某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【NDS】『二ノ国 漆黒の魔導士』 | main | 【ドラマ】「美しい隣人」
【映画】「プリキュアオールスターズDX3 世界をつなぐ虹色の花」
子供のためにと言うか子供をダシにしてかよく分かりませんが、ともかく先日の日曜日に親子で観賞しました。

最近では子供同伴以外で劇場へ行くこともほとんどなくなりましたので、必然的に子供の観賞に耐え得る作品に限定されてしまうワケですが、「プリキュア」は親と子双方の需要を満たす貴重なコンテンツでありまして、これを見逃す手はないということですねw

歴代のプリキュアが一堂に会する「オールスターズ」もはや3年目を迎え、すっかり恒例となった観がありますね。ちなみに本作は映画「プリキュア」第10作目の記念作品という位置づけでもあります。

「Yes!プリキュア5GoGo!」以来毎年キャラクターが一新されていますので、後を追う毎に当然人数は増えていくワケですが、今回の最新作では総勢21人!スーパー戦隊や仮面ライダーに比べれば大人しいほうですけど、全員集合した画はさすがにボリュームがありますね。

プロット自体は前作前々作と大きな違いはなく、あくまでお祭り的な雰囲気であることに変わりはありません。
それでいて尺は子供向けということもあって短めなので、登場人物が増えてくれば当然個々の扱いもシンプルにならざるを得なくなることが危惧されますが、今作については前作よりも演出が洗練されてきた印象を受けました。

その要因として物語の導入部分をかなり思い切って簡略化して変身後のバトルシーンに比重をかけた点と、全体を3つのチームに分け、作品をまたいでキャラクターそれぞれの個性を発揮できるようにした点が挙げられます。

特に後者のアイデアはともすれば似たようなポジショニングのキャラクター同士がつぶし合いになってしまう危険性もある中、きちんとまとめきった演出は評価されていいと思いますね。個人的にはキュアルージュとキュアレモネードの掛け合い、キュアマリンのポジションがお気に入りです。


シーンのみどころはやっぱり21人連続の変身シーン。基本的に画は同じですが連続というところがミソ。あと終盤の作品単位での見せ場は最も盛り上がるところです。予定調和で分かってはいるのですが、妖精たちとの別れのシーンは不覚にもグっときてしまいましたw

難点というほどではないですが、エンディングは前作のCGによるステージ形式の方がよかったですね。


子供もご満悦のようでしたので色んな意味で行ってよかったと思いますw
値段が気になるところですが、ソフト化されたら買ってしまいそうな予感。その節は勿論BD版ってことで。


スポンサーサイト

テーマ:プリキュア - ジャンル:アニメ・コミック

| モロモロ雑記 | 12:03 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/463-b857abe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード