某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

「篤姫」最終回 | main | 【NDS】『プロ野球チームをつくろう!』(その10)
【NDS】『プロ野球チームをつくろう!』(その11)
3周目を開始します。

今回は2周目のメンバー25人を残して再スタート。選抜メンバーは以下の通り。

投手

稲尾
米田
江川
金丸
平松
小宮山
つくろう選手
岩瀬
等々力
保志
高浦

捕手

鬼嶋
野村
谷繁

内野手

緒川(小川亨)
落合
荒木
村田
松永
日下
宮本

外野手

ツヅキ
福本
厚井
蓑田


投手陣の柱であった杉浦はFAで放出。田中、吉田は高年俸で年齢的にピークを過ぎたので見送り。各ポジションをバランス良く残すとなると、ギリギリの選択になってしまいました。

資金は杉下のFAで総額97億円という上限ギリギリを引き継ぐことに成功。これで開始早々スタジアムレベル6に増築できます。

選手が減ったことで層が薄くなるのは当然。球場を増築して余った資金は外国人選手を獲得して急場を凌ぐことに。左投手のバレーラ(フェルナンド・バレンズエラ)に、一塁手のレオン・リーを獲得しました。

新生1年目のオーダーは以下の通り。


1.松永(三)
2.福本(右)
3.ツヅキ(中)
4.落合(二)
5.厚井(左)
6.レオン・リー(一)
7.鬼嶋(捕)
8.日下(遊)
9.(投)

DHありの場合、

1.松永(三)
2.福本(左)
3.ツヅキ(右)
4.落合(二)
5.厚井(指)
6.レオン・リー(一)
7.鬼嶋(捕)
8.蓑田(中)
9.日下(遊)


投手陣は以下の通り。


先発

稲尾(17勝4敗)
平松(15勝7敗)
米田(15勝4敗)
金丸(12勝11敗)
江川(11勝7敗)

中継ぎ

小宮山
バレーラ
つくろう選手

セットアッパー

岩瀬

クローザー

等々力


1年目の成績は87勝54敗3引分で優勝。CS、日本シリーズも最終戦までもつれたものの、何とか優勝しました。前回との大きな違いは、チーム打率が.293でリーグ最高、防御率が3.17で同最低の、投高打低から打高投低に一転したこと。

個人成績だけ見るとそうでもないのですが、理由がイマイチ分かりません。

なお、年間タイトルは、打撃部門で落合が本塁打と打点の二冠に輝き、最多安打にツヅキ、盗塁王に福本とほぼ独占。投手部門は稲尾が最多勝、最多奪三振、最優秀勝率を獲得してMVP。セーブ王に等々力と、こちらもほぼ独占。・・・謎だ。

ドラフトでは再生吉田義男、長嶋茂雄、川口和久を獲得。いずれも即戦力ではありませんが、一部レギュラーにそろそろ衰えが出てきているので、意外と早く出番が来るかも知れません。

それにしてもシーズン終了後の年俸の上がりようが半端じゃないです。米田、平松あたりがようやく使えるようになってきたものの、控えの期間中徐々に上がっていたのが好成績で一気に爆発した感じ。20億選手を複数抱えてしまったらとてもスタジアム最大改築まで資金が回らないような予感がします。

ここからは金を生む施設を整備しつつ、極力無駄遣いを避け、地道に貯金する必要がありそうですね。



プロ野球チームをつくろう!プロ野球チームをつくろう!
(2008/05/22)
Nintendo DS

商品詳細を見る

プロ野球チームをつくろう! パーフェクトガイドプロ野球チームをつくろう! パーフェクトガイド
(2008/06/19)
ファミ通書籍編集部

商品詳細を見る









スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

| 2008年のプレイ日記 | 03:30 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
こんばんわ

結構長い間プレイされているみたいですが
私は9年目で飽きが来てしまいました(号泣)
優勝して当たり前の戦力になってくると
将来のチーム構成のビジョンが
現状戦力の維持になってしまい
モチベーションが湧かなくなってしまいました。

まぁ後は無茶苦茶な金銭トレードをしたツケで
全然お金が溜まっておらず
そのくせ選手の年棒はどんどん高騰してしまい
経営が火の車というのもありますが(号泣)

いくら人気が低下したとは言え
ご贔屓のチームを強く出来る
過去の名選手を自分のチームで育成出来るというのは
序盤のとっつきの敷居を下げているのですが
比較的定期間でチーム強化のプランが
頭打ち状態になってしまうのが
やきゅつくの弱点ではないかと思いますね。

反面サカつくは正直一部の海外プレイヤーと
日本代表クラスの選手しか知らないのですが
ワールドカップやオリンピックで優勝しようと思ったら
自クラブだけでなくJリーグ自体のレベルを上げる必要があり
かなり長期間のプレイが必要になってしまいます。

とっつき易いけど飽きも早いやきゅつくと
とっつきは悪いけど比較的長い間楽しめるサカつく
どちらがいいかは個人の好みなんでしょうけどね
2008.12.18 Thu 08:11 | URL | fujimako  [ 編集 ]
fujimakoさん
既に記事もアップしておりますが、私も飽きてしまいました(汗)

その理由もコメントに書いていただいている内容とほぼニアリーですね。私の場合、文字通りカネで強奪する実質金銭トレードは断行しなかった分、破綻のタイミングが遅れただけの話で。

ご指摘いただいている本作の弱点こそが真の狙い目のような気がしてなりません。

ナベツネプレイができるのにしない。目標金額に達するまで目の前にご馳走があるのもぐっと我慢する・・・。
ある意味、行のようなプレイスタイルを貫いてこそ最終的な目標に到達することが許されるというw

そう考えると異様に速い進行も納得できます。

サカつくもある程度まで育つと頭打ちになるというか、ゲーム内で補正が入って急に勝てなくなったりするのがちょっと萎えるんですよね。

サカつくは4以来久しくプレイしていないのですけど、近作ではどんな感じなんでしょうかね?
2008.12.19 Fri 13:47 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/27-25a82496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード