某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【NDS】『ドラゴンクエストⅨ』をプレイしています(その3) | main | 今週のお買いもの
【NDS】『ドラゴンクエストⅨ』をプレイしています(その2)
発売から一週間が経過しました。

今週の月曜日か火曜日のことなんですけど、出先でちょっと時間が空いたので暇つぶしに某大手古本チェーン店に入ったところ、早くも『ドラゴンクエストⅨ』が並んでいました。

週末ぶっ通しでクリアして即行売ったのか、はたまた詰らなくて手放したのかは定かではありませんが、せっかちな人も居るもんです。

スクエニの発表によれば早くも300万本出荷したとか。今週に入ってから、私が見た限りでは売り切れている店はなかったので、欲しい人にはもれなく行き渡っていると思われます。推定200万人はプレイしている国民的話題作ですから、色んな方が居ても不思議ではないですけどね。

まぁ私の方はマイペースのまったりプレイを続けようと思います。では前回の続きから。


ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る



セントシュタイン城~ルディアノ城跡

峠道で「天の箱舟」を発見した主人公は、そこでコギャル風の天使サンディと出会う。
サンディは「天の箱舟」を操縦し、神の国に行く途中、突然の雷に打たれて地上に降り立ったが、箱舟は壊れてしまっていた。

一方、キサゴナの遺跡でルイーダを助けた主人公。一足先にウォルロ村に辿り着いたルイーダは、リッカを訪ねるが、父リベルトは既に亡くなっていることを聞かされる。

ルイーダの目的は、リベルトが去った後に経営が傾いたセントシュタインの宿屋を再び盛り返すべく、リベルトの力を借りることであった。

リベルト亡き今、リッカに願いを託すが、突然のことに逡巡する。ルイーダにリッカの説得に協力して欲しいと頼まれるものの、その方法が分からない。

と、リッカの家の前で、キサゴナ遺跡で会った幽霊と再会。話してみるとリッカの父、リベルトの幽霊だと言う。

滝のそばに隠したセントシュタイン王寄贈の「宿王のトロフィー」を見つけてリッカに渡すと、父の夢を継ぐため、セントシュタイン行きを決心する。

思い残すことがなくなったリベルトは無事昇天し、サンディと共に「天の箱舟」に戻るが、やはり動かない。サンディ曰く、「星のオーラ」をたくさん集めると、神が箱舟の存在に気付いて連れて行ってくれるとのことで、主人公がただの人間でないことを見抜いたサンディは、「天の箱舟」を動かす為、より多くの人間を助けるよう主人公に依頼し、同行すると宣言する。

取りあえずリッカの後を追ってセントシュタイン城に向かった主人公は、ルイーダとリッカに再会。ルイーダの酒場にて3人の仲間を募り、人助けの旅をすることになった。

折しもセントシュタイン城では、黒騎士騒動が起こっており、王は黒騎士討伐のふれを出しているという。それに応じる形で王と話をする主人公。何でも少し前に城に突然現れた黒騎士は、王の一人娘であるフィオーネ姫を狙っているという。

黒騎士は、エラフィタ地方にあるシュタイン湖にフィオーネ姫を連れてくるよう要求しており、主人公は代わりにシュタイン湖へ赴く。

果たして、登場した黒騎士と対峙した主人公は、何やら様子がおかしいことに気付く。黒騎士はフィオーネ姫を別人と勘違いしており、事情を聞いた後はもうセントシュタインの城には近づかないと約束し、主人公はその旨王に報告する。

主人公の報告に納得できない王はあくまでも討伐を命じるが、フィオーネ姫は黒騎士が語った”ルディアノ”という土地について調べてくれるよう依頼。かつて城に仕えていたばあやが、古いわらべ唄の中でその名前が出てきたと記憶しており、今は隠居しているエラフィタ村に向かう。

ばあやからその唄を聞いた主人公は、かつてルディアノはエラフィタから北にあることを突き止め、滅びの森の中にルディアノ城の廃墟を発見する。

そこで再び黒騎士と再会。既にルディアノはなく、自分が何年も前から彷徨っていたことにショックを隠せない模様。それでもルディアノ城を探索すると、そこには妖女イシュダルの姿が…。

イシュダルはルディアノを滅ぼした張本人だが、黒騎士ことレオコーンに一目惚れし、その魂を異空間に閉じ込めていたという。それが先の大地震で封印が解け、レオコーンはそのことを知らず、フィオーネ姫の中にかつて愛したメリア姫の面影を見て勘違いしたというのが真相であった。

イシュダルを斃し、心配して後を追ってきたフィオーネ姫の助けもあって、今度は安らかに昇天したレオコーン。無事黒騎士騒動を解決し、再び「天の箱舟」に戻るが、やはり動かない。しかし、僅かながら反応があり、自分の見立てが正しいことを確信したサンディは、主人公にもっと「星のオーラ」を集める為、更なる人助けを促すのであった…。


ここまでのレベルは14。『~Ⅷ』から登場したアイテムの錬金、クエスト、通信プレイ等が解禁され、ようやく本格的に始まったという感じ。

あちこちで言われてますけど、ぼうけんの書がひとつしかないのはやはり不満。あとセーブにも若干時間がかかるような気がします。

本作では装備のパーツが多く、またビジュアル的にも細かく変化するのは楽しいですね。錬金で必要になってくるので、古い装備も中々処分できないのがアレなんですが、お金は比較的溜まりやすいので苦になるほどでもないかな?

プレイ時間は8時間ちょっと経過していますが、これはクエストとかをちんたらこなしていた結果であります。そのクエストなんですが今のところほとんどお使いばかりなのがあまりぱっとしないと言うか、そのうち特定のモンスターを退治、なんてのも出てくるのでしょうね。

いずれにしてもまだまだ序盤。今のところ決定的な不満もなく大方満足しております。



スポンサーサイト

テーマ:ドラゴンクエストIX - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 02:14 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/196-b592e924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード