某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

今週のお買いもの | main | 【PS】『維新の嵐 幕末志士伝』をプレイしています(その2)
セ・リーグ開幕
今日からセ・リーグが開幕します。

パ・リーグはすでに先週から開幕しているのですが、私にとっては割りとどうでもいいというか、プロ野球といえばセントラルリーグと同義なんで、やはりセが開幕してからがようやくスタートという感じなんですね。

旧大洋ホエールズ時代から惰性で応援し続けている横浜ベイスターズは、ここ数年オーナー企業となったTBSの余りのヤル気のなさに辟易してスポーツニュースの結果すら見なくなってしまったのですが、今年は何となく違うような気がします…というか違うと信じたいw

長年弱小球団のファンをやっていると、周囲からは一種マゾ的な感覚の持ち主と思われがちなんですが、私に関しては一切そんなことはなく、むしろ積年の鬱屈した感情は強大な負の力でもって横浜ベイスターズ自身に矛先が向けられることもままあって、愛憎渦巻く和製ソープオペラのようなドロドロした複雑な想いが沈殿しているんですよ。

昨年のストーブリーグの話題中心は、格はともかく数的には間違いなく横浜ベイスターズであることは論を待たないと思います。

巨人や阪神のファンの方なら慣れてらっしゃるでしょうけど、他球団の選手を複数迎えるという感覚がどうもピンとこないのですね。

かつて横浜ベイスターズに移籍してきたそこそこ実績のある選手で、元いた球団のピーク時より活躍した例ってあんまり記憶にないんですよ(汗)
阿波野、石井浩、若田部、仁志、工藤等、その逆のパターンなら枚挙に暇がないんですがねw

大体生え抜きの選手もろくすっぽ育てられていないのに他球団で使い物にならなくなったロートルを再生できると考えるほうがおかしいよね。ま、これは横浜だけに限った話ではないんですけど、先に例を上げたような体たらくを見ていると、楽天の山崎なんてのは本当にレアなケースなんだなとつぐつぐ思います。人間性に問題があるのと、奥様とデキの悪い息子が漏れなくセットになってくるのがアレなんですが、野村監督というのはこと野球に関してはやはり稀有な才能の持ち主なんだなということを痛感。そんな人物に対して礼を欠く辞めさせ方をした楽天のフロントにはいつか強烈なしっぺ返しがあると思います。


対する今年の阪神タイガースは元々好きじゃないんでこの間の情報ってほとんど見てません。城島の加入は確かに脅威かも知れませんが、赤星の引退をはじめその他のマイナス要因の方が上回っているんじゃなかろうかと予想。その城島だって打者としてはともかく、捕手としてはイマイチのような気がするのですがどうでしょうか。

強気のリードといえば聞こえはいいですけど、要するに自分本位で融通が利かないということでしょ?ウリの強肩にしたって「自分の送球で盗塁は絶対阻止する!」って雰囲気がアリアリで、バッターに集中していないと思われる場面をしょっちゅう観た記憶があるし、投手にとっても合うひとはトコトン合うだろうけどその逆もまた然り、みたいな。


この三連戦は今年のペナントレースを占う上で結構重要なんじゃないかなと思ったり。もちろん優勝争いなんて大それたモンじゃなくて、Aクラスに入れるかどうかってレベルなんですがねw



…と、シーズン終盤になって振り返ってみたらこの文章の内容だって妄想以外の何者でもないってオチだけは勘弁して欲しいものです。一年間楽しく野球を観られるように、読売と中日以外の球団は頑張って欲しいですね。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

| モロモロ雑記 | 15:32 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/348-60c260f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード