某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

最近TVがつまらない | main | 【PS】『ヘキサムーン・ガーディアンズ』をプレイしています(その2)
【PS】『ヘキサムーン・ガーディアンズ』をプレイしています(その3)
懲りずにやってますw

今日は発売元のインクリメントPという会社についてお話したいと思います…って実は本作をプレイするまでまったく聞き覚えのない会社でありました(汗)

Wikiによれば、パイオニアの完全子会社で、現在は主にカーナビソフトの開発をやられているとか何とか。ゲームはもう作ってないみたいですね。開発に何処まで関与していたのかは不明ですが、多分正解だと思います。

同社から発売されている作品では、SSとPSの『バトルアスリーテス 大運動会』を所有しています。例によって積んでいるのですがね(汗)

『~大運動会』は成功したのかどうか分かりませんが、メディアミックスは同社のお家芸みたいですね。もちっとコンテンツの中身に気を配れば少しは何とかなったんじゃないかと思うのですがどうでしょうか?

では以下続きから。


ヘキサムーン・ガーディアンズヘキサムーン・ガーディアンズ
(2000/03/30)
PlayStation

商品詳細を見る

大運動会大運動会
(1996/12/13)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

大運動会オルタナティヴ大運動会オルタナティヴ
(1998/01/15)
PlayStation

商品詳細を見る
第3話「鉄鋼蒼鬼の挑戦」

登場人物:+ シン、イシュタル、ウラニア、フォルゴール、アルテミス


ようやっと敵側のビジュアルがお目見えしました。反逆王シンと側近のイシュタルはありがちな美形の男女。
サブタイトルにある”鉄鋼蒼鬼”とは、傭兵のウラニアのことなんですが、ライバルっぽい設定の割にはビジュアルがイケてなくて地味な印象。いい感じで力が入っていないことがよく分かる不遇のキャラであります。


前半のADVパートは例によって本筋に関係のない、まったくどうでもいい緊張感のない展開なので割愛。
月乃葉学園の新入生で、ジャーナリストを志す八木仁美が登場し、轟堂大地たちの秘密に迫る…かと思いきや、何と第3話のラストでは全校生徒にネタばらししなければならない羽目になり、登場早々存在意義がなくなってしまいました。…一体何をしたかったのか謎です。

敵は、満月の日にしか攻めてこれないってのがダラダラする最大の要因なんじゃないですかね?
何かね、普通に考えれば、その間何にもなければ省略すればいいと思うのですけど、本作の場合それが本筋に関係あろうがなかろうが同じボリュームで律儀に朝から晩まで記録されているって感じなんですよ。

誰がミューズたちに校内を案内するのだとか、昼飯は何だったとか、余程の記録魔でもない限り気にする人っていないじゃないですか。ひょっとしたらこれが新しい演出手法とか勘違いしているのかも知れません。

今まではマイナス面ばかりを強調していましたが、普通の(普通ではないかw)学園生活をかなりの長時間体感することになるので、ゲーム世界に対する違和感っていうのは大幅に減りますよ、ええ。

テキストを送るためにボタンを押すというのがメインの動作で、眠気を誘うこと必至ですので、一種の催眠効果が出ているだけかも知れませんが。


戦闘パートの舞台は奈良県の月ヶ瀬。そうか、前回は覚えてないけど”月”の字がつく地名で統一しているのだと思い至ったのですが、1~3話までのMAPが見た目まったく変わりのないビル街っていうのは手抜きが過ぎるのではないかと。

月ヶ瀬もゲーム中の時代じゃ高層マンションぐらいは建っているのかも知れませんが、この景色はないわと言ってみる。

まぁ総プレイ時間に占める割合はおそらく10分の1にも満たないオマケ要素のようなものですから、力が入らなくても当然なんですけどね…。


自軍:ドルガイヤー(ミューズ・大地)、ザグレウス(ディアナ)

敵軍:ジャ・ハーラ(ウラニア)
    スカトバッハ(フォルゴール)
    カ・ヴィース
    ヴァ・ルーガ
    デェリンジャ

    オシリウス(アルテミス)


戦闘パートは例によって敵に操られている鉄鋼剣士オシリウスのHPを0にすれば終了。パイロット付きの機体はそこそこ耐久力もあるので油断は禁物ですが、かなりの遠方までフォローできるドルガイヤーの回復コマンドを使用すれば撃破されることはまずないです。

飛行形態のザグレウスは通常・特殊攻撃ともにリーチが短く、せっかくの移動速度もあまり活かされない感じ。必殺技は直線状に伸びるのでそこそこ使えますけどね。

ウラニアは初期配置から動かず、オシリウスのHPを0にした後イベント攻撃を仕掛けてきます。

いくらかダメージも受けるのですが、イベント前のHPを下回った場合に、ゲームオーバーになるのかどうかは不明です。

ウラニアからの攻撃を受け、エヴァっぽい暴走シーンがちらっと垣間見えます。あぁ、時期的には影響を受けていておかしくない年代ですな、うん。

結局、ウラニアにはオシリウスを捨て置いて勅命により帰還を命じられます。

3人目のプリンセス、アルテミスは今回はまったくセリフなし。何でも、夢想剣の使い手であるアルテミスは寝ている時こそ本領を発揮するのだそうな。


先にも書きましたけど、戦闘パート後のADVパートにてクロスロード鉄鋼兵団との戦いは学園全体で共有するというヘンテコな事態になりました。ついでに会長らが事前にこの件について知っていた理由は今のところ完全にスルーです。後で回収するんだろうな、おいw


スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 17:57 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/229-cbd4dce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード