某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【NDS】『プロ野球チームをつくろう!』(その3) | main | 【NDS】『プロ野球チームをつくろう!』(その1)
【NDS】『プロ野球チームをつくろう!』(その2)
2年目のシーズンを終了しました。

投手力が課題といいながら、つくろう選手と杉下の獲得だけではかなり心許ない状況ですので、2年目のシーズン開始直前、なけなしの7億円を使い、外国人選手で郭泰源投手を獲得。それでも打撃部門が前年より調子が悪く、ある程度抑えても勝てないという負のスパイラルに陥り、更にシーズン途中に西武ライオンズと三橋投手+野中遊撃手⇔岸投手のトレードを成立。普通なら絶対に考えられないですが、まぁゲームですしw

岸が加わって先発ローテーションがようやく安定しました。ただし結果はあまり出ていないですがw
ちなみにこんな感じ↓


先発

寺原
三浦

ウッド


中継ぎ

つくろう選手
杉下
土肥

セットアッパー

加藤

クローザー

木塚


杉下はシーズン当初先発ローテーションに入っていたのですが、中々結果が出せず一旦中継ぎに降格。エースの寺原が前年とうって変わって大不調で、最終的に前年の半分も勝てませんでした。
三浦はチーム最多の12勝を上げるも、負け数も同じタイスコアなのはお約束。郭は防御率1点台を誇り、250奪三振で最多奪三振のタイトルを獲得したものの勝ち星には恵まれず8勝どまり。岸は防御率こそ5点台とイマイチだったものの、シーズン途中の加入にもかかわらず8勝を上げてまず及第点のデキでありました。

実は本当の問題は先発よりもリリーフ陣にあるのではと思ったり。先発降格の土肥、SUの加藤、抑えの木塚いずれも防御率が5点台以下で、先発が崩れてからのゲームをまったく作れなかったケースが多かったように思います。

打撃部門も振るわず、シーズンのタイトルホルダーもなしで、チーム最高打率がFAで抜けた相川の代わりに正捕手の座を獲得した鶴岡が唯一の3割超え。以下レギュラー陣はいずれも2割6分程度でありました。

2年目の基本オーダーは以下の通り↓


1.金城(中)
2.吉田(遊)
3.内川(右)
4.村田(三)
5.ビグビー(一)
6.吉村(左)
7.鶴岡(捕)
8.上川(二)
9.(投)


DHありの場合↓


1.金城(中)
2.上川(二)
3.内川(右)
4.村田(三)
5.ビグビー(一)
6.吉村(左)
7.初芝(指)
8.鶴岡(捕)
9.吉田(遊)


前年、佐伯が引退して以来、正の一塁手が一人もいないという事態に(汗)ビグビー、吉村、内川らをその時々で入れ替えて使っていました。また、ルーキーの吉田の成績が思ったよりも伸びず、打順も何度か見直しをかけたので、終始安定しないオーダーでありました。

最後になりましたが、2年目シーズンの成績は以下の通り↓


順位・・・4位

63勝77敗4引分。初年度よりも成績自体は落ちているのですが、上位とのゲーム差は若干縮まった感じです。

シーズン終了後には川村、土肥、小山田三投手に金城が引退を表明。金城が抜けるのは痛いが、のびしろはないし、外野は何とかなりそうだったのでそのまま承認。FAは内川が宣言するも引き止めて残留となりました。

ドラフトでは、落合博満の外れ1位で野村克也を。冷静に考えれば森と野村ってすごい組み合わせだなw2位以下は隠し玉で元阪急の300勝投手米田、3位は先発も抑えもできる遠藤一彦を獲得。遠藤は私が大洋・横浜ファンになるきっかけとなった選手なので、特別思い入れがあります。

トライアウトで野手を中心に補強をと考えたもののロクなのがおらずに見送り。正一塁手不在のまま3年目のシーズンを迎えることになりました。・・・微妙に補強に失敗したっぽい(汗)


次回3年目終了時に続きます。


プロ野球チームをつくろう!プロ野球チームをつくろう!
(2008/05/22)
Nintendo DS

商品詳細を見る

プロ野球チームをつくろう! パーフェクトガイドプロ野球チームをつくろう! パーフェクトガイド
(2008/06/19)
ファミ通書籍編集部

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム

| 2008年のプレイ日記 | 14:28 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
こんばんわ

えらい快調に進行されているみたいですがw
今作ではドラフトは大物だらけなんでしょうかね?
杉下だの遠藤だの・・・
いままでのやきゅつくだったら
ドラフト3巡目はクソみたいな選手しか
残ってなかったと思います。

年に数人しか出現しないSクラスの大物新人を
いかに早い段階でスカウトが発見し
積極的にアプローチを重ねて逆指名にこぎつけてしまうか
残りは運よく育ったらラッキー♪程度の
保険的な選手で固めてはいしゅーりょー!
だった記憶がとにかく強いです。

現実では有り得ないトレードが成立してしまうのも
ゲームならではの魅力ですよね。
雑魚3人をセットにして他球団の中堅ドコロを一人トレードで
獲得。
その中堅ドコロを更にセットにして
松坂・ダルクラスのエース級をトレードで・・・・
なんて2手・3手先を読んだ積み将棋のような
トレード戦略は本作でも有効なんでしょうかね?

いずれにしてもこうやって勝った!負けた!
でワイワイプレイしている時が一番楽しいのではないかな?
と思います。
自球団の弱点と重点補強箇所を見極め
限られた資金の中でいかに効率よく補強をしていくか?
新たに獲得した選手はどれだけ頑張ってくれるかな?とか
現有戦力がキャンプ等でどこまで底上げ出来るかな?とか
で「よーし!今年は結構いい線いけるんじゃないかな?」
なんて期待を胸にシーズンを迎える時の高揚感は
私の様な野球好きにはゾクゾク来るものがありますねw

どこの球団でもエースや4番を張れる人材ばかりで
スタメンが固まる様になってしまうと
個人記録以外これといった楽しみがなくなってしまう
気がするのは私だけでしょうか?
2008.11.26 Wed 01:55 | URL | fujimako  [ 編集 ]
fujimakoさん
いや、試合何か全部スキップしていますので、1シーズンといってもあっという間に終わってしまうのですよw

むしろ11月に入ってからのストーブリーグの方が楽しくて、ついつい先へ進めたくなってしまいますね。

今作のドラフトについてなんですが、例えば3年目のドラフトが超豊作でありまして、獲得した選手以外では、墨田(黒田)、MLBの両厚井(松井)、王貞治等々、3人しか取れないのがもどかしいぐらい充実していました。

隠し玉というのが競合ナシで獲得できるのですが、月2回ショップに追加される「隠し玉カード」というアイテムを購入して追加、もしくは★印を5つ集めてリストアップされている新人を隠し玉化することが可能という仕様になっています。

何というか、サイクルが非常に速いので、次々出てこないと追いつかない感じです。

オールドファンにとっては嬉しいのですけど、その辺に思い入れのない若い世代の方がどう思われるのかは興味があるところですね。
2008.11.27 Thu 01:49 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/14-22dc5df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード