某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

第3回抽選結果 | main | 今週のお買いもの
【DC】『クールボーダーズ・バーン』をプレイしています(その4)
ドリームキャスト版『クールボーダーズ・バーン』のプレイ日記第4回目。

今回はフリーライドモードのコース3「Urban Striker」について。

例によって公表するほど大した数字ではないですが、一応レコードは以下の通り。


タイム:-

トリック:-

トータル:6112(3位)


ベストラップが2分18秒と、それまでのコースより短めなので或いはタイムも狙えるかと思っていたのですが、そんなに甘くはありませんでした。

コース2まではランク入りはともかく、完走はコンスタントにできたのですが、このコースはぐっと難易度が上がっているような気がします。

その最大の原因はコースレイアウトにつきるのですが、まずもって初見ではどこを滑ってよいのかすら判別できません(汗)
周囲は夜。ちらほらと雪も降る中、ヨーロッパ風の街並みを滑り下りて行くのですが、屋根やら何やらで自分が一体何処に居るのかスタート直後に分からなくなってしまいます。

スタート直後のトリックポイントは着地までの高さがあまりないし、そもそも十分な”溜め”を作れる距離もありません。

建物の屋根を滑って最初の難関は狭い路地でのクランク。端っこの雪が深く積もっていて、コース取りを誤ると壁にブチ当たって転倒するか、減速し過ぎて明後日の方角を向いてしまい、大幅にタイムロスとなってしまいます。

その後のジャンプポイントは打って変わって大ジャンプが可能。複雑なトリックを決めるにはもってこいのポイントですが、着地点の左手は切り立った崖となっており、更に右方向へのややキツ目のカーブになっていますので、ジャンプ地点がずれると谷底に真っ逆さまとなってしまいます。

次のS字も右側は崖、時には減速をしつつ的確にコース取りをする必要があります。

その後は再び市街地へ。ここが唯一の息抜きポイントですが、一箇所ややキツ目のカーブがある地点があるので完全には気を抜けません。

そこから謎の工場の内部のようなところを抜けるのですが、これが非常に厄介でありまして、連続する障害物に、障害物にラインを塞がれたクランク、天井からぶら下がっていて左右に大きく揺れるクレーンと、僅かなミスが大幅なロスにつながるストイック過ぎる構成になっています。工場を抜ければ最後のジャンプポイントを超えてゴールとなります。

デモンストレーションで確認すると、特に前半部分にショートカットのポイントがいくつかあるのですが、そこをクリアしようとすれば更にシビアなジャンプを行わなければならないときて、とてもコンスタントにクリアできません。

正直トータルの3位でもランク入りしたのは奇跡とまでは言わなくとも相当運に左右されている部分があります。

屋外はまだスピード感があって爽快感もあるのですが、屋内のデザインがテクニカル過ぎて気持ち良く滑れないのがかなりストレスになります。それにしてもシビアなポイントが多すぎ。コースを完璧に覚えてもジャンプとトリックに要する”溜め”を同じ感覚で行うのは至難の業と言わざるを得ません。


次回はコース4「Cave Slider」ですが、大方の予想通り本作のプレイ日記は次回で終了といたします。

さぁて、抽選の準備でもしますかw


COOL BOADERS BURRRN!COOL BOADERS BURRRN!
(1999/08/26)
Dreamcast

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| 2010年のプレイ日記 | 00:58 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/312-d454521a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード