某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【3DS】『ドラゴンクエストⅪ』をプレイしています(その0)

3DS版『ドラゴンクエストⅪ』のプレイを開始しました

発売前は普通にPS4版をプレイするつもりで予約もしていたのですが、結局3DS版をプレイすることになったきっかけというのが私事なんですけど、8月の盆明けから月末まで仕事で東京に滞在することになったんですよね。内容は割愛しますけどその間の日曜日以外は朝から晩の9時まで缶詰状態でありまして、宿泊はビジネスホテルと世間から隔絶されてしまう為、携帯機なら持ってってプレイできるんじゃね?と考え、つい先日こちらも注文しちゃったんですよね。PS4版をキャンセルし忘れて先日両方届いて焦ったのも、まぁドラクエなら別にいいかと思い、取りあえず3DS版からプレイを開始することにしました

まだ全然序盤なんですけど、3DS版は上画面に3D、下画面にクラシックな2D表示が同時に展開し、操作するキー(スライドパッド=3D・十字キー=2D)によってどちら準拠か判断するというちょっと変則的な操作系になっております。まだ慣れないせいもあるのですが、どちらの表示も一長一短で、一番戸惑ったのは3D画面はシンボルエンカウントで2D画面はそうではない点。つまり、3D画面で見えている敵は2D画面では認識できないんですね。面白いのはどちらの操作系でエンカウントしたかによって戦闘画面そのものが変化する点でありまして、まぁ見た目だけなんですけど新鮮ではありました。あとメッセージの送りがワンテンポ遅れるのは若干気になるところですね

ドラクエの新作は初代DSの『~Ⅸ』以来で実に8年ぶり。FF同様オンライン専用作品にナンバリングタイトルを冠するという愚行をやらかしてから『ドラクエ』ブランドそのものへの思い入れも無くなってしまったというのが正直なところですが、それでもFFに対するモチベーションよりは上というか、勇者ヨシヒコじゃないけどFFの”スタイリッシュさ”が何となくむず痒いオールドゲーマー的にはドラクエの適度な”ダサさ”が心地よい…というより安心感があるよね。シリーズの新作をリアルタイムで追っかけだしたのがSFCの『~Ⅴ』からなんでFC時代のⅢやⅣであった発売時の喧噪とは無縁だったんだけど、まだ何となく発売されること自体がお祭りっぽい雰囲気ではあるよね

いつまで『ドラクエ』の新作を追っかけられるか分からないけど、色んな意味で思い出に残りそうな予感がします。出張中にブログを更新できる余裕があるかどうかは分かりませんが、プレイ日記用のメモはぼちぼち残していきたいと思っていますので、ネタバレを厭わない方は末永くお付き合い下さいますようお願いいたします




→こっちをプレイするのはいつになることやら(汗

スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2017年のプレイ日記 | 11:11 | トラックバック:0 | コメント:0
【NDS】『レイトン教授と不思議な町』


現在もキャラクターを変えて展開している「レイトン教授」シリーズの第1作目、初代DSの『レイトン教授と不思議の町』をクリアしました。発売当初は週一で新しい問題をDLできたみたいですけど、現在は初代DSのネットワークサービスは終了していますので、ソフトに収録された全135問のみプレイが可能です

初代DSだけでも本作を入れて4本シリーズ作品が発売され、登場キャラクターを一新した最新作も発売されたということで、今回が私的にはシリーズ作品初挑戦となります

一昔前の作品とはいえ、初代DSを代表するソフトのひとつとして現在でも人気は高く、中古でも¥1000以下で売ってることはあまりないです。本作含む初代DSの4本は購入済みで、あと3DSで『逆転裁判』とコラボしたスピンオフ作品も所有しています。3DSのシリーズ作品2本はまだ購入していません

「ナゾトキ×ストーリー」というコピーでアドベンチャーゲームのような体裁となっておりますが、このゲームに収録されている”ナゾ”はシナリオとは関わりなく、実際はパズルゲーム集といった方がしっくりしますね。初代DSの初期に一大ブームを巻き起こした「脳トレ」の要素を多分に含んでおり、「頭の体操」ほか多数の著書がある多胡輝先生(故人)が問題を監修されていて、問題の完成度は概ね高いです。文字や数字の記入だけでなく、線を引いたり点を結んだりとNDSのタッチペンというインターフェースを活用してバラエティに富んでいますね

元々こういうパズルは得意とまで言わなくとも嫌いではないんですけど、年齢を重ねていくにつれ柔軟性がなくなってきているのを痛感します。大雑把な感触で初見で解けた問題が大体4割。ヒントを使って解いた問題も大体同じくらい。あとの2割はどう考えても解けなかった問題または考えるのが面倒になった問題という構成比で、延べのプレイ時間は大体10時間といったところ。飽きる前に区切りがついたのでよかったです

ところどころで挿入されるムービーは画質は初代DSなりで粗いですが、クオリティは高いです。声のキャスティングに関しては何とも言えませんけど、レイトン教授のキャラはちょっと弱いかな?不思議な町の住人の方が余程キャラが立っているような気がします

ゲームとして面白いかどうかは別として、老若男女問わずちょっとした時間で頭を使ってみるのはボケ防止にも効果があるのではと思ったり。普段こういう頭の使い方をしていないので、今更ですけど個人的には楽しめました。続編も忘れた頃にプレイしてみたいと思います


  

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| NDS | 17:17 | トラックバック:0 | コメント:0
【XBOX360】『MAFIAⅡ』


箱〇版『MAFIAⅡ』を難易度ノーマルでクリアしました。収集系の実績や特定アクションの累積実績等意識せずに解除したもの以外は基本無視しています

本作は『グランド・セフト・オート』(以下GTA)シリーズのヒット以降、ハードの表現能力の向上と共に様々なフォロワーが登場した同ジャンルに属しますが、本家GTAシリーズと比較するとシナリオ寄りというか、体裁はオープンワールドなんですけど意外と自由度は低いです。その割には舞台となる架空の街エンパイア・ベイの作り込みは半端ではなく、約70年前のアメリカの街並みが圧倒的な説得力を生み出していますね

本編は常に主人公であるヴィト・スカレッタの視点で進行していきます。幼い頃、家族と共にアメリカに移民してきたが、アメリカンドリームとは程遠く苦しい生活が続く。港で働く父の稼ぎは少なく、その少ない稼ぎも父親の酒代にほとんど消えていき、泥酔した挙句借金だけを残して父親は死んでしまいます。

当然のようにやさぐれ、悪友のジョーと共にケチな犯罪行為を繰り返し、遂には当局に捕まってしまいます。刑務所行きの代わりに軍務に就くことを余儀なくされたヴィトは、故郷であるシチリア島に上陸するハスキー作戦に現地通訳も兼ねて参加。反ファシストの現地マフィアの支援を受けて作戦は成功。負傷はしたが、勲章を得て一時帰国の運びとなり、港に迎えに来ていた悪友のジョーと数年ぶりに再会する。

ジョーはヴィトに「軍に戻らなくてもよいように取り計らう」代わりに、自分の仕事を手伝って欲しいと持ちかける。彼の帰りを待ちわびていた年老いた母と姉はジョーとの付き合いに良い顔はしなかったが、ひょんなことから父親の残した借金がまだ返済されておらず、姉が脅されていることを知り、一も二もなくジョーの誘いに乗ることを決意する…


ストーリーの導入部分はこんな感じ。私もそんなにマフィアものの映像作品を観たわけではないけど、多分その手のジャンルではベタな生い立ちにベタな展開だと思いますw

転機が訪れるのは、政府から支給されるガソリン券を強奪して換金する仕事を請け負ったところが、当局へのタレコミのせいで逮捕され、懲役10年の刑を言い渡されて刑務所に服役することになってしまってから。刑務所で出会ったレオという実力者に気に入られて刑期も短縮してもらうが、塀の外に出てみれば年老いた母親は失意のうちに亡くなっており、姉も結婚して別の人生を歩んでいる。結果、服役中も何かにつけてヴィトを気にかけてくれたジョーを頼り、ますます裏の仕事にのめり込んでいく

主人公のヴィトは元々根っからの犯罪者気質ってのもあるけど、家族思いである反面、感情的になって暴力に走り、他人を殺すことに何の躊躇もないのはいかにゲームの中の仕様とはいえ、合わない人には合わないだろうと思われる

服役後、いくつかの仕事をこなして理想の生活を手に入れたヴィトであったが、対立するアイルランド系の犯罪集団に狙われ、せっかく手に入れた自宅を燃やされてしまう。辛くも難を逃れて着の身着のままジョーに助けを求めるヴィト。きっちり落とし前をつけたものの、またも無一文に逆戻りしてしまったヴィトはますます危険な仕事に手を出すようになる

まぁはっきり自業自得なんだけどちょっと可哀そうではあるよねw それにしても全財産をタンス預金で保険も入ってないというのは不用心というよりリスクヘッジがなってないんじゃないかなぁ?おかげでジョーの趣味の悪いシャツを着る羽目になって不機嫌なヴィトはちょっと可愛いです。

このゲーム、全15章からなるんですけど、各章の初めは大体ベッドで寝ていて、誰かが訪ねてきたり電話で起こされて呼び出されるってパターンから始まるのですが、そこから指定場所への移動とか、全部端折ることなく実際に行かなければなりません。服を着替えて外に出て、ガレージから車を出して運転する。普通の生活(彼の場合は全然普通じゃないけど)なら当たり前のこれらの行動はゲームとしては時に冗長に感じてしまう部分ではあるが、本作ではリアルに作り込まれた町並みのおかげであんまり苦にならないんですよね。むしろそれが自然、みたいな?

まぁ車はタイムズのカーシェアより気軽にそこいらに路駐してる車を盗むことができるし、悪事が見つかって警察に追いかけられたとしても安月給じゃ割に合わないと思っているのかそんなに執拗に追ってこないw 強盗してるのに服を着替えたら指名手配が解除されるのはチョロ過ぎるw どんだけ仕事の手を抜いてるんだって話ですよ。でもある一定のレベルを超えると街中で一般人が廻りに多数居ようが平気で銃をぶっ放してくるので油断はできないんですけどね

NPC同士が勝手に交通事故を起こして口論していたり、NPCの車に追突したら怒って出てきたり、キャラクターのパターンは少ない(特に子供があまりいない)ものの、生活感は出ています。実際、訪れることができる施設というのはイベントに関わるものを除けば、飲食店とガソリンスタンドと服屋とガンショップと車の修理工場ぐらい。それも進行上立ち寄る必要ってほとんどないんですよね。服もバリエーションは少ないし銃弾も戦闘中に拾えるので店で補充する必要もない。飲食で体力が回復したりするのですがわざわざ使わなければならない場面は少なかったような?拠点となるヴィトの住まいはシナリオに準じており、カスタマイズの要素はありません

やり込み要素として屋内のプレイボーイピンナップ回収と屋外の指名手配書の回収がありますが、攻略サイト等を活用して最初から狙っていかないと1回のプレイですべて回収するのは難しいと思います。プレイボーイのピンナップは実際の金髪プレイメイトのヌード写真が使われていますが、Z指定でも肝心な部分にはモザイクならぬ黒塗りで豪快に修正済みですのであまり有難みはありません

そこそこイケメンなのに真っ当に働けない難儀な性格で、周囲に巻き込まれた挙句に貧乏くじばかり引いている感のある主人公のヴィト。続編にも登場するらしいのですが、あのモヤモヤする終わり方からどういう状況になったのか興味はありますが連続でプレイするのはちょっとしんどいので暫くインターバルを置きたいと思います。終盤の戦闘は中々ハードでしたが、私的には丁度良い難易度とボリュームでありました。現在DLコンテンツが停止している為、どっちにしても全実績解除は不可能なのでやり残し実績を回収せずに一旦プレイを終了したいと思います。いいゲームでした


 

→続編も箱一版で購入済みです

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 11:11 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード