某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【XBOX360】『DISORDER6』


箱〇版『DISORDER6』のトゥルーエンドをクリアしました。その他の実績についても全解除したので本作については完全終了ということでいい思います。何か久しぶりにゲームをクリアしたって感じです。

本作は2011年に発売された『DUNAMIS15』の続編…というか関連作品らしいですが、私は未プレイです。一応持ってるんですけどね(汗) まぁ色んなネットの情報を紐解いてもシナリオで相互を補完しているワケではないっぽいんで単独でプレイしても問題はないと思います。

いわゆる複数の結末が用意されているノベル系ADVで、ジャンル的にはサイコ・サスペンスというのが一番近いかな?
主人公は記憶喪失の少年、ジョーと手錠で繋がれた謎の少女、シーナ。目が覚めたら2人は手錠で繋がれていて傍らには女性の刺殺死体。ワケが分からない状況からとにかく脱出を試みて…というのが導入部分。シナリオは記憶喪失のジョー少年の視点で進んでいくのですが、何せ記憶喪失という設定上、序盤で開示される情報は極めて限定的。手錠で繋がれた少女、シーナは解離性人格障害(多重人格)を患っており、入れ代わり立ち代わり現れるそれらの別人格に時に翻弄され、時に危機的な状況を打破していく。その過程で信頼できる仲間と出会い、物語の真相に近づいていくという流れ。

シナリオの感想は追記に譲るけど、個人的に記憶喪失というご都合主義の塊みたいな設定が苦手なんですよね。プレイヤー自身も何も分からない状態からスタートするわけだから感情移入しやすいかというとそうじゃない。その他の登場人物との会話で断片的に情報が与えられても知らない分からないばかりでイライラするんですよね。序盤の展開は警察や謎の暗殺者から逃げ回ることになるのですが、演出がショボくてどの場面も変わり映えがなく、ダラダラと無駄に長いので本来緊迫する場面が退屈極まりないというのが一番の難点ですね。事実この序盤から中盤にかけて何度も寝落ちしてしまい、中々話が進展しなくて辛かったです。

基本?人格のシーナも、持ってる情報量はジョー君と似たり寄ったりで同じような会話の繰り返し→突然頭痛がして何か思い出しそう→やっぱり思い出せない、という演出がとにかく多すぎる。過去の会話の回想も1回ぐらいならいいけど何度も同じ場面が出てくるとうんざりします。

途中で出てくる選択肢は少な目で、ひとつの選択でバッドエンドへ一直線のものもあれば交代人格毎のエンディングもあるのですが、基本的には一本道の展開でアクロバティックな仕掛けは存在しません。最初のプレイではトゥルーエンドにたどり着くことはできず、その他のエンディングも見ようとすると最低3周する必要があるのですが、スキップ機能が標準実装されているので問題なし。周回プレイを進めて行くと追跡者であるコバヤカワ・ダテ視点の補足が挿入され、主人公たちが知らないところで何が起こっていたのかを垣間見ることができます。こういう演出はいいですね。ただトゥルーエンディングを迎えても主人公のジョー君は自身の記憶をすべて回復することはないので若干消化不良とはなるのですが(汗)

それでは以下追記にてネタバレ含む感想をものしたいと思います



>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード