某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

今週のお買いもの | main | 【DC】『クールボーダーズ・バーン』をプレイしています(その5)
【ドラマ】『泣かないと決めた日』
イジメよくない

今年新卒の大学生の内定率は7割しかないとか何とか。

不景気のあおりをくってしんどい思いをするのは社会的弱者と相場は決まっていますが、ロートルはともかくこれからの日本を背負って立つ若い世代に働く場所がないってどう考えてもおかしいでしょ。

何でもかんでも政権与党のせい、とまでは言いませんけど、抜本的な雇用対策といってなぁ~んにもしてないしする意志もないのもまた事実。派遣の規制を強めれば正規雇用が増えるなんて本気で思っているなら、この問題に携わっている政府責任者は根本的なところをまったく理解していないと言わざるを得ませんね。

異論はあろうかと存じますが、生産性のないところにバラまくんじゃなくて、こういうところにこそ力を入れないと10数年後には本当に日本終了しちゃいますよ、いやマジで。


…とそんな状況下、名のある企業に就職できたらそりゃあ誰だって希望に満ちあふれた未来しか想像しませんよね。

今日から始まったドラマ「泣かないと決めた日」は、そんな幸運を手にした女の子が、入社初日にして壮絶な社内イジメの標的にされるという、あまり愉快な設定とはいえないお話であります。

セクハラに始まりパワハラだのモラハラだの、学校なんかよりも明確な縦の関係が存在する分、余計に性質が悪い会社のイジメは組織の大小に関わらず、どんなところにでもあるものでありまして、実際職場のストレスの要因といってほとんどが人間関係に集約されるといって過言ではないと思います。

ま、究極の解決法といえばとっとと辞めちゃうってことに尽きると思うのですが、生活環境によってはそれもままならないという事情もありますよね。

主人公の角田美樹も、重い障害を持った妹の存在と父親の不在、そして主人公に依存気味の母親の存在が、最も単純かつ最善の解決法を選択しづらくさせています。しかも妹の障害の原因は幼い時の自分にあると、それだけで心が折れてしまいそうな罪悪感を背負っているのだからたまりません。

それでも一流の企業に入社し、希望という名の扉を開けることに胸を膨らませていた主人公ですが、そんな夢は入社初日から脆くも崩れ去ってしまいます。


きっかけはFAXの誤送信。そんなこと新入社員にはありがちなミスなんですが、実は自身のミスですらなく、教育係の先輩社員のミスを擦り付けられてしまうという悲劇。それがまた都合よく社外秘の重要書類で、部長がすっ飛んでくるというオマケ付き。

まぁそこから同じ部署の人間ほぼ全員から白眼視されるというコンボに繋がるのですが、それ以前に上司以下全員、最初から異様な敵意を主人公に向けているのはどういうワケなんでしょうか?

主人公は別に敬語の使い方も知らないようなアーパーじゃありませんし、フツーに紹介されてフツーに挨拶しただけの僅かな時間で、ここまで一致団結して敵視するモチベーションの意味がまったく分かりません。

それもちょっと気に入らないレベルではなく、親の仇ぐらいの敵意を男女漏れなく向けてきているのは明らかに異常です。主人公にあてがわれた席に、前任者もイジメにあって職場を去った的な伏線も出てきてますます謎は深まります。コイツら全員呪いか何かにかかっているのでしょうか?


もちろんそんな人間だけではなくって、同じ部署のいわくあり気な男性上司は厳しい言葉を使いつつ主人公に対する気遣いを見せ、同期の女の子や、ちょっとしたきっかけで知り合った他部署のエース的な先輩男性社員の存在もあるのですが、コイツらはコイツらでまた曲者。

同期の女は欲しいものは何でも手に入れてきたと豪語する二面性の強い性格。件のエース的先輩社員に一目惚れし、自分をガン無視して主人公に親しく話しかけられて密かに敵愾心を燃やし、マイナス20℃の倉庫に主人公を閉じ込めるというエキセントリックな行動に出ます。

立花さん!それは”未必の故意”で、嫌がらせレベルじゃなく立派な殺人未遂です!
っつーかたかだか一目惚れのよく知りもしない男が自分以外の女の子に親しく話しかけたという理由だけでそこまでするか?頭おかしいよ絶対。

時系列は前後しますが、職場での主人公に対するイジメは入社2日目にして一気にヒートアップ!
直属の女上司は「失敗の後には必ずチャンスを与えることにしている」とか何とか言って、右も左も分からない新入社員に得意先に提出する見積を作れとかあり得ない指示を出し、件のエースに助けられて何とか仕上げたまではよかったが、別の先輩に送り先をすり替えられるという嫌がらせを受け、それが原因で部長クラスが得意先に土下座してワビを入れるという事態にまで発展します…ってあり得ねぇwどこの組事務所だよ。

次の日は創立記念日の式典の連絡をもらえずに、たったひとり遅れて行って部署内の人間のみならず社員全員に白い眼で見られ…こんな会社絶対に嫌だw

って言うかもう訴えたら余裕で勝てるレベルです。


所詮ドラマなんで、演出はあって当然なんですけど、ここまでくるとあり得なさ過ぎて逆に笑ってしまいますね。
久しぶりにツッコミどころ満載のバカドラマで、今後の展開が別の意味で楽しみです。


最後に主な出演者の紹介を。

角田美樹 - 榮倉奈々
→本作の主人公。イジメられ役にしては上背が高すぎて全然しっくりこないのは明らかにキャスティングの失敗。どうでもいいですけどずっと似合わないショートにしているのは何か理由があるのでしょうか?

桐野征治 - 藤木直人
→いわくあり気な上司。本作では数少ない主人公サイドのキャラクターなのですが、初回はまだ木村佳乃との因縁を匂わす程度。

仲原翔太 - 要潤
→主人公に好意を持つエース社員。悪気はないのに結果的に主人公を追い込む行動をやらかす、ある意味一番厄介な存在かもw

立花万里香 - 杏
→主人公の味方と思わせておいて惚れた男が主人公と親しげに喋ったという理由だけで殺人未遂をも辞さない真性のキ○○イ。

西島賢治 - 五十嵐隼士
→入社2日目の主人公にいきなりキレる器の小さい先輩社員。ウルトラマンメビウスを応援していた子供達が見たらトラウマになることは必定。

藤田千秋 - 片瀬那奈
→イジメ四天王。見積をすり替えた張本人。結果的に自分も残業を強いられることになってしまい、更に逆恨み度UP。

栗田琴美 - 紺野まひる
→イジメ四天王。何故か自身のDV疑惑が伏線に。後々何かあるのか?

白石杏子 - 有坂来瞳
→イジメ四天王。一番早く崩れそうな気がする。根拠はないけど

工藤早苗 - 町田マリー
→誰だオマエw多分主人公の教育係。他の3人に比べ、適度にブスなのがいい感じ

梅沢 仁 - 段田安則
→土下座部長。木村佳乃に対するセクハラっぽい伏線あり

佐野有希子 - 木村佳乃
→部下をたしなめるどころか率先してイジメに加担する悪上司。何か最近こんな役ばっかりですね





スポンサーサイト

テーマ:泣かないと決めた日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

| モロモロ雑記 | 02:08 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
最近は名前も聞いたことの無い私大が乱立してますからねぇ。
昔なら大学に入れなかったような人達が大学に行くようになったので、大卒者の比率が高くなり、そのせいで内定率が下がってるんでしょう。
2010.01.27 Wed 15:31 | URL | ponpon  [ 編集 ]
ponponさん
初めまして。コメントありがとうございます。

それも要因としてありますが、国内の企業全体で見た場合、新卒の採用人数が大幅に減少しているのも事実です。

就職浪人するにしても、卒業しちゃうと職歴ナシの”第二新卒”扱いになってしまって更に難関となるのを避けて、経済的に余裕のある学生は意図的に留年するというケースも多いみたいですね。(今年新卒の学生から聞いた話です)

2010.01.27 Wed 18:58 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/315-d1facf64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード