某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【SS】『Pia・キャロットへようこそ!』
PiaキャロットへようこそPiaキャロットへようこそ
(1998/03/12)
SEGA SATURN

商品詳細を見る


約1ヵ月ぶりのブログ更新のネタが15年も前のエロゲーってのは不惑のいい大人的にどうかと思うんですけどまぁいいや。
「CERO Z」やこれより以前にあった「X指定」表示とは異なり、「18才以上年齢制限」という微妙に奥歯にものが挟まったような表現は多分当時のセガサターン特有のものであったと思う。
具体的な基準は知らないんだけど感覚的にはバストトップの表現有る・無しぐらいの差だったんじゃないかなぁ。
尤も「X指定」とはいえいわゆる男女の”絡み”的な表現はNGだったもんねぇ。
残虐描写の方はどうだったかな?「X指定」に該当したのって『モータルコンバットⅡ』ぐらいしか思い出せないんだけどあの程度だったら現在の「CERO Z」の方がよっぽど際どいよね。まぁこちらに関してはハードの表現能力の差もあるから一概にはいえないんですけどね。

今回ご紹介する『Pia・キャロットへようこそ!』はPCからの移植作品でありまして、当然件の描写は「18才以上年齢制限」に則ってマイルドになっているワケですが、まったく別の手段でもってコンシューマーではタブーとされていた”絡み”をド直球で表現した中々にワイルドな内容になってます。
詳細は以下のキャラ別感想に譲るとして、ここではゲーム全般の概容を少々。
簡単にいえば、
エロいときメモ
の一言で集約されちゃうんですけど、本家ほどランダム要素があるワケではなくて、パラメータはあくまでキャラ毎のクリア条件の制限に過ぎず、ある日ある場所で必ず発生するイベントにちまちまフラグを立てることでベストEDを迎えるという構成になってます。
従ってキャラ毎の攻略というベクトルで臨むと実に不自由なプレイを強要されてしまうということですな。
ま、極端に理不尽な仕掛けもなく、本家のように目標以外のキャラとの関係に気を遣う必要もないので中身が分かってしまえば理詰めで攻略が可能だから奥は深くないけど楽、といったところでしょうか。


ゲームの舞台について、

主人公は高校三年生。高校最後の夏休みをナンパ旅行で過ごすという計画を立てていたところが、父親との会話の流れで「一学期の成績に赤点がなければ旅費を負担」という賭けにノってしまって見事に玉砕。父親が経営する「Piaキャロット」というレストランで夏休み中バイトをしなければならないハメに…というところが導入部分。
従業員はオーナーである父親と主人公以外全員女性という夢のような環境。そこで出会った女性達とどう過ごすかで結末が変わるというワケですね。

攻略可能なキャラは全部で9人で、エンディングは10パターン。いわゆるバッドエンド扱いである妹EDを除き、全員とそういう関係になれますw

…ということで以下続きからキャラ毎の感想を。なお性的な内容が過分に含まれておりますので18才未満の方は閲覧をご遠慮下さいw




>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| SS | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード