某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【XBOX】『Sudeki~』をプレイしています(その3) | main | 【XBOX】『Sudeki~』をプレイしています(その2)
【MD】『ウインターオリンピック』
一年を通して数えるほどしか雪が降らない地域で40年近く生きてきた身にとっては、ウインタースポーツについて余りなじみがないと言っても仕方のないことであると思われます。

現在バンクーバーで開催されている冬季オリンピックの話題でもちきり…というほど世間的にも盛り上がっていないような気がするのは、私がさしてウインタースポーツ全般に関心がないという理由だけではなさそうです。


近代の商業オリンピックが政治的な意味も持つようになってから、私はオリンピックの存在意義そのものにも疑問を抱いているのですが、とりわけ冬季オリンピックについてはその感情が強いのですね。

当たり前の話ですけど、ウインタースポーツって寒いところでしかできないじゃないですか。

陸上競技だって雪が積もってりゃできないって理屈は分かりますけど、寒い国の人が暑い国に行って陸上競技をするのと、暑い国の人が寒い国に行ってスキーをするのって、同じように見えて実はとてつもなく差があるような気がしませんか?

まぁぶっちゃけ言うと、基本的にウインタースポーツって身ひとつでできないでしょ。厳密に言えば陸上競技だって靴ひとつとっても結構なお金がかかることは承知してますけど、競技そのものは特別な道具を買い揃えないとできない、なんてことはないじゃないですか。スキーにしろスケートにしろ、シロウトの使うような安物だってそれなりの値段がすることを思えば、やりたい人が誰でもできるって性質のものではないことは明白であります。

そういう限られた人向けのスポーツについて、オリンピックという場が必要なのかってのが常にありまして、個人的にはそれぞれの専門競技ごとに世界選手権のひとつもあれば十分だと思うのですがどうでしょうか。


さて、今回ご紹介するのはメガドライブから発売された『ウインターオリンピック』であります。


img55300899.jpg


本作の発売は1994年。リレハンメルオリンピックが開催された時であります。

こういったシーズンネタを出してくるというのは、今も昔も変わらないってことですね。”オリンピック”って言葉を使うだけで恐ろしい金額をIOCに支払わなければならないとくれば、選手個人の肖像権までとても手が回らなくて、本作に限らず、オリンピックを題材にした作品で実名選手が登場するものは皆無というのも何となく理解できますね。

題材自体がマイナーな上に、その時話題になっている選手も出てこないとくれば、感情移入が困難であることは必然。
更にある程度バラエティに富んだ複数の競技を収録しなければならないので、大体ができの悪いミニゲーム集にしかならないのがこの手の作品の特徴であります。


本作には「ボブスレー」「リュージュ」「スキージャンプ」「モーグル」等10種類の競技が収録されています。
多くはないですけど、「リュージュ」等のマイナー競技がちょっと注目されかかっていたこの時期すでにフォローされているのはポイントが高いですね。

セガタップを使えば4人同時対戦が可能…ですけど4人同時にできる競技がほとんどないというのはご愛嬌w
全般に操作性が悪いので、単独はおろか対戦プレイもあまり楽しめないというのが正直なところなんですけど、唯一「スキージャンプ」はそこそこ遊べます。

ありがちな後方視点ではなく、TV中継のような斜め視点が斬新。風を読んでタイミングをはかり、姿勢を調整するという単純なゲーム性なんですが、対戦でやると意外と盛り上がるんですよね。そういえば前作(?)の『オリンピックゴールド』では飛び込みだけが異様に盛り上がったなw

それだけで一本デッチ上げられるほどではないですが、それなりにオリジナリティを感じられる題材が含まれているのはいいですね。惜しむらくはどっちもまったくローカライズされておらず、あまつさえ日本を選ぶことすらできないというのが致命的です。

本作を今あえてプレイしなければならない理由はまったくありませんので、どうしてもオリンピック気分を味わいたい!…という方は、素直にWiiでマリオとソニックが共演しているヤツか何かをプレイされるのがよろしいと思います。


ウインターオリンピック MD 【メガドライブ】ウインターオリンピック MD 【メガドライブ】
(1994/02/11)
Sega Megadrive

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

| MD | 16:06 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
はじめまして。

『ウィンターオリンピック』の対戦に関して言えば、モーグルの"スタートしてお互いすぐ転倒"がバカらしくて面白かった思い出あります。

スキージャンプは、独特の視点で、シンプルが故に何度も繰り返して遊ぶ魅力があり、後発の冬季五輪関連ゲームのジャンプ競技と見比べる物差しとなりました。
逆に言えば、スキージャンプ以外は…ですけどね(笑)
2010.02.22 Mon 18:24 | URL | 僕。  [ 編集 ]
僕。さん
初めまして!コメントどうもありがとうございます。

本作に収録されている競技の中でも一番の難易度なのが「モーグル」で、操作性が悪いのもあってまともにプレイできないんですよね(汗)

こんなマイナーなゲームでも思い出を共有できるということは、それなりに印象に残っていたということなんでしょうねw

また昔のゲームのお話聞かせて下さい。

2010.02.23 Tue 16:08 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/330-523baa8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード