某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【NDS】『プロ野球チームをつくろう!』(その8) | main | 【NDS】『プロ野球チームをつくろう!』(その6)
【NDS】『プロ野球チームをつくろう!』(その7)
7年目のシーズンを終了しました。

黄金時代の到来かw2年連続のリーグ優勝に、日本シリーズも制して遂に日本一を達成しました。
ちなみに、シーズン成績は88勝54敗2引分でした。

前年のシーズン終盤には衰えが見え出した生え抜きの内川に代わりトレードで獲得した厚井(松井秀喜)が台頭し、更にシーズン終了後に衰えが見えた生え抜きの村田を解雇して、7年目のシーズンでは遂にスタメンで生え抜きは外野手の吉村のみという状態になってしまいました。

安易に村田を解雇してしまったのはいいのですけど、正三塁手が不在の状態になってしまいました。
そこで、前年で味を占めたトレード作戦を敢行。安定した結果が出せない大竹を交換要員として何人かリストアップしました。

本命は長嶋茂雄であったのですが、いかなる組み合わせをもってしても成功する見込みがなく、続く原辰徳、掛布雅之も見込みゼロ。ようやく見つけたのが、元阪急・オリックスの松永浩美選手。リードオフマンとして活躍が期待できそうです。

で、7年目の基本オーダーがこちら、


1.福本(中)
2.吉田(遊)
3.松永(三)
4.落合(二)
5.厚井(左)
6.吉村(右)
7.シェクター(一)
8.鬼嶋(捕)
9.(投)


もはや原型はまったく止めていませんが、1番から8番まで、ホームランバッターばかりでない、バランスの取れた理想的な打線ではないかと自画自賛。本当は吉村とシェクターの打順を入れ替えたいのですけど、左右交互ってのにこだわってみました。
また、シーズンタイトルの打撃部門では、吉村が少ないながらも唯一本塁打王を獲得しました。

続いて投手陣。

先発


杉下
田中
江川
稲尾

中継ぎ

平松
遠藤
小宮山

セットアッパー

那須野

クローザー

等々力


FAでひき止めを行った岸が、スランプで長期戦線離脱。代わりに小宮山が台頭してきました。本来ならば先発でも充分結果を出せるくらいに成長しています。

エース郭泰源はこの年も19勝で最多勝、1.38で最優秀防御率、262で最多奪三振、.826で最優秀勝率に加え、前年同様MVPに輝き、向かうところ敵なしの状態ですが、早熟故30歳にしてやや衰えが・・・。これまでのところ、年俸20億に見合う働きはしてきたものの、来期以降は微妙かも知れません。あと新人の稲尾も先発ローテーションを守って10勝以上キープ。新人王を獲得しました。

シーズン終了後、今季控えに甘んじた内川が引退を表明。同じくセットアッパーの那須野、控え遊撃手の藤田も引退。更に吉村がFA宣言。2回目なので今回は引き止めを行わず退団し、再生選手を除き、遂に生え抜きが全員いなくなってしまいました。

ドラフトでは槇原寛巳、日下泰輔(山下大輔)、間宮連次郎(田宮謙次郎)を獲得。比較的地味目の補強となりました。


1年目から投手力の強化に力を注いできた結果、完全に投高打低のチーム構成となりました。安定した結果を出そうとすれば、どうしてもそういう傾向になるような気もします。

すでに完成されていなくもないですが、このまま黄金時代の継続と相成るのでしょうか。次回8年目終了時に続きます。


プロ野球チームをつくろう!プロ野球チームをつくろう!
(2008/05/22)
Nintendo DS

商品詳細を見る

プロ野球チームをつくろう! パーフェクトガイドプロ野球チームをつくろう! パーフェクトガイド
(2008/06/19)
ファミ通書籍編集部

商品詳細を見る






スポンサーサイト

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム

| 2008年のプレイ日記 | 14:58 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/21-c1fcb660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード