某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【BD】「総天然色 ウルトラQ」 | main | 【PS2】『サカつくEU』をプレイしています(その8)
【NDS】『オール仮面ライダー ライダージェネレーション』
昨年末からプレイしていた『二ノ国』の本編をクリアしてから追加ダンジョンをちまちま遊んでいたのですが丁度半分ぐらいまで到達したところで飽きて放置…以来久々にDSのゲームをプレイしましたw

お買いもの報告でファーストインプレッションはちょこっと書きましたけど、一応メインのストーリーモードを全ミッションクリアしてエンディング画面は見たのでレビューしたいと思います。

昭和から平成に至る全作品を網羅したゲームってことで一部のファンには発売前から話題になっていた本作。ゲームの基本的なコンセプトはPS2→Wiiでシリーズ化されている『~クライマックスヒーローズ』がそのルーツであります。
「仮面ライダー」に始まり近作では「スーパー戦隊」シリーズまで過去作品をフィーチャーするのはマーケティング的にもアリアリということで、ヘボい企画書に書いてありそうな親子のコミュニケーションツールとしても機能する、みたいな感じ?
簡単に乗っちゃってる私が言うのも何なのですが、単純に遠い昔の記憶に刷り込まれているキャラクターが活躍するってだけでワクワクするよね。不惑の年齢を超してワクワクもないとは思いつつ、まぁそんな感じのノリの作品です。

全5ワールドはそれぞれ複数のステージで構成され、各ステージをクリアすることによって先へ進むルートが追加されていきます。
各ステージは雑魚戦を中心とした”ベルトスクロールアクション”に、強制スクロールによる”ジャンプアクション”、各ワールド最後のステージのボス戦の3種類。比率は圧倒的に前者が多いのですが一応メリハリをつけています。

ベルトスクロールアクション面は敵を倒して得られるポイントと引き換えられるパワーアップアイテムとキャラクター自身にも成長要素があって、純然たるアクションゲームというよりはアクションRPGとした方がしっくりするような気がします。
ファミコンの『ダウンタウン熱血物語』とか『マイティファイナルファイト』あたりのプレイ感が非常に近いですね。

難易度はデフォルトで「やさしい」「ふつう」「むずかしい」の3段階に、各ステージに設定されているミッションをすべてクリアしてエンディングに到達すると追加される「きけん」「クライマックス」の計5段階。
「やさしい」ならキャラクターを大して強化してなくても楽勝でクリアできますが、「ふつう」レベルでもある程度強化していないと瞬殺されることもままあったりと、難易度のバランスについてはイマイチ良くないですが、言い換えればキャラクターさえしっかり鍛えていればゴリ押しでも何とかなる難易度ということでもあります。

操作は基本攻撃(強・弱)にジャンプ、必殺技がそれぞれボタンに対応。方向キーとボタンの組み合わせによる技の変化、Lボタンで防御、Rボタンで特殊操作、ライフゲージ下のライダーゲージ満タン時にLボタン押し必殺技ボタンで各キャラクター特有の超必殺技が繰り出せます。

基本操作はどのキャラクターでも同じなので特に難しいということはないのですが、操作性が悪いんですよね。
仕様上、敵キャラクターが一箇所に集まってダンゴ状態になると敵の攻撃モーションが判別できなくて気付いたら前後挟まれてボコられて死亡、何てことが先のステージや「きけん」「クライマックス」難易度でプレイしていると多発するんですね。

ダッシュ移動はあるんですけど通常の移動速度が遅く、方向転換が漏れなく遅いので乱戦になるとあらぬ方向を向いてしまうなんてことがしばしば。必殺技も変な硬直時間やあからさまな隙があって、キャラクターごとの適切な”間”を把握しないと返り討ちをくらってあっという間に瀕死の状態になりかねません。

万能ではないですがジャンプ中必殺技ボタンによるキック攻撃を前後両サイドで繰り返すのが最もダメージを受ける確率が低いと思います。…時間はかかるけどね。

全25+αの仮面ライダーはライダーマンとバースを除きメインの仮面ライダーのみ登場。どのライダーもそれなりに細かく特徴的な動きをするので違和感を感じることはありません。ボイスも収録されていますがオリジナルキャストによるものはほぼ『~クライマックスヒーローズ』準拠でディケイド以降に限定されています。他はどなたが演じられているのか存じませんが、一応それっぽくやられていますね。


ゲーム自体は総じて旧態依然とした昔懐かしい仕様で、ジジィ世代にもとっつきやすくはなっています。まぁ新味はまったくないですけどねw

ライダー好きの子供およびその親世代に限定したファンアイテムと割り切れば充分楽しめる内容なのではないでしょうか。先日本作のTVCMでもちらっと出てましたけど、あるパスワードを入力することによって次回作である「仮面ライダーフォーゼ」が登場します。ゲーム中でそのパスワードを入手できないってのはアレなんですが、ネットの世界をひもとけば容易に調べられるので問題なし。こういう仕掛けは楽しいですよね。

現在全難易度で全ステージをクリアすべく『~オーズ』のレベルアップを進行中…。「クライマックス」では序盤でもちょっと気を抜いたら速攻でゲームオーバーになってしまうので、元々単調な内容だけにやりきる前に飽きてしまいそうな気がします(汗)


オール仮面ライダー ライダージェネレーション 初回封入特典 「オリジナルシャッフルヒーローズカード」(同梱)オール仮面ライダー ライダージェネレーション 初回封入特典 「オリジナルシャッフルヒーローズカード」(同梱)
()
Nintendo DS

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| NDS | 14:31 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/492-88744f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード