某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【DVD】「ヤッターマン」 | main | 【DVD】「チョコレート・ファイター」
【PS】『ヘキサムーン・ガーディアンズ』をプレイしています(その6)
長い間探していたプチプレミアソフトを1000円台で見つけて、「よっしゃ!」と勢い購入したのも束の間、次の日偶然入った別の店でそれより200円安い値段で並んでいるのを見つけ、軽くヘコんでいる私です。

こういうのって金額の問題じゃなくて、「何でこのタイミングで?」というまったく個人的で理不尽な徒労感というか何というか…。やっぱ中古市場は奥が深いわ。これだから中古ゲーム漁りは止められませんw

…と、ゲーム廃人の近況的な戯言はこれくらいにしまして、相変わらず盛り上がらない本題の方に移りたいと思います。例によって続きからご覧下さい。


ヘキサムーン・ガーディアンズヘキサムーン・ガーディアンズ
(2000/03/30)
PlayStation

商品詳細を見る



第6話「海の敵を叩け!」

…何かサブタイトルまでぞんざいになってきたような感じがするのは気のせいでしょうか?

前回、5人目のプリンセスであるエリンと鉄鋼羅漢ペンテウスの救出に失敗した大地たちであったが、重苦しい空気は微塵もなく、例によって臨海学校への参加を賭けた期末試験勉強にまつわるどうでもいい場面が延々と続きます。

ここまでのパターンとして、


満月の日に学校行事がバッティング

当然のように学校行事を優先

予定通り満月の日に攻撃を受ける

何とか間に合う


…と、大体上記フローの通りに展開されますね。

構成がワンパターンなのは別にいいんですけど、登場人物(特にプリンセス群)の描写が表面的なキャラクター性のみで全然掘り下げられていないので、行動が常に場当たり的かつご都合主義的になってしまっているのがどうしようもないですね。

そういうノリのシナリオだから、といわれたらそれまでですが、例えば前回、例によって敵の襲撃に備えるよりも自分達の息抜きを優先した結果、仲間であるセレンをみすみす敵の手に渡してしまったにもかかわらず、今回も同様に臨海学校を優先、しかもトライアース人である大地らはともかく、当事者であるプリンセス達が率先しているのは余りにも無神経かつ緊張感がなさ過ぎると言わざるを得ません。

「常に戦いのことばかり考えていたらもたない」的な言い訳が出てくるのですけど、オイオイ満月の日以外は全然考えなくていいんじゃなかったっけ?第一「戦いのことばかり考えている」描写などこれまで皆無だったのですが。

あと、これまでにも何度となく何の脈絡もなく挿入されていたミューズの悪夢の描写について、多分オチは、”反逆王=ミューズの兄”の伏線で確定っぽいですね。


戦闘パートはサブタイトル通り、海上か海底かよくわからない戦闘マップが舞台。そういえば場所は”高知県”と言っていたけど地名は出てこなかったような気が。諦めたのか?w


自軍:ドルガイヤー(ミューズ・大地)、ザグレウス(ディアナ)、オシリウス(アルテミス)、オルフェウス(ルーン)

敵軍:ヒュペルム・ネストラ(リュンケウス)
    ヒュペルムⅡ × 5
   
    ペンテウス(セレン)


4体のガーディアンが戦闘に参加するのは今回が初めて。
それに合わせてか、初期設定の敵の数はそこそこ多いですが、某エヴァの使徒に檄似のニュペルム・ネストラとペンテウス以外のザコは無視してもいいし全滅させるもよし。どっちにしても楽勝です。

飛行形態のザグレウス以外は海中に居るっぽいのですけど、マップには高低差があって(ただしパラメーターに反映はされない)位置関係が非常に分かりづらいですね。

前回救出に失敗したセレンに対し、今回は「救出」コマンドは使用せず、取り合えずヒュペルム・ネストラとペンテウスのHPを0にしたら後は勝手に進行します。

戦わない傭兵、ウラニアは今回も画のみの登場。何か毎回出てくる敵の中ボスクラスのヤツが正規軍っぽい感じなんですけど、この辺りの力関係がイマイチよく分からないんですよね。

セレンは無事ミューズが救出に成功するのですが、ミューズが直接乗り込むと何故正気に戻るのかはまったくの謎。今回は水中でどうすんの?…と思っていたら、”ディレクトブレイザー”とかいって大きなシャボン玉を発生させる機能がドルガイヤーにあったという超ご都合展開で無問題。

最後のプリンセスであるカグヤと、同じくガーディアンの鉄鋼聖殿アクタイオンは今回顔見せ程度で引き上げます。切り札はまたもや”鉄鋼魔戦陣”。発動すると相当な危険が伴うってスーパーノヴァ的な技なんですが、仕組みはよく分かりません。

あと順番は前後しますけど、臨海学校(場所不明)から月乃葉学園に戻る際、ルーンのテレポート超能力を使うのですが、別に睦まで転送しなくても良かったのでは?

最後の場面、空腹を抱えて臨海学校に戻ってきた一行に対し、「飯を食いたきゃ自分達で作れ」と教師に言い放たれ、誰が飯を作るのかって話になるのですが、唯一料理ができる睦はこれを拒否し、竹刀を片手にプリンセス達に料理を教えるってどうでもいいオチ。

「私も疲れてる」ってオマエ、テレポートで移動しただけで戦闘にはまったく関係なかったのに飯ぐらい作ってやれよと若干好感度が下がったことだけ書いておきますw


スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 12:05 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/236-97bdddfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード