某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【XBOX】『Mr.インクレディブル』をプレイしています(その3) | main | キュアドールを探して
【PS】『スーパーロボット大戦EX』
昨年11月から断続的にプレイしていた本作ですが、先日ようやく終了しましたのでその感想など。

シリーズ作品『第3次スーパーロボット大戦』と『第4次~(あるいはF)』の間を繋ぐ外伝的な位置づけの本作は、オリジナルのSFC版において様々な”シリーズ初”の試みが採用されている実験的な作品であります。


1)武器改造
→今では逆にないことが考えられないんですが『第3次~』まではユニットの改造のみで、攻撃力はパイロットのレベルアップしか上げることができなかったんですね。ちなみに私がプレイしていたPS版収録の『第2次~』『第3次~』ともに基本『第4次~』のシステムが踏襲されています

2)オムニバス形式のシナリオ
→冗長になりがちな本シリーズ作品において、何故本作のショートシナリオ形式が以降の作品にあまり採用されていないのか不思議。後述しますけどISSシステムは化ける可能性はあったと思うのですが

3)ゲームオリジナルの世界が舞台
→最近NDSでもリメイク発売された『魔装機神』をはじめ『~OG』等諸作品の原型ともなった本作。以降の外伝的作品をプレイする上において本作のシナリオは結構重要だったりします


悪魔的強さを誇るシリーズ最強ユニット”オーラバトラー”や本作のみに登場するオリジナル機体の存在とか、他にも特筆すべき点はたくさんありますね。


地球内部にある異世界”ラ・ギアス”の内乱に多数の地上人が召喚されて混沌とした状況下において、魔装機神サイバスターのパイロットであるマサキ、DC(ディバン・クルセイダーズ)創設者の遺児リューネ、シリーズを通してのトリックスターであるシュウ。それぞれを主人公とした3つのシナリオで構成されています。

そして3つのシナリオの進行状況が影響を及ぼすISS(インタラクティブ・シナリオ・システム)が更に異なる展開を生んだりと、ショートシナリオ集という形式ながら、総てのボリュームは従来の作品と比べても遜色はありません。

ただ、初回のプレイではせいぜい仲間になるキャラクターが変る程度の影響しかなく、本格的に機能させようとすればいずれのシナリオも2周プレイは必須。シナリオ間でユニットの改造やキャラクターレベルは反映されないので中途半端といえば言えますね。バランス調整やシナリオの整合性をとるのが難しそうですが、そこらへんを改善すれば魅力的なシステムだと思うのですがどうでしょうか。


難易度はそれぞれマサキの章(易しい)リューネの章(普通)シュウの章(難しい)となっており、特に補給と回復の手段が限られているシュウの章では計算されたムダのないプレイをしないとクリアは困難かもしれません(…などとエラソーに言ってますが、裏技でネオ・グランゾンを使ってプレイしたので楽勝でしたが)。

では以下それぞれの章の所感を。いずれも1周しかプレイしていませんので、ISSによる追加シナリオ等は言及していません。


■マサキの章
→恐らく多くの方が最初にプレイするであろうシナリオ。
3体の魔装機神(サイバスター・ガッデス・ザムジード)と3体のオーラバトラー(ビルバイン・ダンバイン・レプラカーン)。2体の回復ユニット(ダイアナンA・ノルス)に補給ユニット(ボスボロット)を擁する構成で、シナリオ数は最も多いがあまり深く考えなくてもクリア自体は容易。終盤において敵がヴォルクルス分身のみのシナリオは若干面倒くさいけど、他のシナリオと比べれば楽勝です。
シナリオ中最も選択肢が多い割に進行に影響するものは少ないが、分岐シナリオの発生要件はターン数縛りもあったりと実は結構難しかったりします。
全シナリオ中仲間になる機体が最も多いので、強化するものとしないものにある程度メリハリをつけないと全体的に中途半端な戦力になってしまうので注意が必要です。

■リューネの章
→戦力の要であるオーラバトラーはガラリアのバストールのみ。メイン機体であるヴァルシオーネの性能と装備がややバランスに欠ける。装備は強力だが脆いグランヴェールは出撃しない回も多く、終盤に向けしっかり強化できるかどうかで展開が変ってきますね。回復ユニットが1体のみ(メタス)で補給ユニットはありません。前述のバストールにνガンダムとゲッターロボをしっかり強化できればクリア自体はそんなに難しくないと思います。

■シュウの章
→母艦なし、回復ユニットも中盤でようやく手に入る(要件あり)ノルスのみ。仲間となる機体が少なく強化すべきポイントは絞られますが如何せんシナリオ自体が少ないので慢性の資金不足に陥ったりと、あらゆる点で制限の多いシナリオ。ただし裏技でメイン機体をグランゾンからネオ・グランゾンに変えれば途端に楽勝にw
何せネオ・グランゾンのスペックはHP60000、装甲1600。気力がないと使えない武器ばかりですが、精神コマンド「気合」持ちなので無問題。初期状態でダメージ4900のブラックホールクラスターに6000オーバーの最終兵器を備え、連発できるMAP兵器もありと最強ボスクラスの性能はこれ一機だけで全シナリオを楽勝でクリアできるほど(実際は出撃しないシナリオがあるのですが)。いい加減時間がかかり過ぎていたのと、マサキ・リューネの章と順にクリアしてきて少々飽きがきていたこともあって、安易な道を割りと躊躇いもなく選んでしまった(汗)
想像なんですけどマトモにプレイしていたら多分嫌になって投げてただろうなというレベル。ま、クリアできればいいんですよ。どうせエンディングは一緒だし。


私は本作を『第2次~』『第3次~』も収録されている初代PSの『~コンプリートボックス』版でプレイ。確か発売日買いしたはずなので、今回本作をクリアして実に10数年越しにクリアすることができましたw

一見コストパフォーマンスは良さ気なんですけど、基本CGもボイスも全作使いまわしでシステムは共通なので実はあんまり手間はかかっていない感じがします。しかしながら発売当時にしてもオリジナル版をプレイするには少々ハードルが高かったので(中身はまったく別物とはいえ)、このような形でのリメイクに関しては概ね歓迎できますね。

後に単品でも発売されたりしましたけど追加要素等はまったくなく、イマイチ発売する意味が分からなかったのですが何故か中古価格は『~コンプリートボックス』よりも総じて高めとなっています。単純に流通した数の問題なんでしょうけど。

オマケディスクも付いて断然お得なのは『~コンプリートボックス』なので、今から購入を検討されている方には迷わずこちらをおススメいたしますw


順番的に次はPSで買いなおした『~F』かなぁ。いつになるかは分かりませんがw


スーパーロボット大戦EXスーパーロボット大戦EX
(2000/01/06)
PlayStation

商品詳細を見る

→こちらは単品版

スーパーロボット大戦コンプリートボックススーパーロボット大戦コンプリートボックス
(1999/06/10)
PlayStation

商品詳細を見る

→実際プレイしたのはこちら。おススメもこちら

スーパーロボット大戦EXスーパーロボット大戦EX
(1994/03/25)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

→オリジナルのSFC版。今からやるには少々キツいかも


スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PS | 16:29 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/450-6d1eed26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード