某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【DC】『サクラ大戦3~』をプレイしています(その1) | main | 今週のお買いもの
【XBOX360】『BIOSHOCK』
先日未明に難易度ノーマルでクリアしました。

ジャンルはFPSなんですが、バリバリ撃ちまくってというようなゲーム性ではなく、一貫したシナリオがあってマップ探索に主眼がおかれている感じですね。

1940年代、科学者が何の制約もなく自由な発想のもと研究を行えることを目的とした海底都市”ラプチャー”を舞台に、飛行機事故で海に墜落し、導かれるようにラプチャー行きの潜水球に乗り込んでしまったのがプレイヤーたる主人公であります。


…ラプチャーは創設者であるライアン博士とそれに対抗するフォンティンとの抗争で二分されていた。そんな折にティネンバウム博士によって人体の能力を飛躍的に向上させる酵素”ADAM”が発明され、二大勢力の抗争の果て、ADAMの過剰摂取によりモンスター化した住人達によって崩壊の危機にある。

そんな閉塞的状況の中、迷い込んだ主人公に家族を助けて欲しいと訴えるアトラスに協力する形でラプチャー奥へと足を踏み入れるのだが…


冒頭に書いたように画面構成はFPSそのものでありますが、RPGの要素も多く含まれています。すなわち、主人公自身も”プラスミド”と呼ばれる特殊能力(魔法に相当するもの)を身につけ、ADAMを使って自身のHPやら何やらを強化していくのですね。

通常武器は接近戦用のレンチと軽重火器として拳銃・ショットガン・マシンガン・グレネードランチャーに、特殊武器のクロスボウ・ケミカルガンを加えた計7種…何ですが、実際はレンチが一番強力で、シューティングよりボコボコに殴りまくる方が効率がいいです。

弾数にも制限があり、ラプチャー内で拾うか各地に点在する自動販売機を使って購入することで補充できます。自動販売機にあらゆる電子制御のシステムは”ハッキング”を行うことで安く買えるようになったりとか、自分の味方につけることも可能です。

このハッキングは黎明期のゲーム『フリスキートム』を彷彿とさせるパズル形式になっていて、段々難易度も高くなってきます。ゲーム中はしょっちゅう行うことになるのですが、場合によっては最初からハマリ状態の時もあって釈然としないこともw

あと、シナリオが進むと手に入る”カメラ”を使用して敵を撮影することにより研究が進み、より多くダメージを与えられるようになったりとか、自身が受けるダメージを軽減できたりもします。

ざっと列挙しただけでも様々なアイデアが投入されているのがお分かりかと思いますが、それに比して操作の方もコントローラーのボタンをほぼすべて使用する為、慣れない内はちょっと難しいかも知れません。

ゲーム中の中ボスに相当するのがパッケージデザインにもなっている”ビッグ・ダディ”でありまして、リトルシスターと呼ばれる少女を護衛しており、彼女らを救出する為に斃す必要があるのですが、武器も身体も貧弱な序盤はかなり苦戦すると思われます。色んな攻略法があるので自分に合った戦法を編み出すのも楽しいですね。

シナリオも凝っていて、この手の作品にありがちな単なる脱出劇にとどまらず、主人公の出自が明らかになるにつれて怒涛の展開となるのですが、ネタバレになるので詳細は割愛します。お使い的イベントの解釈にトンチが効いていて面白かったということだけ言及しておきますw

CGの技術(特に水の表現)もさることながら、ゲームの舞台となる”ラプチャー”の世界観の作り込みが半端ではなく、オリジナリティを存分に発揮していますね。

元々は箱○専用タイトルであったはずなのですが、PCやPS3にも移植されています。オンラインは非対応ですが、ここはじっくりラプチャーという異世界を堪能することが目的と思われるので特に問題はないでしょう。どうしても対戦をやりたければ他にもたくさんありますしね。

箱○名物の実績は8割強解除できました。全実績解除は最初から難易度ハードでプレイする必要があります。若干ネタバレになりますが、悔やまれるのが中盤に出てくるサンダー・コーエンの処理。最初に出てきた時に斃してしまうと、終盤のとある場所に入ることができず、複数の実績が解除できなくなってしまいますのでこれからプレイされる方はご注意を。

セーブはラスボス戦を除いていつでもどこでも可能だし、敵にやられて死亡した時もペナルティはほとんどないので、総体的な難易度は多分低いと思います。

オブジェ含め、グロい描写が多いのでその手のビジュアルが苦手な方は要注意。私は最近ではマシになりましたけど、最初の頃は3D酔いの症状が出ましたので、三半規管が弱い方はこちらもご注意を。

本当に良くできているので身体的に上記の項目が苦にならない方には是非遊んでいただきたいですね。

いいゲームでした。


バイオショックバイオショック
(2008/02/21)
Xbox 360

商品詳細を見る


※追記:7月にはプラコレ化されるみたいですのでそちらを待たれてもいいかも知れませんね


スポンサーサイト

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 11:29 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
こんにちはー。「BIOSHOCK」レビュー、待ってました♪
拝読した限りでは、システムがなかなか奥深いですね。
特に、自分で戦闘の攻略パターンなどを模索出来るのは、やり応えがありそうです。

実のところ、プレイは家族にやらせて自分は横で見ていようと目論んでたのですが、自力で頑張ってみようかと思えてきました(笑)。

プラコレ化には……少なからずショック。
2009.04.28 Tue 15:08 | URL | スオウ  [ 編集 ]
スオウさん
件のビッグ・ダディとは何度となく戦うことになるのですけど、最初はビビって逃げ回っていましたw

電気系のプラスミドまたは電気系の弾で動きを止めてから一気に銃弾を叩き込むのを基本戦術にしていましたけど、センサーマイン(地雷)やスチールボルトで罠を仕掛けたりと陰湿な斃し方を模索するのも楽しいです。

本文にも書きましたけど、グロ描写はふんだんに出てきますので、生理的にダメならちょっとキツイかも知れないです。
2009.05.01 Fri 17:16 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/139-1a9d71a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード