某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

今週のお買いもの | main | 【NDS】『サンライズアニメ漬け ボクの常識 キミの非常識 - VOL.1 - 』
【GC】『エターナルダークネス』をプレイしています(その3)
第三章「陰謀の疑惑」

をクリアしました。

本章の舞台は814年のフランス。主人公はアンソニーという青年です。
黒装束の僧侶から国王宛ての密書を預かったアンソニーは、何やら不吉なものを感じてその密書を検めると、不気味な光に撃たれてしまいます。

教会にたどり着いたアンソニーは、そこで恐るべき世界を見てしまう…。

本章よりスペルの使用が可能になります。
これがちょっとややこしくて、私自身もいまだに完全に理解できていません(汗)赤・青・緑の属性があって、それぞれが3すくみの関係になっています。ジャンケンの要領ですね。

スペルを使用するにはまずスペルの内容が記されたスクロール(巻物)を見つける必要があります。
そこにはそのスペルを構成するルーン(紋章?)が記されていますので、それも同様に見つけ、システム画面の作成から組み合わせてようやく完成します。

この章で覚えることができるスペルは「エンチャント・アイテム」で、これは壊れたアイテムを元に戻す効力があります。

教会の2階から奥へ進んでいくと、書斎で行き止まりとなりますが、調べられるものをすべて調べれば容易にヒントが得られると思います。一つだけ面倒な手順を踏まないといけないのですが、その際に先ほどのスペルを使用する必要があるのですね。

主人公のアンソニーは最初の密書を見た時にどうも呪われているっぽく、扉を開けて奥へ進む度にどんどんやつれていきます。最後の方になるとゾンビと区別がつかないくらいですw

本章では体力を回復することができませんが、敵の数は少ないし、攻撃を受けて力尽きることは多分ないかと思います。

奥で出てくるサソリのような敵は、攻撃をしかけると発光し、異世界へと飛ばされてしまいます。王道RPGでラスボスが出てきそうな雰囲気ですが、脱出は簡単。場所によってパラメータの回復もできます。

「司祭のカギ」を入手し、礼拝堂で入れなかった司祭の部屋に入ると、国王の変わり果てた姿を発見して本章は終了です。再び現代のアレックス視点に戻り、屋敷の2階で鍵を使うと壊れてしまいます。何故かアレックスもスペルを使うことができるようになっていますので、鍵を直し2階のフロアへと向かいます。

廊下には首ごと動くイヤーンな胸像とか、バスタブを覗けばアレックスの死体が入ってる幻覚を見たりとか、細かい部分で怖がらせるイヤな演出があります。何事もなくても扉をドンドン叩いている音とか、天井や壁から血が滴ってきたりとか地味にきますので心臓が弱い方は注意が必要ですねw

奥の部屋の机にある新しい章「永遠の命」を発見したところで次回に続きます。


エターナルダークネスエターナルダークネス
(2002/10/25)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 10:27 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/162-f62e3ad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード