某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PCE】『桃太郎伝説Ⅱ』 | main | 色々とヤバいことになってきてますよ
【SS】『ブラックマトリクス』をプレイしています(その2)
昨日に引き続いて真面目な話から。

11億円の”こども手当”を貰っていたというマザコン脱税総理はどうやら不起訴になりそうな感じです。

この件については検察に対する批判も多々ありますが、「本丸である小沢に集中する」という方針であることを信じたいです。

誰がどう見たって鳩山なんぞは傀儡に過ぎず、現政権の最高権力者が小沢であることは火を見るより明らかでありまして、多分今あるネタだけでも鳩山を辞任に追い込むぐらいはできそうですが、別の傀儡を立てられて一気に終息→現政権継続、何てシナリオよりは、小沢を仕留めて民主党そのものを解体する方が国のダメージは少ないと思いますね。

先の選挙で他に選択肢がなかった、というのは紛れもない事実なんですけど、だからといって以外のところならどこでもいいというワケでないことは、民主党の実態というものをよくよく観察していただければ誰でも分かる事だと思うのですがどうでしょうか。

こんな連中に票を投じた人には漏れなく責任を取っていただきたいという思いは変わらないのですけど、この期に及んでまだマトモな報道をしないクソマスゴミが今の日本における最大の害悪であることは論を待ちません。特に○日と○日は放送免許を取り上げてもいいレベル。私は両局の報道および言論番組は一切見ないですが、大体どんな調子でいい加減な言説を垂れ流しているかは想像できます。


このままでは本当にヤバいですよ。


…と、かつてない危機感からできるだけ避けてきた政治ネタを連投してしまった後に何なのですがw、セガサターン版『ブラックマトリクス』のプレイ日記。今回は第3章「太陽の神殿」です。以下続きから。


ブラックマトリクスブラックマトリクス
(1998/08/27)
SEGA SATURN

商品詳細を見る



第3章「太陽の神殿」

オールドゲーマー的には「太陽の神殿」といえば日本ファルコム謹製の激ムズADVを思い出すところなんじゃないでしょうか。

ゴルゴダの牢獄で仲間になった大神官ヨハネは、かつて自分が支配していたリベイラの街にある「太陽の神殿」に立ち寄ることを提案。「太陽の神殿」には伝説の大邪神の鎧が封印されており、その力を得ればドミナを救出する近道になるとのことですが、かなり胡散臭いですw


戦闘パートその1「潜入」
勝利条件:敵の全死滅
クリアランク:A

自軍:アベル・レブロブズ・ガイウス・ピリポ・ヨハネ

敵軍:信者×4・ポイゾニスト

初めて魔法を使う敵が登場。名前の通り毒系の魔法を使ってくるが、単体なのでさほど脅威ではありません。総数も少ないですしね。

サブタイトルは「潜入」になっていますが、正面突破にしか見えないのはご愛嬌wクリアすると更に追手が出てくるといった感じで次の戦闘パートへ。


戦闘パートその2「戦いは誰の為」
勝利条件:邪道騎士の撃退
クリアランク:A

自軍:アベル・レブロブズ・ガイウス・ピリポ・ヨハネ

敵軍:信者×4・邪道騎士

邪道騎士は魔法も使う強敵。一定時間動けなくなる石化毒に、回復魔法を使用してきます。神殿の通路に前方と後方を挟まれるように敵が配置されていますが、それぞれ敵までの距離は短いのでとりあえず邪道騎士を優先して倒した方がラクです。


悪魔の鎧を纏った邪道騎士の正体は、大神官ヨハネの弟子、ルピルピであった。
ヨハネは伝説の鎧について研究を行っており、ルピルピもそれを手伝っていたのだが、ヨハネが投獄された後はひとりで研究を進め、ついに悪魔の鎧をまとうことに成功したのだという。

師匠であるヨハネに同行することを申し出たルピルピが仲間に加わり、伝説の鎧を求めて神殿の更に奥へと進みます。


戦闘パートその3「アンゲルス教団」
勝利条件:敵の全死滅
クリアランク:B

自軍:アベル・レブロブズ・ガイウス・ピリポ・ヨハネ・ルピルピ

敵軍:信者×4・ポイゾニスト×2・ヒールマスター×2・十字兵・強信者

”強”信者ってのは単に信者の強化版なんでしょうか?それとも”狂”信者の誤植でしょうか?はたまた”狂”という字を使用するのが憚るので当て字にしたという大人の事情なんでしょうか?

ルピルピが加入したとはいえ、戦力的にはかなりキツい戦闘パート。特にポイゾニストとヒールマスターのコンビには要注意。ポイゾニストの魔法攻撃を、なるべく一度に複数のキャラクターがくらわないよう、移動後の配置に気をつかいます。また、ヒールマスターはその名の通り回復魔法を使用する地味に厄介なヤツなので、できれば早い段階で始末しておきたいところです。

ピリポの遠隔攻撃とヨハネの魔法攻撃で削りつつ、筋肉バカ(ガイウス談)のレブロブズと主人公アベルで特攻、ルピルピは前線で距離をとりつつヤバそうになったら回復という手順で一体づつ確実に仕留める戦法で。疾風のガイことガイウスは、移動力が高いのはいいのですが、打たれ弱すぎてイマイチ使えません。


ヨハネから神話の伝承が語られる。かつて大悪神ゴッドによって支配されていたこの世界は、大善神サタンことメフィストフェレスのもと立ち向かい、遂にこれを滅ぼすことに成功。創世記戦争にて七人の白き羽の邪神が残したという伝説の鎧が、邪道騎士の鎧であるという。

この太陽の神殿の封印の間に安置されているのは中でも最強と謳われた大邪神、メタトロンのものであるらしい。

ここで一旦リベイラの街に戻ると、初の自由戦闘「リベイラの街にて」をプレイすることが可能。別にクリアしなくても進行には関係ないっぽいですが、先に進んで歯が立たなければここでレベルアップをするということも可能です。

改めて「太陽の神殿」に赴くと、現支配者のユダが一行を待ち受けていた。

ユダ=オカマ野郎という設定は北斗の拳以来標準的な仕様なんでしょうか?w

オカマ野郎によれば、邪道騎士の鎧は着る者の生き血を啜り、生命力を奪うとか何とか。そのせいでルピルピも余命いくばくもないことを知っていたのではないかとヨハネに詰め寄る。

ガイウスとヨハネは別行動中で、その場には居なかったのですが、途中から乱入。戦闘パートへと突入します。


戦闘パートその4「愛人輪舞」
勝利条件:ユダの撃退
クリアランク:A

自軍:アベル・レブロブズ・ガイウス・ピリポ・ヨハネ・ルピルピ

敵軍:愛人×8、ユダ

愛人ってまんまなんですけど、見かけは女なんですが、実は全員男(汗)魔法を使用したりはしませんが、そこそこの戦闘能力はありますので、油断は禁物。

バルコニー風の踊り場にユダと愛人×2、シナリオの都合上、同じ場所にガイウスとルピルピを配置しなければならないので、とにかく集中攻撃を浴びないよう、階段まで後退。距離をとりつつ一体づつおびき出して攻撃を行います。

その他のメンバーは下のフロアから両サイドの階段を登って上を目指すことに。足止めしてくる愛人を蹴散らし、二手に分かれて包囲網を狭めていきます。

例によって注意しなければならないのはユダの魔法攻撃。タイミングによってダメージが異なるというクソシステムのおかげで、どのくらいまで耐えられるのか見当もつかないのがアレなんですが、これも複数のキャラクターが同時に攻撃を受けることのないように移動後の配置には特に気をつける必要があります。

ユダを退け、「大邪神の鎧」を手に入れた一行。着た者の命を啜るという鎧を着るには特別な”資質”が必要であるという。ゴルゴダの牢獄でピリポを白い羽に変えてしまったアベルの特別な力。それこそが鎧をまとう資質であると直感したヨハネは、適当なことを言って一行をここまで導いてきたのだという。

はっきり実験台にする気満々なのですが、背中の羽を自らの手で毟り取らねばならないという厳しい試練であるにも関わらず、場面が変わるとあっさり着用していたのが何とも。

”鎧召喚”というコマンドが使えるようになったのですが、パラメーターに制限があるらしく、どうももう少し強くならないとムリっぽいです。その他は若干防御力だ上がったぐらいかなぁ?真のメタトロンの力とか何とか持ち上げている割には大したことないような気が(汗)

そこへ態勢を立て直してきたユダが戻ってきて再び相対することに。


戦闘パートその5「大邪神の鎧」
戦闘勝利条件:ユダの撃退
クリアランク:B

自軍:アベル・レブロブズ・ガイウス・ピリポ・ヨハネ・ルピルピ

敵軍:愛人×6・デーモンサマナー×2・ユダ

今度は先ほどと逆。バルコニーに居る自軍に対し、両サイドから敵に挟まれるといった格好です。
今回の要注意はデーモンサマナーですが、二手に分かれたそれぞれに一体づつなので、さほど脅威ではありません。
ダメージを受けすぎないうちに優先して始末しましょう。


伝説の鎧は全部で七つあり、そのうち2つは「カナン」「パンデモニウム」の街の支配者が教団の指示の下で管理を行っているという。更に締め上げてドミナの行方を糺すが、ユダは総本山が何処にあるかは知らないという。

アベル・レブロブズ・ガイウス・ヨハネ…それぞれが違う思惑を抱きながらも、この難局を脱するには力をつけることが必要との見解で一致し、改めて行動をともにすることに。

まずはレブロブスがかつて住んでいたパンデモニウムの街へ向かうといったところで次回第4章に続きます。


スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 15:19 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/278-638b3b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード