某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

極私的究極ゲームリスト完成! | main | 【PS2】『ファンタシースター~』をプレイしています(その6)
【PS2】『ファンタシースター~』をプレイしています(その7)
何だかんだいいながら結構やってますw

その他の作品のプレイ状況なんですが、箱○の『ベヨネッタ』は第六章のとある箇所で引っ掛かってしまい、最近Liveの調子が悪いことも相まって結構な期間が開いてしまいました。

このままフェードアウト…という事態だけは何とか避けたいですね。本作が終了したら集中的にプレイするつもりです。

あと、DSで『プロジェクトハッカー 覚醒』というDS初期のADVをプレイ中です。現在第3章で、全体の半分強消化したところ。こちらは特に問題がなければ順当に終わりそうです。

DSではこの後『プロ野球チームをつくろう!2』をプレイする予定。ストーブリーグに触発された格好ですが、昨年も似たような時期に前作をプレイしていましたwこちらは次回のプレイ日記のネタにする予定です。

あんまり先々にプレイ予定を埋めてしまうと、ノルマっぽくなってしまうのでアレなのですが、私の場合、ある程度制約を設けないと際限りなくダレてしまいますので、不自由に感じるほどではありません。

あぁ…言っても詮無いことなんですが本当に時間が欲しいですね。でも仮にあったとしても、長時間集中してってのがそもそもムリな話なので、結局グズグズしているうちに時間ばかり経過するのでしょうが(汗)


さて、いよいよ終盤に差し掛かってきた本作。アルゴル太陽系最後の惑星であるデゾリス星でアリサ達を待ち受けるものとは?…以下続きから。


SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.1 PHANTASY STAR generation:1 限定版SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.1 PHANTASY STAR generation:1 限定版
(2003/08/28)
PlayStation2

商品詳細を見る



スクレの町~氷山の洞窟

いよいよ第三の惑星、デゾリス星に初めて降り立ちました。
スクレの町のスペースポートからすぐに地下へと続く入口があり、そこを抜けるとようやく町中に出ます。

デゾリス星は氷に包まれた極寒の星。町から町への移動はすべて地下道を通って行く必要があるそうです。そう、こういう理屈なら理解できるのですが、緑に覆われた温暖な気候っぽいパルマ星でも同様だったのは何故なんでしょう?

取りあえず初めて訪れるデゾリス星で、今後の具体的な目的も定かでないものですから、まずはスクレの町で情報収集を行います。

ジャコブ「フロストドラゴンはデゾリス星のどこかに潜んでいる」
イアン「アルプラチノ高原は氷山に囲まれていて歩いていけない」「アイスデッカーはアウクバルの村にある」
ダーニャ「ラコニア製の武具には聖なる力が宿っている。ラコニアソード・ラコニアンアクス・ラコニアンシールド・ラコニアンアーマーがある」
アーロン「イクリプストーチに聖なる炎が灯り、人間を闇から救う」

飛ばし情報も含めて具体的な情報が少ないのですが、このままでは埒があかないので一旦町を出ることにします。

町の外にあるのは洞窟の入口のみで、移動できる範囲も狭いです。
洞窟はカークスの地下道で、隠し通路を抜けたところに「ウルカヌスの指輪」があります。以降ティーノの地下道には「エウロパの耳飾り」、トロイアの地下道には「ヘレネの首飾り」、ラケルの地下道には「ルシアの鏡」というアイテムがそれぞれあって、装備すると魔法防御のパラメーターが若干上がるほか、歩いていると少しづつHPが回復するというスグレモノ。それぞれ特定のキャラクターしか装備できませんので注意が必要です。

4つの地下道を抜け、更にアウクバルへの地下道で検問があるのだが、ルツの師匠であるタジムから既に話は聞いているとのことで、地下道を越えた先にようやくデゾリス星二番目の町、アウクバルの村に到着しました。

アウクバルの村はデゾリアンの集落。先の情報通り「デゾリアンリング」がないと会話ができませんので、スクレの町の道具屋で忘れずに購入しておきます。

パルマ星人のデゾリアンに対する評価は「嘘つきで信用できない」。これってコミュニケーションの前提において致命的な欠陥のような(汗)

ここ、アウクバルの村は真ん中の地下道の入口から二分されており、お互い「隣のヤツは嘘つき」と言い合っています。嘘つきばかりの村で真実を見抜く方法…と言っても、レイトン教授ばりのトンチはまったく必要がありません。住民の会話の内容で判断することは事実上不可能なので、何となくおかしいことを言っている向かって右の集落が嘘つきと断定し、左の集落の村長から話を聞くことにします。

すると、今までの情報不足を一気に取り返すかの如く、饒舌な村長は実に色んな情報を与えてくれました。以下要約。

「「カーバンクルアイ」は、この地に緑をもたらすためにどうしても必要なもの」
「ラ・シークを倒すには「イクリプストーチ」「エアロプリズム」「ラエルマベリー」が必要」
「グアランの死体置き場に行けば何か分かるかも…死体置き場に行く許可を与える」
「氷山の封印を解く「白竜のカギ」を探せ」
「グアランの死体置き場はラクルの洞窟を抜け、北北西に進んだ先にある」

デゾリス星に棲むフロストドラゴンは「エアロプリズム」を持っているらしい。どっちにしろ、邪神天王であるところのフロストドラゴンは倒さなければならない相手。それにはまずグアランの死体置き場に行き、「白竜のカギ」を手に入れる必要があるってことね。

またもや道具屋で普通に売っている「アイスデッカー」を購入。これで軟らかい氷山なら崩して進むことができます。

その他の住民の飛ばし情報は以下の通り。

「ラエルマツリーの前で「イクリプストーチ」を使うと「ラエルマベリー」という実が成る」
「ラエルマツリーはアルプラチノ高原に一本だけ生えている」
「「ラエルマベリー」は「ラコニアンポット」に入れて保存しないとすぐに干からびてしまう」
「ここから北にコロナの塔がある」

ちなみに、隣の嘘つき村の会話は、アイテムの名前を入れ替えたり東西南北を逆に言ってみたりという他愛もないもの。

まずはグアランの死体置き場を目指し、ラクルの洞窟を抜けることにします。
ところで”ラクルの洞窟”と”ラクルの地下道”ってどっちの呼び方が正しいのでしょうか?

グアランの死体置き場はその名の通り、出てくる敵はすべてゾンビの4人組。スローな動きとゲロ攻撃がイヤ過ぎるのですが、一回の戦闘で何と23600もの経験値が手に入るという格好のレベル上げポイントとなっております。

ここで「白竜のカギ」と、伝説の武具「ラコニアンアーマー」が手に入るので忘れずに回収しましょう。
後者がちょっと面倒で、落とし穴のトラップを回避しないとたどり着けない場所にあるそうです。
そうですというのはまさに私は見落としていまして、まだ回収できていないからであります(汗)

個人が運営する攻略サイトを参照させてもらっているのですが、実に助かりました。この情報がなければ100%見逃していたと思います。攻撃力に対して防御力は上がりにくいので、強力な防具は必須。何としても回収しておきたいところです。

「白竜のカギ」があれば氷山の洞窟の封印を解くことができます。
グアランの死体置き場がある同じエリアの軟らかい氷山を「アイスデッカー」に乗って突き進み、氷山の洞窟へ。最奥部、フロストドラゴンとの死闘を制し、「エアロプリズム」を手に入れました。あと同じ洞窟の中に「コロナのカギ」もありますので回収し、コロナの塔を目指すというところで次回に続きます。


スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 11:29 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/268-d196c7a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード