某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

第8回抽選結果 | main | 連休が明けて
【NDS】『犬神家の一族』
ニンテンドーDSのADV『犬神家の一族』をクリアしました。

元ネタは説明するまでもないぐらい超有名な横溝正史の代表作。原作は未読なんですが、1976年に公開された市川崑監督の映像作品はTVの再放送で何度か通しで観ていて、個人的にはそのイメージが大変強いです。

また、30年の時を経て同じ監督が同じ主演俳優を起用してセルフリメイク(?)されたのも記憶に新しいですね。


本作はフロム・ソフトウェアから昨年発売されたニンテンドーDS用のADV。同年には「金田一耕助シリーズ」第2弾として『八つ墓村』も発売されていますがそちらは未所有でございます。

冒頭にも書きましたように原作は超がつくぐらいのメジャー作品でありまして、本作が発売された時も「何故この時期に今更『犬神家の一族』なのか?」という疑問を禁じ得ませんでしたが、実際にプレイしてみた後でもその疑問は解消できておりません。

といいますのも、本作は原作に対して非常に真っ当なつくりなんですね。

ミステリーADVとして、結末が広く周知されている原作を採用することにどれだけの意味があったのかは知りませんが、奇を衒うことなく忠実に原作の世界観を再現しているということはうかがえますね。

ただし、前述したようにミステリーの要素は皆無であり、従ってADVとしての難易度も高くはありません。
一周のプレイ時間も約4時間弱と、この手の作品にしてもボリュームに欠けるといわざるをえません。

さすがに一本道ではアレだと思ったのか、本作にはバッドエンドも含めて複数の結末が用意されています。

とりあえず一周通しでプレイすると、任意の場面から再開できる”捜査記録”というコマンドが解禁されるので、わざわざバッドエンドを見る為だけに最初からプレイしなければならない、何てことはないです。

私は一周プレイした後、攻略サイトを参照しつつ2周目のエンディングを見るためにプレイしたのですが、一周目と違ってフラグの成立要件が厳しく、結局一周目と同じエンディングになってしまった時点で面倒くさくなってしまって諦めてしまいました(汗)

プレイヤー自身の推理力や謎解きの要素はほとんどなく、シナリオ進行のポイントは登場人物との会話で得た”重要語”をしかるべき相手に適宜ぶつけることであります。ぶつけた”重要語”に対して相手が情報を持っている場合はそこから更に次の”重要語”を得ることができ、またはシナリオが進行するという仕組みになっています。

”重要語”は一度使用すると消滅してしまいますので、コマンド総当りのADVよろしく手当たり次第に使用してしまうとあっさり詰んでしまうので注意が必要です。

このシステムが本作における唯一のゲーム性と言ってよく、それなりに緊張感はあるのですが”推理”コマンドを使用してタッチペンで金田一の頭を擦るとフケを撒き散らしながらヒントをくれますので選択に迷うことはほとんどないと思います。更に重要な場面では心音計のようなものが教えてくれるという念の入れようです。全部確認したワケではありませんが、ここでの選択にしくじるとバッドエンドになるような気がします。


モノクロを基調とした実写風の背景に墨絵のような独特のビジュアルは終戦後の昭和20年代の雰囲気を出すことに成功しています。また、死体の発見など凄惨な場面では赤色を用いてインパクトを強めています。

テキストはアメコミのようなフキダシを使っていて読みやすく、会話と独白と状況説明の整理がキチンと区分けされているのは親切ですね。一回に表示できる文字の数が限られていますので、結構な量のテキストを送らなければならないですが、操作性が良いのであまり気になりません。

ボリュームの問題は別としてADV単体としてみた場合、良く出来た佳作といってもいいと思うのですね。このシステムとセンスのフォーマットでプレイヤーにしっかり謎解きさせるオリジナルのシナリオであったら…と考えると非常に勿体無いような気がするのですよ。

尤もメジャーな作品でないとマーケットが成立しない、あるいは版権取得にかかるコストを差っ引いても販促にかかるコストが抑えられるという側面もあるのかも知れませんがね。

実際何本ぐらい売れたのかは知りませんが、ほどなくして安値で叩き売られていたところをみると、少なくとも大いに儲かったというワケではなさそうです。

繰り返しになりますけど同じシステムでオリジナルのシナリオをプレイしてみたいです。別に「金田一耕助」シリーズでも構わないですが、少なくとも内容を知らなくて純粋に謎解きができる題材の方がいいですね。


さて、思いのほか早く終了してしまったのでまたぞろ次の抽選を行いたいと思います。

『維新の嵐 幕末志士伝』をクリアするまでに一体何本消化できるのか私にも見当がつかないのですが、ハードとジャンルの縛りを行っちゃうと面倒なので、抽選ナシの一本釣りでもいいかなと考え中…結論は近日中に(汗)


犬神家の一族犬神家の一族
(2009/01/22)
Nintendo DS

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ゲームレビュー - ジャンル:ゲーム

| NDS | 22:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/378-73cb4611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード