某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

今週のお買いもの | main | 【DC】『サクラ大戦3~』をプレイしています(その6)
【DC】『サクラ大戦3~』をプレイしています(その7)
第七話「光は東方より」

をクリアしました。

ここしばらく『サクラ大戦3~』ネタのみで、すっかりファンブログの様相を呈してきましたw
やりだして実際面白いというのもあるのですけど、プレイ日記が追いつかないからというのが主な理由であります。

勢いでDC版の前作・前々作も購入しましたがこれは当面やらないと予想。今のところ家庭用機ではDCでしか発売されていない『~4』についてはリアルタイムで購入済みなので、こちらは割りと早い段階でプレイするかも、です。


本編よりディスク2に移行しました。
いつもの通りシステム画面からゲームを再開すると、いきなり『檄!帝国華撃団』のアレンジバージョンと共に新オープニングが!

シリーズキャラクターが共演するというシチュエーションが異様に萌える私の嗜好に見事にフック。前話の予告編で分かってはいたのですけど、帝国華撃団メンバーのゲスト出演に期待はいやがうえにも高まります。

前回のカルマール戦での敗北に際し、巴里華撃団最大の弱点であるチームワークの欠如が露呈してしまった。言葉を重ねても効果がないと悟った大神は苦悩する。そこへ東京から帝国華撃団のメンバー、真宮寺さくら、神崎すみれ、アイリスの3名が巴里にやってきたのであった…。


チームワーク云々については、ひょんなことからダンスコンテストに参加することになった巴里華撃団の綿々が、帝国華撃団の見事なチームワークを目の当たりにしてという感じであっさり開眼します。

戦闘パートは再び侵攻を開始したカルマールの手下、シゾーとピトンに対し、エッフェル塔を舞台に行います。
本作では様々な名所や施設の名称が出てくるのですが、一部実在の名前をもじったりしているのには何か意味があるのでしょうか?(例:テルトル広場、モザ・リナ)


味方:光武F×6(大神・エリカ・グリシーヌ・コクリコ・ロベリア・花火)

敵 :ポーンⅡ×3(ブランシェⅡ)
   同×2(ジョルヌⅡ)


カルマールの登場により雑魚敵も飛躍的にパワーアップを遂げ、耐久力が中々減らないのが鬱陶しい。チームワークの何たるかを理解し、動きは変わっても性能差は如何ともし難く苦戦を強いられる。

ところへ帝国華撃団の3人が光武・改で乱入!操作はできませんが、光武での共闘がここで実現しました。帝国華撃団はシゾー、ピトンの内片方を引き受けると申し出、ここはシゾーを任せることにします。

ピトンのベルスーズは初回と比べて特に変化も見受けられず、エッフェル塔の四隅からターン終了ごとに追加されるポーンⅡにさえ注意していれば、さほど苦労することもなく斃すことができます。


物語は折り返し地点に差し掛かりました。巴里華撃団が組織として生まれ変わる為に、帝国華撃団との邂逅は続きます。次回第八話「飛べない天使」に続きます。


サクラ大戦3 巴里は燃えているかサクラ大戦3 巴里は燃えているか
(2001/03/22)
Dreamcast

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 13:30 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/147-87f66a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード