某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PSP】『ラストランカー』
ラストランカーラストランカー
(2010/07/15)
Sony PSP

商品詳細を見る

カプコンから2010年に発売されたPSP用ソフト『ラストランカー』をクリアしました。

のべのプレイ時間は30時間足らず。ランキングファイルはすべて埋め、一周クリア後の追加修練も達成したので本作に関しては完全終了ということでいいと思います。

<世界中の戦士の殆どである約10万人の戦士が所属する組織「戦候機構バザルタ」、通称「機構」が支配する世界。戦士達はランキングによって格付けされ、ランキング上位の者が「力」によって世界を統治していた。機構と関わりを持たず、カンタレラという集落の青年ジグは、ただ繰り返される儀式と伝統を守る生活に意味を見出せず、自分自身の価値を実感するため、故郷を捨てて機構へ入ることを決意する。>※Wikipediaより転載

本作の最終目的はタイトルにある通り「戦候機構バザルタ」における”ラストランカー”すなわち、ランキング1位になること。単純明快な目標に対し、数字によるランキング表示は、てっぺんにのし上がってやろうという主人公の思惑と同じく、シンプルであるが故にプレイヤーのモチベーションも掻き立てます。

ランキングを上げるには機構または個人が公募する”修練”に参加し、その報奨として得るか、他のランカーとタイマン勝負の”ランキング戦”を行い、勝てば相手のランクを奪えるというルール。ぶっちゃけ上位のランカーが下位のランカーに勝利しても、ランキングダウンというリスクに見合うメリットが少ないんでどうかなと思うのですが、どっちに選択権があるのか分からないですけど、極端に差がある場合は受けなくてもいいっぽいのでこの世界独自のマナー、みたいなものが存在するのでしょう、多分。

っていうかシナリオの進行度合いによって仕掛けられるランキング戦はほぼ決まっているので、戦闘の工夫次第でケタ数が変わるくらいのジャンプアップ!何てことは基本的にムリ。”修練”についても同じくで、現在の身の丈に合った内容のものしか参加できない…以前に情報そのものが告知されないので、そういった点での自由度はほぼゼロといってもいい。

そもそも修練の参加資格がランキング〇〇〇〇位以上とか明記されているケースも多いんで、その前後の”修練”もしくはランキング戦で調整する必要があるのが容易に分かってしまうというのが、本作の本質的な底の浅さを露呈していますね。

本作の市場価格は発売後ほどなく¥1000台の安値で安定しており、現在では店によっては¥500程度のところもあって、値段だけを見る限り世間的な評価は決して高くはありませんが、コアメーカーのマイナー作品として片づけてしまうのは惜しい部分も多々あるんですよね。

秀逸なのはやっぱり戦候機構の設定かな。ランキングってこれ以上ないくらい端的にゲームの中の自分のポジションが明確じゃないですか。シナリオの演出もうまくマッチしていて、例えばジグが機構に入りたてのペーペーの頃にはランキング90000台のザコランカーにすらなめられるとか、段々ランクが上がってくると町の住人や他のランカーの態度が明らかに変わってくるとかね。

機構とこの世界を支配するのはランキング上位7人による”七騎士”なんですが、それぞれが個性的で、組織としての意思統一がまったくなされていないというのも面白い。七騎士の中では唯一の常識人と思しきロザのキャラクターがいいアクセントになっていると思います。結局ストーリー終盤に至るまで世界全体に影響を及ぼす共通の敵の存在が明らかにならず、”イビノス”と呼ばれる正体不明の生物による脅威が断片的にあるだけで七騎士が理不尽な圧政を強いて民草を苦しめているワケではないので、表面上は至って平和なんですね。後にジグも所属することになる”アンチ”の存在の方が、その他大勢のランカーたちのみならず、一般の住人にとっても余程脅威になっているというのが印象的です。

その性格故か運命なのかは知れませんが、本人の意に反して面倒事に巻き込まれることが多いジグ。”チカラこそすべて”というシンプルな社会でひたすら上を目指す生活に憧れていただけなのに、「カンタレラ」出身というだけでアンチのマキスやイゴリダに目をつけられるわ機構からは疑惑の目をむけられるわ、何となく身を寄せるようになったタイロン租界でも親分の失踪が何故か自分のせいになってるわ、故郷を滅ぼされた挙句、かつての親友に恨まれて裏切り者扱いされるわで踏んだり蹴ったり。故郷の惨状を目の当りにしても機構に対して怒りを向けることもなかったクールな性格でも、四面楚歌で今日寝るところも追われるに至ってはさすがにこたえたとみえ、何かにつけてジグの世話を焼いてくれた最弱ランカー、ポッドの優しさにほだされる一面も。

あと、ランキング戦を行えるランカーにはすべて”通り名”的なものがつくのですが、主人公であるジグはストーリーの進行によって変わっていきます。”辺境の獅子”→”加護をうけし英雄”まではいいとして、最終的に”レンの同期”ってのはどうなの?あ、レンっていうのはジグと一緒に機構に入ったキャラクターで本作でいうところのメインヒロイン的なポジション。かつて機構を創設したものの、現在は没落しているサルバトーレ王家の末裔というバックグラウンドがあるんですが、タイロンやハースに言わせると”面倒くさい女”ということらしいw例によって主人公に好意を寄せていくんですけど朴念仁の主人公は中々気付かないというお約束通りの設定です。

10万人規模の組織といってもゲームに登場するランカーはランキング戦不可を含めても200人に満たないので、ボリュームはなく、非常にコンパクトにまとまっている印象。ただ登場するキャラクターはしっかり確立されていることに加えて声優陣が豪華なのでそちら方面にもフィットする作品ではないでしょうか。

最近のRPGにしてはパーティなしの主人公オンリーというのは珍しいかも。あとクリア後要素もないんでとことんやり込みたい方にとっては若干物足りないと思われるかな?でも私的には丁度よいボリュームでそれなりの達成感も得られたので満足です。いいゲームでした。


スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PSP | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
【XBOX360】『Sonic Ultimate Genesis Collection』(北米版)
Sonic Ultimate Genesis Collection(輸入版)Sonic Ultimate Genesis Collection(輸入版)
(2009/02/10)
Xbox 360

商品詳細を見る


CSのアニマックスチャンネルで絶賛放映中の「Hi☆sCoool ! セハガール」の影響で、メガドライブ(以下MD)を久々に動かしたくなったものの、気軽にセットできる環境にないという個人的な事情があって、どうしたものかと思案したところ、本作の存在を思い出して早速引っ張り出してきましたw

基本収録タイトルは以下の通り(タイトル名は国内版)

・アレックスキッド 天空魔城
・エイリアンストーム
・獣王記
・ストーリー オブ トア 〜光を継ぐ者〜
・ボナンザブラザーズ
・コラムス
・コミックスゾーン
・まじかるハットのぶっとびターボ!大冒険
・Dr.エッグマンのミーンビーンマシーン
・ダイナマイトヘッディー
・エコー・ザ・ドルフィン
・エコー・ザ・ドルフィンII
・ESWAT:サイバーポリス イースワット
・死の迷宮
・フリッキー
・ゲイングランド
・ゴールデンアックス
・ゴールデンアックスII
・ゴールデンアックスIII
・カメレオンキッド
・ファンタシースターII 還らざる時の終わりに
・時の継承者 ファンタシースターIII
・ファンタシースター 千年紀の終りに
・リスター・ザ・シューティングスター
・シャイニング&ザ・ダクネス
・シャイニング・フォース
・シャイニング・フォースII 古えの封印
・ザ・スーパー忍II
・ソニック3Dブラスト
・ソニック&ナックルズ
・ソニックスピンボール
・ソニック・ザ・ヘッジホッグ
・ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
・ソニック・ザ・ヘッジホッグ3
・ベア・ナックル
・ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌
・ベア・ナックルIII
・スーパーサンダーブレード
・ベクターマン
・ベクターマン2

タイトルのチョイスについては個人的に思うところはあるものの、総じて”MDを代表する”作品であることに間違いないと思います。中には「こんなんMDであったっけ?」という作品も混じっていますが、知る人ぞ知る「ゲーム図書館」(『ゲームのかんづめ』 に収録されている作品ということで納得。ゲーム中のメッセージは当然ながらすべて英語。『ゴールデンアックス』シリーズのように日本語版もそのままなタイトルはまったく問題ないですが、RPG系だとちと辛いか?まぁ大したレベルではないので内容を理解できないということはないと思いますけどね。ちなみに私が実機で所有しているタイトルは上記のうち8割といったところ。バーチャルコンソール等でDLしたものも含めるともう少し増えますが、実際にクリアした数は…お察し下さいw

オリジナルと比較して細々したところの差異は少なからずあるらしいんですけど、普通にプレイする分には問題ありません。そんなことを気にするのは生粋のセガキチぐらいなんで放っておけばいいと思います。

この手の旧作詰め合わせにありがちな、いわゆる”隠しタイトル”も存在しますが、開放の条件が明確なうえにさほど厳しい内容でもないのでギリギリ許容範囲かな。箱〇では実績解除の要件とイコールなんで、当面は実績解除に目標を絞れば自然に開放されていくと思われます。


今メインでプレイしている『真・女神転生デビルサマナー』ほど時間的に余裕がない時、本作から適当に選んでちょこっとプレイするのがここ最近の日課となっておりますw

それにしてもMADE IN JAPANなのに国内版未発売というのは非常に残念。これだけの内容ならセガファンならずとも需要があるような気がするんだけどなぁ。海外版といっても以前ほど購入に際してのハードル自体は下がっているので特に国内版の発売にこだわる必要もないんだけどね。

昔懐かしい旧作ならずともゲームのDL販売がますます標準化しつつある昨今においては、こういう十把一絡げ的作品はメーカーにとってもユーザーにとってもメリットが少ない傾向にあるのかもしれませんね。

私のようなゲームロートルが昔の雰囲気を味わう目的で遊ぶ分には丁度よい仕様だと思いますが、いずれも20年以上前に発売されたタイトルばかりなんで、個々の作品に思い出補正のない若い人が遊んで楽しいかと聞かれるとちょっと微妙。

「Hi☆sCoool ! セハガール」の元ネタを知るという目的で遊んでみるのもアリかもしれません。

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 20:20 | トラックバック:0 | コメント:0
【SS】『真・女神転生デビルサマナー』をプレイしています(その8)
真・女神転生デビルサマナー真・女神転生デビルサマナー
(1995/12/25)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

全体の中盤は過ぎたと思うのですけど、ここへきてプレイ日記が月イチペースにまで落ち込んでしまいました(汗)

さすがに年内のクリアは楽勝だろと高をくくっていたのですが、黄信号がともった感じ。頻繁にセーブを行いつつちまちま進めることが仕様的に難しい作品なんで、ある程度まとまった時間があって腰を据えてかからないとダメなんですよね…。ダンジョンの仕掛けは露骨に嫌らしくなってきてるし、道中のザコも一筋縄ではいかない。レベルも上がりにくくなってきたので悪魔合体で思うような強力な仲魔も作成できない。ここが辛抱の為所と捉えて地道にやっていきますよ、えぇ。


博物館を解放し、敵に囚われたレイ・レイホゥを救出したことで二人の信頼関係は一気に深まった。勢いでヤっちゃったかどうかは定かではないですけど、それまでのギスギスした感じはなくなったのかな…と思いきやその後一切のセリフがないのでよく分かりません。

次の目標を探すべく矢来銀座をウロついていると、新月の時にしか顔をみせないという高級クラブ「クレティシャス」のマダムがキョウジに会いたがっているとのこと。怪しげな扉を開けて奥の部屋へ。いかにもといった風情のマダムから、東亜TVに出現した悪魔を退治して欲しいという依頼。何で彼女がキョウジの本職を知っているのかは不明だが、細かいところを気にしていたら前に進まない。準備を整え矢来区にある東亜TVへ直行する。

案の定、異界化したTV局内の構造は複雑。四隅にある4つの階段はそれぞれ独立しており、しかも扉は一方通行で前にしか進めない。落とし穴やワープポイントをくまなくまわって丁寧にマッピングを行う。敵の攻撃も多彩で気を抜けない。フロア毎の面積はそう広くはないが、前述のような仕掛けだらけの階層が8つもあるのでキツいです。一応回復ポイントもあるにはあるんですけどスタート地点である1Fという事実がこのエリアの底意地の悪さを物語っていますね。

2つ目のエレベーターから5Fにある動力室にて3体のボスと遭遇。状態異常と全体攻撃の魔法を波状で仕掛けてくるので結構めんどくさいです。しかも物理攻撃があんまり効かないんで、攻撃は専らレイと仲魔の魔法攻撃を中心に、主人公には敵の魔法攻撃を跳ね返すアイテムを投入する。時間はかかるけど一匹一匹に攻撃を集中させて何とか倒すことができました…ってコイツらボスじゃねーじゃん!エリアのボスは8Fから電波塔という別のダンジョンに存在するとのこと。

残りの体力が心許ないんで一旦1Fまで戻って回復を行い、万一に備えてバックアッパーを使用しておく。この段階へきてやり直し何てことになったら年内クリアどころかそのままフェードアウトする可能性が高いので必死です。

東亜TV内と同じくらい仕掛け満載のフロアを一から攻略する気になれず、ここは攻略サイトのマップを最大限活用させていただきました。エリアのボスは先の3体を倒していると十分なエネルギーが供給されず、かなり弱体化しているとのこと。
まぁそれでも油断は禁物なんですが、割とあっさり倒せました。

長かった東亜TV→電波塔のエリアを攻略し、意気揚々とマダムに報告。

…え、何もナシなの? タダ働き? っつーかオマエ何様だよこのクソババァ!瞬間、占いババァを抜いて殺したいランキング一位に躍り出てきたところで次回に続きます。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2014年のプレイ日記 | 11:11 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード