某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PS】『維新の嵐 幕末志士伝』をプレイしています(その13) | main | 【SFC】『はじまりの森』
【PS】『維新の嵐 幕末志士伝』をプレイしています(その12)
PS版『維新の嵐 幕末志士伝』のプレイ日記第12回目。

今回は元治元年(1864年)の下半期(7~12月)まで。

前回から少し間隔が開いてしまいました。何かここ3カ月ばかりずっと本作をプレイしているような気が…(汗)


7月11日

真木和泉が海軍操練所に来訪。天皇に上奏する為、京都で事を構えるので協力してほしいとの申し出であったがこれを断る。

7月19日

京都で大事件が勃発。嫌な予感がする。
同日、勝海舟が来訪。勝の師である佐久間象山が攘夷派に斬られたとのこと。

8月6日

平井加帆来訪。先の京都での大事件「禁門の変」について報告。

8月10日

またもや勝海舟が来訪。京都の西郷隆盛に会って長州征伐をやめるよう説得して欲しいと依頼。

8月14日

山口で事件勃発。

勝の依頼を受け、京都薩摩藩邸に赴き西郷隆盛を説得。先の「禁門の変」は一部の家老と久光公が強行したらしい。

10月

中岡慎太郎が来訪。幕府が本格的に長州の征伐に乗り出すも、龍馬との約束通り西郷隆盛の尽力によってこれを回避したとのこと。しかし長州では佐幕派が実権を握り、高杉晋作の奇兵隊も解散の憂き目にあい、桂小五郎は京都で行方不明になったという。

10月21日

山口で事件勃発。

11月15日

勝海舟が来訪。海軍操練所の閉鎖が決まったという。先の「禁門の変」に海軍操練所を脱走した土佐藩士が居たことが発覚した為であるという。勝自身も海軍奉行の職を解かれ、江戸で蟄居を命じられたとのことで、海軍操練所の浪士共々薩摩を頼るよう指示。西郷隆盛に話をつけるべく再び危険な町京都へ。

京都の薩摩藩邸にて、龍馬ら海軍操練所の浪士を受け入れることを承諾。しばらくの間身を隠す為、大坂にある薩摩藩邸へと向かう。

12月15日

遂に海軍操練所が閉鎖に。これより第六章「薩長同盟」へ。
大坂の町で大久保一翁に会い、新たに海軍奉行となった小栗忠信がフランスから兵器を買い集め、徳川家による独裁を目論んでいるとの話を聞く。

12月25日

西郷隆盛より小松帯刀を紹介され、意気投合する。


ひょんなことから薩摩に急接近することとなった龍馬。いよいよクライマックスに差し掛かりつつあります。以下次回に続きます。


KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝KOEI The Best 維新の嵐 幕末志士伝
(2000/07/06)
PlayStation

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| 2010年のプレイ日記 | 01:25 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/399-d99be0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード