某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PS】『キッズステーション それいけ! アンパンマン』 | main | 【XBOX360】『Dash of Destruction』
【PS2】『龍が如く2』をプレイしています(その8)
第十五章「唯一の肉親」
第十六章「決意」

をクリアしました。

詳細は省略しますけど、最後の決戦はやはり上半身裸が基本ですw

すべての相関関係が明らかになり、当事者の過去も含めてうだうだくっちゃべるのはお約束なんでしょうけど、結局一番のワルだったあの方もさんざ寺田や桐生を嘲笑いながら何故か単身で乗り込んできて返り討ちにあうというのは、因果応報的にシナリオの方向性としては正しいのでしょうけど、何となく釈然としない部分もあったり。

こんな計算高いヤツが嘲笑するためだけにわざわざ危険な場所に来るかぁ?って感じです。

クライマックスの濃厚なキスシーンはゲーム史に残る名場面のひとつではないかと。薫にいきなり名前で呼び捨てにされるのはちょっと唐突な感じがしないでもない。…が、よく考えたらそれまで薫が桐生の名前を呼んだ場面って記憶にないな。人の名前を呼びにくい人って現実にも結構いますよね。何を隠そうウチの嫁がそうなんですがw

結婚して随分になりますけど、いまだに数えるほどしか名前で呼ばれた記憶がありません。


ま、私事はどうでもよくw 総論的なまとめなどさせていただきます。


シナリオ部分だけを通しでみれば、大体長編映画前後編分ってとこでしょうか。展開自体はこれ以上ないってぐらいオーソドックスなもので、奇をてらった点はあまり見受けられませんでした。

度外れたお節介者という点を除けば、義に篤く情の深い桐生一馬のキャラクターはある意味ステレオタイプといえなくもないですが、このぐらいニュートラルにしておかないと感情移入できなくなる可能性がありますね。

本作のライバルキャラ郷田龍司は、ウソくさい関西弁がちょっと気になりましたwイントネーションがどうというより、今時そんな言い回しは使わんだろって部分が散見され、若干興を削がれたぐらいですかね。今際の際で実は結構イイ奴に変節するのはお約束。

本作のヒロイン狭山薫についてどう思うかが本作の評価の鍵になるような気がします。イマイチ立ち位置がはっきりせず、ツンからデレへのふり幅がいきなりで戸惑ったことも。彼女が東城会を意識するきっかけとなった葵ママの電話の内容なんですが、彼女は26年前の事件以降に生まれたんだから間接的に無関係ではないにしろ、直接の原因ではないような気が。それも言うなら「ジングォン派のせいで~」というのが妥当なのではないでしょうか。…そうすると桐生との出会いのポイントがなくなっちゃうんですけどね。

伊達、遙、サイの花屋、真島の兄さん、スターダストのユウヤ等、前作から引き続き登場するキャラクターは総じて出番は減ってますが、大体一回ぐらいは見せ場がありましたね。個人的には真島の兄さんサイコー!ってことでw

アクションの部分は前作よりも調整されてかなり遊びやすくなったと思います。新たに追加された連携技とかヒートアクションは多彩で面白いですね。使用できる場面が限られている技とかを全部出そうとすると一気にハードルが上がるのですけど、気にしなくてもそこそこは見られると思います。

『龍が如く』シリーズの醍醐味ともいえるサブストーリーは、これも前作から大幅にボリュームアップしており、下手すればこれだけで遊べるような気も。特にホスト編は必見です。キャバつくは自由度が低く、作業的になってしまうのがちょっと物足りなかったかな。作りこめば一本くらいできそうな気がするのですがどうでしょうか。

音楽は前作同様、シナリオの雰囲気とマッチしていて特に違和感はないです。クレイジーケンバンドが担当した主題歌は良かったです。


総プレイ時間は40時間弱で、サブストーリーは大体8割強クリアしました。ミニゲーム系が面倒だったのですっ飛ばしています。その他の要素を含めると全体では7割弱消化ってとこですかね?コンプだけを目指して再プレイするのはちょっとキツイです。

レーティングDというのはかなり疑問なんですが、PS3では看板タイトルといってもいいぐらいまで成長したシリーズですからね…大人の事情が絡んでいるのでしょう。多分。

とりあえず満足度は非常に高い作品でありました。ベスト版なら安いし容易に手に入りますので未経験の方は是非プレイしてみて下さい。できれば前作からプレイするのが望ましいですが、本作の冒頭で前作をプレイする必要がないくらい丁寧な回想モードが付いていますので、本作からプレイしてもまったく問題はありません。

次回のプレイ日記の作品はまったく未定なのですけど、まずは今プレイ中の作品をクリアしてから考えたいと思います。



龍が如く2 PlayStation 2 the Best(「龍が如く 見参!」予告編DVD同梱)龍が如く2 PlayStation 2 the Best(「龍が如く 見参!」予告編DVD同梱)
(2007/12/06)
PlayStation2

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 13:06 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
見参もオススメですよ!!
どもー。
「きぃ~りゅうぅちゃ~ん」でおなじみの真島の兄さんはホントサイコーですよね。「1」で初見のときは「サイコなヒトかな」なんて不気味に思ってたのですが、のちのシリーズでは登場するたびに、「うひょ~、待ってましたっ。兄さんサイコー!!」な気分なのでした。
狭山さんはツンデレなんだろうなと思ったら、やっぱりwな展開でしたね。でも、遥ちゃんがいるから桐生の人生のヒロインにはなれないんでしょうね。
個人的に不可思議に思ったのが、某刑事さんが夜に亡くなって、次の日の朝には遺骨になってませんでした?葵ママが大阪につれて帰る的なことを言ってましたね。いつ火葬を行ったのでしょうね、とか。
とまぁ、そんなこんなも含めて楽しいですよね。
からんできたチンピラを叩きのめしたりするのが特にw。
熱い物語なんで、いろんなヒトに遊んでもらいたいですよね。
ではー。
2009.04.18 Sat 21:32 | URL | かにたま  [ 編集 ]
かにたまさん
そういえば遙と薫が絡むシーンってあまりなかったような気がします。

最後ヘリに同乗していたような気がするのですが、記憶違いかも。その前で濃厚なキスシーンが展開されますからちょっと複雑な感じがしますねw

サブストーリーは置いておくとしても、メインシナリオの細かいツッコミ云々は、全体がバカテイストに溢れているので許せてしまう、みたいなところはありますね。

『~見参!』は本作添付の予告編DVDで見たのですが、『~3』と違ってキャストのモーションをそのまま使用しているんですね。

個人的には松田翔太みたいなド●根がキャスティングされている時点で少々不安なのですが、『鬼武者』の金城武よりマシならいいかという気もしますw
2009.04.20 Mon 11:58 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/132-45a19c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード