某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

9月になりましたが | main | 我が家に地デジがやってきた
【XBOX360】『Assault Heroes』
箱○Liveアーケードの『Assault Heroes』をクリアしました。

確かアーケードヒッツのラインナップに加わって400ゲイツにディスカウントされた頃にDLした記憶があるのですけど、前回の起動から2年ぐらい経過していました(汗)

DL待ちの間ヒマだったのでHDD内のゲームを調べて最初の方に出てきた本作を何となく始めたところ、思いのほかすんなり進んだのでそのままの勢いでクリアしてしまいました(イージーですけどね)。


本作は画面見下ろしの全包囲型アクションシューティングです。自機はバギー風の車両ですが、降りることもできます。当然攻撃力は落ちますが徒歩でないと通れない場所もあります。バギーはダメージを受けすぎると破壊されてしまい、その間は徒歩で戦わなければなりません。一定時間持ちこたえると新たなバギーがどこからともなく浮かび上がってきます。また、バギーのダメージは被弾しない限り自然に回復します。

自機の移動はLSスティック。射撃はRSスティックで行います。武器はミニガン、フラックキャノン、火炎放射器の三種類で、それぞれ「連射がきくが威力が低い」「一発の威力は高いが連射ができない」「射程は短いが連続でダメージを与え続けられる」特徴があります。どの武器も一長一短がありますが、ステージ構成においてどの武器も使う機会がありますのでありがちな”まったく使えない武器”というものは存在しません。それぞれ3段階のパワーアップが可能ですが、バギーが破壊されてしまいますと全部チャラになりますので注意が必要です。

あと緊急回避用として核兵器攻撃(!)と手榴弾による攻撃があります。いずれも弾数に制限がありますので使うタイミングが重要です。

全方向といっても基本は画面上へ上へと進んで行く後戻りできない仕様でありまして、見た目もそうですが非常にシンプルな内容であるといえます。また、自機のバギーには独特の慣性がついており慣れるまでは思う通りに動かすのが難しいかもしれません。

オールドゲーマーなら作品名と見た目の第一印象から、ナムコの往年のアーケード作品『アサルト』を思い出される方も多いのではないでしょうか。…でも実際プレイした感じはまったく違うんですけどね。


タイプは異なりますけど古くは『ボスコニアン』や『タイムパイロット』等、全方位型のシューティングって昔から結構好きなんですよね。

本作は総じてキャラクターも小さめで、わらわら湧いてくる敵をミニガンや火炎放射器で一掃するチマチマ感が割りとツボにはまって楽しめました。所々でアントマンみたいな奇声を上げながら大量の歩兵が出てくるのをぷちぷち倒していくのが堪りませんw

ステージの最後にはボスが居てそれまでのチマチマ感を吹き飛ばす圧倒的な大きさで迫ってくるのもメリハリがあっていい感じ。進んだステージの初めからならどこからでも始められるお手軽感もいいですね。

ゲーム性は極めてシンプルですが、戦略的な要素もあり、ちょこっと遊ぶには最適な作品といえるでしょう。反面、あっさりし過ぎているというかシナリオ的な要素は皆無でややもの足りないといえばいえますが、Liveアーケードならこんなもん。800ゲイツだとちょっと高い気がしますがその半分なら全く問題ありません。

続編も配信されていますがこちらは未プレイ。本作と違ってローカライズされていないらしいです。値段はまだ800のまま。ですので、個人的には断然初代をおススメいたします。


bannerdefault.jpg



スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 13:40 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/421-51500400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード