某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

今週のお買いもの | main | 【GC】『エターナルダークネス』をプレイしています(その10)
【GC】『エターナルダークネス』をプレイしています(その11)
第十一章「砂漠の炎」

をクリアしました。

本章の舞台は1991年の中東。主人公は消防士のマイケル・エドワーズです。

中東の油田火災の消火活動に派遣されたマイケル・エドワーズは、事故で偶然、地下に何百年も隠されていた遺跡を発見する。生き残った仲間を探す為、遺跡の探索を始めたマイケルだったが…。

第六章と基本的な構造は同じなので、迷ったりということはないはず。序盤、エドウィンの亡霊から秘宝を引き継ぐのですが、同時にとあるアイテムも引き継ぎます。実はコレ、第四章他で入手しておかないと発生しないのですね。別になくてもクリアに支障はありません(多分)。

更に近くに転がっている死体から武器一式を入手。本章では「エターナルダークネス」の書を入手するのに若干時間がかかる為か、いちいち探させずに一括で手に入るので楽ちん。標準装備のヘッドライトは松明と違って一度装備すればずっと有効なので楽なのですが、照射範囲が狭いので本当に暗いところの視界はよくないです。

群がる敵はOICWをぶっ放して一掃しましょうw

インディ・ジョーンズに出てくるような光を使った仕掛けを解除すると、おなじみの「エターナルダークネスの書」を入手できます。マイケルは見たまんま体力バカで、魔力ゲージが低いので、呪文にはあまり頼れません。

とある場所で、引き継いだアイテムを正しく設置すると、新たな階段が現れ、「光のグラディウス」という武器が手に入ります…が、マイケルには使えません(汗)ここで入手しておくと、次の章で役に立ちます。

本章で新しい呪文「バインド」が使えるようになります。これは敵を操ることができるという呪文で、その先で早速ホラー2体が結界を張っている場所に行き、これを使用して解除します。

遺跡の最奥部にある橋を壊せと何者かの声とフラッシュバックで指示されるのですが、そこへ都合よくC4プラスティック爆弾が手に入ります。更には起爆装置も手に入り、「エンチャント・アイテム」で強化して使用すると、いきなりカウントダウンが始まります。3分以内に出口にたどり着かないとゲームオーバーになります。

通路にはモンスターやゾンビがウヨウヨしていますが、構っているヒマはありません。「リビール・インビジブル」で不可視にすると楽に逃げ切れます。

脱出に成功すれば終了。エピローグでは数年後、マイケルがエドウィンから引き継いだ秘宝を、エドワード博士に渡すムービーが入ります。彼も今のところ悲惨な最期を遂げていない感じですが、何者かに追われている、ニュアンスの話し方であったのでその後が心配です。

本章はこれにて終了。この後は例によって現代のアレックスに戻るのですが、これがそのまま終章となりますので次回に続きます。


エターナルダークネスエターナルダークネス
(2002/10/25)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 11:56 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/189-89f21eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード