする選手としてウェイン・ルートリッジ(MF)とアンディ・ジョンソン(FW)の2名。何か毎年30歳前後のFWを補強しているような(汗)
せっかく獲得したルートリッジですが、新監督の5-3-2では使いどころが少なく、交代要員になってしまいました。

因みに、今シーズンの基本スタメンは以下の通り↓


  ピサーロ  ジャーンズ

     ジーコ

   フォリオ  ディナターレ

ドルン ヘイティンガ 井畠 ラブリッチ シンボンダ

     ブラマー


FWは故障やら好不調でアンディ・ジョンソンとのローテーションで。ディアはベンチすら外されることが多く、今シーズンほとんど試合に起用されませんでした。

MFはエディットのジーコをスタメンにロスマンを交代要員で。本当は4-4-2で組もうと思っていたボア・モルチ(左)と今季加入のルートリッジ(右)が揃って控えに回ってしまいました。
ボア・モルチは30歳を超えてますけどほぼ毎回ポルトガルの代表に選出されるほどの実力がありながら、ウチでは完全に干されている感じです。結局シーズン中に不満が爆発し、オーナーの強権を発動してスタメンにねじ込む結果に。
フォリオ、ディ・ナターレは一年目からチームを支えるDMFコンビ。連携も赤と最強。その代わり初期メンバーで最年長のブラームスがはじき出されて交代でも起用されなくなってしまいました。

DFは一人増えたところをユース出身の日本人、井畠が大抜擢。

GKは前年まったく起用されずに不満を爆発させたブラマーがアメルハウザーと立場を逆転させることになりました。


プレシーズンで悲願であったアフリカクラブカップを制したところでカーグンデ監督に変更したので混乱は否めず、年内はほとんど勝ち星を上げられずに年を越すハメになってしまいました。
ま、キャンプやってプレシーズンとはいえトーナメントで優勝して結果を出したのにシーズン入っていきなり更迭なんて現実ではありえないんでしょうけどそこはゲーム。
リストに掲載されるのは8ターンまでなんで代えるつもりなら早いに越したことはないという判断です。

年が明けてからようやくぽつぽつ勝てるようにはなりましたが、終わってみれば3年連続10位。勝ち星は前年と同じですが、負けが減って引き分けが異様に増えました。
試合展開でリードされているところに追いついての引き分けならまだいいのですが、後半ロスタイムで追いつかれて引き分けという最もストレスの溜まるパターンが圧倒的に多かったのが気になるところ。

シーズン中、契約が残っているにも関わらずカーグンデ体制で干されたアメルハウザーとブラームスが揃って引退の申し入れ。
ブラームスはともかくアメルハウザーはまだ29歳、よっぽどカーグンデがイヤだったのかw
引き止める理由もないし基本去るものは追わない主義なんで快く申し出を受諾。来期のコーチ就任を依頼します。

今季はスタジアムもメガスタジアムに新調し、アジア・オセアニアカップも優勝し辛うじてシーズンの有終の美を飾った感じ。
何とか来期は浮上のきっかけをつかみたいものです。


プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシッププロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップ
(2006/03/29)
PlayStation2

商品詳細を見る

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2011年のプレイ日記 | 15:53 | トラックバック:0 | コメント:0
今週のお買いもの
購入したのは先週なんですが細かいことは気にしない。
先週Glep友達のfujimakoさんと日本橋に繰り出したってのはご報告した通りなんですが、一度買い物癖がつくと二の矢三の矢を放ちたくなるのが生粋のゲームハンターの性…

ということで今週の(本当は先週の)お買い物報告です。


オール仮面ライダー ライダージェネレーション 初回封入特典 「オリジナルシャッフルヒーローズカード」(同梱)オール仮面ライダー ライダージェネレーション 初回封入特典 「オリジナルシャッフルヒーローズカード」(同梱)
()
Nintendo DS

商品詳細を見る

→1号ライダーからオーズまですべての主人公ライダーが登場するベルトスクロールのアクションゲーム。
 昨年発売されたWiiの『~クライマックスヒーローズ オーズ』に極めて近いコンセプトであり、ハード性能に合わせて古きよき2Dのなんちゃってファイナルファイト的なノリの作品です。
 まだ始めたばかりなんですが、難易度が低いのはいいとして通常ステージの単調&殺風景さは厳しいかも。キャラにもよりますけど操作性もあんまり良くないし、ゲーム的には辛い評価にならざるを得ませんね。


エルミナージュIII~暗黒の使徒と太陽の宮殿~エルミナージュIII~暗黒の使徒と太陽の宮殿~
(2011/08/04)
Sony PSP

商品詳細を見る

→高値安定しているWizライクな高難易度3DダンジョンRPGの第3弾。シリーズは一応全作持っているのですけど初代(PS2)、同Ⅱ(NDS)と全部バラバラになってしまいましたw


マーヴル VS. カプコン 3 フェイト オブ トゥー ワールドマーヴル VS. カプコン 3 フェイト オブ トゥー ワールド
(2011/02/17)
Xbox 360

商品詳細を見る

→私はまだ購入していないんですけど『ストⅣ』アーケードエディションのキャラクターが何か凄いことになってますね。
 どれぐらいの数が適正というのは個人によっても差があるでしょうから一概には言えませんけど、ここまで多いとついていけないです。
 前作から随分時間が経っての登場ですがその進化は著しいものがありますね。


Tropico 3( トロピコ 3) Xbox 360 プラチナコレクションTropico 3( トロピコ 3) Xbox 360 プラチナコレクション
(2011/08/04)
Xbox 360

商品詳細を見る

→しばらく中古でも高値安定していたものですが、プラコレを下回る価格であったので迷わず購入。『A列車』シリーズとか、こういう箱庭的ビジュアルの作品に弱いんですよねw
 面白そうですけど暫くは寝かしておくことになりそうです。


アサシン クリード ブラザーフッド スペシャルエディション プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】アサシン クリード ブラザーフッド スペシャルエディション プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】
(2011/08/04)
Xbox 360

商品詳細を見る

→これもシリーズ全作持っているんですけど一本もプレイしていません(汗)イメージが昔PCEで出てた『エグザイル』シリーズを彷彿とさせるんですけど若い方には分からないかも知れませんね。


蚊2 レッツゴーハワイ蚊2 レッツゴーハワイ
(2003/07/03)
PlayStation2

商品詳細を見る

→内容もビジュアルもシンプルシリーズの域から一歩も出ていないのに続編が発売されていたという不思議。前作はともかく本作は廉価版も発売されていなくってあまり見かけないんですけど、たまたまワンコインで並んでいるのを見つけて衝動的に買ってしまいました。
 バンナムだし一般作だから致し方ないとは思いますけど、もう少しエロの方に軸が移っていれば意外と化けていたかも知れません。ま、想像ですけど。


けいおん!放課後ライブ!!(特典なし)けいおん!放課後ライブ!!(特典なし)
(2010/09/30)
Sony PSP

商品詳細を見る

→アニメの二期シリーズが先日CSのTBSチャンネルで放送開始されました。『初音ミク』的なプレイ感を期待していたんですけどちょっと肩透かしをくらった感じ。
 効果音がないのでイマイチ上手くリズムを決められないんですよね…。シナリオ的な要素が強いので原作のファンならこれでいいのかも知れませんけどゲーム的には『初音ミク~』に遠く及ばない感じです。



テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| お買いもの | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
第二次買い物ツアー敢行!
8月に入りました。

相変わらずゲームの消化は遅々として進んでいませんが、この間暫く購入ペースも落ちていたんですね。
ぶっちゃけると単純に物入りが多かったからという理由に他ならないワケなんですが、衝動買いのスイッチが入るほどの出物がなかったというのも要因のひとつであります。

そんなこんなでホームグラウンドである日本橋への出撃も近頃ご無沙汰であったのが、この度お仕事の関係で大阪に滞在されているGlep時代のお友達、fujimakoさんと合流し約三年ぶりの日本橋買い物ツアーを敢行する機会に恵まれましたので簡単にレポートしたいと思います。
…と言っても一週間も前の話なんですけどね(汗)


PM4:00 某駅にて待ち合わせ

ネットやLiveでは何度もご一緒しているんですけど何と言っても直接お会いしたのは約三年前に一度きりだったんで無事合流できるか若干不安もあったのですが、まったくの杞憂でありましたw
お仕事が大変みたいですけどともかくお元気そうで何よりでした。その後最寄り駅へ電車にて移動。

PM4:30 現地到着

前回は閉店一時間前からのスタートだったので非常に忙しなかったのですが、今回は時間に余裕がありましたので私の巡礼フルコースにお付き合いいただくことに。
fujimakoさんは2軒目の中古フロアにて何点かゲットされていたようですが、私はスルーして3軒目で以下購入↓

ジャストコーズ2ジャストコーズ2
(2010/06/10)
PlayStation 3

商品詳細を見る


→先日廉価版が出たのですが何となく買いそびれてしまって、今回も特別安かったワケではないんですけど新品で廉価版の販売価格を下回っていたのと、fujimakoさんのおススメもあって購入に至りました。

4軒目にしてようやく海外版を多く品揃えしている店へ。ここでは以下のブツをゲット↓

毛糸のカービィ毛糸のカービィ
(2010/10/14)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


→随分前に新品¥2980で安定していたんですけど、何となくその値段で買うのを躊躇っていたんですね。今回¥1980で購入できたので大満足ですw

fujimakoさんはこちらでいくつかお目当てのブツをゲットされていた模様。その足で5軒目へ。
ここでの買い物は正直必要もなかったんですけどまぁ勢いで以下の3点を購入↓

GLADIATOR ROAD TO FREEDOM REMIXGLADIATOR ROAD TO FREEDOM REMIX
(2005/09/01)
PlayStation2

商品詳細を見る


リベログランデ2リベログランデ2
(2000/09/07)
PlayStation

商品詳細を見る


怪盗アプリコット (Playstation)怪盗アプリコット (Playstation)
(2003/05/22)
PlayStation

商品詳細を見る


→『グラディエーター~』は中古でも¥2000以上が相場で安定していたのですが、¥1480なら間違いなく買い。
 『リベログランデ2』前作は普通に¥100ぐらいで購入できますけど、続編の本作はあまり見かけないんですよね…と言っても別にプレミア化しているワケでも何でもなく、普通に出物が少ないだけだと思います。
 『怪盗アプリコット』初代PSのギャルゲーってあるようであんまりないんですよね。前から狙っていたワケではなく完全に衝動買い。探せばもっと安い値段でも手に入ったかも知れません。


PM6:30 食事

日本橋から歩いて新世界へ。以前にも増してエリア全体が串カツの屋台村みたいな様相を呈していますね。似たような店しかご案内できなくて申し訳ないと思いつつ、3年も前の話なんでそこはご勘弁いただくということでw
適当な店に入ってゲーム談義に花が咲きます。


PM8:30 某所視察

少々憚るので内容は詳らかにしませんが、新世界エリアからほど近いところにある大阪ならではのスポットをぶらぶらと散策。


PM9:30 ミナミの某飲み屋

地下鉄で場所を難波に移し、私の行きつけの飲み屋さんにご案内。楽しんでいただけたようでよかったです。
しばらくはまだ大阪に滞在されるとのことで、再会を約しつつPM11:00過ぎに解散しました。


ここから私信↓

…一週間も経ってしまいましたがどうもお疲れさまでした。前にもお話したと思うのですけどこの歳になって趣味を媒介とした純粋な友人って中々得がたいものがあって、この不思議なご縁は個人的に大事にしたいと思っています。
 知らない土地でひとり生活とお仕事をされるのは精神的にも肉体的にも大変かと存じます。くれぐれもお身体の方ご自愛下さいますよう。


テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| モロモロ雑記 | 14:42 | トラックバック:0 | コメント:3
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード