某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【XBOX】『Mr.インクレディブル』をプレイしています(その4) | main | 【PSP】『ディシディア デュオデシム プロログス ファイナルファンタジー』
大相撲春場所の中止
大相撲春場所の中止が正式に決定しましたね。

一連の不祥事に引き続き今度は”八百長”問題を受けてということらしいですが、以前にも書いたような気もしますけどそもそも”八百長”など存在しないっていう前提がおかしくないですか?
”八百長”という言葉の語源が大相撲にあるように、太古の昔から”八百長”に関する疑惑(というのもおかしい気もしますが)は常に燻っていて、元力士による告発とかかなり具体的な内容にまで踏み込んだものもあったと思うのですけど、協会の回答は常に「あり得ない」の一点張り。
今回明白な証拠が衆目に晒されてしまい、窮地に陥っているというのがここまでの流れです。

そもそも一対一の競技において勝敗に利害が関係する以上、まったくない状態の方が逆に不自然だと思いますね。
プロレスに関しては漸く世間の見方も変ってきてエンタテインメントとしてある程度理解されてきたように思いますが、大相撲に極めて近いスタンスの一部格闘技、マッチメイクそのものがインチキっぽいという某兄弟の競技なんかもいずれはこの件について清算する必要があると思うのですがそれはまた別の話。

過去似たような問題が発生した際、正面から向き合おうとせず何となくお茶を濁して誤魔化し続けてきたツケが一連の不祥事の延長という大逆境に一気に回ってきたってところですかね。
どのような決着をつけるにしろ、近い将来公益法人の看板を外すことは免れないと思います。自業自得と言ってしまえばそれまでですけど、現役力士含む現在の協会関係者にのみ責任をおっ被せるのはフェアじゃないと思いますね。これまで何度となく回避してきた問題の総括をOB含めたすべての関係者において行うぐらいの気概で臨まないと難しいと思います。

それでもあえて断言しますけど、どのような手段をもってしても”八百長”の根絶は不可能だと思います。それは双方の金銭の授受によって成り立つような単純な話だけではなく、興行の根幹を成すシステムそのもののに由来する所以であり、それを否定してしまうと運営自体に支障をきたしてしまうということは関係者ならずとも容易に想像がつくのではないでしょうか。

横綱クラスはともかく、平幕や十両を行き来しているような力士にとって番付を左右する星勘定は最も重要な関心事であり、同部屋の力士を除くほぼ全員が相互扶助の関係にあるといって過言ではありません。
極めて特殊で閉鎖的な社会においてそれが何を意味するか、共存共栄を旨とする日本人的な発想でもって考えればいわゆる”八百長”的な調整というのは自然に納得できるような気がするのですがどうでしょうか。

それ故今回の”本場所の中止”という対応が存外に厳しいように感じるのは私だけでしょうか?私的には先の野球賭博の一件の方がずっと悪質のように思うのですけど、今回の措置に対する世間的な反応は一様に「当然だ」と報道されていることにすごく違和感を感じるんですよね。
ワイドショーのインタビューか何かで一般人が「裏切られた」みたいな回答をしている映像も不自然だし、今朝のめざましTVにおいてわざわざ「魁皇」関にコメントさせているあたりも底意地の悪い当てこすりのように思えて仕方がないんですよね…。

「徹底的に膿を出す」としながらも対象者への処分については歯切れの悪い放駒理事長の弁もむべなるかな。証拠の出た者のみをスケープゴートにしたところで今の世論では納得しないだろうし、本気でやろうとすれば現役力士の大部分に現協会の理事親方衆も同様の処分を下さなければ著しくバランスを欠くことになりますよね。
仮に以上のことを断行したら、冗談抜きで別の要因で本場所なんて開催できなくなってしまいますよ、マジで。

落としどころとしては先行して”本場所の中止”という最も厳しい罰を受けていることを前面に押し出し、今回明白な証拠が挙がっている者に対して除名等の重い処分を行う一方、裏で過去含むその他に累が及ばぬよう工作を行い処分対象者には十分な手当てを与えて不満を出さないようにすると。
そこまでやっても公益法人として存続することは難しいでしょうね。

ま、”八百長”云々については相撲協会が株式会社化すれば何処からも文句を言われる筋合いはなくなってしまいますよね。

ここまで読んで頂いた方はお気づきかと思うのですが、個人的には”八百長”の存在については”必要悪”という立場です。
勿論金銭のやり取りによるものは容認できませんし、大っぴらにあることを前提にする必要もないと思いますが、当事者間の暗黙の了解によるものまで規制をかけるのはおよそ現実的ではないように思うのですね。
仮に”八百長”根絶が実現したとしたら怪我人が激増して取組がスッカスカになるほか、目に見えない部分で色んな軋轢が生じる可能性が高いような気がしないでもないです。

極端な話、現状でも”八百長”が発動する取組はある程度限られていると思うのですね。
例えば初日なんかはほとんどないだろうし、逆に千秋楽だとあちこちで散見できるとかね。

ひとつだけ言えるのは歴史に残る名勝負に数えられる取組に”八百長”なんかが介在する余地なんてまったくないということ(某兄弟横綱の優勝決定戦のような例外はあり)。ただしその名勝負に値するような取組が極端に減っているということがすなわち大相撲低迷の原因のひとつであると言えると思うのですがどうでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

| モロモロ雑記 | 01:29 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/455-4287b1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード