某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

トライアングルが面白いかも | main | 仕事始めで買い始め
【SS】『スーパーリアル麻雀グラフィティ』
某SNSで書き散らした記事に加筆して転載します。

-----------------------------------------------------------------------------

年の瀬も押し迫った最中、何とはなしにネットをさまよっていると、こんなニュースに遭遇いたしました。

「セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる」

記事によれば、2004年に発売されたGC用ソフト『レジェンドオブゴルファー』のリリースを最後にゲーム関連事業からは撤退しているとのことですが、SNKといい、どうもパチ屋に主導権を握られたゲーム会社ってロクな結末を迎えていないような気がします。

ゲーム業界とて、元を質せばヤクザみたいなもんですが、ホンモノに食い物にされているような感じがしてあまりいい印象は持てないです。

SFC時代は初期から積極的に作品をリリースしていて、実はSFC初のRPGをリリースしちゃったりなんかしているんですけど、バランスが凶悪でちょっとアレなデキなのはこの際置いておいて、『エキゾーストヒートⅡ』とか独自のチップを積んだりして、技術的にも進んだメーカーだったのですがね・・・。

今回ご紹介するのはそんなセタの代表作『スーパーリアル麻雀』シリーズの初期3作がいっぺんに楽しめるという大変にコストパフォーマンスに優れた一品、『スーパーリアル麻雀グラフィティ』であります。


まったくの私見なんですけど、脱衣麻雀ってゲームの歴史においても、非常にエポックメイキングなアイデアではないかと思うのですよ。今でこそしょうもない規制だなんだでアーケードすら中途半端なシロモノに成り下がってしまいましたけど、当時、もしこのアイデアに特許が認められていれば、一生食えたのではないかと思うぐらい、全盛期はものすごい数がリリースされていたのですね。

コンピューター麻雀って、それこそインベーダー時代の黎明期から存在していた歴史あるジャンルでありまして、無論その当時は私も洟垂れ小僧でしたから、麻雀のルールなんてまったくわからなかったのですけど、アングラ臭芬々たる大昔の”インベーダーハウス”において、更にその片隅に潜む『ジャンピューター』に、咥え煙草で向き合う、どう見てもカタギに見えない怪しいオッサンに怯えつつ、ちまちま『スペースインベーダー』や『平安京エイリアン』に興じておったことが鮮明に記憶に残っています。

そして月日は流れ、当時のバカ高校生にとってはオフィシャルな娯楽であった麻雀のルールを覚えた頃、衝撃的な作品が登場したものでありました。

それが本作に収録されている「スーパーリアル麻雀PII」

PIの存在はなかったことになってるっぽいのは、脱衣じゃないからというミもフタもない、あまりにも本能に正直な理由というのもアレなんですが、まぁそういうことでw

とにかく上記の「~PII」の存在感は凄かった。二言三言に過ぎないのですけど、ゲーム内のキャラクターが喋るってだけでも凄いのに、脱衣シーンがアニメーションするっていうのでもう団塊ジュニア世代の元祖二次元コンプレックスモテナイ君達のピュアでチェリーなハートを鷲掴みにしたモンですよ。

ただですね、そんな前途有望な若者のスケベ心・・・もとい純真な心を嘲笑うかのように、ポッケのお小遣いを毟れるだけ毟る為の凶悪極まりない仕様となっていたのですね。

それは、あまりにも露骨過ぎるインチキ仕様。

ワンコインクリアなんて麻雀の神様でも絶対ムリムリ。牌を配るのすらメンドクセーって感じで、天和地和当たり前。苦労に苦労を重ねてやっとこさ最終段階までこぎつけても、一瞬にして全てを奪い去る、中●窃盗団のような情け無用の仕儀に、何度煮え湯を飲まされたかしれません(涙)

それでも、欲望に駆られた煩悩のカタマリは、もう少し、あと一歩ってな感じで次々100円玉を突っ込んでいったんですな。

私にしても、当時ゲーセンでは最後まで行けなかったもんなぁ・・・。
隣のクラスの金持ちのボンボンが、半日かかって最後まで行ったとかいうのを風の噂で聞いたぐらいです。

今ですね、インターネットの普及や何やらで、直截的なエロスを手に入れるのって全然ラクチンじゃないですか。昔はソフトポルノみたいなイケてないエロビデオ一つ手に入れるのにも一方ならぬ創意工夫が必要だったんですよ。

苦労して手に入れるからこそ喜びもひとしおなワケで、こうなってくると何が目的なのか最早どうでもいい感じになってきますが、そんな時代であったのです。


そんなこっ恥ずかしい性春時代も遥かなりとなった1995年。社会人二年目にしてすっかり世間の表もウラも知っちゃった風を気取っていた頃、セガサターンから「PII・PIII・PIV」がセットになったお得版の本作が発売された時も、フーンってな感じで大したノスタルジーに浸ることもなく何の気なしに購入したものでした。

難易度設定もできるのですが、一番のポイントは「負けても服を着ない」ようにできる事。

これだけで、当時見たくて見たくて堪らなかった最終形態も、あっさり拝むことができたものであります。

もちろん当時としても既にオリジナルから10年近く経過していたものですから、絵も相当古くさくなっており、別段何の感動もなかったワケですけど、これってやっぱりここに到達するまでの苦労の度合いっていうのも少なからず関係していると思うのですね。

お金さえ積めば何とかなる、というものでもなかったことが、今考えるととても大きかったのではないかと思うワケですよ。

今更アホみたいに難しいゲームがいいとか、そういう短絡的なことではなくって、何というかそれなりの苦労をさせるだけの制作側の工夫も足りないと思うし、あまりにお手軽なモノに慣れきってしまって、ちょっと面倒くさそうってだけで敬遠してしまう軟弱なユーザーにも問題はあるかと思うのですが、すべてにおいて、あまりにラクチン過ぎるのもどうかと思うのです。

単にエロスの衝動に衝き動かされていたか否かのハナシが、妙な方向にズレちゃったような気がしますが、当時はエロ麻雀ひとつとっても色んな想いが渦巻いていたということですね。

ちなみに本作は、家庭用機における、真の目的に適った脱衣麻雀のリリース数ではブッチ切りのトップを誇るセガサターンにおいて、現在でもそこそこの値で取引されています。

でも決して手が出せない、という程ではないので、私同様、当時悔しい思いをした方はリベンジするのも一興かと。

ただし、記憶は蘇っても当時の熱い想いを思い出すことはないでしょう・・・って中身はないけど何となくカッコよさ気な事を言って締めたいと思いますw


スーパーリアル麻雀グラフィティスーパーリアル麻雀グラフィティ
(1995/11/24)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

レジェンド オブ ゴルファーレジェンド オブ ゴルファー
(2004/06/17)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る

ガデュリンガデュリン
(1991/05/28)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

エキゾースト・ヒート2 F1ドライバーへの軌跡エキゾースト・ヒート2 F1ドライバーへの軌跡
(1993/03/05)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

| SS | 11:53 | トラックバック:0 | コメント:4
コメント
こんにちは^^

セタといえば、やっぱりファミコンの将棋ソフトが印象深いです。当時それを見て、「見たこと無い将棋ゲームがある!これ本物か?」と思いましたから。

リアル麻雀は3ぐらいからやった気がします。家庭用だとサターンで出てた5だけかも。とにかく速くあがる事だけを追求した麻雀になりがちでした。

そういえば、最近ゲーセンで脱衣麻雀って見ないような。麻雀ゲームといえば通信対戦ものになってますね。自分が中学高校ぐらいの頃はアホみたいにあって、特に中学のときによくプレイしましたよ( ´艸`)ムププ
2009.01.06 Tue 14:32 | URL | いさ虫  [ 編集 ]
おぉ!
確かこのエントリーがアップされた前後くらいで、件の『~グラフィティ』を購入した覚えがありますよ。SSソフトとしてはまだまだイイ値段ですが、一時期に比べれば大分お求め易い価格になりましたよね^^

某所でもコメントさせて頂いたのですが、家庭用ソフトになってしまうと、設定モロモロで脱がせやすくなる分、アーケードで得られていただけの興奮というか感動というか、そんなものが至極薄れてしまうのですよね。まぁ、プレイヤーをどん底に叩き落すくらい凶悪な思考ルーチンは如何な物かとも思いますけどもA-_-;)アセアセ

現在はモロモロあって、すっかりナリを潜めてしまった脱麻ですが、昔を懐かしみつつ一局打つのもアリかと^^
2009.01.06 Tue 16:09 | URL | Quodra  [ 編集 ]
いさ虫さん
『森田将棋』といえば、マイコンの時代から常に最強の思考ルーチンを誇る将棋ソフトとして定評がありましたね。

私は生憎将棋の素養がないもので、具体的な強さ云々については言及できないのですが、昔何かの雑誌の企画で、ソフトの対抗戦みたいな記事がありまして、ブッチ切りの強さだったように記憶します。

脱衣麻雀は規制もあるのですが、一時横行していた実在アイドルに酷似させたものが、肖像権の侵害か何かで訴えられたのが直接の衰退の原因だったように思います。

私的には脱がない脱衣麻雀なんてヤらないAVよりタチが悪いという認識ですので、今はまったく興味がないですねw
2009.01.07 Wed 13:33 | URL | 影男  [ 編集 ]
Quodraさん
おぉ!購入されていましたかw

既に持っているものに対しては、相場もそれほど熱心にチェックしていないのでよく知らないんですよねw

今更こんなものがオカズになるとも思えませんので、純粋にノスタルジックに浸るだけならまぁそんなものかなと。

あれは思考ルーチンというよりも、あまりに露骨な積み込みのような・・・(汗)
当時はよくこんなものに大枚はたいたものだと思いますよ。
その分他のゲームをやり込んでおけばもう少し上手くなったかもw


2009.01.07 Wed 13:39 | URL | 影男  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/39-2f31d818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード