某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PS】『ヘキサムーン・ガーディアンズ』をプレイしています(その10) | main | 今週のお買いもの
【PS】『ヘキサムーン・ガーディアンズ』をプレイしています(その9)
今月来月は結構忙しくなりそうな感じです。

あ、プライベートではなく仕事の方でね。

諸々やらなければならないことはあるのですけど、とりわけ面倒なのが、職場に某局の立ち入り検査が実施されることになりまして、約2カ月後の検査日に向けての対応一式を考えると、今から頭が痛いんですよ、実際。

私自身は職場に何か問題があってという認識はなくて、先方も検査対象は無作為に抽出したってタテマエなんですが、本当のところは分かりません。

お役所の仕事だからと言ってしまえばそれまでなんですが、いかな権限が先方にあるとはいえ、その検査たるものにあたって要求される準備の面倒さといったらありません。

百歩譲ってこちらに何か問題があって、それをご注進に及ばれたということならばいざ知らず、先方の時間潰しに付き合わされる量にしては度が過ぎています。

検査自体も一日仕事なんですが、検査にあたって用意しなければならない書類関係も20種類、それも過去2年間に遡って必要で、先方の書式で作成しなければならない事前書類も6種類、時間換算すると、かなりの労働時間を割かれることになるんですわ。

この手の役人のヒマつぶしに付き合わされるのも今回が初めてのことではないので、このような誰の何の役にも立たず、誰も喜ばない不毛な事柄に貴重な時間を費やさなければならないのが本当に腹立たしいです。

私どものお給料は私たち自身で稼がなくちゃいけないって意味分かります?

オマエら木っ端役人が仕事をしている(フリ)のを証明してやる為に何で真っ当に仕事している俺がこんな一銭のカネにもならないことをやらなけりゃならないんだよ、この穀つぶし共が。

…と、本題とまったく関係ない近況について愚痴りつつ、以下続きから。


ヘキサムーン・ガーディアンズヘキサムーン・ガーディアンズ
(2000/03/30)
PlayStation

商品詳細を見る



第9話「裏切りの相剋」

前回前々回のシンプルなサブタイトルに比べると、”相剋”(そうこく)なんていう難しい言葉が出てきたりとか、単に”相剋”って使いたかっただけなんじゃないかと邪推したりもするのですがそれはまぁいいでしょう。

いきなり敵の本丸に乗り込んだ大地と6人のプリンセス。次から次へと湧いてくる敵の数に辟易しているようです…って敵の総数も見当ついてなくてそんな成り行きでいいの?

大地も「シン!おめぇだけは絶対許せねぇ!」と力が入りますが、そもそもそこまで怒りを燃やせるほど接触はなかったような気がするのですが。

で、多分面倒になったんでしょうけどこのままじゃキリがないってんで、六神…じゃなくて六体が合体したドルガイヤーの本来の姿、鉄鋼魔龍ドラゴンガイヤーになろうってあっさり決定。

オープニングムービーにある六体合体がようやく登場。いやが上にも盛り上がります。

今回は今までの不足分を取り返すかのように、全5回の戦闘パートをクリアしなければなりません。
…とはいえ、最強のドラゴンガイヤーの前では敵など存在しませんw

ザコなら一撃で粉砕し、特殊技・必殺技ともに広範囲の敵を攻撃することが可能で、敵陣のど真ん中に突っ込み、わらわら集まってきたところを必殺技一発で片付けるというのが基本戦法となります。

しかも、必殺技を使用するためのパラメーターは敵を斃すか攻撃を受けるかで溜まっていきますので、前述の複数の敵を一気に始末すると、続けざまに必殺技を使用することが可能に!


戦闘①

敵軍:デェリンジャ × 3
    カ・ヴィーネ × 3
    ヴァ・ルーガ × 3

反逆王シンを庇うため、ヘルシーカーの機関部に誘い込んだイシュタルは、ヘルシーカーの片肺もろともガーディアンを葬る作戦を敢行。

戦闘マップ上の3つのサブリアクターを破壊すれば戦闘①はクリアなんですけど、ビジュアル的にはヒビしか入らないのでこれでいいのかちょっと迷ったり。

戦闘中、カウントダウンを取り始めるのですが、多分サブリアクターの残りでカウントしているっぽい。
ターンで数えているワケではないので無視してもOKです。


戦闘②

敵軍:デェリンジャ × 3
    カ・ヴィーネ × 3
    ヴァ・ルーガ × 3

    モーガン・ル・フェイ(イシュタル)

サブリアクターの破壊に成功し、最初の目論見を阻止されたイシュタルは、更なる罠を張り、ガーディアンを待ち受けます。…が、あっさり突破されます。


戦闘③

敵軍:デェリンジャ × 5
    カ・ヴィーネ × 4

前へ進むことを選択した大地らは、罠と察しつつ、魔の十字路へ。いよいよ追い詰められたイシュタルは、反逆王シンにより死に等しい命令を受ける。


戦闘④

敵軍:デェリンジャ × 2
    カ・ヴィーネ × 2
    ヴァ・ルーガ × 2

    トウーアザ・デ・ダナーン(ブラカン)

ウロボロスの顎と呼ばれるヘルシーカーの主動力炉をメルトダウンさせ、本体もろともドラゴンガイヤーを巻き込む作戦…って場当たり的過ぎないか?
ともかく、この最後の切り札でイシュタルは哀れ宇宙の藻屑…でもドラゴンガイヤーに傷ひとつつけられないという(汗)

戦闘⑤

敵軍:デェリンジャ × 4
    カ・ヴィーネ × 2
    ヴァ・ルーガ × 6

    トウーアザ・デ・ダナーン(ブラカン)

重力子コライドアクティベーターのある深奥部へ行くには3つの門を破壊する必要があります。

戦闘マップは3部屋の構造になっており、それぞれ敵が待ち構えているのですが、1部屋は狭いのでどうしても密集する形になります。そこで特殊技でも必殺技でも叩き込めばその場にいるザコ敵は一撃で粉砕できるので楽勝です。


5つの戦闘マップをクリアすればいよいよ敵の総大将であるシンとの対決が待って…いません(汗)

何かイシュタルはウラニアに助けられていて、マイノウク・キークとか言ってウラニアに足止めをくらって動けなくなっているドラゴンガイヤーを尻目に、イシュタル・ウラニア・シンの因縁の3人が勝手にうだうだやってます。

この時点でかなり置いてけぼりな感じなんですが、予想通りウラニアもイシュタルも倒れてしまいます。

ここまで要約しますと、ヴァ・ハーラという宇宙の意識のみの存在がシンに取り憑き、悪行の限りを尽くしていたと。ミューズもその事実を知っていくばくかは心が軽くなったようですが、いまだシンの意識が残っていると知って躊躇したところ、ヴァ・ハーラの反撃に合い、ドラゴンガイヤーは吹き飛ばされます。

ところへ、謎の龍の形をした巨大空母が地球から発進。ドラゴンガイヤーを回収し、呼びかける声は一体誰なのか…というところで次回最終回に続きます。


スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 14:03 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
それはむかつきますよね。仕事大変ですが頑張ってください。
 自分はWA3を何度か挑戦してクリアしました!しかしラスボスの10形態て必要あるのかなと思いました。仕事では3日に腰を痛めてしまい10日ぐらいまで休むことに。他の人に迷惑をかけるのでへこんでます。
2009.10.05 Mon 16:55 | URL | 白圭  [ 編集 ]
白圭さん
腰は私も昔患ったことがあって、いまだに季節の変わり目とか雨の日なんかに痛んだりします。

あれは本当に辛いですよね…。

一週間安静となると相当ひどいのでしょうか?くれぐれもお大事にして下さい。

2009.10.06 Tue 16:11 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/241-9353fe98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード