某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【XBOX360】『Dash of Destruction』 | main | 【Vol.1】『THE テーブルゲーム』
【PCE】『モトローダー』
以前は目的もなく漫然と誰かの部屋に集まってダラダラと飲んだりくっちゃべったりしていたものですが、最近ではそんな機会は滅多になくなってしまいました。

当時は無為な時間にしか思えなかったものですが、今となっては懐かしく、また決して戻ることも再現することも叶わない至福の時であったのかも知れません。

20年近く前の話。私がまだ学生であった頃、私の部屋に集まる時は、安焼酎やウィスキーの傍ら、ゲーム大会に移行するのがお決まりのパターンでありました。

ここで最も活躍したハードといえば、当時のメインハードであったPCエンジン。標準セットで2人同時プレイ不可というマイナス要素がありながら、マルチタップとパッドさえあればいきなり5人同時プレイが可能になるという優れもの。

それに呼応する形で、2人以上でプレイができるソフトが他のハードと比較しても充実していた感があるPCエンジンは格好のパーティーツールでありました。

集まるメンバーがそれぞれマイパッドを持ち寄り、興じていた作品といえば『ファイナルマッチテニス』や『ファイヤープロレスリング』等の定番作品に加えて『モトローダー』シリーズを外すわけにはいきません。

『モトローダー』シリーズの特長のひとつと言えば強制ジャンプが上げられます。基本先頭に合わせてスクロールするコースは、その差が広がれば当然表示している画面内に収まりません。そこで苦肉の策として、画面から消えそうな車両を前方へ飛ばしてしまうという荒業をやってのけているんですね。

レースは全8戦の合計ポイントで争うのですが、順位に応じてもらえる賞金の額に差が出ますので、序盤出遅れたら復活は難しい…という理屈はこの作品には当てはまりません。例えば、ゴール直前に下位のプレイヤーがジャンプで逆転、何てことも可能なワケです。様々なテクニックを駆使して先行する事自体を否定しかねない仕様は、ゲーム性が破綻していてもおかしくないのですが、逆にこれが駆け引きの要素を生み、常にまったく気を抜くことができない緊迫した対戦を可能にしました。

5人対戦ともなると皆が皆同じ実力者同士が集まるという方がむしろ稀でありまして、本作のシステムは初心者でも勝てる要素を多分に含んでいるという点が対戦ツールとして優れている一番のポイントなのではないかと思います。

私見ですが、このような絶妙なゲームバランスは狙ってできたものではなく、偶然の産物のような気がしますw

本作には続編があって、媒体をCD-ROMに変更した『モトローダーMC』は別物と考えても、Huカードの続編『モトローダーⅡ』は、上記のシステムを踏まえてきっちりゲーム性として進化させた正当な作品です。

本作はWiiのバーチャルコンソールでも配信されているのですが、続編はまだなんですよね…。諸般の事情で実機の『~Ⅱ』が手元にないのでこちらも是非お願いしたいところですね。

ところでWiiって最大4人同時まででしたっけ?人数分のリモコンとクラコンを揃えようと思ったらそれはそれでハードルが高いような気がします。

いずれにしても単独プレイでは多人数プレイの半分も楽しくないと思うので注意が必要です。


モトローダー 【PCエンジン】モトローダー 【PCエンジン】
(1991/09/27)
不明

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

| PCE | 16:40 | トラックバック:0 | コメント:6
コメント
初代は数えるほどしかプレイしておりませんが、続編の『~Ⅱ』、『~MC』に関しては、もうこれでもかっ!というくらいに遊んでおりました。

特に『~Ⅱ』は、毎日のように友人宅へ赴き、プレイをしておりましたねぇ。武器も増え、ボディタイプもホバーやタンクなどが増えたことによってより攻め方が広がりましたし、手馴れたプレーヤーでも、ちょっとした事で勝負がひっくり返ったりする展開は相変わらずですから、尚の事、多人数プレイが燃えるのです^^

『~MC』は一画面固定のマメコンレースぽい見た目になり、武器もミサイル、ボムの二種類のみと、かなりコンパクト化してしまいましたけど、↑とは別の友人宅では「集まったらコレ」みたいな位置づけのソフトでしたので、結構遊んでましたねぇ。

VCでもネット対戦とか出来たら面白いのになぁ・・・。
2009.04.14 Tue 17:48 | URL | Quodra  [ 編集 ]
お久しぶりです。

私、高校時代のメインハードはPCエンジンでして
ファイプロ・パワーリーグ
F1トリプルバトル
そしてこちらのモトローダーは
これでもかという位にやりこんだタイトルであります。

序盤は速いライバルカーをグレネードで追撃する事も可能なんですが
速度が上がるにつれグレネードの射程距離がどんどん
短くなってしまい
全く太刀打ちが出来なくなってしまうという欠点はあるものの
ゴール直前での強制ジャンプを利用して上位入賞を狙ったり
相手がジャンプするタイミングを見計らって
ボンバーをかましアメンボ状態にして
強制リタイアに追い込んだり・・・・・

機会があれば今でも多人数でプレイしてみたいソフトではありますね
2009.04.15 Wed 01:50 | URL | fujimako  [ 編集 ]
Quodraさん
こんにちは。

『~MC』はパワーアップの概念がなくなって彼我の実力の差がダイレクトに反映されるようになりましたから、同シリーズでも本作や『~Ⅱ』とは別物と割り切っていますけど、対戦の面白さは健在ですので私もよくプレイしました。

VC作品でオンライン対戦できたら…と思う作品は本作に限らずいくつもありますね。

エ○ュでもオンライン対戦可能ですから、ソフト側の構造的な問題ではなく、やろうと思えば可能なんでしょうが実際はどうでしょうかね。
2009.04.15 Wed 16:10 | URL | 影男  [ 編集 ]
fujimakoさん
ご無沙汰しております。

順調ですか?w

私のところではゴール前の駆け引きが熱かったですね。
強制ジャンプを見越しているプレイヤーに対し、一瞬減速してゴールに届かない微妙な位置にジャンプさせたり、2番手なら更にそれを見越してかわしたりと、時の状況や人によって色んな戦略があったのが自由度が高くて面白かったです。

上げられた作品はほとんど私のところでも対戦ツールとして重宝していた作品ばかりですw

腕は確実に鈍っていると思いますけど、やってみたいですね~。

ご結婚までにレゲーオフでもやりましょうか?
2009.04.15 Wed 16:35 | URL | 影男  [ 編集 ]
モトローダーは知りませんでした。自分はネクタリスとネクロマンサーとRタイプぐらいです。面白そうですね!ただWiiですとコントローラーとリモコンを人数分そろえるのにお金がかかるので無理ですね。
2009.04.16 Thu 08:58 | URL | 白圭  [ 編集 ]
白圭さん
お金よりもむしろ人数を集める方が困難なような気がしますw

上げられたタイトルはいずれもPCEを代表する名作ばかりですね。

本文でも書きましたけど、本作はひとりでやっても実はあまり面白くないんですよねw
2009.04.17 Fri 13:11 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/130-b1431f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード