某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【NDS】『女子高生逃げる! 心霊パズル学園』 | main | 【NDS】『歴史群像Presents ものしり三国志』
【PSP】『初音ミク Project DIVA 2nd』
私にしては珍しくそこそこ遊びこんだ前作の感触が覚めやらないまま、更に珍しくシリーズ作品を続けてプレイしたのが今回ご紹介する『初音ミク Project DIVA 2nd』でございます。とりあえず全楽曲クリアしてエンディングを見ました。

基本は前作とまったく同じ。ボタン一定時間長押し、方向キー組み合わせ押しというアクションが追加されていますが、全体の雰囲気はいい意味でも悪い意味でも大きく変るものではありません。

いい意味というのは前作を楽しめた方ならほぼ間違いなく楽しめるであろうということ。前作と同じ楽曲でもアクションが違えば新鮮な感覚で楽しめますし、新たに追加された楽曲のクオリティも前作に劣るものではありません。

悪い意味というのは上記と矛盾するかもしれませんが、あまりにも変わりばえがしないということ。前作と同じ楽曲がPVもまったく同じというのは手抜きと思われても仕方がない部分です。ま、本作からプレイされる方にとっては関係ない話なんですが。

あと細かい話なんですけど、モード選択その他の操作性が悪くなっているような気がします。例えば、ギャラリーの観賞は前作では最初のメニューで選択できていたものが、本作ではルームに入らないとできなくなっていたりとか、アイテムやモジュール手に入れるのにポイント交換制になっているとか。特に後者はそもそもアイテムそのものに解除要件があって、どれでもいつでも自由に交換できるワケではないのにわざわざポイント交換にする意味が分からない。

あとミク以外のボーカロイドの楽曲で、声が違うってのも変なかんじ。楽曲によってはモジュールを固定してしまうとか、あえて制限を設けるのもどうかと思うけどそのまんま垂れ流されるよりはマシな気がする。っつーかその楽曲に対する愛が感じられないですよね、実際。

デュエット曲とか、視覚的にもそれなりに面白いものがあったのですけど声の違和感だけはどうしようもない。
オリジナルの楽曲を知らない私ですらそう感じるのだから、知ってる方だともっとそう思うんだろうなぁ。


難易度については楽曲によって大きく差が出るので、どっちがどっちに比べてどうこうということはありません。
いずれにしても全楽曲HARDでクリアするには私的にハードルが高すぎるという事実に変りはないです。

何よりちょこっとやってぱっと終われる手軽なゲーム性は個人的な環境にマッチしていて、正直上記の難点も致命的なマイナス要素にはなりませんでした。

同じシステムで何本も続編を出すようなシロモノではないと思いますけど、出たら出たで買っちゃいそうな気もしますw



初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
(2010/07/29)
Sony PSP

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PSP | 18:07 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/435-4c3132b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード