某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【Wii】『スターブレード』(VCA) | main | プレイ日記次回作思案中
【Vol.2】『THE パーティーゲーム』
某SNSで進行していた企画を引き継ぐにあたり、以前そこで書き散らした過去ログを加筆訂正の上転載いたします。


-----------------------------------------------------------------------------


PS2にプラットフォームを移した第2弾は『THE パーティーゲーム』実に40種類ものミニゲームを収録し、1ゲーム当りで換算すると\50となり、大変コストパフォーマンスに優れた作品です。

第1弾である『THE テーブルゲーム』でも書きましたけど、本作も含めてとにかく\500高くなったマイナスイメージを払拭すべく、特にコストパフォーマンスを重視した構成になっているような気がします。

で、本作なんですけど、タイトルが示す通りパーティーに活用することを前提にしておりまして、それは構わないのですけど40種類のうち13種類は一人ではプレイできないんですよね・・・。

今回のレビューにあたり、一通りプレイするつもりでおったのですが、当然のように私一人でありまして、その他の27種類についても使用する画面は、基本4分割されたうちのひとつだけですので、何とはなしにすごく寂しい気持ちになりました・・・。

本作を使ってパーティーを盛り上げ、ご丁寧に罰ゲームのルーレットまで用意しているという、”痒い所に手が届く”親切心あふれる仕様…と思っているのは恐らく開発者だけで、一方ではたったひとりでプレイせざるを得ない者への配慮が著しく欠けているように見受けられます。そういう視点で見てみると、安っぽい賑々しさもかえって孤独感を増幅させるだけという気がしないでもないです。

以下は一緒に遊んでくれる人のいない、寂しい人間の感想ですので、そのつもりでいただけたらと思いますw


で、一人でもできる27種類のミニゲームなんですが、かなりバラエティーに富んでいます。一部ハイパーオリンピック系のものについては水増しとしか思えないものも確認できますけど、許容範囲だと思います。難をいえば、デザインのセンスが決定的に欠けているぐらいでしょうかね。

以下プレイした27種類について一言感想を一気に行きますw


・THEスライド合わせ・・・15パズル。シャッフルの順番を覚えるという別のゲームになっているような気も。
・THEペンギン叩き・・・要はモグラ叩き。時折出てくるニセペンギンを叩くとしばらく動けなくなるペナルティあり。
・THE風船割り・・・指示通りのボタンを正確に押すだけ。風船はあまり関係がない。
・THE砲丸投げ・・・ハイパーオリンピックに同じ。
・THE100m競争・・・同上
・THE幅跳び・・・同上
・THE槍投げ・・・同上。砲丸投げと分ける意味があるのか?
・THE障害物競争・・・ボタンを押すタイミングよりも長さがポイントとなるのが新しいかも。
・THEハンマー・・・タイミング勝負。
・THEのぼり棒・・・マニュアル通りに操作しても全然進まず。適当に連打している方が進んだ。
・THE射的・・・弾制限ナシか?ポンポン撃ててそれなりに爽快感あり。
・THE金魚すくい・・・これは良くできています。基本タイミングなのですが戦略性もありおススメ。
・THEピカってポン・・・これもおススメ。でもテクニックの解説で”無心になれ”の一言はあんまりだと思う。
・THE芋虫移し・・・これも斬新。”ぷちゅ”って感じで潰れる芋虫君が虫嫌いにはイヤーンな感じ。
・THEタマゴつかみ・・・タマゴの種類と力加減のバランスが絶妙。難しいけど面白い。
・THEわんこそば・・・マニュアル通りの操作が何故か進まない第2弾。
・THE旗あげ・・・操作性悪し。それとも私のコントローラーのせいか?
・THEしのび足・・・意外に戦略性があって楽しい。
・THEさらまわし・・・操作性悪し。何回かやったけどどうしてもコツが掴めなかった(汗)
・THE漢字博士・・・読みの4択ですが、肝心の漢字のフォントが変に見えるのは気のせいか?
・THEバランス・・・難しいけどゲーム性は秀逸。
・THE半丁・・・そのまんま。目標がないと延々プレイするハメになりそうな気がします。
・THE隕石破壊・・・風船割りと同じ。
・THE成仏・・・タイトルのインパクト勝ち。中身はそれなり。
・THE不器用・・・アナログスティックの使い方が絶妙。
・THEスイカ割り・・・ノーヒントでクリアって無理でしょ。


・・・あれ?あと1個足りない。何だっけ?思い出せない(汗)


・・・と某SNSでもここで終わっているのですが、再掲載するにあたり、抜けているのが何なのかわざわざ確認する気にはなれませんでしたのでこのままでw

以降も複数でプレイするという本来の形を一度も実践できていなくてこんなことを申し上げるのは何なのですが、普段あまりゲームをされない方のプレイを想定したこの手の作品は、『マリオパーティ』シリーズに代表される任天堂製品ですら中途半端に迎合した部分が目に付き、いまだ決定版と呼ぶに足る作品は存在しないと思うのですね。

細かいアイデアに光るものがあると言っても所詮ミニゲームレベルの話でありますし、どんだけ膨らませたとしてもそこから一本デッチ上げられるほどのものでは到底ありません。

世間的に本作の需要があるかないかは何とも言えないですけど、こんなものを使わないと間が持たないようなパーティーには正直出席したくありませんw


SIMPLE2000シリーズ Vol.2 THE パーティーゲームSIMPLE2000シリーズ Vol.2 THE パーティーゲーム
(2001/11/08)
PlayStation2

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

| シンプル補完計画 | 15:39 | トラックバック:0 | コメント:4
コメント
どもー。
しらべてみると「THEへそくり探し」「THE叩いて守って」「THE読心術」「THE閉店」などがありますが、ゲームの内容が想像できないものが多いですね。
正直、がぜん興味わきました!!w。
自作ゲームを作るにあたってアイデアのひとつに「THE成仏」と自分で命名したものがあったのですが、すでに存在していたのですね。だはは。(ちなみにワタシのはタイピングゲームでしたが)
今回のブログの締めの文章がサイコーです。
ではー。
2009.04.23 Thu 12:40 | URL | かにたま  [ 編集 ]
かにたまさん
探せば中古で数百円程度で手に入ると思いますので、よろしければ是非w

時期が早ければかにたまさん謹製のミニゲームが収録されていたかもしれませんね。

まったく同じ内容はどうかは定かではありませんが、WiiやPSPにも同社同タイトルの作品が発売されています。

本文にも書きましたけどミニゲームのアイデアとしては面白いと思うのもいくつかあるんですよ。

ただお正月とか、一般家庭に大勢の人間が集まるシーンでのプレイを想定して、これが楽しいかというと正直キツいかなとw

ゲーマー同士なら他にもっと盛り上がる作品が多々存在しますし、一体どんな層に向けて発売されたのかがイマイチ分かりにくいです。
2009.04.24 Fri 16:26 | URL | 影男  [ 編集 ]
子供向けのソフトがほしいので、昨日購入しました。なかでもたまごつかみ、風船割り、ピカってポンが面白いです!まだ全部はしてませんが。
2009.04.25 Sat 07:46 | URL | 白圭  [ 編集 ]
白圭さん
おぉ!私以外に最近コレを購入された方がいらっしゃったとはw

そうそう、個別でみたら結構面白いものがあるんですよね。

そうか、子供にやらせるってのも手ですね。今度うちの子供で試してみますw
2009.04.25 Sat 23:32 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/135-0dbba61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード