某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

第一回抽選結果 | main | 今週のお買いもの
【PS2】『ファンタシースター~』をプレイしています(その8)
ようやくクリアしました!

プレイ時間は延べ25時間。最終レベルは100でカンスト。終盤のザコ敵から得られる経験値がMAXで4万を超えていたりと、かなりインフレ気味で、面白いようにレベルが上がっていきます。

要所での感想はこれまでのプレイ日記でも書いてきましたので割愛させていただいて、今回は総論的なものを少し。

オリジナルがもう20年以上前の作品で、シナリオに関してはほとんど変わっていませんので、さすがに今プレイすると世界観を含め、相当チープな印象を受けます。

その反面テンポは異様に早く、情報の洪水といった感じで、次に何をしなければならないかが分からないといったことはまずありません。とにかく、最近のやたらと時間のかかる超大作RPGに慣れていると逆に新鮮に感じますね。

『ドラゴンクエスト』のヒットを受けてセガが満を持して世に送り出した本シリーズは、様々な紆余曲折を経て形はまったく異なるものの、現在でもシリーズが継続しているというのは結構興味深いです。

特に初期シリーズに対するセガの思い入れは並々ならぬものがあって、記念すべき第一作目である本作は様々なハードで再発売されていることからも容易に察することができます。

私が本作をプレイするのは、MDで発売された復刻版以来でありまして、それからでも10年以上は経過しています。

これまで数多くのRPGをクリアしてきましたけど、内容なんてほとんど覚えていないにも関わらず、本作に関してはアイテムの名前とか、結構記憶に残っていて少し意外でありました。

世間的な評価はあまり芳しくない本作ですが、個人的には結構楽しめたように思います。

実は本シリーズは本作しかマトモにプレイしていないんですね。また忘れた頃にでも続編をプレイする機会を楽しみにしつつ、本文の最終回は以下続きから。


SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.1 PHANTASY STAR generation:1 限定版SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.1 PHANTASY STAR generation:1 限定版
(2003/08/28)
PlayStation2

商品詳細を見る



コロナの塔~ラストダンジョン

グアランの死体置き場で無事「ラコニアンアーマー」を回収し、コロナの塔を目指す。ここではデゾリアンの長に会って、「カーバンクルアイ」と「イクリプストーチ」を交換するのが目的です。

コロナの地下道を抜け、コロナの塔へ。中に居るデゾリアンから情報収集しつつ、上の階へと登っていきます。

「ダモアという占い師が持っているクリスタルを、ラ・シークは嫌っている」
「ダモアはパルマ星のバヤマーレの塔に居る」

次の目的は占い師ダモアに会うことのようです。

最上階に居るデゾリアンの長から「イクリプストーチ」を受け取り、話を聞きます。
「イクリプストーチ」ってイメージが湧かないんですけど、オリンピックの聖火のようなものでしょうか?

「デゾリスの洞窟に寄り、アルプラチノ高原に急げ」
「デゾリスの洞窟には「ラコニアの盾」がある」
「アルプラチノ高原の氷山を砕きながら進むと、ラエルマツリーが見えてくる」
「ラエルマツリーに「イクリプストーチ」のともし火を与えると「ラエルマベリー」が手に入る」
「ラエルマベリーは人間が食べるものではなく、ジャコウネコに必要なもの」
「ラ・シークを倒すために不可欠な力をまだ知らない」

「ラエルマベリー」はどうやらミャウに必要なキーアイテムらしいです。

取りあえず言われた通りにデゾリスの洞窟で「ラコニアンシールド」を回収してからアルプラチノ高原を目指します。

これまで重複した情報があるにもかかわらず、位置的な情報が少なく、結構迷いながらようやくアルプラチノ高原に到着。ど真ん中に一本だけ生えている木の下で「イクリプストーチ」を使い、「ラエルマベリー」を手に入れました。「ラコニアンポット」に収め、相談コマンドを実施後、占い師ダモアに会うために再びパルマ星に戻ります。

タイロンから、先にエピの村に寄ってほしいということだったので行くと、長老からトルアの検問所に入るための呪文を教わります。…っていうか何の説明も反応もナシってやめて欲しいです。しばらく迷ってしまいましたよ(汗)

北にあるトルアの検問所では、色んな人が捕まっています。いちいち呪文を唱えなければならないのが鬱陶しいです。

レオン「天空の城はバヤマーレの塔の頂上まで登ると見える」
デイエス「バヤマーレの丘には溶岩池があり、歩いて行くのは危険」
     「バヤマーレの塔に居る私の父を訪ねて下さい」

検問所の出口直前にロボットポリスが見張っており、「カギを持っているか?」と質問してきます。
「いいえ」と答えると数歩後ろに下がらされ、落とし穴に落とされてしまいます。

中で半年出られないとホザく親父がいるのですけど、「アトラス」で隠し通路を見つければ一旦検問所の外に出られますので最初からやり直し。
「はい」と答えるとロボットポリスと戦闘になりますが、さくっと倒して先に進みましょう。

溶岩池は「ランドマスター」を使えばダメージを受けません。
すぐ近くにバヤマーレの塔がありますが、ここがおそらく本作最大の難関。地上地下合わせて8層という規模もさることながら、いくつかルートがあって互いに独立しているので、すべて回るのは結構手間がかかります。

「アイアングラブ」「クリスタルクロー」といったミャウの最強装備に「クリスタルメイル」それにムオーデの呪文が不要になる「ミラクルキー」が主なアイテムで、その他消耗品が諸々。っていうかメセタはもういらん。

トルアの検問所で出会ったデイエスの父、セロに会えたのですが、息子を助けてくれたお礼として「ペロリーメイト」を2コくれました。もっとマシなものよこせよw

噂の占い師、ダモアの居る部屋にたどりついたのですが、そこでいくつかの質問をされて、すべてに正解しないと「ダモアクリスタル」を手に入れることはできません。まぁ何回でもやり直しができますので問題ないといえば問題ないのですが、ルベノといいエドガーといい、どうして本作に出てくるジジィは皆偏屈なんでしょうか?

ダモアのもとを辞し、ようやっとバヤマーレの塔の屋上へ。

「エアロプリズム」を使い、浮遊大陸に建つラ・シークの居城、エアキャッスルを発見したのですが、どうやってそこに行けばいいのか?

ミャウが突然「ラエルマベリー」をかじると、何と背中に翼が生え、身体も大きくなってしまいました。何か言葉つきも変わってるしw

ミャウに乗ってエアキャッスルに乗り込むと、いきなりゴールドドレイクが襲いかかる!…って聞いてないよ!

実はこのゴールドドレイク戦が一番難儀しました。全体攻撃オンリーはキツいです(汗)

どうにかゴールドドレイクを倒すと、今度はロボットポリスが進路を塞ぎますが、ものの数ではありません。軽く蹴散らしてエアキャッスルに突入します。

単純な構造の1Fから2階へ。と、いきなり最後の邪神天王、ブラックドラゴンが登場!っていうか普通の通路に出てくるな!

先のゴールドドレイクに比べたら全然楽勝。倒しても何にももらえないけど気にしない。
ちなみにエアキャッスル内にはいたるところに「トリフルイド」という魔力回復アイテムが落ちています。

で、ようやく悪の枢軸、ラ・シークのもとへ…

そこでラ・シークから驚愕の事実を聞かされる。何とアリサは先代パルマ王の娘で、パルマ星の正統な後継者だという。っていうかネロの立場は?

「体力も魔力も残ってはいまい?」とうそぶくラ・シークですが、だったら「トリフルイド」を無造作にばら撒くのは止めておいた方がいいです。しかも一旦部屋の外に出してくれて、体力回復する機会を与えてくれるという親切ぶり。これでは勝てる戦いも勝てません。

激闘の末、ラ・シークは今際の際に「ダークファルス…」という謎の言葉を残して絶命する。
崩壊するエアキャッスルから緊急脱出し、カミニート居住区に戻った一行であったが、歓喜に包まれている町の人たちをよそに、一抹の不安がぬぐえない。

真偽を確かめるべく、モタビア総督のもとへ向かう一行。無人の総督府にたどり着くと、突然空間を飛ばされ、オドロオドロしいラストダンジョンへ。

隠し通路から宇宙空間を思わせる星空の空間に出ると、そこには今までとはケタ違いの大きさの敵、ダークファルスが待ち構えていました。

しかし極限まで強くなった一行にはものの数ではなく、一言も発さぬままあっさり倒してしまいました。

再び緊急脱出を試み、もといたモタビア総督府に戻った一行。そこには正気を取り戻したモタビア総督が座っていました。

邪悪な精神の投影体であるダークファルスは、急死した先代のパルマ王に代わって即位したラ・シークにとりつき、意のままにしていたという。そしてアリサが本来パルマ星の女王であることを告げ、即位を促すのであった。

ここで「はい」を選択するとエンディング、「いいえ」を選択するとそのままゲームを続行できますが、とある町のキャラクターが実在の人物に変わるだけで、特に追加のイベントとかはありません。

そして千年紀へ…というクレジットで終了です。


予告通り、次のプレイ作品は”極私的究極ゲームリスト”から抽選で決定します。乞うご期待。


スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 15:57 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
こんにちはー。クリア、おめでとうございます!
道中お疲れ様でした(*´∀`*)

シナリオは、オリジナルに随分と肉付けしてある様ですが、総プレイ時間はそんなに多くは無いのですね。
オリジナルでは説明が無かった部分も補完されているので、色々と納得しつつ拝読しておりました。
……唐突さはオリジナルと同じみたいですが(笑)。

次にプレイされるタイトルの抽選、楽しみにしておりますー。
影男さんのHPを削る様なタイトルになりませんように。
2009.11.23 Mon 10:54 | URL | スオウ  [ 編集 ]
スオウさん
オリジナルの説明不足の箇所に、辻褄を合わせようとした感じでしょうか?

町の人の情報って何の伏線もなくいきなり出てくるから唐突な印象を受けるのでしょうね。

おかげさまで、第一回目の抽選結果を載せましたのでよかったらご覧になって下さい。
2009.11.24 Tue 13:14 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/272-73022d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード