某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【XBOX360】『真・三国無双5~』をプレイしています(その3) | main | 【XBOX360】セガVintage Collection第2弾
【SFC】『スーパーファイヤープロレスリング』
プロレスリング・ノアの社長兼トップレスラーであった三沢光晴さんが試合中に受けたダメージが原因で急逝されました。

最近ではTVなどでもほとんど観る機会はなかったのですけど、三沢選手といえば、かつて地上波ゴールデンタイムでプロレスが放映されていた頃以来、再度プロレスへの関心を高めてくれた存在でありました。

個人的な思い出話をウダウダやっても詮無いので本題に入ります。
今回ご紹介するのはヒューマン製のSFCのシリーズ第一弾『スーパーファイヤープロレスリング』であります。


本作は同社のPCEの名作『ファイヤープロレスリング2nd.』の移植作品でありまして、同じくPCEからの移植で『スーパーフォーメーションサッカー』と並び、SFC初期に存在感を発揮しておりました。

元々PCEでもスポーツゲームに定評のあったヒューマンは、ビジュアルよりも作りこまれた絶妙なゲームバランスを重視した玄人受けする作品を数多く輩出しています。

本作も、SFC初期作品ということを差っ引いても、CGについてはPCE版に毛が生えた程度であり、オリジナルの画面構成からして前世代のファミコンと見紛うチープなもので、およそ画像だけではその面白さはまったく伝わらないと思います。

事実、主流ではなかったPCEのオリジナルを知らない多くのSFCユーザーの反応はイマイチで、発売当初はさほど注目もされていなかったように記憶します。


本作のオリジナル(89年発売の『~コンビネーションタッグ』)が登場するまでは、プロレスゲームといえばレバガチャかボタン連打が中心の本当に体力を使うものが主流だったのですが、以後シリーズに継承されていく”タイミングで技をかける”という概念の導入はまさに革命的でありまして、その他にも「身体の部位ごとにダメージ」「一定の確率で流血→体力回復が鈍る」「体力ゲージがない」「試合の序盤で大技は決まらない」などなど、本シリーズが現在のプロレスゲームの基本的な考え方の礎になっていると言っても過言ではないほどなんですね。

そのマニアックなこだわりが口コミで徐々に浸透し、SFCで5作品以降PS2まで、発売されたほとんどのハードでシリーズ作品が発売されるという定番シリーズにまで成長しました。

後期作品では膨大な収録レスラー数にエディット・リネーム機能など、明らかにマニア寄りの内容にシフトしていったのがアレなんですが、本作に関して言えば、演出その他でやや物足りない部分はあるものの、最低限のシンプルな内容に当時の有名どころを模した収録レスラーは、接客対戦ツールとして私の部屋では長らく活躍しておりました。

とりわけお気に入りだったのは、本作が初登場となるグレート司馬(ジャイアント馬場)、そして上記三沢光晴選手をモデルにした氷川光秀の両選手。グレート司馬の規格外の大きさとスローな動作に笑い、氷川光秀の序盤立ちエルボー→流血への必勝コンボに興奮したものです。

未体験の方にいちいちレクチャーしなくてすむ「若元一徹のレスリング道場」の存在も、何気に対戦人口の増加に貢献していたように思います。

今でも中古市場に数多く出回っており、数百円で普通に手に入ると思います。バッテリーバックアップには対応していないので、本体さえあれば何の問題もなく遊べるのも魅力的。

三沢選手を偲びつつ、彼の登場したプロレスゲームを引っ張り出して遊んでみたいと思います。



スーパーファイヤープロレスリングスーパーファイヤープロレスリング
(1991/12/20)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

| SFC | 12:00 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
スーパーファイアープロレスリングですか?自分もプレイしたことがあると思います。三沢と鶴田でよくプレイしていましたよ。三沢で流血させて、大技をかけてました。どちらもお気に入りの選手だったので。今回のことはとてもショックです。まだ頑張れると思っていたので。
2009.06.20 Sat 15:24 | URL | 白圭  [ 編集 ]
白圭さん
鶴田選手の時は、亡くなる以前にかつての面影の欠片も感じられないような衰えた姿でファミリー軍団の試合に出ていたのが哀れで、すごく印象に残っています。

三沢選手は年齢もさることながら、団体のトップレスラーでもあったワケですから、本当に突然過ぎて言葉も出ませんでした。

せめてゲームで在りし日の勇姿を再現したいと思います。
2009.06.22 Mon 10:17 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/172-0926ffdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード