某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PCE】『遊遊人生』 | main | 【PS】『維新の嵐 幕末志士伝』をプレイしています(その4)
【PS】『維新の嵐 幕末志士伝』をプレイしています(その5)
PS版『維新の嵐 幕末志士伝』のプレイ日記第5回目。
今回は万延元年(1860年)です。

1月

土佐帰郷後はひたすら人脈作りと学問の日々。
土佐在住の人物は限られている上に、郷士の身分では登城すらできず、藩士は平井収二郎を除いて相手にすらされないという理不尽ぶり。いや、俺ってば他藩の藩主とも懇意なんだよ?何で土佐の田舎侍如きに蔑ろにされにゃならんのだ?

…と言ってみてもどうにもならないのは分かっているんですがね。

1月20日

河田小龍の元で近藤長次郎と再会。新宮馬之助、長岡謙吉に続く第3の門人とのこと。河田小龍が著したという「漂巽紀略」という本を貰いました。本拠地で読むと学問と見識が大幅に上がる優れモノです。

2月10日

江戸に居る武市半平太から手紙。井伊派の台頭著しく、長州の賢人吉田松陰も処刑されたとのこと。

3月3日

江戸で大事件勃発。詳細は後日。

3月30日

武市半平太が江戸から帰郷。3日の大事件とは井伊直弼が数十人の浪士に斬られた「桜田門外の変」のこと。
幕府の要人がたった数十人の浪士風情に斬られたことによって、幕府の力の衰えを世間に知らしめる結果となった。

~11月

イベントで強制的に11月まで進みます。

11月1日

平井加帆から呼び出し。これは伝説の樹の下のイベントか?…と思いきや、京都の公卿である三条家に奉公に行くこととなったのでそのお別れの挨拶でした。残念。

12月5日

江戸で事件発生。詳細は不明。

12月11日

武市半平太から桂浜へと呼び出される。そこには土佐の郷士の面々がほぼ勢ぞろいしており、武市半平太がひとしきり演説をぶって何となく「土佐勤王党」に参加することになってしまいました。

12月20日

平井収二郎と連れだって武市道場へ行く途中。後を付けてきた人物をとっ捕まえてみると、土佐の郷士、岩崎弥太郎でありました。この場は騒ぎを避けて見逃しますが、武市半平太の周辺は監視されているとのこと。段々物騒になってきたなぁ。


…というワケで今回はここまで。イベントで半年以上すっ飛んだので、あっという間に年が明けてしまいました。
次回は文久元年(1861年)の予定です。


KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝
(2000/07/06)
PlayStation

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| 2010年のプレイ日記 | 01:12 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/381-b45904c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード