某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PSV】『超次元大戦ネプテューヌVSセガ・ハード・ガールズ 夢の合体スペシャル』


数年前にBSアニマックスで放映された「Hi☆sCoool! セハガール」というショートアニメにハマり、密かにゲーム化を待ち望んでいたところがいつしか月日は流れ、忘れかけた頃に『超次元ゲイムネプテューヌ』シリーズのスピンオフ作品としてPSVitaで発売されて更にしばらく経ち、店頭にて偶然ディスカウントされて並んでいるのを発見して補完してから数か月。ようやくプレイに至って先日トゥルーエンドでクリアしました。

ゼロ年代後半から様々な媒体で展開された「擬人化(美少女化)」ブームは一旦落ち着いた感はありますけどまだまだ有力なコンテンツとして生き残っていますね

一連のブームって擬人化の対象となるモノそのものに造詣が深い層が中心になって盛り上げるというよりは、擬人化コンテンツをきっかけに元ネタとなる対象に関心が集まるケースの方が多いような気がします。キャラクターありきなのは間違いないですが、そこに元ネタの特性や来歴がキャラクターの性格や設定やらに反映されて、知ってる人はより楽しめるというのが特徴ですね

「セガ・ハード・ガールズ」は読んで字のごとく、セガがこれまで発売してきたハードがその元ネタとなっており、古くはロボピッチャ(!)からドリームキャストまで、総勢20名近いキャラクターが存在しますが、本作ではアニメのメインキャラクターであったメガドライブ、セガサターン、ドリームキャストの3人にゲームギアを加えた4人がプレイヤーキャラ。その他のセハガールはメニュー画面でサポートキャラとして登場します

一方、コンテンツとしては先行である「ネプテューヌ」も同じくゲームにまつわる諸々がキャラクターのモチーフとなっているものの、本作の主人公のひとり、アイエフ(アイデアファクトリー)以外は元ネタがよく分からないというか、シリーズ作品もいくつか持ってるんですけど例によって未プレイなんで、実はそんなに思い入れはないんですよね(汗)

それぞれの作品のキャラクターや設定も本作用に改変されているようで、発売元である「ネプテューヌ」シリーズ本編とはまったくの別物と考えた方がいいような気がします。系統は違うものの、良く似たコンセプトの作品同士を無理矢理ミックスした感は否めませんね。他のゲーム作品との一過性のコラボレーション企画でなく、「セハガール」の名前を冠した初めてのゲームということで期待はしていたのですけど、キャラゲーとしては正直イマイチな内容でありました

その理由はもう”シナリオの弱さ”に尽きます。シナリオはミッション形式で進行し、1つのミッションをクリアするごとに拠点となる大図書館に戻って報告を行わないと次のミッションを受注できないシステムとなっています。進行に関わる重要なミッションは「歴史影響度」というメーターで判断できるのですが、その他のシナリオに直接かかわらないミッションも含めてすべてに期限が設けられており、期間内に達成できないとラスボスである”歴史を喰らうもの”のステータスが上昇してしまう厄介なシステムとなっています。期限切れのミッションも進行上ループした際に復活するので特に神経質になる必要はありませんが、実質の1周プレイだけでは全部クリアすることはできません。それらを回収するにはクリアデータから周回プレイをする必要があります

このシナリオミッションのイベント部分で進行していくわけですが、主人公のアイエフとセガミに、バイクに転生したネプテューヌと各時代にそれぞれ存在する女神とセハガールとの掛け合いが中心で、この内容がどうにも評価しづらい部分なんですよね。主人公のひとりであるアイエフは狂言回し的役割でいわばプレイヤー寄りのキャラクター。もうひとりのセガミは空から落ちてきた記憶喪失の少女で、ある使命感をもって行動しているのですがその所以がプレイヤーには分からない。ボケ役の女神、ツッコミ役のアイエフ、トリックスターのセガミにただただ振り回されるセハガール。キャラクター設定により多少の違いはありますが、概ねこういう構成の会話形式で進みます

イベントはフルボイスですが基本は立ち画のみ。シナリオに関する情報よりしようもないやり取りの比重が圧倒的に高く、プレイヤーの感性に合うか合わないかで大きく評価が変わるのではないかと思います。ちなみに私はちょっと苦手でしたw 
ゲームに関するネタやそれ以外の小ネタ(小保方ネタとかグレートマジンガーの歌詞とかw)を見つけるのは楽しいけど、本質的なものとはちょっと違うと思います

イベントシナリオをクリアしていくことで女神やセハガールのコピー体を使えるようになり、更に進めればコピー体に替って本人も使えるようになります。レベルや装備はそのまま引き継げるのは問題ないのですが、戦闘に参加する女神やセハガールはあくまで添え物扱いでイベントには一切関わってきません。そこまではいいとしても、パーティの編成によっては同じキャラクター同士で戦ったりとか、イベントキャラと共闘の流れになっているのに戦闘に参加しないとか、イベントパートと戦闘パートがちぐはぐなんですよね

マップは時代の移り変わりに合わせて多少変化はあるものの基本は使い回し。迷うようなことはないけど変にアクション性を要求される場面もあって、何度もやり直す羽目になるとちょっとイライラしたりします。イベントミッション以外は各時代のマップ上やモンスターを倒して手に入る素材集めや特定のモンスターを規定数倒すといった単純な内容。何処に行けば何が手に入るか教えてくれるのは親切ですけどそもそもシナリオが進行しないと解放されないマップにしか存在しないとか、初回プレイでは絶対手に入らない場合もあるんですね。全部のミッションに時間制限があって複数同時受注はできないので、現状でクリアできないミッションはリタイアしないと次に進めないのも面倒です

1周プレイに要した時間は大体25時間。長いとは思わないけど同じことを何度も繰り返す必要があるので実際の時間に対するテキストの密度は薄いです。何よりセハガール同士の掛け合いが少ないのは私的に残念な点でありました

「ネプテューヌ」シリーズはPS3を始めPSVitaでシリーズ展開していますが、私は未プレイです。セハガールには本家からもっとちゃんとした作品をリリースして欲しいと本作をクリアして改めて思いましたw


  

→本編でないスピンオフ系は本作含め軒並み値落ちしているのが気になるところです

スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PSV | 02:09 | トラックバック:0 | コメント:0
【GBA】『上海アドバンス』


スマホ、タブレット機向けに無料でダウンロードできるアプリケーションの普及で、お金を払ってゲームを買うという当たり前の行為が当たり前でなくなってきている昨今。
その煽りを最も受けているのがいわゆる定番とされているジャンルであるような気がします

今回ご紹介する「上海」も長らく定番タイトルとして様々なハードに移植されてきました。
元はPC用のソフトとして80年代後半に発売され、以後PCEをはじめPS2の頃までの携帯機含むほとんどのハードで発売されています。

今更説明する必要もないかもしれませんが基本的なルールは、


最初は、季節牌4枚(春、夏、秋、冬)、花牌4枚(梅、蘭、菊、竹)を含む合計144枚の麻雀牌が積み上げられた状態が表示される。
その牌の山の中から、同じ牌を2枚選ぶと、その牌を取り除くことができる(季節牌と花牌は、季節牌同士、花牌同士であれば良い)。ただし、左右両方に隣接する牌がある場合や、上に牌が乗っている場合はその牌を選ぶことはできない。
144枚全てを取り除くことができればゲームクリア、牌が残っているにも関わらず、取り除くことのできる牌がなくなったらゲームオーバーとなる。

Wikiより引用

最初期のPC用ソフトは私の使用していた機種で発売されなかったこともあり、一番最初にプレイしたのは確かアーケード版であったような気がします。
アーケードゲームらしく初期配置の難易度の高さもさることながら時間制限が非常にシビアな設定となっており、手詰まりにならずとも1コインで1面クリアするのは結構難儀でありました。

その後PCEのロムロム版『上海Ⅱ』をスタンダードとしてSFC版やMD版も何となく購入し、初代GB版は外出時の暇つぶし用に長らく愛用しておりました。
PS・SSの頃までは半分惰性で購入していましたが、まともにプレイした記憶はないですね。

GBA版はその名も『上海アドバンス』という何のヒネリもないタイトルが示す通り、実にオーソドックスな内容となっています。
メインモードは「クラシック上海」でシルクロードをイメージした全20ステージをひたすらクリアしていくモード。デフォルトで時間制限はありますが、一手戻しやヒントは無制限っぽいです。
GBAということでビジュアル面はGB版に比べて格段に進歩していますが、重なった複数の牌が一部判別し辛かったりするのはハードの制約上仕方のない部分ではありますね。

その他通信ケーブルを使用した対戦モードもありますけど私はプレイしてません。一応難易度イージーで「クラシック上海」全ステージはクリアしてエンディングは確認しました。
まぁ良くも悪くも普通の「上海」なんで、ゲーム内容について特段述べることもないのですが、ユーザビリティが低いのは少し気になります。

通常ならクリアしたステージは遡って選択できたりするのですが、本作はクリアしてないステージからしか始めることができません。一周してエンディングを見た場合、最初のステージから再開して以下同じとなっています。
まぁ百歩譲ってその仕様は我慢するとしても、一度モードを選択するとキャンセルしてメニューに戻れないのは不便すぎる。あと私のが壊れているのか分かりませんけど、タイムアタックモードがプレイできないんですよね。説明書がないんでやり方が書いてあるのかもしれませんがね

元々携帯機と相性の良いゲーム性で、ロード時間を伴わない手軽さは後発の作品にはない良さではあるのですがまぁそれだけ。それなりに遊べることは間違いないですけど、無料アプリで代替できないこともないですw

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| GB | 19:19 | トラックバック:0 | コメント:0
【DC】『メモリーズオフ セカンド』


ドリームキャスト版『メモリーズオフ セカンド』の全シナリオをクリアしました
同シリーズは1作目と3作目をいずれもDC版でプレイ済みなんですけど、一番最初に何故か3作目をプレイしてしまったんですよね。このシリーズは時系列を一にしていて共通の登場人物も多い為、なるだけ順番にプレイした方がより世界観に浸れると思います。

今回の主人公、伊波健は浜咲学園に通う高校3年生。前作は澄空学園が舞台でしたが主人公は同学年という設定になっていて、更に前作のメインヒロイン今坂唯笑エンディング後の時間軸となっていますね。
勿論主人公同士に面識はないのですが、共通の友人として稲穂信君が本作にも登場します。ただし、前作の信君は主人公と同じ澄空学園に通う同級生でしたが、本作では高校を中退してフリーター生活を送っています。家庭の事情で一人暮らしの主人公と同じアパート―朝凪荘の住人という設定ですね。勿論主人公の友人という設定なんですけど、イナケン君が朝凪荘に越してくるまでは当然面識もありませんでしたので、親友というよりはお節介な隣人という位置づけの方が近いような気がします。為に同い年にも関わらず自立している信君に対して憧憬のようなものを抱いているイナケン君は何となく言葉づかいも目上の者に対するそれで一歩引いている感じ。信君はそこまで意識してはいないようですが持ち前の集り体質と図々しい性格は前作より次作に近い感じにパワーアップしていますね。

イナケン君と本作のメインヒロインである白河ほたるは同じ浜咲学園の同級生で、既に付き合って半年ぐらい経過した状態から物語は始まります。
この手の作品って大体複数居るヒロインの誰とくっつくのかという展開が普通ですよね。本作も基本は同じなんですけど最大のポイントは、メインヒロイン以外のルートにおいては必ず”メインヒロインとの別れ”を経なければならないという点にあります。

この仕様がプレイを継続するにあたって地味に堪えるのですね。まぁどのヒロイン推しかでも変わるんでしょうけど、どのルートであってもほたるのイナケン君に対する一途な気持ちというのは変わらず、どんな形であれ何の落ち度もない彼女を傷つけなければシナリオ的に前に進まないというのが何ともね。
また彼女の設定と言うのが遍く2次元を愛する妄想男子のノーマルな嗜好を凝縮して固めたような感じで、毎度毎度罪悪感を覚えることは必至です

対するイナケン君は前作のようなトラウマを抱えてはおらず、次作のような真性のクズでもないという割とフラットな設定。シナリオは夏休みに入った8月からスタートするのですが、それまで打ち込んでいた部活動(サッカー部)の集大成である大きな大会の予選で敗退し、やや燃え尽き症候群のような状態になっているというのがちょっとした伏線なんですが、シナリオを見る限りそこまで部活に入れ込んでいたようにも思えないのですがね

それはさておき、安定の超絶イケメン設定に加えスポーツ経験もそれなりということで万年帰宅部のボンクラ高校生であった私的には更に共感し難い感じ。しかも部活動に打ち込んでいた姿を見て好きになったほたるの方からイナケン君にアプローチしたというところまでが前提となっています。こんな女の子が私含むプレイヤーに好意を寄せてくれることなんて現実では有り得ないどころかそんな女の子はこの世に存在すらしてないと思うけど、ゲームの世界では問題ありませんw

個々のヒロイン別感想については追記に譲るとして、本作全体を貫くテーマは上述したように”別れ”次作の優柔不断で不誠実極まりない主人公とは対照的に、メインヒロイン以外に気持ちが傾いていることを自覚してからのイナケン君の行動はほたる側からしたらたまったもんじゃないけど、男目線で見ると本人なりにどちらにも誠実に向き合おうとする姿勢に好感が持てますね。
前半部分はヒロイン全員の顔見せパート兼分岐ポイントとなっており、例によって日常の冗長なやり取りが続くのですが、以後の個別ルートによってはちょっとした伏線が仕込んであったり、前作にまつわるエピソードとリンクする部分があったりしますのでシリーズならではの楽しみはありますね。ルートを確定する為に複数のフラグを立てる必要は無さげなので、効率よくプレイすればそんなに時間はかからないと思います。

例によって私は初回プレイは感性の赴くまま。2周目以降はその他のルートを攻略する為に最も効率の良い選択を攻略サイトで確認しながらプレイしました。

では以下続きより各ヒロイン別感想に続きます


>>続きを読む

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| DC | 12:12 | トラックバック:0 | コメント:0
【3DS】『斉木楠雄のΨ難 史上Ψ大のΨ難!?』


BSアニマックスで昨年から今年にかけて放映されたアニメ版の視聴をきっかけにハマってしまい、勢いこんなキャラゲーにまで手を出してしまいましたw

原作は少年ジャンプに連載中。コミックスは現在21巻まで刊行していますね。

主人公は超能力者の高校2年生。周囲には超能力をひた隠し(…の割に多用してるがw)ながら、目立たず平穏な生活を送りたいという願いとは裏腹に、何故かトラブルに巻き込まれて…というのが基本パターン。いわゆる日常系のスラップスティックコメディです。本作の特徴として、主人公自身が狂言回しの役割を担っていることと、主人公が他のキャラクターと会話をしている描写がないことが上げられます。あとメタフィクション的なネタが多いことかなぁ

誰にも構って欲しくないのにまとわりついてくる”普通じゃない”登場人物たちの本音に心の中で突っ込みつつ、結局は超能力を使って関わってしまう展開が面白いんですけど、何より主人公含め主要なキャラクターたちに本質的にイヤな奴がいないのが魅力的なんですよね。そりゃ人間ですから、皆の注目を常に集める完璧美少女だって腹の中は利己的で他人を見下したりしてるんですけど、同時に弱い部分も曝け出してしまっているワケで、主人公はそんな内面のすべてを理解しつつ段々と周りに感情移入していくのが分かるんですね。他人を避けているんだけど決して人間そのものに嫌悪を抱いているワケじゃない。そのあたりのバランスがすごくいい作品だと思います

本作の発売は昨年の11月なんですけど、当然その時は完全スルー。アニメ版の放映を観るようになって存在に気付いたのが昨年の暮れぐらいだったと記憶します。実はアニメ版には原作にない、本作の発売時期に合わせたステマっぽいエピソードがあるんですが、もちろんそれが購入のきっかけではありませんw

実を言うと、ゲーム自体あまりデキは良くないです。まぁバンナム安定のキャラゲーらしいデキ、といえば大体分かって頂けるのではないでしょうか。そもそも原作ファン以外は興味を持つこともないだろうし、ファンなら許せるレベル?フルボイスじゃないけどキャストはアニメ版準拠ですし、ややデフォルメされたキャラクターも原作・アニメのイメージを大きく損なうものではありません。

体裁は3Dのアクションアドベンチャー。全部で30のミッションのうち25までクリアすればエンディングです。残りはオマケミッションといったところですが、最後に並行世界の自分自身と対決する以外はその他のミッションと大差はないです。

探し物、誰かに見つからないよう逃げ切る等のミッションをこなす為に、サイコキネシス、テレパシー、千里眼、透視、透明化等原作お馴染みの超能力を駆使して情報を集めたり、斉木楠雄の兄、空助が仕掛けた障害を排除したりする必要があります。このミッションは原作をモチーフにしたものからゲームオリジナルのものまで色々ありますが、基本やることは同じです。クリア後も隠しアイテムの捜索とか、一応やり込み要素らしきものもありますが、タイアップ特典等でしか手に入らないものもあるのでプレイだけではコンプできないっぽいですね。まぁゲーム化にあたって基本的なシステムは特に違和感はないです。

マズいのは操作性。キャラクターの移動はアナログ操作で、メッセージ送りや超能力の発動はボタンを使用するのに加え、テレパシーや透視はタッチペンを使用するのですね。時間制限がある場合もあるので、本体を両手で持ちつつ右手にタッチペンを待機させておかないといけないのが結構面倒くさいのと、視点の変更にLRボタンを使用するのが煩雑なんですわ。視点変更は重要な操作で、障害があった場合、相手の攻撃を避けながら超能力を発動するのに必須の操作なんですね。転回のスピードが遅いのでイライラする場面が多々あったのと、透明化(Bボタン押しっぱなし)とダッシュ(Bボタン2度押し後押しっぱなし)の初期設定には大いに疑問が残ります。

ある程度メーカーの技術力を要しますけど、それならタッチペンで移動もさせるぐらいの方が良かったんじゃないですかね?

あとミッションによってすごく時間がかかるものと一瞬で終わるものとの差が激しかったりとか。ミッション途中でのセーブはできないのでアイテムも回収してクリア直前に捕まってゲームオーバーになったりすると結構つらいものがあります。特に中盤のダンジョン攻略はキツかったなぁ…

まぁでも全体の難易度は大したことないと思います。仕様を理解すれば多分誰でもクリアできるでしょう。

数多のキャラゲーの例に漏れず原作ファン以外にはおススメし難い作品ですが、ファンならまぁ買ってもいいかな?アニメ版には出てこない相卜命も登場しますしねw

アニメも続編が決定し、今秋には実写映画の公開も控えていてまだまだ盛り上がりそうな「斉木楠雄のΨ難」は、我が家では二人の子供もハマっており、親子で楽しんでいますw




→原作コミックス以外にこんなんまで買ってしまいました(汗) お気に入りの一曲は「ジャッジメント・ナイツ・オブ・サンダー」ですw

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| 3DS | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード