某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【GC】『エターナルダークネス』をプレイしています(その2) | main | 箱○無事帰還しました
【NDS】『タイムホロウ』
発売以来2カ月強の間、どっぷりハマっていた『立体ピクロス』なんですが、デフォルトの問題全369問をすべてパーフェクトでクリアし、一旦小休止。

Wi-Fiコネクションに接続すれば毎週新しい問題がDLできます。エディットスペースと共用ですが、保存も300問までできるので、配信され続ける限り一生遊べるスグレモノであります。

で、次なる作品をとチョイスしたのが表題のコチラ、

タイムホロウ 奪われた過去を求めてタイムホロウ 奪われた過去を求めて
(2008/03/19)
Nintendo DS

商品詳細を見る


であります。


時尾歩郎は両親と共に暮らす高校生である。
17歳の誕生日の前日、父は歩郎に「明日は大事な話がある。」と告げる。

その夜歩郎は夢を見る。
…あたりは火の海、子供の歩郎は両親とはぐれてしまう…

目覚めた歩郎は、愛猫フォ郎から謎のホロウペンを受け取る。
そして奇妙なことに、世界は「両親が12年前失踪した状態」に変わってしまっていた。

なぜ世界は一変してしまったのか
歩郎は、ホロウペンの力で事件を解決していく。

奪われた過去を求めて──。
コナミ公式サイトより引用)


タイトルとあらすじから容易に推察できる通り、本作はタイムパラドックスをテーマにしたADVであります。

「時をかける少女」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」等の超メジャータイトルを例に上げるまでもなく、”タイムパラドックス”というガジェットは散々使いまわされてきており、本作についても基本的なコンセプトは大きく逸脱するものではありません。

”時間に干渉する能力を持つ者”の独善とご都合主義で繰り返される様々な”過去”の改変は、時に残酷に、時に思わぬ方向へと”現在”の姿を変えてゆきます。

主人公、時尾歩郎がラストでつぶやく「あるべき過去」とは、自分にとって都合の良い時間軸の選択に過ぎず、そのおかげで大なり小なり影響を受けてしまう周囲の人間に対してはあまりに無関心であります。何故なら、”ホロウペン”を操ることができる者以外には、過去を修正されたということ自体気付くことはないので、その事に対しての苦悩や葛藤が皆無であるからだ。

ネタバレになるのでシナリオについての詳述は避けますが、閉じた世界の中での限られた人物しかかかわってこないので、タイムパラドックスの相関もさして複雑なものでない割りに緻密さに欠けるというか、ところどころ矛盾も見受けられたり、他の登場人物についての設定が消化不良になっていたりとか(三原兄の怪我の件や五島の家族のトラブル?等)は少々気になるところ。多分元々あったものが収拾がつかなくなってきたので本筋に関係なさそうなところはカットしたというのが実際のところでしょう。

システムについて、”ホロウペン”による過去への干渉はモノに対してのみで、直接過去の人物に話しかけたりとかはできません。例外的に”ホロウペン”を持つ者同士は互いに異なる時間軸の記憶を継続することができ、会話も可能となっています。

過去が変わることによって生じる”フラッシュバック”により、歴史を変える起点となった場面が現れ、その時間、場所等を確定しないと”ホロウペン”を使うことができない、とされています。

ゲーム自体はこのフラッシュバックをヒントに情報収集し、過去を変えるためにどうすればいいのかを考えるのですが、複数の時間軸が絡んだりということはないので難しくて詰まるということはないはず。

全体として面白くないワケではないのですが、シナリオ自体に特に目新しい部分はなく、せいぜいラノベレベル。ボリューム的にも集中すれば一日でもクリアできる程度なので、定価かそれに近い価格ではコストパフォーマンス的にちょっと厳しいかも。キャラクターやムービーによる演出は良くできていると思いますね。

2周目以降の追加要素もあるらしいですが、私はまだ試していません。


スポンサーサイト

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム

| NDS | 13:57 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
どもー。
住んでるアパートの隣が焼肉屋で、その隣が古本市場なんすわ。
ゲーム屋が近すぎる!!w
というわけで「タイムホロウ」を確認しに行くと、新品でも安くなってますね。
ホスイw。
ああ、散財の予感。

ゲームにしろアニメにしろ映画にしろ、タイムスリップものってなかなか外れないような気がするのはワタシだけでしょうか。単なる好みの問題かなw。
ではー。
2009.05.25 Mon 20:08 | URL | かにたま  [ 編集 ]
かにたまさん
結局本作を手に入れられたようでw

何を隠そう私も古○市場で同じ値段で購入したのですね。
この値段分なら充分楽しめる作品だと思いますよ。

”タイムトラベル”ネタはテッパンですからね。「今更…」などと思っていてもついつい先が気になってしまいます。
2009.05.26 Tue 14:04 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/159-b3f0cc7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード