某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

SF作家の訃報 | main | GAME SIDE 2009年6月号
【GC】『エターナルダークネス』をプレイしています(その4)
第四章「永遠の命」

をクリアしました。

舞台はまたまた所変わって西暦565年のペルシャ。恋に狂う貴族の青年カリムが主人公です。

謎の美女の求めるがままに、伝説の”秘宝”を捜し求め、禁断の遺跡に足を踏み入れたカリムの運命は…。

寝台の上で甘い言葉でもってカリムを篭絡する謎の美女。すみません。薄手の民族衣装からうっすらと○首が見えているんですが任天堂的にはオッケーなんでしょうか?w

美女が依頼した”秘宝”を求めて、広大な砂漠をさまようカリム。どうでもいいですけど荷物のひとつも持っていないのはあまりに無謀なのではないでしょうか?

そうこうしている内に問題の遺跡にたどり着きます。第一章で登場した遺跡と同じ場所、「エターナルダークネスの書」を手に入れ、ワケも分からないまま奥へと進みます。

遺跡の奥、簡単な仕掛けを解除して更なる奥へと進むカリム。本章で「リカバー」のスペルを入手できます。これでいつでも体力およびサニティゲージの回復が可能になるのでぐっと進めやすくなると思います。あ、でもサニティゲージは面白いからわざと回復しませんがw

最奥部の広間の中央に刺さっている長剣を抜くと、敵が次から次へと現れます。本当にたくさん出てくるのですけどここまでやる必要があるのかしらん?回復ができるようになったといっても呪文を唱えるまで動いたらパーなので戦闘中の回復は難しいです。ま、広い場所ですから距離をとって確実に仕留めていけば問題ないですけどね。敵にトドメをさしている間にも別の敵から攻撃は受けますので、サニティゲージを回復させたい場合は要注意です。

全部始末してルーンを手に入れたら元来た道を戻ります。ここから先に進むにはあるアイテムに「エンチャントアイテム」のスペルをかける必要があります。

そうして発見した扉を抜けると、ホラーが通路を塞いでいるのでこれを斃し、更に奥へと進みます。
ようやっと秘宝を見つけたはいいのですが、突如現れた件の美女の幻影。あろうことか行きずりの貴族と関係をもった上、何者かに殺されてしまったのだと言う。

衝撃の告白に対し、「裏切られた」「以前のように美しくない」と至極真っ当な反応を示すカリムでしたが、色仕掛けで迫られると(幻影だが)たちまち弱腰になり、”命を捧げてこの秘宝を永遠に守る”という理不尽な要求に屈してしまいます。…というか可哀相過ぎる(涙)


再び現代。本章で登場した謎解きと同じ要領で、隠し扉から「そこに潜む恐怖」の章を発見したところで次回に続きます。


エターナルダークネスエターナルダークネス
(2002/10/25)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 13:16 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/165-3934d424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード