某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

GWですよ | main | Wiiの後継機
【PS】『仮面ライダー龍騎』
最近CSで全話観賞した勢いで初代PS版『仮面ライダー龍騎』をプレイしました。

『仮面ライダークウガ』から始まったいわゆる平成ライダーシリーズはこれまで関心がなくてほとんど観ていなかったのですけど、近作を何となく観るようになってからCS導入を機に過去作品についてもチェックしだして現在に至っておりまして、平成に入ってからも既に10年以上経過していると思えば今20代前半の方ってこっちが懐かしい”原点”なんですよね。

ま、実際昭和から現在に至るまで総てリアルタイムで体験しているようなツワモノはそう居ないでしょうし、当時の偏見を取っ払ってみれば改めてその面白さというか、幼少の頃とはまったく異なる方法論でもって構築されたストーリーは逆に新鮮だったりします。

件の『仮面ライダー龍騎』は平成シリーズの3作目。13人の仮面ライダー同士が戦うという異色作で、映画版も含めて複数の結末が存在します。

本編は序盤他のライダーも中々出てこなくてかったるいんですけど、中盤から終盤にかけての怒涛の展開で先が気になって一気観してしまいました。ネタバレは避けますけどラストも衝撃的でしたね。

いわゆる「イケメンライダー」の方向性を決定付けた作品でもありまして、同シリーズ出身でTVドラマなどで活躍している若手・中堅俳優の多くを輩出しているのですけど、裏を返せばシリーズ出演当時は無名で実績もないということ。細川茂樹みたいな例外はありますが、概ね状況は似たような感じであります。

ま、上記の状況を差っ引いたとしても本作に出演している役者の演技は全般的にお世辞にも上手いとはいえず、それが関係しているかどうかは分かりませんが出演者が多い割りに現在まで継続して目立った活躍をされている方は少ないような気がします。

それはさておきゲームの内容について。

2002年の発売だから時期的にはPS2が主力になりつつあった頃だと思うのですけど何故か初代PSでの発売。販売元はバンダイですが、ゲーム自体はデジフロイドという会社が制作しています。

あまり聞いたことがないメーカーだったので調べてみたらあの私的トラウマ級のクソゲー『宇宙刑事魂』を作ったとこやんけー!

…ということで不安8割でゲームをスタート。おなじみのテーマソングにフルCGのオープニングはまぁ悪くない。TV本編もCGを使った演出が見受けられますけど、そっちのレベルが低いから遜色ないといってもいいぐらい。ま、オープニングなんて2・3回見たら飽きるんでどうでもいいんですけど、むしろそっちのデキが良すぎると本編とのギャップがでかくなるから逆効果だったりします。

任意のキャラクターを選択して全8戦を戦い抜く「1Pバトルモード」が本作のメイン。
最初に選べるのは龍騎、ナイト、ゾルダ、シザースの4人で、「1Pバトルモード」をクリアしたり、クリア後に手に入るカードポイントを使ってカードを取得することで使用できるキャラクターが増えていく。

最終的には13人の仮面ライダー+αとモンスターの一部が使用できるようになります。一応総てのキャラクターを解除するところまでプレイしました。

一応3Dポリゴンを使用してますけどプレイ感覚は2D対戦格闘のそれでありまして、使用するボタンも基本は大小攻撃ボタンのみと非常にシンプルな作り。あと本作最大の特徴であるカードを使用するというのがキモとなってきます。

使用できるカードはキャラクター毎に異なり種類が多いほうが有利なのは間違いないのですけど、その分カードの少ないキャラクターは基本性能が高いような気がします。あくまで感覚ですけど。

ボタンを入力してから技が出るまでのレスポンスが遅く、CPUの設定が強くなってくるに従って中々基本攻撃が当てられずストレスが溜まります。…とはいえ、基本はソードベントやシュートベントで地味に相手の体力を削り、アドベント→ファイナルベントでトドメという流れで、キャラクターが変わっても感覚としては大差はありません。

キャラクター同士の相性で若干苦労する場面もありますが、難易度ノーマルでも数えるぐらいしかコンティニューしてませんので、全体的な難易度は大したことないと思います。

前作…というワケでもありませんけど同じ初代PSで発売された『仮面ライダー』『仮面ライダーV3』と比べるとシナリオ的な要素が一切排除されていてそのあたりの原作再現度は低いですね。

前作でもあったカードゲットモードは種類が大幅に削減されて取得時のダブリもなくなり、簡単にコンプできるようになりました。


以上を総合すると限りなくクソゲーっぽいんですけど不思議と最後までプレイできたのはやはり難易度が低くて作業的なプレイの繰り返しで簡単にクリアできたからでしょうね。あと「2P対戦モード」は経験していないんですけど、対人戦となるとそれなりに駆け引きが熱いんじゃないでしょうか。尤もキャラクター間のバランスは相当悪いので使用するキャラによってはフェアじゃなくなる可能性は高いですが、逆に性能差をハンディキャップにする手もありますけどね。

ゲームとしての完成度は高いとは言えませんが、ファンならそれなりには遊べるデキだと思います。


仮面ライダー 龍騎仮面ライダー 龍騎
(2002/11/28)
PlayStation

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PS | 18:28 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/469-70503c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード