某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PS3】『仮面ライダーバトライド・ウォー プレミアムTVサウンドエディション』

PS3の『仮面ライダーバトライド・ウォー プレミアムTVサウンドエディション』のクロニクルモードをクリアしました。

シリーズ作品は「~鎧武」をメインにした同Ⅱと「~ゴースト」をメインにした同創生の3種類が発売されていますが、私の所有しているのは本作とその通常版、同ⅡのプレミアムTVサウンドエディションのWiiU版です。

最初に通常版を発売日買いしたんだけど、後に本作の存在を知ったところがあまりの値段の差に暫く手が出なかったんですよね。中古でようやく手頃な価格に落ち着いたので購入したのが昨年のこと。通常版は購入後すぐにちょこっとプレイしたんだけど本作の存在に気付いてからなんであまりテンションが上がらずそのまま放置しておりまして、そこから3年の時を経てようやくプレイにこぎつけました(汗)…っつーかもう「~ゴースト」も終わっちゃうなぁ

所謂”平成”仮面ライダーが総登場するゲームのルーツといえばPS2・Wiiで展開した『~クライマックスヒーローズ』シリーズですね。本シリーズはその正統進化系と言っても差し支えないと思います。まぁWiiと比べたらビジュアル面は明らかに向上していますけど、中身のコンセプトはほぼ同じ。オリジナルストーリーである”クロニクルモード”のシナリオはWii版ほど低年齢層向きにシフトしているワケではないけど、お世辞にもデキがいいとは言えませんね。

どのモードも基本的には種類の少ない似たようなステージ内でザコを蹴散らしつつボスを倒すというシンプルな内容。プレイ感はいわゆる”無双”系のアクションゲームに近いけど、戦略的な要素はあまりないので一通りプレイしたらあとはプレイキャラの強化やフィギュアの収集を目指してひたすら作業的にプレイするのみなんで、総じて飽きは早いと思いますね。

タイトルに”バトライド”という単語を冠していることから分かるように、バイクに乗るアクションが本作の特徴と言えると思うんだけど(あ、だから「~ドライブ」は外されたのかw)、移動以外であんまり活かされてないというか、それ以前に操作感があまりにもピーキー過ぎて戸惑うことは必至。元々原作でも最近の作品ではバイクアクションに重きを置いていないこともあって、バイクを使った必殺技はなく、戦闘で役にたつところは時々出てくる敵のヘリコプターに特攻するぐらいなんですよね。

メインモードは上にも書いた”クロニクルモード”なんだけど、使用できるキャラクターを全て開放したら、あとは好きなキャラを選んで様々なクリア条件が設定してある”ライダーロードモード”をひたすら繰り返しプレイしてポイントを稼ぐだけ。”クロニクルモード”を一通りプレイするだけでも6割くらいトロフィーを獲得できるんで、全トロフィーを獲得するとか、フィギュアを全部集めるとか、そういう目標を自分で設定してそれに没頭できる方なら長く遊べる作品だと言えますね。

私はシナリオで固定されているもの以外は「~ウィザード」でプレイしています。レベルは60を超えましたけどまだまだ上限に達する気配はありません。

1000以上のコンボを繋げてザコ敵を粉砕するのは爽快感がありますね。ただアクションゲームとしてはかなり大雑把な作りで、必殺技のモーションによる硬直時間とか無敵時間とかにバラつきがあって、使える技とそうでない技が割とはっきりしているのが難点。属性とか相性とかはないんで、多彩なフォームがあっても状況に応じて使い分ける、みたいな戦略性はありません。他のキャラクターをやり込んでないんで何とも言えないけど使うキャラによっては非常にやりづらいものもあるのかも。特にリーチの短いキャラは遠くから飛び道具を放ってくるザコ敵に苦労しそうな感じです。

純粋にゲームとしてははっきりデキは良くありませんけど、難易度は低いし何も考えずにプレイできるのはいいんじゃないでしょうか。あと、割とオリジナルキャストが声を当てているので(但し変身前のビジュアルはなし)平成仮面ライダーファンなら遊んでみてもいいんじゃないかな。



→今となってはほとんど価値のない通常版。いずれにしても仮面ライダーファン以外にはまったく響かない作品なんで、こっちを購入するという選択肢はなきに等しいです…っつーかコレ発売する意味あったの?


スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PS3 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
【DC】『ゴジラ・ジェネレーションズ』


先日10数年ぶりに復活したシリーズ最新作『シン・ゴジラ』を観賞いたしました。

今回初めてMX4Dの劇場で観賞しまして、何と言うかUSJの屋内型アトラクションに乗っている感じ?勿論映像にシンクロして様々なエフェクトが発生するんだけど、やたら顔面に霧を吹きかけられるのはちょっと閉口。メガネが濡れて画面が見づらくなるんだよ!3Dもそうだったけど、メガネマンにはあんまり優しくない仕様だよなぁ…

最近では映画鑑観賞もとんとご無沙汰で、劇場に足を運ぶのも年数回という体たらくなんでガッツリした感想は避けるけど、現代のエンタテインメントとして超一級の作品であることは間違いないと思いますよ、うん。観賞後にネットでの感想をいくつか斜め読みしまして「物語が薄い」とか「人間描写が足りない」という意見に異論を唱えるつもりはありませんが、私に言わせればこの作品にそんなもん要るの?というのが正直なところ。たったひとりの英雄が起死回生のアイデアで事態を収束するとか、ベタな家族愛とかがインサートされていれば確かに物語としては濃度が上がると思いますけどね。

むしろ本作においては首都存亡級の未曽有の危機に対して組織がどう任務を全うしていくのか、という描写に主眼が置かれており、結論ありきの形式的な会議や自衛隊出動に際しての法的解釈、その丁々発止のやり取りや複雑怪奇な根回し等々の内幕が割とテンポよく、冗長に過ぎない程度に簡潔な演出でまとめられているのもGOOD。組織同士の思惑や事態収束後の体制における自らの野心を発揮する人間もいるけど、極端に利己的な振る舞いで足を引っ張るようなことにならないのはいいですね。最大の目的に対処するという方向性がブレてない所以だと思います。ここに上記のような人間描写が介入してきたら中心人物とその他の事態に対するバランスが大幅に崩れてしまうのは間違いない。尺もはるかに長くなって確実にダレると思いますね。

キャストは豪華だけどシナリオを動かす中心的人物は僅か数人。ゴジラ=災害と位置付け、事態の収拾をはかるために政治家や官僚が右往左往する様はゴジラの通り道に放射線反応が検出されたことに至り、先の福島における災害を暗喩していることは明白です。

最終的にゴジラにトドメを刺すに至った作戦の展開は一見の価値あり。無人運転による新幹線爆弾や在来線爆弾の件は胸が熱くなりますねw


…と、映画の話はこのくらいにしてゲームの話を(汗)

「シン・ゴジラ」で一気にゴジラ熱に浮かされた私がチョイスしたのはドリームキャストのローンチタイトル『ゴジラ・ジェネレーションズ』です。

このゲームの目的はプレイヤーがゴジラを操り、福岡・大阪・名古屋・横浜・東京の各都市を制限時間内に破壊することです。

マップ上で破壊できるオブジェクトを全て破壊するか、制限時間を経過するか、ミッションエリアを外れて10カウントを数えるかのいずれかでそのミッションは終了。いくつかの項目の評価を集約して一定以上の評価を得られれば次のステージへ進みます。

1都市あたり2~3のステージをすべてクリアすればエンディングです。

街を破壊し尽くすというとんでもない目的の割にはローラー作戦で隈なく潰していく必要があるという地味な展開に加え、緊張感に欠ける敵の攻撃が退屈に拍車をかける。ラジコン操作で動きが鈍いのは”ゴジラ”であることを思えば別に違和感はないんだけど、破壊対象である街にちっとも生活感がないんですよね。せいぜい箱庭のセットをぶっ壊している感じ?物理エンジンを使用して当りどころからリアルに崩壊していく様を再現したって嘯いているけど見た目のショボさは如何ともしがたいです。

まぁ住人の避難は完了済みって無理矢理脳内設定で補完すればそれなりの雰囲気は味わえるかも、です。

あと特徴的なのはカメラワークかな。映画のごとく自動でアングルが変わったりパンしたりアップになったりするのですけど、ゲーム的には邪魔です。目測を見失ってあらぬ方向に歩いていったりしちゃうんですよね。

大きなビルやコンビナート群等分かりやすい破壊目標はいいんだけど、公園の森林とか見た目で分かり辛いものも結構あって、実際100%の破壊率を達成しようとすると結構難しい。クリア項目には時間も関係するから、制限時間をめいっぱい使うとその項目の評価はほぼゼロになってしまうのがジレンマですね。

とりあえず最初に選べるゴジラを選択してエンディングは見たんだけど、これを繰り返して遊ぶのはちょっとキツいなぁ…。クリアを重ねれば初代ゴジラとかミニラとかも選択できるようになるらしいけど、それを見る為だけにもういっぺんクリアする気にはなれないので本作のプレイはこれにて終了。こういう特別なテンションの時にしかマトモにプレイできそうにないです。

オマケでシリーズ作品の予告編がいくつか収録されているのは嬉しいですね。コレクターズアイテムとしてはまぁ許せるけど、純粋にゲーム部分だけで評価するのは厳しいです。あと本作には続編もあるのですが、本作のゲーム性とは一変して『キングオブモンスターズ』的な何かに変っているようです。そちらは未所有なんですけどわざわざ購入するほどではないなぁ…

本作より先行して発売されていたビジュアルメモリ専用ゲーム「あつめてゴジラ」と連動したオマケ要素もあるらしいですが、そっちを手に入れるのは本作よりずっと難儀だと思いますね。



 

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| DC | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード