某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【NDS】『おさわり探偵小沢里奈』
おさわり探偵 小沢里奈おさわり探偵 小沢里奈
(2006/04/13)
Nintendo DS

商品詳細を見る

平成のテンゲンことサクセスのオリジナルADV『おさわり探偵小沢里奈』をクリアしました。図鑑、調査報告書もコンプしましたので、本作については完全終了ということでいいと思います。

タイトルが示す通り、タッチペンによる”おさわり”でフラグを立てていくシステム。要するに従来のコマンド選択式フラグADVの操作をタッチペンによる操作に置き換えただけのものと解釈してほぼ間違いないと思います。

プレイヤーはおさわり探偵、小沢里奈を操作し、周囲の人たち(主に友人)が引き起こすちょっとした事件を解決していきます。

ビジュアルのイメージは独特で、不条理な世界観とあいまったもの。劇中にも出てくる”アバンギャルド”を強烈に意識していることがうかがえます。実際、シナリオの内容も万人向けとはいえず、このセンスにフィットする層とゲーム性がいまいちマッチしていない気がしますね。

移動できる場所はそう多くなく、シナリオも全部で4つとボリュームも少な目。基本は登場人物との会話より、画面上の色んなものを”おさわり”することでフラグが立つケースが多いように思います。従って、いわゆるコマンド総当たり的な攻略法があまり通用しないというか、一見何の役に立つのか分からないアイテム同士を掛け合わせる必要があったりしますが、そもそもできることは限られているので時間さえかければ誰でもクリア自体は簡単だと思いますね。

ビジュアルはヘンですが、ゲーム内容自体は非常にオーソドックスなのでNDSでちょっとしたADVがやりたい方にはいいんじゃないでしょうか。


実は私、リアルタイムではこのビジュアルが合わなくて完全に敬遠していたんですね。でも本作をやるきっかけとなったのは、シリーズのマスコット的なキャラクターである「なめこ」の存在によるところが大きいと思います。

スマホの無料アプリとして本作に登場する「なめこ」をフィーチャーしたゲームがあたり、昨年ぐらいまでは女児向けのファンシーグッズを席巻していました。

かくゆう私の長女も一時期ハマっており、文房具を中心に関連グッズを集めまくってたことが本作を再認識するきっかけとなったのですから分からないものです。

スマホアプリも継続してプレイ中でありまして、シーズン単位のアップデートでいまだに新しいキャラクターが出ているのですが、上で書いたファンシー系グッズの店ではほとんど見ることがなくなってしまいました。

子供の流行りものって終わりのタイミングが読めないんですよね。それまで明けても暮れても夢中であったものがある日突然終息して見向きもしなくなる。人や地域によって多少前後はあるみたいですが、これってほぼ同時期に全国規模で起こるらしいです。実際、引き時を誤って経営を悪化させた例も枚挙にいとまがありません。

まぁ「たまごっち」や「ポケモン」のように、一時期の熱狂的なブームを乗り越えて現在も続いている息の長いコンテンツもありますし、本作も3DSになって久々に続編が発売されたりと、ブームの先の新たな展開を模索している感じですかね。


なめこ文學全集 ザ・ワールド 雪の女王編 なめこでわかる世界名作文学 (バーズコミックス スペシャル)なめこ文學全集 ザ・ワールド 雪の女王編 なめこでわかる世界名作文学 (バーズコミックス スペシャル)
(2014/11/21)
小鳩 まり

商品詳細を見る

→こんなもんまで「アナ雪」に便乗してるとは…

おさわり探偵 小沢里奈 りなとなめこの探偵日記 夢どろぼう現る! の巻 (集英社みらい文庫)おさわり探偵 小沢里奈 りなとなめこの探偵日記 夢どろぼう現る! の巻 (集英社みらい文庫)
(2013/04/05)
小倉 帆真、サクセス/ビーワークス 他

商品詳細を見る

→本作に収録されているエピソードのノベライズ。1シナリオ単位で出版されてます
スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| NDS | 11:44 | トラックバック:0 | コメント:0
【SS】『真・女神転生デビルサマナー』をプレイしています(その11)
真・女神転生デビルサマナー真・女神転生デビルサマナー
(1995/12/25)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

雲雀ヶ丘の高級住宅街としての佇まいから明らかにかけ離れている禍々しい屋敷が、目指す第五の封印の場所。

どこぞやの地下水道で見かけて以来のチンピラ、タカシ(キョウジ?)がお出迎え。物々しい扉を開いて潜入する。…これじゃ潜入というより殴り込みだなw ヤクザの親分邸ということで出てくる敵も外道系が圧倒的に多い。ほとんどが主人公の今のレベルと比較すると数段低く、マグタイトも落とさないわ経験値も少ないわであまりメリットがない。紋々の、名前もそのものズバリ、タトゥーマンの特技は仲魔にとっては脅威なんですけど、スプリガンベストを着用している主人公にとってはむしろ僥倖。そのまんま跳ね返して片付けられるのが楽チンです。

ここでも要注意は呪殺系の呪文を持つ夜魔ヒュプノス。交渉決裂して先制を食らったらマズいので仲魔にするまでは結構ヒヤヒヤもんでした。…というのもこの天堂邸、ひとつのフロアはそんなに広くないのですが、全部で9層もあって下層の各フロアごとに厄介な仕掛けがてんこ盛りなんですよね。特に2Fのワープ地獄はマッピング不可でデビルアナライズも使用できないので、早々に攻略サイトのお世話になりました。あれを自力でクリアするのは今の私には無理です…

中盤の5Fで、フロアの外周をぐるっと移動するエリアがあるんですけど、そこで暫くレベル上げ&仲魔集め。ティターニアが中々出てこないなぁ…。2レベル上げたところで仲魔もいっぱいになったのでそのままボスの待つ9Fへ。直前でセーブしておくのも忘れない。飛び飛びだけどもう数か月やってるんでこのゲームのコツ的なものは大分身に着いたと思います。

「われぇ、どこの三下じゃ?」

待ち構えていた天堂組の親分、天堂天山の口調は広島系のチンピラそのもの。幽鬼となって主人公に襲い掛かってきますが、全然言うことをきかない仲魔とでも楽勝でした。

テンドウを倒すと、唐突に現れたのは謎の神父シド。北山大学での一件以来姿を見なかったのですが、連戦はキツいかなと思っていたところが、天堂に対する捨て駒宣言だけしてさっさと退散してしまう。封印を破壊した実務部隊を取り仕切っていた天堂に対してあまりといえばあんまりな仕打ち。何で吸血鬼にまで成り下がってシドに尽くしたのかは分からないけど、そりゃ今わの際に恨み言のひとつも出てくるわ。

先の警察署長との話を総合して、シドの目的はほぼ完了しているとみていい。残された時間はあまりないようだ。

テンドウを倒し、事務所に戻ってくると、そこには主人公の恋人、秦野久美子の両親が主人公の帰りを待っていた。
聞けば久美子はシドにさらわれたらしい。警察も何故か取り合ってもらえず、以前の襲撃の際現場に居た葛葉キョウジ(主人公)しか頼れないという切羽詰まった状況。満月の日に封印の近くを夢遊病者みたいにフラフラしてたからさらわれたんじゃねーの?…と思いましたがそんなことはどうでもいい。正直久美子の安否もどうでもいいんだけど、ババァ経由の依頼じゃないんでギャラを抜かれることはないw 二つ返事で引き受けたところで次回に続きます。


テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2014年のプレイ日記 | 20:20 | トラックバック:0 | コメント:0
【SFC】『ニチブツ アーケードクラシックス』
ニチブツアーケードクラシックスニチブツアーケードクラシックス
(1995/05/26)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

ひとりSFCまつり絶賛開催中!…と言いながら随分間隔が開いてしまいました(汗 ショートレビュー第15弾は『ニチブツ アーケードクラシックス』です。

90年代半ばからゼロ年代にかけて、ナムコやタイトー等業界では老舗の各社から過去作品をそのままバンドルした企画が濫発されたのは記憶に新しいところですが、本作はその先駆け的なタイトルです。

先週放送された「ゲームセンターCX」において、本作にも収録されている『クレイジークライマー』のFC版の挑戦を鑑賞していて本作の存在を思い出した次第。

収録されているタイトルは先にあげた『クレイジークライマー』のほか『ムーンクレスタ』と『フリスキートム』の3本。それぞれ当時のまま(まったく同じではないが)でプレイできるモードと、グラフィックを今風(といっても20年前の水準)に置き換えたアレンジモードがあります。収録されている作品をリアルタイムでプレイしていた私的には、ゲーム性はおろかBGMすら変わらないアレンジモードをプレイする意味を見いだせず、専らオリジナルモードをプレイしていましたね。

「ゲームセンターCX」でも紹介されていたように、FC版の『クレイジークライマー』はコントローラーを1P2P両方使用するアクロバティックな操作方法でしたが、本作はSFCのコントローラー特性(特にボタン配置)を利用して、ひとつのコントローラーで違和感なくプレイできるように調整されています。また、オリジナルが登場した80年代初め頃という時代は、全般的に版権という概念に対して鷹揚であったと思いますが、本作もその例にもれず、プレイヤーを妨害するギミックとして登場する「キングコング」はギリギリセーフとしても「しらけ鳥」は音楽含めてアウトのような気がするんですが、本作の発売にあたってそこんところはクリアされたんでしょうかね?…余談ですが「しらけ鳥」の元ネタ(70年代後半のバラエティ番組「みごろ食べごろ笑いごろ」)なんてほとんどの方は分からないと思います。

『ムーンクレスタ』は、ナムコの大ヒット作『ギャラクシアン』をベースにしつつも、複数の独自性の高いアイデア(形状の異なる3種類の自機に合体のギミック、ステージ毎にまったく異なる敵の攻撃)で異彩を放っていた名作。3機合体後は一回の攻撃で5発の弾が発射されるのですが、自機が大きくなりすぎて敵弾を避けにくくなるというジレンマも楽しい。後にナムコから発売される『ギャラガ』は、前作『ギャラクシアン』のアッパーというより本作の影響の方が強いのではないかと個人的には思いますね。

『フリスキートム』は、アーケード版はあまり記憶にないのですけど、バンダイから発売されていた同名のLSI、いわゆる電子ゲーム版を友達から借りて、電池がなくなるまでぶっ通しでプレイした思い出がありますw 当時のスタンダードであった固定画面のアクションゲームとしてはパズル要素もあり、今プレイしても中々楽しめる内容だと思うのですがどうでしょうか。

本作が発売された95年では、ニチブツといえばF1か麻雀のイメージが強かったものですが、本作に収録された3本はいずれも『スペースインベーダー』以後のゲームセンター黎明期を代表する作品であると言っても過言ではありません。
「ゲームセンターCX」でも触れていましたが、残念ながら現在ニチブツこと日本物産株式会社は存在せず、ゲーム関連の版権一切は株式会社ハムスターに譲渡されているようです。

ゲームセンター黎明期と言っても、この頃の私個人のプレイフィールドは地元の駄菓子屋が中心でした(そもそも私の住んでいた地元には”ゲームセンター”などという気の利いたスポットはなかった)。チョークみたいなニッキの駄菓子をしがみながら、日焼けして変色した画面のゲームを1プレイ10円だか30円でプレイする。一回の予算はお菓子代含めて200円がいいところだったんじゃないかなぁ。いつ行っても大概2~3人の見知った顔があって、他校の生徒とも駄菓子屋とゲームを通じて友達になったのが結構いましたね。いい歳になったオッサンがなじみの立ち飲み屋で常連同士仲良くなる、みたいな感覚でした。…そう考えたら今も昔も我々世代のコミュニケーションの本質はそう違いがないのかもしれません。媒介が違うだけでね。

そういう意味で、本作はあの頃の記憶とセットで甦らせてくれる、貴重なツールと言えますね。

MajorWaveシリーズ CRAZY CLIMBER アーケードヒッツ クレイジー・クライマーMajorWaveシリーズ CRAZY CLIMBER アーケードヒッツ クレイジー・クライマー
(2002/05/23)
PlayStation

商品詳細を見る

→本作以降で持ってるのはこれだけ。検索したら意外と派生作品が多くてちょっとびっくりです

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

| SFC | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
平昌冬季オリンピック共催案に思う
先日、IOC(国際オリンピック委員会)の臨時総会にて「五輪アジェンダ2020」が採決された。

最大のポイントはこれまで単一都市で開催してきたオリンピックを複数の都市で分散開催できるようになったというところだろう。臨時総会まで開いて本件の採決を急いだのは、まさに目前に控える2018年に開催が予定されている韓国の平昌冬季オリンピックを念頭においていることは疑いない。

次回オリンピックの開催国が韓国に決まって以降、今年に入ってからネガティブな情報がネットを中心に散見されるようになる。いわく、会場設営の工期が大幅に遅れており2017年に実施されるプレオリンピックに間に合いそうにない、とか、そもそも雪が降らない(え?)土地であるとかなんとか。

IOCが計画の進捗を確認する度にこうした不安材料がもりもり出てきて、当然IOCはこうした状況に対して苦言を呈するのだけど、肝心要の開催国様はどこ吹く風。お家芸の責任者バックレも飛出し、先に同国で開催された仁川アジア大会の無様な体たらくを目の当たりにして、いよいよケツに火が付いたというところだろう。

こういった不安材料を抱えたまま韓国に運営を任せて何らかの不具合が発生した場合、当事国に対しては当然として、その国に決定した側の責任問題も浮上することは必至。どういう経緯で韓国に決定したのかは知らないけど、そこのところを追及されると困る人間がIOC側にも相当居るっていうことでしょ?

そこで登場したのが起死回生の奇手「五輪アジェンダ2020」。採決にあたって委員満場一致で異論が出なかったということは、コイツら全員探られたら痛い腹があるんじゃないかと邪推してもしょうがないよねw

2020年の東京オリンピックで日本が熱望する野球とソフトボール種目復活というエサをちらつかせ、平昌オリンピック競技の一部を日本に押し付けようとする可能性が示唆されるや、嫌韓一色のネットからは予想通り猛反発が噴出する。

この情報がどこからリークされたものかは不明だけど、IOC最大の誤算はJOCに対して何の根回しも行わなかったこと。いや、行う時間がなかったという方が正しいかもしれない。これが例えば2020年の決定以前であれば割とすんなり決着がついたかもと考えるだけでおぞましい。

ただでさえ嫌韓感情が高まっている世論に加え、日韓共催といえば現在の嫌韓ブームのトリガーとなった2002年のサッカーW杯の悪夢を容易に連想させ、我が国の側がネットでなくとも反発するのは当然の結果であるといえる。挙句の果てに東京オリンピックの分散開催などという手前勝手な世迷い事が韓国の側から出てくるに至っては呆れて物も言えないです。まぁいつも通りといえばいつも通りで意外性も何もないんだけどね。

幸いなことは「今のところ」韓国側も分散開催には否定的な点であります。韓国政府の本音はともかく、両国の世論が猛反対しているところへ無理矢理ねじ込むのはさすがに難しいだろうと思いたい。

故郷韓国にべったりな現東京都知事も、先の東京オリンピック分散開催の可能性については言下に否定せざるを得ないくらい、IOCの思惑は東京および日本にとってまったく何のメリットも存在しないことは明白。2020年の東京オリンピックに加え、2026年の冬季オリンピックに札幌がエントリーしているこのタイミングもあまりに時機としては悪すぎる。

仮に長野での分散開催が実現したとしても、どうせ「日本に強奪された!」とか何とか被害者ぶって喚きだすのは必然なんで、更なる嫌韓が加速することが日本にとって国益といえばいえるかな?

何とか平昌での単独開催にこぎつけたとしたら、史上最高のお笑いオリンピックになることは間違いなく、二度と国際大会のホスト国に選ばれることもなくなるだろうから、どっちに転んでも楽しめる要素はありますので、今後の情報には注目しています。

あと2018年に出場される選手の皆様にはいずれにしてもお気の毒としか言いようがありません。


テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

| モロモロ雑記 | 12:12 | トラックバック:0 | コメント:0
【SS】『真・女神転生デビルサマナー』をプレイしています(その10)
真・女神転生デビルサマナー真・女神転生デビルサマナー
(1995/12/25)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

最近ちょっと集中してプレイできています。いい感じです。

前回の警察署での一件で、一連の事件には何やら得体のしれない大きな組織が暗躍しているということ、平崎市にある古代の封印を破壊するという目的が達成されつつあることが分かりました。

警察署の一件を片づけた後、事務所に戻ると、主人公の肉便器ことレイ・レイホゥが唐突に封印があったとされる点を線で繋ぎだす。そこに浮かび上がったのは魔法陣。そして最後の点の場所は雲雀ヶ丘にある久美子の家…ではなく、天堂組とかいうヤクザの親分邸。

ネタとしてはありがちだけど、魔法陣の件を発見したのが余程得意になっているのか、事務所に戻る度に「もう一度説明する?」と聞いてくる肉便器が微妙にウザい。お前の手柄は分かったからちょっと黙ってろ。物事には順序ってモンがあるんだよ。

逸る肉便器の提案をスルーし、中華街を異界化させて暴れている関帝聖君を鎮めて欲しいという陳大人の依頼を先行することに。

中華街は元々ごちゃごちゃした街並みな上にだだっ広く、仕掛けは更にいやらしくなっています。ボスに至るルートは複数のワープポイントを経由する必要があり、その順番の正答はたったひとつ。もう攻略サイトのマップ情報は必携です。登場する悪魔が先の臨海地区地下水道と同レベルなのが唯一の救いですかね。呪殺系にさえ気をつけておけばそこまでギリギリの戦いを強いられることはありません。

余談ですけど最近遂に老眼の気が出てきて、スマホでの表示が結構見づらいんですよね(汗)そんでもって近眼なものだからモニターとスマホを交互に見比べるのにメガネをかけたり外したりしなけりゃならんのが本当に鬱陶しいです。ここは素直にプリントアウトしといた方がいいんでしょうが、それはそれで面倒くさいんだよなぁ。

マップのほぼ中央に位置する関帝廟にたどり着き、暴走した関帝聖君(三国志の関羽ですね)と対決。攻撃力が高い上に手数が多いので苦戦しましたが、適宜回復しつつタル・カジャで攻撃力を上げて何とか倒せました。

正気に戻った関帝聖君曰く、この地に永きにわたって封じられていた怨念が噴き出そうとしており、その力は自身の正気すら失うほど強力なものなのだとか。そういや大分前にスサノオもそんなこと言ってたっけ。助力は惜しまない、などといいつつ合体の秘術とやらで甦らせないといけないとか。せめてヒントだけでもくれたらいいのに。

関帝聖君を鎮めて中華街の異界化が解けると、今回の依頼人である陳大人からお礼として5万円受け取る。こっちの取り分は一律5%なのね…。あと主人公に紹介したい人がいるということで現れたのが米軍平崎基地のクーパースミス大佐。
我々が保有する秘密兵器を使ってもらいたいとか何とか調子のいいこと言ってるけど、要するに軍の武器を横流ししてるだけじゃね?

一応IDカードを受け取り、強化できるのならそれはそれでいいかと早速矢来地区の地下水道から武器倉庫へ立ち寄る。
かなり面倒な回り道をさせられたにもかかわらず、売ってる武器は今装備しているものの性能を上回るものはひとつもありませんでした。これも先に進めば品揃えが変わるのかね?とんだ時間のムダでした。

相変わらず魔法陣の手柄をアピールしてくる肉便器はもう無視して、更に強力な武器を求めて”草薙の剣”の材料となる”霊鳥ヤタガラス”と、ダンジョンから脱出できる魔法持ちの”魔獣ケルベロス”を召喚する為に必要なレベル上げと材料集めに再び臨海地区の地下水道へ。Lv55まで上げて準備を整え、いよいよ天堂組へ乗り込むといったところで次回に続きます。


テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2014年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
【SS】『真・女神転生デビルサマナー』をプレイしています(その9)
真・女神転生デビルサマナー真・女神転生デビルサマナー
(1995/12/25)
SEGA SATURN

商品詳細を見る


超スローペースで進行中。年内クリアは黄信号から赤信号に変わりつつありますw

セガサターンも先ごろ20周年の節目を迎えたというところで何か企画的なこともやりたかったんですけどまさかリアルタイムで何か月もプレイする羽目になるとは思わなかったんで今のところちょっと考えられないですね。

最近では圧倒的に携帯機でゲームをする時間の方が長いというのも本作が進捗しない理由のひとつなんですけど、まぁそれはどうでもいいです。


電波塔をクリアしてから臨海地区の地下水道最下層に行けるようになったんで、次の目的地の情報を集める前にパーティ強化に専念する。剣合体で”ごうれつとう”を入手してから戦闘が格段に楽になりました。仲魔も随分強化されてきて、地下水道5Fのガルガンチュア戦でも命令無視でタル・カジャ(攻撃力アップ効果)を連発してくれたおかげであっさり倒すことができましたw

防具も魔晶変化で入手したものを中心に装備することでちょっとやそっとの敵に手こずることはなくなったなんですけど、油断すると呪殺系の攻撃であっさり昇天したりするんで気が抜けません。

ボチボチシナリオを進めようかと情報収集に取り掛かった早々、はす向かいの占いババァから久々に仕事の依頼が。

場所は何と中央区の警察署。一瞬投獄された苦い記憶が蘇るがそこはゲーム。ババァもボンクラ刑事もムカつくけど受けなきゃ前に進まない。業魔殿のヴィクトルも気に食わなくてもババァの仕事は受けた方がいいと言ってたし、余計なことは考えずに取りあえず現場である警察署へ行く。

玄関前には百地の部下のTシャツがオタオタしている。デビルサマナーへの依頼をババァにしたのはコイツらしい。
主人公(キョウジ)がデビルサマナーそのひとであるというのは想定外だったらしく、聞いてもないのに自腹でギャラを工面したとか何とかで、実際にババァに支払われている金額が100万円だということを知る。クソッ、やっぱり95%もガメてたのかあのクソババァ。

前回の東亜TV+電波塔に比べるとフロアの面積もそこそこで数も少ないんで楽っちゃ楽なんですけど、嫌らしい仕掛けは更にパワーアップ。ワープゾーンで来た方向と逆から入ることで行けるエリアとか、Wizでもおなじみのダークエリアとか、攻略サイトの参照は必須。SS版はヒントらしいヒントもないんで漫然とプレイしていたら相当苦労したかも。その分登場する悪魔は地下水道の中層程度なんで戦闘で手こずることはありませんでした。

地下のブタ箱に捕らわれていた百地の話によれば、一連の事件の裏には何やら大きな組織が関係しているらしいことと、上司である署長からの圧力を拒否した途端ブタ箱にブチ込まれたということらしい。

予想通りエリアのボスは警察署長…に化けたクバンダ。署長いわく、計画は着々と進行しており、封印はすべて破壊されつつあると。そして封印の力がすべて失われた時…ここまでで独白は終了、ボス、クバンダとの戦闘になります。

クバンダとの戦闘は楽勝でした。

占いババァから95%抜かれた5万円をギャラとして受け取り、次の目的地への情報収集を行うところで次回に続きます。


テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2014年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード